« 季節は冬 | トップページ | 次の用意 »

2014/04/28

八ヶ岳・東天狗岳

自転車カルチャーを牽引しているイベントの一つに野辺山シクロクロスというのがあって、それはそれはステキな大会だったが、ふと目にとまる八ヶ岳連峰の圧倒的な存在感に釘付け。おもわず自転車ペダルへの入力を忘れたほど。

いつかその懐に分け入ってみたいもんだと思い続けて、

001
その日が来た。
大阪から高速乗り継いで、中央道「諏訪IC」でおりてずいずいと山道を走ること30分。渋の湯温泉着。1,000円払って駐車。トイレもあります。登山口には遭対協のヒトがおられて、登山届けの受理やら道中の状況やらのお話が。こーゆーひとたちがいてこその安全登山。

雪がなければなだらかな傾斜の続くハイキング道が延々と続くんだろうが、急速に進みつつある雪解けで、足元の空洞化が凄すぎ!わずかでもルート外れたときの踏み抜き、ときには足の付け根ぐらいまで。

048
二時間強で到着。木造二階建ての黒百合ヒユッテの屋根一面に設置されたソーラーパネルに、電気の無い過酷さがひしひし、、、といいつつも

009
ほかの小屋でも滅多に見ない水洗トイレ。覗きこんだら奈落の底、、、っちゅうトイレも今まであったが、こんな美しいトイレもあるもんやねー。

049
ラインナップはこちら。当然黄レンジャーとしての職務をわすれず
005

一人1,000円というテント場の値段にちょっと引いたが、ま、小屋にもいろいろ事情があるんだろうと思う。
006
雪面の整地を横着したので、寝るときの背中のぼこぼこ感にはまいった。
疲れていても、整地はぬかりなくせねばな。(今更かい)

飯といえば、荷物を軽くしたいというセコい思いから、たいがいはレトルトやフリーズドライ中心になりがちなんだが、なぜかこの山行に関しては背中の重さに意味を見出さねばならんという謎の拘りが湧きあがったので
白菜やらネギはむろん、下界でもそーとー重たいと感じる焼き豆腐とか糸こんにゃくまで担ぎ上げ、

054
すき焼きだ。
生卵にデップしながら雪山で食べるオージービーフの美味いこと美味いこと。

「もう山登らんでえーわ、これ食ったら、もーなんでもえーわ」ちゅう気にもなりましたがな。

てなことを言いつつも、やはりせっかくなんで
027

天狗の顔によく似た山。見た目以上に登り下りとも斜度があり(場所によっては45度以上か)
073


044
こんな物々しい道具を発明したやつ、えらい!

八ヶ岳の主峰ともいえる、赤岳と阿弥陀岳の顔が怖い。
030
多分、いつか行くことになるんか。今は、、、わからん。

056
標高2500メートルの住まいはまだまだ冬なのだ。小屋の寒暖計もマイナス七度だったとか。夜中も無風できしょこ悪いほど星が見えたが、悲しいかな星座や星の知識が全くない。
知っていたら、宇宙からのメッセージを見落とさずに済んだかも(なんでやねん)。

しかし一晩中寒くて何度も目が覚めるありさま。何度もこんな感じで痛い目にあっているのに、いまだ決定版を見いだせないままでいる。
062
朝になっても足の指先の感覚が戻るのに、ずいぶん時間がかかったな。おまけに、テントの中に入れていたにもかかわらず、靴が凍ってしまって履けやん!寝袋の中で抱いて寝るしかないのか???

066
沸点の低い場所でのゆで卵は失敗。あと、パンとスウプで朝飯。

090
森のいたるところに「熊棚」を見つけた。多分キャツラはうじゃうじゃいるんだろうな。こっちがお邪魔している立場なので、謙虚にいかねばな。

077
東天狗岳(左側)は、見た目と違って岩場のトラバースがかなりシリアスでけっこう緊張した。雪の状態が悪ければ簡単に滑落できる(?)かんじ。時間の都合で西天狗岳(右側)には行けやんかったので、またいつか。

いい山だったな。

|

« 季節は冬 | トップページ | 次の用意 »

コメント

アニキ、靴は寝袋の中に入れる他ないと思われます。

投稿: PEANA2 | 2014/04/28 16:24

アニキ、いろいろとご面倒をおかけしましたね。申し訳ありません。またお連れてってくださいね。
で、テントシューズ以外にも必要なものが。ずばりリップクリームと日焼け止め!(笑)

投稿: さかじい | 2014/04/28 16:36

アニキ、後で思った事だけど、
頂上でピッケル持って3人で記念写真撮れば良かったなと。
喜んで撮ってくれそうな写真好きな方2人いたのにね(笑

投稿: uechicchi | 2014/04/28 18:11

二度と行きたくない山というのは無いかもしれないですが、「またきたい山」は腐るほどあるんでしょうね。
「いい山だった」これですわ、やっぱり!!

投稿: ハム | 2014/04/29 14:06

残雪の山で、すき焼きとわ~っ!!!
簡単に滑落出来る尾根…滑落停止訓練しちゃいますか(汗)

投稿: bfz | 2014/04/29 17:49

●PEANA2あにき、コンタクトレンズの凍結はかろうじて回避しました。やはり寝袋で添い寝しかなさそうですね。
●さかじいにーさん、お世話になりました。使い捨てカイロもマスト!
●uechicchiアニキ、ほんまそうですね。景色に見とれてただただ茫然と空気吸って満足してしまいましたわ。
●ブラザーハム!「山は晴天が全て」のような気がしますわ。辛さもしんどさもすべて帳消しになるような晴天って必要だなぁと。
●ブラジャーbfz!関東方面からのアクセスがよさそうな場所なので、羨ましいです八ヶ岳。まだまだ訓練不足が山ほどありますわー。

投稿: ローラーおとこ | 2014/04/30 10:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 季節は冬 | トップページ | 次の用意 »