« リペア | トップページ | ソロ »

2014/11/01

奥飛騨

日記を書く気力とリソースがすべて仕事に回ってしまった。来週もたぶんそんなカンジ。
サラリーマン的には4コーナー回ってあとは残った直線をゴールまでドンケツを目立たぬように走ればいいやと思っていたのに、、、。

そんな鬱屈した精神は、小池さんも同じだったようで、「晴れたら山、雨なら、、、山の近く」もうなんていうか、魂を浄化するには森へ行くしかない!って、分別のつくええ歳の大人のするこっちゃないかも。それなりに費用もかかるし。

010
以前素泊まりで泊まったことのあるステキな民宿を予約。今回も当然素泊まり。
山小屋の素泊まりが6,500円の時代に破格の3,800円(入湯税は別途150円)。
素泊まりになると、お茶菓子類は部屋に備え付けてないけど、まぁいいかと。

007
電気ポットは自宅から持参がマスト。こやつが無いと、コンビニのレトルトが調理できないので。

002


003


005

階下の「お食事処」では、民宿のステキな料理に舌鼓を打ちつつ楽しく談笑するお客さんの声が聞こえてくるが、

気にしない。

そーゆー楽しみ方はまたいつか。いまはとにかく、スキあらば山の近くにいければいいやとそればかり。
寒さで震えるテントに比べれば天国以上。淡麗350mlもいつも以上に美味いのでがんがんいく。

014
素泊まりの客にも、温泉は平等だ。

017
朝飯も、お食事処でステキな朝食をいただくみなさんを尻目に、コンビニで買ったパンとコーヒーで。

027
セコイおっちゃんにも、紅葉は優しいのだ。

京都の紅葉が「燃える」と比喩するならば、奥飛騨の紅葉は「大炎上」かと。暴力的な朱色にたじたじ。

少しでも天気が回復するならに西穂の独標ぐらい散歩するかと思ったが、期待はむなしく。
038
近隣の施設まで散歩したり。

047
今シーズン行きそびれた山域の登山口調査。登山者用無料駐車場の下見もしてみたが、多分絶望だろう。
以前無料と聞いていた場所も有料エリアになっていた。ちぇ。

046
入山届けのポストを覗きこむ小池さん。通年営業を除くほとんどの山小屋がこの日を最後に閉めてしまうので、はたして入山する人がいるのか興味あったんだろうな。

こんなカンジで山には触れてないけど、山の近くにいるダケでとても楽しかった。
また仕事、がんばろうって気にもなる。

|

« リペア | トップページ | ソロ »

コメント

タブレットに見た事のあるページが(笑

投稿: uechicchi | 2014/11/04 14:48

●uechicchi あにき、旅先でもチェック怠らずです。w

投稿: ローラーおとこ | 2014/11/04 19:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リペア | トップページ | ソロ »