« 試練と憧れ | トップページ | 下山後の体調 »

2014/09/09

剱岳

9月8日:

四時起床。前夜、水でもどしておいたアルファ米で茶漬けの朝飯。途中で飽きてきたが、持ってきた梅干しをたべつつ必死で食べる(これホンマ)。

131
ヘッドライトを点けて5時スタート。

●道中や山頂で出会った登山者の8割以上がヘルメット持ってた。いいことだと思う。

138
特別危険ではないけれど、岩稜帯を縫うように痩せた尾根が続くルート。やっぱり剱岳はどこのルートも甘くないのか?

143
トリカブトの群生あり。コインロッカーベイビーズの中に出てきたダチュラって猛毒は、トリカブトの根っこやったような記憶が(あいまい)。

145
笠ケ岳とか、室堂の噴煙とか見えて、高度があがってることを実感。

152
鎖場もそれなりに。このコースの核心はズバリ「落石」にあると思う。高度感はいわずもがな、全編にわたってガレガレのガレガレ。それだけに、剱沢コースのような渋滞が無く、静かに登れるので安心。

157
●早月小屋から登り3時間、下り2時間。中には室堂まで縦走するという凄い人もいたが。
●「槍ヶ岳よりも怖かった」by小池さんの感想。不安定なザレ場が多かったので確かにな。

189
立山三山とか槍ケ岳とかいろいろ。
縦走にしくじった薬師も見えて、せつなくなる。苦労して行った道のりが違う場所から見えるって感覚が、なんともかんとも。

そこに行かなければ見えない景色と空気って、

ええね。

204
このとき思っていたのは、”岩と雪の殿堂”ってほんまやな、、、とかまぁいろいろ。

211
下山開始。「小屋は見えてからが長い」はここでもいっしょ。延々、延々、延々。

予備日を火曜に設定していたのでもう一晩ここで飲み倒してもよかったが、協議の結果下山開始。

212
残りのアルファ米を腹に詰め込み、水は2リットル、行動食を背負う。(水はギリギリだったが)。
なんどもココロ折れそうになるが、一歩でも足を出せば高度を下げられるとそればかり思って。
結局のこの日は朝5時から夕方4時まで18キロ近くを背負って実に11時間の行動。

馬場島に建ててあった碑には「試練と憧れ」の文字が彫ってあったが
216
ものすごいルート(長さ的に)だったのは確か。

●情報どおり、早月尾根ルートの長さ、めちゃめちゃ凄かった。けれどそれだけにビックリするほど静かな山歩きができる。山ガールとはひとりも会ってないので、どんだけ硬派なルートやねん!?ってかんじ。比較すべきではないけれど、同じ長さでも新穂高から飛騨沢登って槍の肩に行くなんて軽く思えるほど。
自分も、たぶんもう二度と行かないと思う。それだけに行ってよかったな、本当に。

いい山だったな。


|

« 試練と憧れ | トップページ | 下山後の体調 »

コメント

アニキ、凄い凄い!
自分もカニが心配でこちらのルート考えたりしてたのですが、
やはり剣はまだ早いかなーと思ったりしてます。

投稿: uechicchi | 2014/09/09 10:36

オメデトーゴザイマス!ヽ(´▽`)/
いっぺんでいいので早月尾根の地獄味わいたいです。

投稿: arkibito | 2014/09/09 11:47

やっぱり早月尾根は長かったですか。。。剣沢からのほうが楽チンなんは間違いないですね。
足の問題が無ければ室堂からの縦走も1泊で行けそうなんで行ってみたかったりします。逆コースは登りがしんどそう(笑)

投稿: さかじい | 2014/09/09 12:26

山、行きまくられてるようで羨ましいです。
それにしてもええとこですね。

投稿: DANGER | 2014/09/09 12:33

このルートの噂は聞いておりましたが、やはり・・ド魅力的のようですね。あと五年若かったら行くかな??

投稿: ハム | 2014/09/09 15:00

剣を陥落!ですな!おめでとうございます。
小池さんも、その度胸が凄いです!

昨年の9月の連休実績では、カニに縦横バイでは
2時間待つとか聞いたことがあります(汗)

やはり、静かな山、良いですね!

投稿: bfz | 2014/09/09 23:04

あにきのヘルメット、自転車用の流用じゃない山岳専用品なんですね。
汗かきのおいらから見ると、もっとベンチレ穴がたくさん欲しい感じなんですが、やっぱり真上は頑丈じゃないといけないのかな・・。
すんません、タワゴトでした。

投稿: initialTT | 2014/09/10 07:46

アニキ、羨ましい!
行動時間11時間+荷物18キロはタフですね。

投稿: PEANA2 | 2014/09/10 10:51

●uechicchiアニキ、達成感や頂上からの眺め、素晴らしいものでしたがあえてこの山に拘ることもなく、山にイクのがいいと改めて思いましたよ。
● arkibito あにき、ありがとうございます。早月尾根日帰りする猛者が多いのにびっくりです。
●さかじいにーさん、頂上から見えた剣沢方面の渋滞凄かったです。たった一人で歩いている気分にさせる早月尾根、おすすめです(長いけど)。

投稿: ローラーおとこ | 2014/09/10 11:33

●DANGER あにき、いつも同じ事の繰り返しですが「焦ってます」。明日遊べなくなる日が来ると思って。
●ハムあにき、正直膝と腰の痛みとの折り合いをどこでつけるか、、、でした。つねに怯えながらの山でしたね。
●ブラジャーbfz!ありがとうございます。頂上から見下ろす尾根にはクライマーが取りついておりました。若干そそられるものが、、、汗。

投稿: ローラーおとこ | 2014/09/10 11:36

●initialTTアニキ、エアインテークホールがあると、そこから小石が入り込むので穴無しとなっているようです。暑いですよ実際。凄い数と種類のヘルメットだったので、ここにも「山・バブル」が(笑。
●PEANA2にーさん、このコースの難点は水場がまったく無いことでしょうね。単独日帰りになると6リッターも背負うらしいです。自分には無理だなぁ。。。

投稿: ローラーおとこ | 2014/09/10 11:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 試練と憧れ | トップページ | 下山後の体調 »