« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014/07/31

混乱度あがる

P1060388
なぜかしらAEONで見つけたので、これは買わざるを得ない。

P1060391
アテはシンプルに焼きナスを。
これをアツアツのまま素手で皮を剥ける人間って、現存するのだろうか???

どこかへちょっと出かける前って、かならずひと悶着ある。今回は仕事と体調。蕁麻疹は相変わらずだが、腰痛がひどい。日に数回から数十回も”電気が走る”レベル。そのたびに、「うっ!」と声が漏れて世界の動きを止めねばならん状況。ロキソニン、ザイロリック、アレグラの自分用フルコンプート持参で、本当に縦走など行けるのか。

体の中のエントロピーの広がり具合はやはり加齢なんだろうな。

仕方ない。

ともあれ出発日は迫る。下山後にどうやって自宅まで戻るかとか食糧計画の見直しと荷物の軽量化。
心配ごと(楽しいけれど)はキリがない。

P1060389
本社工場で持ち帰りの瓶に詰めてもらった味を思い出す。もう一度現場で飲めるように、健康でいよう。

| | コメント (8)

2014/07/29

寒かった

運動:自転車通勤+家事いろいろ+腰痛体操
飲酒:淡麗350ml×2

かれこれ20年近くになるエアコン無し生活継続中。
毎日職場でキンキンに冷やされているのでせめて自宅だけはナチュラルに汗だくで生きようかと思って。

この二晩ほど、恐ろしく涼しい。昨夜は夜中に目が覚めて全開の窓を閉めに起きたぐらい。
本当は、寝入りばなにエアコンつけたい気持ちもあるが、タイマーが切れたあとの失望感が嫌なのだ。
真夜中過ぎに、作為的に仕組まれた希望が絶望へと変化するのが嫌なのだ。

睡眠で一喜一憂するのが嫌なのだ。

晩飯はハンバーグを焼く。
以前作りすぎて冷凍しておいたものを焼いたが、冷凍庫から出してそのまま焼いたので水っぽい。途中で酒蒸しにすることを思い出し日本酒を投入したら水分と反応して派手に”フランベ”状態となり、そのすさまじいまでの火柱で

換気扇のフィルターまで延焼。

今夜はどんな理不尽が?

| | コメント (2)

2014/07/28

準備

日曜午前は、アパートの理事会。先々週、参加者が少なすぎて議決できなかった回のやり直し。さすがに全員出席でホッと胸をなでおろしたものの、二年間の任期の疲れや不満が蓄積されているのか、発言内容もギクシャクしてきて辛かった。

残りあと二回+総会なんで、なんとかがんばろう。

金曜の夜行バスで山へ行くので、午後からその用意をいろいろ。
P1060387
デジカメの電池を追加。

それからしたことは、荷物を減らしたいので鍋は持たず、フライパンの限界に挑戦のつもりで、献立の再考を。フリーズドライばかりで気が変になっても困るので、重量増加には目をつむって缶詰も少しと果物や生野菜も。
近所のスーパーを数件回って、ともかくまずすることは常温保存できるかどうかとあとは重量。そしてパッケージのゴミの体積の少なさ。
水場が豊富なテント場ばかりなので、素麺、冷やし中華、ざるそばなんかも。

夕方に鈴鹿8耐をネットで観戦。
シュワンツがトラブルで決勝走れなかったのが残念。ロン・ハスラムの息子が優勝しててびっくり。
長らくオートバイのレースをじっくり見ていなかったけど、あのバンク角の深さと旋回スピードの速さはなんじゃあ!?
世紀の大発明「フロント16インチ」の出現に驚いた30年前には、信じられんかったような動きをオートバイがしてる。乗ってる人間の能力も追従してればいいが、

「最近のライダーは視力が全員4.0ある」など聞いたこともないしなー。

前後17インチどうしのマシンでもラインが違うもんなー。凄いの一言。最先端のセンシング技術を突っ込んだら、もっとすごいタイムで走る日が来たりして。

| | コメント (5)

2014/07/27

熱中症

日記のカテゴリーが「四足歩行」なのに、熱さのせいで「ぐだぐだな二足歩行」になってしまった。

001
外で遊んだらアカン日に遊んだら、どーなるか?

前日金曜日の大阪市内、38度を記録。メディアはしきりに外出禁止を促す放送が。
そんなこんなで土曜の朝7時ですでに気温は30度。ちょっと出遅れ感もあったが、ともかく六甲山中腹にあるボルダーエリアへ。
しっかり朝飯を食べ、水は1リットル持つ。しかし、ロープと登攀道具が重たい。とりわけ、カラビナなんか「ホボ金属の塊」以外何物でもないが、これが無いとどーにもならんので。
歩きだしから異常な発汗。こんな日なので当然、ハイカーもまばら。登山口でちょっと休憩したけど、

あれ?あれれれ?

全然歩くペース上がらん。風の抜けが悪い樹林帯にいると、なんだかボ~っとしてくる。空身なら45分程度で行く荒地山まで1時間半かけてたどり着くが、もう岩を登る気さえ起らん。

002
とりあえず、フラフラしながらロープをセットして簡単なルートを一本登ってそのまま懸垂で降りて、、、、

あとは日陰でごろごろ。
目を閉じるとなんか世界がぐるぐる回りだした。静脈を触ると異常な脈の速さ。持ってきた水を首筋やわきの下にかけ塩アメをなめる。
折角苦労して構築した支点をヨロヨロと回収し、ぐしゃぐしゃのままロープを鞄に入れて下山。
途中、前からくるひとたちに何度も顔色を心配されつつ、ときにはしゃがんで休んでみたり。
意識が混濁してきたらおしまいやな、、、とかくだらん事を考えつつともかく駅までたどり着き、

売店で淡麗500mlを買ってキンキンに冷房の効いた待合室で蘇生する。

30分ほどぼんやりしてなんとか人並みに動けることを確認し、帰宅。
水風呂に入り、ラーメンを作って少しだけ食べ、あとは夕方6時から日曜の朝7時まで一度も目覚めることなく、寝ましたわ。

しばらく大阪近郊での里山あそびは控えましょう。

| | コメント (9)

2014/07/25

昨日のご飯、今日のメシ

運動:自転車通勤+家事いろいろ+腕立て伏せ3億回
飲酒:単利350ml×1、凍らせて飲む菊正宗×二合

昨夕、もはや万事休すと恐れつつ炊飯器の蓋をあけてみれば、そこにいたのは「何事もなかったような表情の米」だった。さて今宵はどうかな(って、今日も忘れたんかい->わし)。

夕方の会議中に腹が鳴ったらかっちょわるいと思い、小さなパンをひとつ。そのせいで、晩飯時になっても腹が減ってなかったので”ポテチと酒”という最悪のディナーになった。
バイトが休みのローラーJDには賞味期限ギリギリのペンネを茹でて、賞味期限の切れたトマトの水煮缶と鷹の爪と残り野菜と残りミンチでアラビアータっぽいものを。ちょっと辛みが強すぎたかと心配したが、

恐ろしい食欲で食いよった。

あとちょっと本読んで、えーとそれからYoutubeでたまたま聞いたTHE BLUE HEARTSの青空という曲がとてもいいなと思ったので、アマゾンで買う。イギリスのロックバンド”ポリス”が歌うミドルレンジの速さの曲とよく似ている。ついでに「今さら感タップリ」だとは思いつつ、フジコ・ヘミングのカンパネラもお買い上げ。

エアコンつけないセコ生活送ってるっちゅうのに、違う面で散在してどうする?

66973bcc50354b098c728e5a717f6800
ポテチの晩飯を反省して、今日の弁当はかつ丼だ。ほおっておくとロクなものを食べないので、ローラーJDにはとんかつを。
確かに自分も学生の頃は栄養のバランス度外視、むしろアンバランスで場当たり的なものばかり口にしていたので、それはそれで

しゃーないかも。


| | コメント (2)

2014/07/24

朝は大変

運動:自転車通勤+家事いろいろ+鉄棒逆上がり×4回
飲酒:淡麗350ml×2

今朝のヘッドライン・・・・「炊飯器の米を冷蔵庫へ入れてくるの忘れた」

退社後の惨状が目に浮かぶぜ、、、、。

粗大ゴミの収集日と重なると、たいがいよくないことが起きる。それでなくても弁当、朝飯、洗濯と目白押しな朝にちょっとした割り込みが入ると途端にこれだもの。
みんなどうやってコナシテル?アニキ、アネキ よい知恵プリーズ!

我が家の日々の食卓に欠かせないもの
P1060385
毎晩、どんぶり一杯の生キャベツを食べる。もうかれこれ20年近くの習慣。とんかつやでバイトしてたころは、朝から晩までゲップがでるほどキャベツばかりを切らされた。一度もとんかつを揚げさせてもらった記憶すらない。
そんな境遇の中(?)でも、いかに早く切れるかとか、どれだけ細く切れるかとか、ささやかな目標を立てたりして、年季があけるのをひたすら待ったもんやが。

てなわけで、今夕は納豆も入れてないのに糸をひく摩訶不思議な冷ごはんとご対面の予定。

楽しみだ。。。

| | コメント (6)

2014/07/23

ロボコン

先週までは自社製品プロモーション活動ってことで、代理店の人とあれこれ撮影してたけど、一転、今日からのお題は「ロボコン出場」になってしまった。
実際には自分がなにか旋盤回して作るのではなく、社内横断的に部署に声かけてロボット作ってコンテストに出場する先導役をやれと。

経営層の考え、まったくサッパリわからん。

ロボコンといえば、我が家の小池さんが数年前に”ETロボコン”に参加してなかなか刺激的であったと聞いたが、彼女の場合は学生の頃からそーゆー方面が専門だから問題ないかもしれないけど、自分にはまったく未知の分野。人間が乗って操縦して油圧でガッシガシ動くようなものなら、

燃えるけどな。

そして蕁麻疹はあいかわらず。生まれて初めてステロイド軟膏というものを塗ってみたが、

凄すぎる。

清涼感など一切ないのに、なんちゅうおそろしい効き目なのだ。

今日はそんなとこ。


| | コメント (5)

2014/07/22

後片付け

地図を見て計画(妄想)する->実行する(あるいは撤退する)->帰宅後、地図を見返す->次のプラン(妄想)を練る。

山登りには4つも楽しみがあるけど、その隙間に”後片付け”という大事な大事な工程が。これも楽しみの一つ。
ぺしゃんこのシュラフを干しながら、あのときは死ぬほど寒かったな~とか(生きてますが)、汚れた食器や鍋を洗うと味が思い出されたり、どろどろのテントやペグを風呂場で洗ってベランダに広げれば、おっちゃんの夢といっしょに大きく風になびくのをグビリとやりながら眺めるのは至福のトキ。

遊び道具の手入れって、楽しいなー。

069
山頂で振り返ったときに見た「真夏の片りん」。まさかと思ったけど、あのほんの少し見えた青空が広がり広がりして、

昨日、梅雨が明けたのかと。

布団を干す、シーツを洗う、全てのエアコン(といってもたったの三台)と、家の掃除をする。
昨日はそんなことをやってるうちに日が暮れた。

ところで蕁麻疹のほう、
やはり山でも出た。楽しい遊びの最中でも発症するってことは”精神的ストレス”という要因は除外してもいいのかと。内科で処方してもらった「アレグラ」たら言う薬を山でも服用して、随分軽くなった(ように見える)ものの、まだしばらくは付き合っていくんだろうな。
痛風の薬やら腰痛の薬やら、朝からてんこ盛り。

ま、いいか。遊べてるし。

今夜はアパートの臨時理事会だ(またかよ)。
次の日曜も定例理事会だ(またかよ)。

| | コメント (2)

2014/07/21

立山(下調べ)

JRドリーム号22:20大阪駅発。
001
翌朝7:00ごろJR富山駅前着。
・二階建てバスは満席。毛布と使い捨てスリッパあり。冷房がんがんなので上着必要。お茶のサービス無し。トイレはあるけど激セマ。
・三列席だがもし一人乗車の場合は必ず通路の広い側の席を取ること。でないとトイレにも行けない。
・JR京都駅から車内灯が消える。ヘッデンがあったほうが便利。
・登山用ザックはトランクに入らないので1階席後方の空きスペースへ積み上げる。

事前の天気予報通り、富山は激しい雷雨。一気にやる気なくなる。小池さんなどは「このままサンダーバードで折り返す(まじで)か」と言うほど。

002
・JR富山駅待合室奥に発見。かきあげそばで朝飯440円(記憶曖昧)。ただし、白エビのかきあげではなかった。
・駅周辺のコンビニは「しょぼい」の一言。大手コンビニは遠い。大阪で調達が吉。

この段階でもまだ行くかやめるか迷う迷う。なんせここから片道一人七千円近くもかけて「なんも見えませんでした」では話にならんので。しかし一方「ここまで(富山)来て手ぶらで戻る」というのも苦渋の選択。
とくに富山地方電鉄駅に掲示されている「室堂、気温10度、天候雨、視界良好」というなんともイミ不明な情報が迷いに拍車をかけるのだ。

出した結論は”立山駅までとりあえず行ってみて判断”と。

003
鉄分を激しくゆさぶる100039系は元京阪電車という素性のよさ。
・室堂までの切符一気購入も可能だが、途中で引き返すかもしれないのでとりあえず立山駅(1,300円)まで買う。
・車両にトイレがついてないから事前に済ませておくこと(一時間強の乗車)
・駅前にあるロッテリアだけ7:00開店。ドトールは7:30開店なので朝はちょっと使えんかも。

005
荒天予報なのか、トップシーズンの十分の一の人出(電鉄社員談)。ここで室堂のライブカメラを見ると「まっしろけ」。再び協議に入るが、山の天気はきまぐれで刻一刻と変わるのでまたもや「とりあえず」行くことに。
・ケーブルは事前にweb予約済。ただしweb予約切符の受け取りはいったん外に出ないとあかんので、これちょっと不便。

006
なんやかんや言いながらも、結局室堂に足を踏み入れてしまった。自分のセコさが荒天に優ったかたちか。
しかし一歩踏み出す踏ん切りがつかず困っている横を、なんの躊躇もなくカッパを来て歩き出すトレッカーの多いコト多いコト。なにかハッと目がさめた

”自分は山に登りに来たはず”だと。

ならばゆくだけ。
027
山小屋という選択肢はハナから無し。回りのテントも皆、雨を楽しむ余裕の声があちこちに。
・雷鳥沢テント場は、ちびっこ率多し!未就学児童沢山
・管理棟はテント場代の徴収とトイレと洗面だけで物品販売一切無し
・外来入浴のついでにビイルを買わねば(雷鳥沢ヒユッテにて)
・風呂は温泉がよかった。リンスインシャンプーとレモン石鹸あり。ドライヤーはあるけど無いに等しい能力のものが一台

今回の実験の一つ「タッパが最良の食器なのでは?」を検証
014
フリーズドライを置く。その上に熱湯をダイレクトにかけて溶かしたのち、フリーズドライの米を置けば

016
マーボーナス丼。持ちやすい、食べやすい、手入れが簡単。タッパ大成功。

017


018
食べ終わったタッパーにフリーズドライの卯の花投入。水で練るだけというシンプルさ。味も許容範囲かと。
晩飯は担ぎ上げた生野菜をつかったキムチ鍋っぽいもの。
・自宅からここまでホボ12時間近く移動しているので、生肉や生野菜の運搬は厳しいかもしれない

022
寂しかったテント場も、気が付けばテントの花が咲く。そして夕方6時、我が家の山の消灯時間。
ここからいよいよ今回の山行の一大イベント

「雷雨の中で眠れるか」を実証実験。

イナズマが光ると三秒以内に轟音がとどろくの繰り返し。カールにこだまする雷鳴の凄さといえばそらーもー(てんてんてん&てんてんてん&てんてんてん)。
雷があっちの山こっちの山に落ちる落ちる!いったいどのテントに落ちるのか、まさに

「ロシアンルーレット」状態。

そしてテントが変形するんやないのか?と思うような豪雨&豪雨&豪雨。浸水しないようにテント内の中央に荷物を集めてひたすら耐える。
雨脚が弱まると今度は雷、

雷が収まると今度は雨、

034
寝たのか寝てないのかよくわからんままにそれでも朝が来る。
すでに山にむかって旅立つ人もちらほら。

サラダ用パスタは朝飯になるのか?という実証実験
042

045
・ここでもタッパー大活躍。途中でなにかあったときに蓋ができるのもGOOD。
・たらこスパゲティは全く問題無し。しかし重大事件発生。「食べ飽きる」こと。ふりかけとかタバスコで味に変化を出さないとつらいことが分かったのが収穫。
・沸点が100度無い場所でも1分は1分だった。ちなみにアルデンテにしたければ45秒ぐらいかな。


天気がよければ立山三山をめぐってもう一泊の予定だったが、どーもガスの切れ方に勢いが感じられない。
男前の小屋番のにーちゃんに聞いてもちょっと難しいようなコトを行っていた。昨年11月に続いて三山縦走はまたもや持越し。ならば

歩荷錬やるぜ。

051
濡れたテントで重さ倍増。

055
雷鳥の登場に湧くオーディエンスと、それを完全スルーする小池さん。

歩荷錬のあらましとしては
雷鳥沢テント場~室堂山荘~室堂山~浄土山~一ノ越~室堂山荘~室堂ターミナル

いきなりの急登でしかも残雪で始まる。途中、男前の小屋番二人がショベルで”雪切り”をして階段を作ってくれていた。最大限の賛辞を送って(ほんまに大変な作業、危険だし)先へすすむと
060
親子発見。雷鳥のひよこの目が恐ろしく怖いことがわかった。
こういう出会いも山ならでこそかと。当然お互い絶対無視の鉄則はやぶるべからず。自然は自然のままで。

064
すっかり忘れかけていた雪を踏む感触が蘇ってきたが、日焼け対策してないのでどーなることやら。
・三山縦走も行けないワケではなかったが、軽アイゼン忘れたので回避。自信の無い行動はつつしまねばと。

072
名も知らぬ高山植物が。これからは国道の斜度より花の名前を沢山沢山覚えたいな。

083
2800メートルちょいから見る立山。
黒部ダムに続くルートも見える、薬師から黒部五郎に続くルートも見える、そこへ行くひと、そこからやってきたひと、山頂はそーゆーカンジの交差点のにぎわいだった。
・室堂ターミナルから薬師方面へ行くには、浄土山経由より一の越経由がおすすめ。距離は長くなるけど一歩一歩の落差が優しいので。

082
いつか黒部ダムへ、この足で。

093
・帰りの立山駅で発見。よく探さないと見つからないけど飲む価値大いにあり。

098
・電鉄富山駅地下にスーパーがあるので惣菜を買ってサンダーバードに乗る。

タイトな乗り継ぎにならないか、
バスの中で眠れるのか、
安価な食器は何がよいのか、
コンビニの有無、
スーパーの有無
18kg背負って登れるか、
行動食どうするか、
八日分の献立、
などなど。

いい山だったな。

| | コメント (11)

2014/07/18

本日、も、撮影。

140718_090811
男性モデルばかりなので現場の士気はいまいち上がらず。しかしプロカメラマンはモデルが誰であれ、一瞬の表情を逃さずシャッターを切るのが凄いわー。しかも「このヒトの場合はカラーよりもモノクロにしたほうがドラマ性が出ますよ」と言われて半信半疑でMACを覗くと

ほんまや。

彫の深さとかシワの陰影の加減って、人それぞれ違うという事と個性の違いを見抜くという、そんな凄い仕事もあるのかと感動した。自分などはただただ目の前にあるものを撮るというタダそれだけ。やはりカメラに手を出すのはよそう。肉眼をもっと磨こう。

運動:通勤往復+家事ちょっと
飲酒:淡麗350ml×1

蕁麻疹あいかわらず。不思議なことに朝7時と夜7時がピークで時間の経過とともに消えてゆく。確か人間の”細胞周期”って24時間だったかの筈なので、蕁麻疹はキッチリその1/2で繁殖と衰退を繰り返しているんだろうか?
って、そんな事に関心しているばやいではない。

金曜の夜行バスで山へ行きます。
それの準備で昨夜はてんやわんや。久しぶりのテント泊となると装備や食事の献立に関する段取りをすっかり忘れてしまい、狭いアパートの部屋はカオス化してきてだんだん疲れてきた。全てが必要な必要でないような気がしてザックに入れたり出したり。おまけにイライラすると余計蕁麻疹が出てきて何一つ進まぬまま

今に至る。

おまけに天気はさえない予報ばっかり。
普段なら雨予報だと絶対行かんけど、今回はいろいろ実験的要素を含んでいるので。

「迷わずいけよ、いけばわかるさ ありがと~~~~~!」(c)猪木


| | コメント (6)

2014/07/16

どうした、いったい

人生初の「蕁麻疹」体験。

土曜日、ハイキング中に各所に虫刺され。ま、いつものことなんで適当に放置。
日曜日、いろいろあって強いストレスを受ける。
月曜日、なにやら体中がかゆい。虫に刺された箇所のみならず、脇腹とか腕の内側とか。家ダニの仕業やなと思ったので気にしないことにして出勤したものの赤く晴れた箇所の面積がみるみる広範囲に。
幸い、服で隠れている部分ばかりなので他人に不快感を与えるほどではなさそうだが、内心おだやかでない。

それが、

昼飯を食べ終わる頃には何事もなかったようにス~っと引いてしまった。
「マボロシでも見たんかいな?」と。

火曜日、またもや脇腹とか腕の内側とか追加でふとももの内側も発疹が。しかし、昼飯を食べ終わる頃には前日同様何事もなかったように引いてしまった。

本日も上記同様だ。wikiで調べたような激しい痒みは無いが、やはり見た目が少々えぐい。
思い当たることといえば、尿酸値を下げる薬を半月前に変えたこと。これがまた「劇的に効いた」ので副作用が気になるところであったが、すぐさま医者に相談して以前のものに変えてもらった。

当面、観察だ。

それ以外にも気になるのは「梅雨明けどーなってんの?」だ。
今週末、どーしても山にいかねばならん要件があるので、雨だけはやめてほしいが、どーかな、、、、。

| | コメント (2)

2014/07/15

本日撮影。

どこかで見たような日記のタイトルだが、

140715_105634

今日は製品カタログの撮影。
景気の良かったトキはモデルさんを手配したりできたが、さすがに懐具合がそんな時代やないので自前(自社内)で。秘密裏にソレっぽい女性社員をアテンドしてあってさてどーなることやらと製品を手に持ったりしながら撮影を始めてみたら、

カメラマンが絶賛するほどの「移り映え」。カメラで撮ってMACの画像に映し出された彼女は自分のしってる普段のヒトとはまったくの別人。
「読者モデルでもされてたんですか?」と代理店の人も声が上ずってしまうなど。

男っちゅうのはアホですな。

その後も会議室やらいろいろシチュエイションを変えてみたが、男子はそろいもそろって表情ガチガチやん。
なのに女子はどの人も表情豊かで(プロカメラマンの盛り上げトークもうまい!)、ちょっとしたそよ風が吹いて髪の毛がほんの少しピラピラしただけで

おっちゃん眩暈して、鼻血ブーじゃよ!

| | コメント (7)

2014/07/14

非常ベル2

前日歩き倒した割にはスンナリ起床。ただやっぱり水分が枯渇したのか、血のどろどろ具合がわかるほど喉が渇いていた。で、朝からアパートの理事会。

ところが、13人中6名しか出席してこないという、開いた口がふさがらんという状況に。半数以上の理事が出席していない場合は議決権が無いので当然散開。事前に欠席連絡のあった人はまだしも、なんの連絡も無く欠席ってまともな大人のとる行動ではないやん。さらに言うと、連絡すれば欠席してもええやんというのも、ちょっと違うと思う。前回の理事会開催時に、次回予定を決めているのだし、そーゆー無神経というか他人事というか当事者意識ゼロっていうのは集合住宅に住むべきではないと

言いきってしまうぜおっちゃんわ。

憔悴しきって昼からは自宅の掃除やらいろいろ。たまにはご機嫌伺いでもととなりのアパートにおかんを訪ねてみれば、こっちも体調最悪でどーたらこーたら。
身内の具合がよくないってのは、ほんま堪えるわ。まぁ、以前のように車飛ばして四時間以上かけて様子見に行くことに比べるとマシかと思うしかない。

なんか昨日、山を歩いた充実感とか楽しさがこんなにもモロく崩れ去ってしまうとは。
事件はこれだけで済まない。
そろそろ寝よかなと思いきや、突然

全館非常ベルが鳴る。

無神経で他人事で当事者意識ゼロな皆さんを差し置いて、またまた14階から階段で徒歩で目をぐるぐる回しながら一階管理室を目指す。とちゅう気持ち悪くてアゲそうになったり。
昼間の一件もあったので高校生レベルで「むかつく」。こんな時間に警備会社に連絡して修理相談も無いなと思って余計悲しくなった。

家に戻っても、また鳴るんじゃないのか?と気になって熟睡できずに何度も寝返りを打っていたら

全館非常ベルが鳴る。

時計は夜中の2時。

無神経で他人事で当事者意識ゼロな皆さんを差し置いて、またまた14階から階段で徒歩で目をぐるぐる回しながら一階管理室を目指す。とちゅう気持ち悪くてアゲそうになったり。
二階、三階、四階あたりの無神経で他人事で当事者意識ゼロな皆さんは、今頃布団の中で「あ~、そのうちだれか止めに行きよるやろな~」と思ってるんかな。

「月末、臨時理事会再招集じゃ、おぼえとえよ。」

てな週明け。


| | コメント (7)

2014/07/13

芦屋から宝塚





久しぶりの七時間歩行は疲れた。


前日遅くに名古屋出張から戻ってきた小池さんは絶不調。久しぶりの部署・宴会でさまざまな偉い人のさまざまな説教を聴きながら飲んだ酒のせいで、こちらも不調。
でも、この日は絶対に距離を歩くぜという決意は固く、、、、。

途中、知り合いの息子さん(三匹)が出迎えてくれたが、先日の一件がありちょっと距離を置く。どうか彼らはヒトから餌をもらうことなく素直な野性として成長していってほしい。

スタートが10時過ぎと幾分遅かったのであまり人と出会わなかったが、それも前半まで。20人単位のハイキンググループ数組がまさに道を占拠!それから、週末で一番ハイカーが混雑する時間に一番メジャーなコースで、シクロクロスの練習はやめたほうがいいと思う、、、ような三人組が。
マシンを軽快に担ぐ前後にも、ハイカーが歩いてるんだよ、どういう気持ちになるか考えたほうがいいと思うけどな。

六甲頂上で先日のカップヌードル素麺で短時間ランチ。
暖かいまま食べても美味しかった。こりゃイケルわ。

あとはひたすら宝塚に向けてもくもくと歩く。帰宅後の体重が60kgに近くてびっくり。水分の取り方失敗したかも。
楽しかったからまぁいいけど。


| | コメント (2)

2014/07/11

ぱくりめし

運動:さすがに電車通勤+家事いろいろ+コロコロローラー腹筋×6万回
飲酒:菊正宗×二合

玄関のトビラを開けたら食卓からいいニホイが漂ってきて、、、という暮らしに憧れたのも太古の昔だ、今やオフィスを一歩出れば、どんなアテを作って飲もうかとそればかり考える日々。

”おっちゃんのぱくりめし”31発目:
P1060382
揚げ出し豆腐のみぞれあんっぽいモノ”

またもやAEONの”お手軽惣菜コーナ”で市販のみぞれあんの袋を手に取り、裏面の説明書きをじっくり読む。内容物と制作方法をパクったら、そっこー帰って再現だ。

ザラメ(砂糖)など家には無いが、まぁ白糖と醬油とみりんでなんとかなるだろうと。
豆腐は、かたくり粉をまぶしたのとメリケン粉をまぶしたのと二種類作って焼き目を付けてみた。どっちも甲乙つけがたい食感。やはり”ラボ”での実験は楽しくやらねばな。


P1060383
台風もとくに大きな爪痕を残さず通過(大阪では)。蒸し暑さがぶり返したのでチンチンに冷やした冷酒を。

ローラーJDと自分の弁当、きのうはかつ丼で今日はちらし寿司。といってもほんまテキトーに作って詰め込んだ感満載。なんやろ、酒のアテとのこの温度差は。自分の作る毎日の弁当は”仏作って魂入れず弁当”だな所詮わ。

| | コメント (2)

2014/07/10

そうめん

運動:自転車通勤+家事いろいろ+腰痛体操あっさり
飲酒:菊正宗の冷酒×二合

生野菜だけの晩飯をひとしきり食べたあと、こやつを開封。

P1060376

プレスリリースを読んだときから気にはなっていたが、近所のAEONでついに発見し確保。
さっそく”ラボ”で実験。
P1060375

見慣れぬ構造の麺だ。湯をそそぐだけで果たしてあの素麺どくどくの弾力が出るのか?
温でイクか冷でイクか迷ったが、以前からカップラーメンに氷を入れるという斬新なアイディアが気になっていたのでここはひとつ

P1060377
冷やして。この手のブツは塩分濃度が高いので、氷を投入することにより、それが希釈されて薄味になるからちょうどええわ。

麺をリフトする。
P1060380
実食・・・・確かにそうめんだ。しかも冷たいダシにはほのかな生姜のカホリまで。氷を入れることにより何かしらのシナジー効果が発揮されているのかのど越しがよろしい。

これはぜひ、山の中でキンキンに冷やして食べたい(氷どーすんねん????)。
日清食品の底力を見た。このままゆけば、やきそばUFOも氷を入れる日は近いのか、、、とか。


つづく


| | コメント (8)

2014/07/09

非常ベル

運動:自転車通勤+家事ちょっと+腰痛体操あっさり
飲酒:淡麗350ml×2

「間が悪い」。
たとえば、晩飯にフライ物を揚げているときに限って宅急便が来るとかしょうもない勧誘が来るとか。

今朝も出勤準備が大詰めを迎えようとしていたときに、けたたましく非常ベルがアパート中に鳴り響く。
基本、理事会メンバーの誰かが1Fの管理室に入って警報解除することになっている。たとえば、2Fに住んでるメンバーであったり3Fに住んでるメンバーであったり。

それが何分たってもいっこうに止まる(止められる)気配がまったく無し。仕方がないので洗濯を干す手を一端止めて14Fから階段で(エレベータが警報と連動して止まっていたので)1Fへダッシュ。
2Fに住んでるメンバーとか3Fに住んでるメンバーとかを差し置いて

14Fから階段で(しつこいか)。

結局はセンサーの誤動作だったようで、この点についてはホッとしたものの、一番遠い拙者が14Fから階段で(もうええっちゅうねん)止めにいくという現実に

ガックリうなだれた。

みんなやっぱり面倒くさいことは他人事なんかいなぁ。

てなわけで、直近の週末日曜日は、他人事な皆さんと一堂に会する”定例理事会の日”なのだ。

たのしみだ。

| | コメント (4)

2014/07/08

腰痛

耐えがたい痛みのために、ロキソニンを飲む。骨盤の内側の肉まで痺れている始末。

やはり週末の運動が過剰な疲労物質を生産したんだろう。こうなることを予想して、寝る前は腰に良いといわれている地球上のありとあらゆるストレッチをこってりめに施したのだが、

朝起きたら元の木阿弥。

就寝中に腰痛を悪化させているのか?だとしたら、寝ないで起きていればいいのだな。

、、、、死んでまうって!そんなもん。

| | コメント (4)

2014/07/07

ブヨ

俺の薄汚れた血液って、そんなにウマいのかなぁ、、、、。
P1060369
(しかし腕ほっそ!)
ハッカ水の塗布を忘れたらてきめん噛まれた。そういえば半月前に噛まれたやつもいまだに痒いし。

※なんだか、「マダニ」かもしれない疑惑も。本体や牙らしきものが無いので、なんとも言えないけど。


メガネ新調!
P1060372
、、、、した途端に今までつこてたメガネを失くすという事件発生。
世の中の経済は、こーして回るようにできているんだなー、へー、そーだったのかー、、、、と泣いてみる。


| | コメント (2)

2014/07/06

単独登攀

今までは、六甲ハイキングの単なる通過点でしかなかった”A懸岩”の頂上に立つ。
004

ついにこの日が来たのかと。

しかし、想像以上に支点の構築が難しくて、いつになったら下降できるねん!?と途中で自暴自棄になりかけたほど。落ちても誰も助けてくれないと思えば、何度も何度もげっぷが出るほど確認して、それでも足りずにまた確認して、それだけで

ぐったり疲れた。

普段はいかにクライミング・マイスターに頼り切っていたかを思い知る。
何度も深呼吸してセットを確認し、下降開始。最初の一歩を踏み出して空中に浮かんだ瞬間、全身を鳥肌が貫く。たいした高度ではないけどジックリ時間をかけて無事着陸したときは、ほんまにチビリそうになったのと、命すり減らして遊ぶ(マジで)高揚感と脳みその浮遊感は脱法ハーブなど足元にも及ばん(やったことありませんが)。


P1060373
アッセンダー(登高器)。単純明快な仕組みなのに、現場では右往左往。「山ではありえない事が起きる」という言葉があるのでともかく集中して。

結局2本登って2本降りるで終了。
前日に有馬まで歩いたダメージは想像以上に脚にきており、おまけに背中に背負った50メートルのロープがずっしり。上下のハーネスとかクライミングシューズとか水筒とかでおやつを入れるスキマも無いほど。
けど山登りの動きは、ゆっくりした筋肉の収縮の繰り返しなので鍛えている部分がとても意識し易いと思う。
下りもしかり。不安定なバランスボールの上で半日以上、踏み台昇降繰り返すような動きは、全身にまんべんなく血液が行き渡ってゆくようなカンジがしてとても気持ちがいい。

楽しかったな。

| | コメント (3)

2014/07/05

雨なら雨で

「どうせ明日は雨やし、それなら痛飲しようか、、、、」っていうのはもういいかなというお年頃になってしまった。
そいういワケで前日は淡麗350ml×2相当の酒を。

翌朝は6時起床。
なにより小池さんのやる気に引っ張られたカンジで六甲~有馬ルートへ。途中から雨が降ってきたが、そこは一番信頼のおける雨具「傘」で登り続ける。
002
頂上は濃霧と雨。それでも大勢のハイカーが沢山いたが、渇いた森に雨がふると、緑がものすごく鮮やかになるし、それはそれは紫陽花が美しい。

003
それとは別に、住宅街からほど違い登山口のところに知り合いの息子さんが居た。
あわよくば人間から何かもらえるかと横目でチラチラこちらを見ていたが、「あげません」。共存するには”オール無視”に限る。
そんなこんなで表六甲ハイキング道のランドマーク「風吹岩」に出てみれば、見慣れない巨大な雌のイノシシが居た。これは知り合いではない。こちらを殺気立った目で見てズンズン近づいてくる。第六感が「やばい!」と言うので足を踏み鳴らして睨みつけたら、こんどは女性二人組に近寄っていったかと思うと、

突如突進!

悲鳴をあげる女性からリュックを奪い取りその場で生地を食い破って中身を、、、。

近くにいた人たちが必死で追い払っていたが、今後もこういう被害は増えるんだろうな。


有馬に下りれば温泉とビイルはマスト。
家でごろごろしなくて本当によかった。雨の中を自転車で走る楽しさを思い出したりもしたな。

| | コメント (3)

2014/07/04

ラビットノット

運動:電車通勤+家事いろいろ+腰痛体操こってり
飲酒:キリン缶チューハイ×2

ようやく、ラー油警報解除。今回は長かったわ~、なんかこう「出し切った」ってカンジやわ~。

そんな事はどーでもよくて
Rab
うさぎの耳に似てる(?)ってことで”ラビットノット”の練習に没頭する。
「偶発的に起こる事象に対しては解けにくくて、意思を持ってやるとあっさり解ける」という何とも便利なシロモノ。
考えたのはドコノ・ドイツだ?

凄すぎる。

そしれこれを
200
最終的にカラビナにセットして支点作成完了。カラビナに表示してある25キロニュートンは、静荷重なら2500キログラムまで耐えますよという証だが、実際には滑落スピードも加わるので鵜呑みにするなという。

重力加速度9.8を覚えたところで俺の将来に何の役に立つことがあろうか、、、、と理科の授業を激しく呪ったあの頃の俺に一句詠む。

~学問の 価値や理由がわかるのは 落ちる瞬間死ぬ瞬間~

| | コメント (2)

2014/07/03

梅雨

運動:自転車通勤+家事いろいろ+腰痛体操こってり
飲酒:淡麗350ml×1

終日、ラー油警報鳴りやまずだったのでビイル控えめ。よほどの事が無い限り正露丸を飲まない派。さらには「出すだけ出そうホトトギス」。
最近は寝るまでの時間、もっぱら細引きを使ったロープワークの練習をしている。家ではできるのに現場でできやんというのはつまり、、、そーゆこと。

ローラーJDを急き立てて晩飯を食わせ、とるものもとりあえずジャージに着替えて舞洲へ自転車乗りに行くという自己中心的かつ動的な日々から一変、
手作りのアテでのんびり晩酌(兼晩飯)を楽しみ、山の事をぼんやり考えてヘラヘラと薄ら笑いを浮かべながらチマチマ・ロープを手で編むという静的なここ最近だ。

あと、天気図を確認。
先週末も結局ダメだったが、今週は輪をかけてダメそう。梅雨前線がいよいよ本州にかかってきているもの。
今は我慢。

そんなときこそアマゾン(あかんやん!)

| | コメント (0)

2014/07/02

棒々鶏

昨夜の晩飯兼酒のアテ。
A475fd0dfe7f4c9dabc6aabf0a1395a8
アマチュアなので正しくは”棒々鶏的なもの”。たれは市販のごまだれとピーナツバターちょっとと、あといっとき大ブレイクした(?)石垣島のラー油を。
棒々鶏を作るときの最大の山場はなんといっても”指の熱さに耐えながら身を千切る”工程。
焼きナスを水に浸さず皮を剥くのとどっこいどっこいの熱さ。

しかしだ、うまいうまいと調子に乗って食べ過ぎて、本日朝からお腹がぴーぴーでごんす。
いまだ、ラー油警報発令中。

夜はクライミングの名著「生と死の分岐点」を読む。滑落してぐにゃぐにゃになった遺体の写真をぺらぺら見つつ淡麗350mlを飲む。なまっちょろいムック本など消し飛んでしまうほどの迫力に、酒がすすむすすむ(うそです)。

ところでポストに、登山用品店から13%割引券がDMでやってきた。
10%でも狂喜乱舞してしまうのに13%ととは。立ち飲みを我慢して豚の貯金箱に小銭を入れてるおっちゃんの気持ちをわかり倒したセールに涙する。

| | コメント (2)

2014/07/01

いろいろグルグル

運動:自転車通勤+家事ちょっと+コロコロローラー腹筋×10億回
飲酒:淡麗350ml×2

梅雨明けから予定している山の計画を立てる。前回の行動を参考にと去年の手帳を開いたら、思いがけず”かーちゃん・ゲゲゲの町から大阪に戻って一周年”だということに気が付いた。

そーかー、もう一年経ったんか、早いなー。

毎日飽きるほど海を眺めて暮らしていた人には、箱のようなマンション暮らしはそーとー退屈らしい。
冬の寒さ、大雪が積もれば一週間は買い物に行けない状況、花の手入れをしようと庭に出てみれば大蛇がお出迎え、墜落してくるトンビの死骸の始末、大スズメ蜂の猛威、終わりの見えない雑草の手入れ、電話のたびに愚痴を聞かされたが、今や

それさえも懐かしいと言う。人間ちゅうのはほんまに勝手やなー、、、、。

けど住めば都(にしていくしかない)と悟ってもらうしかない。この先も何かちょっとした楽しい事を見つけて大阪で暮らして行ってくれたらなと。

で、その夏山計画に戻る。
立山を起点にいろいろ歩きたいので当然・富山まで行かねばならぬ。縦走となればスタートとゴールが離れているので公共交通機関。朝いちばんから行動するとなると高速の夜行バスと誰しも考えは同じなのか、

発売開始10分で売り切れていたという驚愕の事実に打ちのめされた。

新宿発はなんぼでもあるのに、大阪発の冷遇が凄い。ともあれほうぼう手を尽くし、、、って真夜中に起きてパソコン睨んだだけですけどギリギリ切符を予約。山ブームの余波、ほんま凄いわー。

凄いついでに
836be4b5b797496fb2512ef26c429c84
買ってしまった。必要に迫られて買ってしまった。(誰に言い訳しとんねん)

なんか最近ブラックダイヤモンドの製品の世話になること多い。自分はいったこの先どこへ行くのか?


| | コメント (2)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »