« 木曽駒ヶ岳 | トップページ | テント補足メモ »

2014/09/01

木曽駒くわしく

総評として・・・

●大阪から余裕をもって日帰り可能
●カメラや食材など、重い荷物を持って行けるくらいの行動距離
●テント場トイレの美しさに驚く
●清潔な水場あり

ってことで、テント泊登山に不安をお持ちの紳士・淑女にも大変おすすめできる山でした。

絶望的な週末の天気予報を知り、あえて計画を立てず。いつものように六甲山を越えて有馬へ行こうかとも思ったが、なんとなく嫌な予感がしたのでサイトを検索したらば、温泉施設が先日の土砂崩れかなにかで軒並み休館中とか。
ところが土曜日、いつもの時間(我が家はエブリディ午前五時)に起きてみたら、まさかの「晴れ(大阪)」。大急ぎで炊事・洗濯と並行しながらテント一泊の用意開始。

行先は”中央高速のどこか”という以外あえて決めずに車を走らせる。小池さんに運転をまかせ自分は助手席でタブレットと月額780円のせこせこルーターを使って、行く先々の天気予報とライブカメラを見る。
道中見えた南アルプス方面は日差しが強いが、頂上はすべて雲の中。八ヶ岳方面の空も明るい。てなことをしているうちに駒ヶ根ICが目の前に。翌日の予報が悪くない方向に向かっているのを信じて、

木曽駒に決定。

なにより、一度冬に行っているので何となく親しみもあって。

バス+ロープウェイの往復券を買い求めてドヤ顔でモンベルの会員証を提示すると

●11月からでないと使えない

ジブンのさらに上をゆくドヤ顔で言われた。
やれやれ、仕方ない。

ロープウェイを降りてみれば、気温は15度。
002
このようなイベントも開催中で、山のかっこうしている人など少数派。

で、11:30ごろ登山開始。
しかし一面雪に覆われた季節とのあまりのギャップにおろおろ。アイゼンに神経を集中させ、ピッケルをしっかり利かせながら登った雪面は、、、

081
のんびりとサルがいたり。

45分ほどで浄土乗越到着。
078
テントの受付は、青い屋根の小屋ですること。

●テント一泊一人900円(水、トイレ代込み)
●テント場でのビイル販売は夕方5時過ぎから30分程度しか売店開いてないので、ここで仕入れること
 スーパーなドライ350ml=550円

小屋の前にザックをデポして宝剣岳へ。

008
ガスで高度感が薄れていたけど、けっこう足元スースー。

009
頂上の巨岩に挑もうとする小池さんを押しとどめる。(カメラがうまく動かず証拠写真は無いが、自分だけこの岩の上に立ちました。畳半畳ほどの広さ。花崗岩のスラブで小さなクラックがいくつかあるので自己責任で。)

012
下りも結構スリルあり。小池さんいわく「部分的には槍より怖かった」と。

再びザックを担いでテント場へ。(多分30分かからなかった)

024
水はけの良い砂地。

067
恐ろしく清潔なトイレ(簡易水洗)。トイレットペーパーふんだんに有り。水は手洗い用のがそのまま飲用できます。ところがこの小屋、規模が大きな割に「避難小屋」という位置づけになっているので、普段の利用はできないっぽい(鍵、かかってる)。

14:00、テント設営。直後から豪雨でギリギリセーフ。
018
(嬉しくないけど)雨中テント泊りにはもう慣れてしまったので、とくに動揺することもなくビイルなんぞ飲みながらぐたぐだと。このなんともいえん決め事のな~んも無い自由な時間がたまらん。

みそ味の煮込みラーメン(具材はキャベツと人参を持参)
020
鯖の身をリフト!

ネット環境なぞ山には不要論を唱える我が家の情報ツールは、あいかわらずAMレイディオ一個だ。そのレイディオでぼんやりニュースを聞いていたら
「西穂高から女性滑落死」だとか「北穂高で男性滑落するも悪天で救助できず」とか、山は違えど同じような事をしている今、身につまされる思いが。で、天気予報でこれからこの山域一帯で雷雨に注意といったとたんに

雷雨来た。

豪雨はなんと夜中まで続き、テントのフライを雨が突き刺す音でやかましい、やかましい。が、
”満天の星空とご来光”に興味なし我が家は、ひたすら集中して寝た。

翌朝、

ロールパン、ミネストローネ、アルファ米のピラフで朝飯。

062
テントから見える駒ヶ根の町は雲に潜ったまま。
南アルプスと富士山はジョジョに輝きを増す。

テントから手ぶらで木曽駒ヶ岳へ向かう。
045
わずか15分たらずで頂上という手軽さ。山容は知らないが、360度展望の効く山っちゅうのはやっぱり素敵やねー。八ヶ岳はいわずもがなチラ見程度ではあるが、乗鞍、常念あたりまで見えた。

038
見下ろすと、岸壁にへばりつくように立つ山小屋も。一度泊まってみたいもんだな。

ひたすら頂上でぼんやりしたあと、家を畳んで下山。なんとロープウェイ乗り場まで1.5時間という短さ。
気温的には行動中であれば半袖Tシャツ(綿はアカン)でもOK。10:30には駐車場に到着。

●駐車場横に、JAが営業している大きな野菜売り場があるのでぜひ。

なんとなく面倒くさかったので、温泉にも立ち寄らず蕎麦も食べず帰路へ。
唯一長野らしいものとの触れ合いは

084
駒ヶ岳SAで食べたソースカツサンド(350円)のみ。
ロープウェイでいける山としては、設備の面とか景色・途中のアプローチを含めて西穂よりも上だと思った。

いい山だったな。

|

« 木曽駒ヶ岳 | トップページ | テント補足メモ »

コメント

秋の紅葉はどこ行こうか迷い中ですが、選択肢にいれてもよさそうですね。

投稿: Shallow | 2014/09/01 11:07

木曽駒でしたか。
家主さん連れて行くには手ごろやとお盆に行く候補やったんですが、天候やその後のコース取りで断念しました。
初心者でも夏場は“お気軽るにぃ~”ってところやし、そのうち連れて行きますわ。

投稿: さかじい | 2014/09/01 11:13

●おじき、この日も団体ツアーが目白押しでした。紅葉のシーズンになるとロープウェイ2時間待ちらしいので、時間ズラシが必要でしょうね。
●さかじいアニキ、家主様も楽しまれることうけあいの場所ですね。ぜひぜひ。

投稿: ローラーおとこ | 2014/09/01 11:41

アニキの行動力には、ホント頭が下がります。

投稿: uechicchi | 2014/09/01 12:43

●uechicchiあにきこんにちは。行動力、、といえば休日の来るのを待ちわびる生活なので、恐らくその「貧乏性」が加速しているのでしょう。自転車時代、金曜夜の痛飲で何度も何度も土日をつぶした経験から、とくに週末の飲酒には慎重になってます(笑。

投稿: ローラーおとこ | 2014/09/01 13:24

手軽に3000mを味あわせてくれるのは有り難いこってす。

投稿: ハム | 2014/09/01 15:07

●ハムにーさん、手軽なのでバスやロープウェイの混雑が凄い事になりそうですね。テント場は以外なほど俗されてないのが凄かったですが。

投稿: ローラーおとこ | 2014/09/01 16:07

明後日、連休前の金曜日。初木曽駒の予定を立てました。
奥さん暫く登ってないし、運動らしい運動もやってないので、日帰りハイク程度に楽しみたいです。
当初計画は西穂独標、山荘泊、ご来光のつもりでしたが変更します。

情報ありがとう。

その前に、今日は大阪(太陽の塔が見えるホテルね)、明日はドック。明後日木曽駒、さらに3連休…。仕事忘れそう。

投稿: まつい | 2014/09/10 08:31

●まついあにき、楽しい連休になりましたでしょうか?木曽駒ぜひぜひ。あ、また出張こられたら飲みましょう!

投稿: ローラーおとこ | 2014/09/10 11:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木曽駒ヶ岳 | トップページ | テント補足メモ »