« 「奥」大日岳 | トップページ | 鍋・始まる »

2014/10/20

奥大日岳のつづき

えーと、何を書いていたのか、何を書きたかったのか、すぐ忘れる。
夕方帰宅できたので、そんなに疲れてないはずだけど、人生何度目かの”サラリーマン的ピンチ”襲来で、記憶が曖昧。

●雷鳥沢テント場はヒトリ500円据え置きのまま。豊富に湧き出る水はすべて塩素が混ぜてあるので
 煮沸すること。

で、テントを設営してすぐに奥大日岳へ。
053
「早月尾根から続く剱岳」・・・これが見たかったため。
早月尾根についてる有名なサブタイトル「試練と憧れ」を客観的に見つめてみたいとアッチ側にいたとき思ったのを実現。
しかし我ながらほんまよくあの尾根登ったな、、、。テントを背負っての高低差2,500m、もう二度とイヤだ。(今は)

046
そんなことを想いながら稜線伝いに歩くこと二時間ほどで奥大日岳の頂上へ。立山へ続くバスの道の全貌がハッキリ見える。素晴らしい場所だった。さらには、

031
毎度の”槍・穂オールスターズ”もクッキリ。
立山三山ばかりに目が行きがちだが、手軽でいい山はいくらでもあるんだな、凄いなぁ。

068
気温がジョジョに低下してゆくなか、地ビイル400円をしばきつつたそがれる。

●夜間のテント内は気温マイナス五度で、モンベルの#2シュラフでも寒くて何度も震えて目が覚めた。
 持ち合わせの衣装すべて着たけど、まだざむい。カタログ値にある体感気温、あれって自分には当てはまらない。
●足元が冷えるので衣装を入れてある防水袋にシュラフの足元を突っ込んで寝ていたら、ものすごい結露!
 透湿性の無い袋に突っ込んだ自分がアホだった。

●翌朝、すべてが凍っていた。ペグ抜けない、グランドシート剥がれない、テントポールは突き刺さったままびくともしない。すべてお湯をかけて難を逃れたが、本当に困った。

●ペグ代わりに石を使ったけど、その石ごと地面と凍ってしまいびくともせずなんてのもあった。


020
ソフトシェル衣装、大満足。小池さんの評判も上々。そもそもこの衣装って、行動着であって保温着じゃないってことを認識しとけばいいと思った。汗をかいてもいちいち着たり脱いだりしなくてスムので便利。

定年後に安曇野や松本、富山に住みたい気持ち。
どうすっかなぁ、、、。

楽しい山だった。

●北陸自動車道・杉津PA(上り)のフードエリアは大当たり。ミニカレーやミニソースかつ丼なんてのは
 おっちゃんの貧弱な胃袋にジャストサイズ。あと、から揚げ3個180円が揚げたてで、油もひつこくなくて
 ぜひリピート決定。おろしそばもちゃんと辛み大根がイケてた。

|

« 「奥」大日岳 | トップページ | 鍋・始まる »

コメント

定年後と言わず、すぐにでも(略

投稿: kiyoshi | 2014/10/20 14:30

●kiyoshi アニキ、冬の寒さとあとは福祉・医療関係がクリアになれば(以下略

投稿: ローラーおとこ | 2014/10/20 15:17

山、絶好調ですね。槍・穂高オールスターズを反対側から見てきましたが体力を考えるとそれ以外の山から始めようと思う今日この頃です。

投稿: ハム | 2014/10/20 16:26

本籍だけ県民です。

県境の平野部育ちですが、冬の寒さは昔に比べると
ゆるくなった気がします。昔は豪雪でしたが最近は
積もること自体が珍しくなりました。

医療でおぼろげな記憶がひとつ。怪我をしたときに
病院へかかるのではなく、山のふもとに住んでいる
ご老人にまず診てもらってました。病院へかかるか
どうかまず診断いただくような感じで、電気もなく、
お礼に田畑で収穫した作物を持っていってました。

やがて足を運ぶことがなくなり、ご本人も亡くなら
れたと聞きましたが、時間の積もった土間、障子に
夕日と笹の影、壷の塗り薬のひんやりした冷たさ、
そんな記憶を思い出しました。

長々とすみません。田舎ばなしでした。

投稿: 一歩 | 2014/10/20 17:21

次は西穂か赤岳で雪山テントですね

投稿: sinoyosi | 2014/10/20 18:13

アニキ、シュラフカバーしても寒かったですか?
自分も寒がりなんでシュラフに入っても足元の寒さががまんできません。なので今年はテントシューズを導入予定です(笑)

投稿: さかじい | 2014/10/21 13:35

●ハムにーさん、雪の便りも届き始めましたね。そろそろ六甲山が恋しくなってきました。槍穂は見えないけれど、立ち飲み屋はすぐそこに!
●一歩アニキ、富山市内から少し外れると、とても静かで深い森が始まりますね。顔を上げると家々の屋根のあいだから霊峰がチラ見できる環境、素晴らしかったです。
●sinoyosi さま、まずは来シーズンの太郎開山祭にぜひお邪魔したいです。飲みましょう!
●さかじいどの、軽量化のためシュラフカバー不携帯でした。足元寒いので使い捨てカイロ使いましたが効果はマズマズ。やはりエアマットの導入を我が家では最優先かなぁ、、、。

投稿: ローラーおとこ | 2014/10/21 14:21

良いなぁ。テン泊しないで行く方法ないかなぁ

投稿: まつい | 2014/10/22 18:49

松井あにき、全然日帰りコースです。我が家は無理してテント泊しただけです.w

投稿: ローラー男 | 2014/10/22 22:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「奥」大日岳 | トップページ | 鍋・始まる »