« 奥大日岳のつづき | トップページ | シフトメイト »

2014/10/22

鍋・始まる

運動:自転車通勤+家事いろいろ+腕立て伏せ×3回
飲酒:淡麗350ml×3

連日痺れる仕事でくたくた。一昨日など、あわや徹夜か!?というキワドイところまで追い込まれた。
やったことのない新しい作業は過去なんどもあったし、過渡期を超えれば向かい風も多少穏やかになるのはわかっているが、おっさんになると脳みそのほうがダダをこねて、未知なる知識の受け入れを激しく拒むのだ。

お金を稼ぐって、ほんまに大変。

そんなときは、鍋でココロを温めねば。

P1060432


P1060433

山に登った帰り道、時間に余裕があるときは地元の産直市場をめぐるのが定番。飛騨高山の店もスバラシイが、富山市内の店もなかなかのクオリティだった。
この白菜など一個250円という破格にびつくり。近所のAEONだと、1/4しか買えない値段なので。

P1060434
豚肉と交互に挟む定番のやつをコンソメで煮るだけ。

野菜のみならず、富山・金沢の回転寿司の凄さに、行けば必ず舌を巻く。とりわけこの前食べた、秋刀魚とのどぐろの寿司の味は突き抜けていた。地元の人ってあんな美味いもんが日常なのか!?
なんとも羨ましいやん。

~マウンテンサイクリング乗鞍~
録画しておいたBSの番組をようやく視聴。優勝した選手と所属する企業との関係とか、わかりやすく進行してゆく。とりわけ、その企業の設備に大型の精密フライス盤が沢山あるのが目をひいた。財務状況も健全そう、、、って俺はどこ見とんねん、、、。

乗鞍のコース風景もいろいろ懐かしい場面がちらほら。しかし自分が走っていた当時は「森林限界」を超えるとなにかこうとてつもない・大気圏の外にでも出たような気分になったが、歩いて登るようになると、樹林帯から森林限界への遷移のあり方が自転車で感じた時の何倍も複雑であることがわかった。植生だけでなく、そこに生きる虫や鳥なんかもどんどん変なヤツが居ることや、

”はい松”の造形が恐ろしく複雑であっけにとられることなどなど。そんなことを思いつつ、また冬にでも乗鞍行ってみようかなと。


|

« 奥大日岳のつづき | トップページ | シフトメイト »

コメント

森林限界を超えてからのハイマツ、白山より西には植生していないのを先日山ガールに教えていただき感動しました。
お山歩きで少しずつ植物も興味出てきますね(笑)

投稿: さかじい | 2014/10/22 10:28

●さかじいアニキ、出会ったさまざまな高山植物の名前を知らないことがとても残念で悲しかったです。
歩く速度でしか見えないもの、これからも沢山出会いたいですね。

投稿: ローラーおとこ | 2014/10/22 13:17

ノドグロ!あれは美味ですね。
あと甘エビがこちらとサイズが全然違います。

投稿: arkibito | 2014/10/22 14:47

アニキ、同じくです。45でも新しいチャレンジというか、20年前を思い出しつつの業務は…脳ミソがビクビクですわ。
で、そんな時は鍋ですね。

投稿: bfz | 2014/10/22 16:11

●arkibitoアニキ、鯵もイワシも絶品でした!今からでも行きたい。
●ブラジャーbfz!鍋だけが味方です。寂しい、、、。

投稿: ローラーおとこ | 2014/10/22 18:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 奥大日岳のつづき | トップページ | シフトメイト »