« さらに春山 | トップページ | 道具 »

2014/05/06

だんだん厳しくなる

119
テントに戻って小屋で350円の缶チューハイをいただく。乾燥した空気に沁みる沁みる。

130
テント場はこんなカンジで、前泊者が風よけブロックを積み上げればまた翌日別の人が積み上げるといったカンジで、まさに互助会的に強固さが増す。自分も何個が積んでおきましたがな。

139
煮込みラーメンで晩飯。生野菜を担ぎ上げたが、そーとーに重い!

160
あとはもー、ひたすら北アルプスを眺めて口をあんぐり開けて言葉もなく立ち尽くすだけ。
実はこの夏に、立山をスタートして黒部五郎から双六、笠ケ岳の縦走をしようとすでに二週間近い決死の覚悟の休暇を申請中。サラリーマンにとってそこまでして登りたくなる・歩きたくなる「山」ちゅうのはなんやろね?

てなことを思いつつ、この日も18:00過ぎに寝袋に入ったわけなんだが、なぜか翌日の常念岳への縦走を思って目が冴えてしまい、うとうとし始めると突然テントを揺らす風が。
事前の予報で風速20メートルと聞いてまさかなと思ったが

ほんまや。

寝ころんだ足を上げてポールを支えるだの、なんかもう、必死の必死。
うなりをあげる風と冷気でとうとう一睡もせず。翌朝四時に外へ出たらば今度はなんと

吹雪。

小屋も見えないほどのガス。たった一晩で初春から厳冬に逆戻りという教科書通りの「春山の脅威」がそこに。
今後の行程を検討しようと小屋へ天気予報を見に行ったら、滑落やら遭難やらのニュースがばんばん入っており、しかも自分たちが入山した道路ががけ崩れで通行止めたら、もう、「祭り」状態。
縦走どころではないなと思い、吹雪の中かろうじて泣きそうになりながら荷造りと撤収。
ダッシュで下山開始するも、さえぎるもののない稜線で、なんども吹き飛ばされそうになるのをピッケル刺して耐風姿勢とりつつ

冗談やなく、やばかった。

前日呑気に悪口をいった樹林帯に入った瞬間の安堵感は忘れられんものになる。

途中、ピッケルからストックに持ち替えてともかく必死でころがり落ちる様に下山して、登山バスにギリギリセーフ。座席に座るなり放心状態だったが、じわじわと妙な達成感。

信じらん景色が見えるのと、一歩間違えば死ぬかもしれん(おおげさでなく)という両極な魔力を感じつつスタート地点の温泉の湯船につかるのだ。

凄い山だったな。

|

« さらに春山 | トップページ | 道具 »

コメント

盛りだくさんの連休だったようですね
羨ましいっす
ニュース見て心配してましたが、無事下山のようで何よりです

投稿: KAZZ | 2014/05/06 18:09

無事のご帰還何よりのお知らせです。
わたしは帰省して立山連峰から白山、医王山までずずいと見渡せる実家から毎朝山を眺めておりました。
まさかそんなドラマがあったなんて!

投稿: 一歩 | 2014/05/06 18:52

初日の絶景!翌日の荒天…落差が激しいですね。
あ!知り合いが、燕行こうとして道路崩落で常念に変更してましたが、そういう状況だったのですね。

あの燕のテン場も風当たりが良いから、深夜に吹っ飛ばされないで良かったです。

投稿: bfz | 2014/05/06 18:58

同じ頃にアニキとは違う角度から槍ヶ岳等を見てたかと思うと不思議な気分です。

投稿: PEANA2 | 2014/05/06 21:55

ご無事で何より、今回遭難のニュースが多くて驚きました。
やはりお山は優しいだけでなく厳しい所なのですね、
まだまだ自分には経験が足りませんが、、、。

投稿: uechicchi | 2014/05/06 23:08

かなり厳しい山だったようですが無事帰ってきたことに
喜びを感じてまた登る。私もそういう時が来るのかな??

投稿: ハム | 2014/05/07 08:13

去年行きましたけど、あの登りはシンドかった。
同じ頃、蝶が岳から手を振っておきましたが見えましたw
蝶が岳ヒュッテの張り紙で中房林道?が通行止めとかでしたが、影響なかったですか?

投稿: Shallow | 2014/05/07 09:00

●KAZZあにき、お蔭様で臆病が幸いしております笑。帰路の高速運転が眠くて大変でしたー。
●ブラザー一歩!金沢方面から一望できる山容は素晴らしいですよね。窓から山並みを見つめてアイロニング!素敵すぎます!
●ブラジャーbfz 、マラソンお疲れ様でした。崩落現場を帰路に通りましたが、6トンほどの岩がゴロリとおいてあり、背筋が凍りましたよ。

投稿: ローラーおとこ | 2014/05/07 09:54

●PEANA2あにき、途中で会うんじゃないかと変に緊張しましたよ笑。お互い無事でなによりです。
●uechicchiにーさん、夏は夏で雷の心配もありますが、ぜひまた行きましょう!
●ハムにーさん、「そこに行かないと見えない景色」があると思えば、緊張しながらでも行ってしまうんじゃないですかね。美味いビイルも待ってますし。
●おじき、蝶登ったんですか!?凄いしんどかったでしょ。自分的には燕より蝶の方がキツク感じました。
中房線はギリギリ通行解除されてなんどか戻れました。

投稿: ローラーおとこ | 2014/05/07 09:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さらに春山 | トップページ | 道具 »