« 剱岳 | トップページ | 回復傾向 »

2014/09/10

下山後の体調

昨日は、登山の予備日として事前に有給申請出してあったので、遠慮なくダラダラ過ごす。
もう、動きがロボットそのもの。

帰宅直後の体重は(高校生の時以来)おもわず目をこすった「60キロジャスト」だったが、アホみたいに野菜を食べ水を飲んでようやく元の63キログラムへ。そーとーな脱水だった模様。体脂肪率はマイナス数%を維持。
実感としてやはり”二足歩行は痩せる”
心拍数計なんぞ付けずとも、おのずと”おしゃべりのできるギリギリのペース”で全身の筋肉を嫌でも長時間使うハメになるので。むろん、信号ストップも無い。
コンビニなど山中に無いので、「食べる必要のないモノまで」食べる機会に巡り会わない。

あとはひたすらうまい空気を森の中で吸いまくる。
チリやらホコリやら排気ガスやら吸いながら都会で自転車乗っていた過去の自分はちょいちょい風邪気味だったりしたが。
山で遊びだしてから、味覚とか嗅覚がそーとー敏感になったり風邪に耐性ができたり。反面、ダニやアブ、ブヨには刺されまくって全身傷だらけ。抗体ができていればいいけど、その気配もなさそう。

てなことを書くといいことづくめのような印象だが、

196ddcea1536455ab8817f3398f2aacf
実は、事前にこやつを仕込んでおいた。あと、休憩のたびに丹念に消炎鎮痛剤を塗るとかロキソニンを飲むとか八方手を尽くす事も。
しかし、あるサイトで詳細にレビューした記事を読んだが、

「膝の皿が不用意に動く事や左右にぐらつくことは抑制するが、皿内部の軟骨の痛みには無力だ」

は自分も強く感じた。
それだけに、とりわけ下山するときの足への衝撃だけはチキンハート丸出しで慎重に慎重に足を置いた。
今まではカカトから不用意にズシンズシン置いていたのを、母子球付け根をそ~っとそ~っと置くように。
ランニングシューズはカカト着地してもいいような構造だが、あれももしかしたら再考する余地あるかも。

|

« 剱岳 | トップページ | 回復傾向 »

コメント

やっぱり皇潤いっときましょw

投稿: Shallow | 2014/09/10 18:32

二足歩行でも痩せません(泣)

投稿: か退院 | 2014/09/11 06:29

あにき、やっぱり“ぐるぐるぐるぐる、グルコサミン”でしょ。なんと言っても世田谷育ちですもん(笑)

投稿: さかじい | 2014/09/11 09:53

●おじき、がぶ飲みせなあきませんわ。
●か退院どの、ではでは四足歩行で+自転車!
●さかじいアニキ、阿倍野育ちでもOK!?

投稿: ローラーおとこ | 2014/09/11 13:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 剱岳 | トップページ | 回復傾向 »