« 計画 | トップページ | 半ドン »

2014/05/30

藤内壁マルチピッチ

三重県にある、御在所岳。

メモ:往路は4:30家出~阪神高速~近畿道~京滋バイパス~新名神~7:00湯の山温泉着
   復路は16:00湯の山温泉発~名阪国道~西名阪~阪神高速~18:30自宅着
料金とか渋滞具合を含めると、復路のコースがよかった。
・四日市IC周辺のレギュラーガソリンは161円
・コンビニ沢山あり
・コメダコーヒーは8:00開店なので使えなかった

かれこれ5年前だったか、槍に登りたいと思って自転車から山に宗旨替え(?)して、その練習場所として選んだのがこの山。その後もルートを変えて2,3度歩いた結構好きな山。

005
途中に「クライマー以外立ち入り禁止」っていうなんかものものしい看板、そして遠景で見上げる岩には、点のように小さな無数の人がぶら下がっているのを見て、あれは違う世界の人たちなんだろうなとボンヤリ思っていたが、

Goza1
今や、そっち側の人になってしまった。

013
反対側の尾根にもそれなりの人がたくさん。

苦手なハングを超える
019
最初の頃はただただ力任せに手足を空中でばたばたさせるダケで、疲れてばかりで、超えていく人たちを幽霊でも見るような感じで見送っていたもんやが、やっとなんかこう、上手な人のを見て、マネして、
あとはなんかこう、気合いとやけくそと偶然と鼻くそほどの根性で、
乗り切ったあとの恍惚感とか脱力感と安ど感、もう、人間が持っているありとあらゆる感情が噴出して

仕事の事などすっかり忘れてしまった。


008
さすかに長いピッチを5本も登るとの疲れてしまって集中力が薄い。薄いと、登り方も雑になってしまい、そーゆーのはちょっと反省。

Goza2
最後は、60メートル一気下降。懸垂下降で死ぬひとがあとをたたないと聞くので、一番緊張する。
おまけに下降器を通過するロープって、けっこうビヨンビヨンするから怖いのよ。
下降器も摩擦で熱くなってくるので、ほんまこれ大丈夫なん?て、地面に着陸するまで心配ごとだらけ。

ともあれ無事生還(あたりまえだが)。
帰宅して服を脱いだらあいかわらず「DVか!?」と錯覚するほどの全身の打撲痕、、、。
それと、”グランフォンド福井”以来ひさびさの「ブヨの餌食」になってしまい、今現在も時間の経過とともに痒さマシマシ。。。。

スズメバチもばんばん飛んでたので、いよいよ山も本格始動か(なんのこっちゃ)。

いい岩だったな。


|

« 計画 | トップページ | 半ドン »

コメント

アニキ、りっぱなクライマーになりましたね!

投稿: uechicchi | 2014/05/30 11:48

たぶん過去最強(恐)ですね。

投稿: わがお | 2014/05/30 15:08

「いい岩」 というのもあるんですね。けど怖すぎます!私は「いい小山」でも十分ですわ。

投稿: ハム | 2014/05/30 16:18

●uechicchi アニキ、これ以上踏み込むとおいしいお酒が一瞬にして飲めなくなりそうなので気を付けますわw
●兄弟子、全身の筋肉痛がありえない状況です。フラフラ。
●ハムにーさん、無事に着陸したときの脱力感がなんともいえません。飲むビイルの味も生きてる実感がしますw

投稿: | 2014/05/31 19:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 計画 | トップページ | 半ドン »