« 秋 | トップページ | 敬老の日 »

2014/09/15

ソロクライミング

六甲山・荒地山ボルダーエリアの「屋根岩」
Image
松の木に支点を、その横の岩にバックアップの支点を作って、何度も何度もロープとカラビナのゲートをげっぷが出るほど確認して、
一発目の懸垂下降が成功するまでの恐怖と安堵は、

自転車レースのスタートで感じる非日常のxxx倍の非日常。だって、、、、

死神がすぐそこに。

で、肝心のクライミングに関しては、途中のバンドまでスンナリ登れるけど、そっから上がぜんぜんダメ。
上半身がすぐに壁から剥がれてしまう。自分だけ特別地球の重力に逆らえない体質とは思えないが、こーゆー「ボルダリング」と「クライミング」の間には見えない大きな違いがあるんだろうな。

けどまぁ、完登できなくても
140913_104913
宙ぶらりんになりながらケータイで撮った神戸の街や海はサイコーに輝いていたよ。

※動画の撮れる小型のカメラ欲しいぜGoProとかいろいろあるのか、、、、困ったな。

|

« 秋 | トップページ | 敬老の日 »

コメント

あそこは上の木1本でだいじょうぶかな、っていつも思ってます(笑)。

投稿: わがお | 2014/09/16 00:44

●わがお兄弟子、確認のために木を力いっぱい揺すってみたのですが、揺すりすぎて折れそうになりました。これぞ本末(本松)転倒!

投稿: ローラーおとこ | 2014/09/16 09:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋 | トップページ | 敬老の日 »