« 能郷白山 | トップページ | 北と南 »

2014/12/01

ほぼカニ

土曜日にさかのぼる日記。

雨音で目が覚める。今日は家事を一切しないと決めて布団の中で本読んでごろごろ。けれど長くは続かない。
たとえ薄めの文庫本でさえ、横向いたり上向いたりして腕で支えているとけっこう筋トレギミになるので。
そうなると次はテレビ。

番組の造りが雑なのでバラエティをまったく見なくなったが、休日の午前にやってる情報番組はちょっと好き。
中でも「かつみ・さゆり(吉本の漫才コンビな)」が新製品を紹介するコーナーは、それ自体はカンペキにすべってんのになぜか笑わずにはおれんという不思議なコントで、目が離せんという。

で、この日はカネテツからリリースして売り切れ続出の魚肉のすり身。これぞ企業努力の結晶ともいうべきプロダクツだと思い、布団をはねのけて

013
ついにわが手に収める。これがまた陳列の中の最後の一個というドラマチックな展開に興奮抑えきれない。

”ほぼカニ”というネーミングにも熱く胸を打たれてしまうぜおっちゃんはよ~。
「これはカニではありません」という告白に、なんともいえん誠実さを感じてしまうやんけおっちゃんはよ~。

菊正宗をぐびりとやりながらこやつをパクリ。
015
かつみ・さゆりのリアクションがいつも通り大げさだったが、あれは「真実だ」。たしかにニホイと食感は”ほぼカニ”。いままでのカニカマとは一線を博す、いや二線を博すといってもいいほど。
添付のカニ酢もナイスな仕事をしている。
カニの身が縦にホロホロと崩れるさまを忠実に再現しているのに、びつくりしたぜおっちゃんはよ~。できればこれは

縦から食べずに真横から食べるとさらにリアリティが増す。

危うくこれだけで菊正宗を50杯ぐらい飲みそうになった、あぶないあぶない。

落ち着きを取り戻したあとは近所の風呂屋へ。
001
しかしどこの風呂屋もさびれ加減がはんぱ無く、おそらくほとんど利益なぞあげてない感じ。気の毒だ。
この日も客は自分含めて4人(女湯は不明)。看板メニューの電気ブロに至っては、節電中?ともおもえるほどの馬力の無さ。

やっぱり電気風呂っちゅうからには、100万ボルトで息もたえだえになるぐらいの激しい電圧で攻めてくれやんとな。

002


|

« 能郷白山 | トップページ | 北と南 »

コメント

関西でないと通じないコピーですね。

投稿: N.A | 2014/12/01 09:38

自分も見てました。
ほぼカニデラックスの蟹味噌も気になりました(笑

投稿: uechicchi | 2014/12/01 10:16

●N.Aあにき、カニ風味としないところが狙いなのかと思いました。ひねり方もGood!
●uechicchiにーさん、これを使っていろいろラボで実験したくなりました。カニみそもトライしたいですね。

投稿: ローラーおとこ | 2014/12/01 13:11

うわ~危険なアテですねえ~。
カニみそとセットにしたら間違いなく
菊正宗50杯のポヨヨ~ンです(汗)

思わず関東圏で流通してるかググってしまいました。

投稿: kiyo_g | 2014/12/01 13:43

●kiyo_gあにき、関東方面でも取り扱っているらしいです。ぜひ菊正宗50ガロンといっしょに!

投稿: ローラーまん | 2014/12/01 16:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 能郷白山 | トップページ | 北と南 »