« イカ | トップページ | よかった »

2014/06/05

中之島

運動:徒歩通勤+家事いろいろ+腰痛体操
飲酒:淡麗350ml×1、白ワイン×三合

月曜から新卒の子たちが配属され、毎朝すがすがし空気を持ち込んでくれているというのに、こっちは日々仕事がうまくゆかず、うなだれて退社。彼ら(彼女ら)の前途は洋々としているのに、こっちの興味はもっぱらそう遠くない将来の退職金の額というのがなんともかんとも。

そんなおっちゃんのササヤカナ楽しみ、昨夜は中之島公会堂で「穂高涸沢Movie&Talk Session」てな無料イベントの日。800席がほぼ埋まるほどの盛況っぷり。おまけにベテランさんと若い女の子の数がどっこいどっこいっちゅうのを見て、山バブルを実感。

そもそも山には、ぼんやりしたい、うまい空気を吸いたい、涙腺が緩むほどの絶景を見たい、孤独に怯えたい、お喋りしながら歩き続けたい、外でメシが食いたい、衣装のコーディネイトしたい、ロハスっぽくしたい、などなど女の子の触手を刺激するワードがわんさか(だと思う)。秘湯や一期一会もあるしね。

P1060348
てなことで、約1時間ほど涸沢で働く山小屋の人を追ったドキュメントフィルムを見る。そして最近の自分にちょっとした変化が。以前は坂と斜度しか興味がなかったのに、野草の名前や小さい生き物、岩の割れ目にある水晶や金の原資などに関心が向くようになり、
映像の中もそっちに釘付け。

P1060349
トークセッションでは、涸沢ヒユッテの社長が遭難にまつわる興味深いエピソードをいろいろ。
上高地から涸沢までは比較的整備されているので、そのままのノリで穂高の稜線まで上がろうとして最後にはどないもこないも、、、、という例が最近多いとか。
とりわけ今年のGWの遭難の多さに苦言をていしておられたので、身の引き締まる思いがしましたよん。

映像に関しては、まぁおしなべて言うと圧巻には違いないが、こーゆードキュメンタリーはおかき食べながらビイルをぐびぐびしつつ、畳でねころがってみたい、、、かな。と思いながら帰る道すがら、立ち飲みによりたい気持ちを山への旅費に転嫁せねばならんので、グッと我慢。

”賞味期限迫る調味料をつかおうと焦るおっちゃんの晩飯”1001発目:
P1060347
野菜マーボー炒め。

よもや甜麺醤に賞味期限があろうとは、、、、。瓶の日付をみたら半月以上過ぎてた。あわてて白菜やら厚揚げやらを片栗粉でからめてそれっぽいものを作成。知らず知らずのうちに、自分にも冷蔵庫万能説が蔓延していたようだ。

梅雨入りもしたのでなおのこと気を付けねばな。

|

« イカ | トップページ | よかった »

コメント

そうですか、昨日でしたか。すっかり忘れておりました(涙
穂高山荘の写真家の小屋番の方もきてらしたんでしょうか。行きたかったですわ。
しかし昨今のブーム、自分も「山を舐めないで登るぞ」と登る時に思って上り始めようと思います。

投稿: さかじい | 2014/06/05 11:35

●さかじいアニキ、写真家の小屋番さんのトークもおもしろかったですよ。DVD買うべしべし。

投稿: ローラーおとこ | 2014/06/05 12:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イカ | トップページ | よかった »