« 奥飛騨 | トップページ | アクセルほぼ全開 »

2014/11/03

ソロ

午前中に猛スピードで家事をこなして、クライミングへ。
寸暇を惜しんでサドルにまたがっていた自転車バカだったころとまったく行動が同じだ。
ま、いいか。

ロープやらガチャ類やらが異常に重く感じられて、肝心の岩場にたどり着くころには精根尽き果てる、、、というのがいつものパターン。今日もそうなるのかなぁ、どーしょーかなぁーと駅前で思案したのだが、名案がひらめいた。

タクシーで登山口まで行く。

ここまで堕落してしまったという後悔と、自分は岩に登りに行くのであってハイキングしにきたのではないという変な意気込みがないまぜになる車中。

003_2
しかし、タクシー片道680円の効果は絶大。

004

飽きもせず、六甲・荒地山にある「岩屋根ボルダー」へ。晩秋の日差しを浴びてぶら下がると気持ちいい。
ちょっとダケ、コツみたいなもんを感じた。気のせいでなければいいが。

つかの間、業爆を忘れたよ。

|

« 奥飛騨 | トップページ | アクセルほぼ全開 »

コメント

寸暇を惜しんで、趣味を楽しむところがいいですね

投稿: KAZZ | 2014/11/03 20:42

●KAZZあにき、趣味はいつも夢中です(汗。

投稿: ローラーおとこ | 2014/11/04 19:16

バンドから上、クリアしましたか!
こっちはボルダーでもう少ししんねり練習してからチャレンジしますわw。

投稿: わがお | 2014/11/06 01:34

●わがお兄弟子、バンドから上は左側のカンテ+スラブでひとまず手を打ちました。右側の垂壁はまったく打つ手が見つかりませんトホホ。

投稿: ローラーおとこ | 2014/11/06 11:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 奥飛騨 | トップページ | アクセルほぼ全開 »