« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014/03/31

ノンビリしたのよ

えーと、何したっけな日曜日。

土砂降りだったので午前中いっぱいは布団の中でひたすら本読んでおしまい。
焼きそばとビイルのランチ食ったあと、軽く昼寝。
おやつの時間に目が覚め、ジュンク堂へ散歩に。「日本アルプス総図」なんてゆうまさしく”これあったらご飯三杯はイケるわ”ちゅう地図を見つけてしまいお買い上げ。
串カツでもしばこうと松葉・階段下店へ行ってみたらばグルメ雑誌にでも載ったのか、家族ずれやカップルや女子会(?)って感じの人に占拠されており、のれんをくぐれん状態。

アホ臭くなったので、阪神電車に乗り杭瀬駅下車。ここへ来たならやっぱり風呂やろということで、380まんえん払って銭湯へ。湯船貸切状態のなか、意識がとおのくギリギリの線で湯からあがり、もつれる足でそのまま”酒枡”で生中やら黒霧水割りを流し込みながら常連の 金正恩氏によくにたおっちゃんとタイガースの試合を見る。

帰宅後は眠気に逆らいながら黒田官兵衛を見てすぐに寝た。


| | コメント (0)

2014/03/30

木曽駒ヶ岳

週末ごとに天気が崩れるのはなんでだ?おかげで計画ダダ崩れ&十分な下調べもなく山への飢餓感だけでイってしまうといろいろ厄介ですという日記。

重視したキーワードは「日帰り」「ロープウェイ」「それなりに展望」。
で、浮かび上がった場所が
058
(木曽)駒ヶ岳ロープウェイ。

※メモ
   ・ドアtoドアでここまで片道4.5時間(それなりに法定速度で)
   ・バス+ロープウェイは3,800円だが、モンベルカード一枚で一人だけ3,580円(うるおぼえ)に割引
   ・バス、ロープウェイともに一時間に1本だが、繁忙期は臨時便が沢山出る。
   ・高速道路駒ヶ根IC降りて五分でバス停がある。

002
西穂に比べるとややこじんまりとしたゴンドラ。途中、南アルプス越しに富士山が見えたりする。

008
ホテルに併設された山頂駅へ着くと、登山客はみなおもむろにアイゼンやらハーネスやらものものしい装備。
冬山ならではの装備が、この山の厳しさを醸し出す(のか?)。若干引き気味にたたずむ自分と小池さん。

紅葉の季節のパンフダケが事前の印象で、さぞやうじゃうじゃの人がとおもいきや
006
ガラ~ンとしたカールが広がるのみ、、、、。
印象で言えば、”こじんまりした涸沢”ちゅうところか。で、まぁ有名な場所だしGPSだけで何とかなるやろと思っていたが、

015
雪の下に道標が埋まっている環境で、地図を忘れて右も左もわからんので苦笑いする図。
そんな危機的状況にも
009
やるきまんまんで準備するヒト。
ともあれ、このままここで立ちすくんでいるワケにもいかんので、
018
先行するチーム(と既存の踏み跡)を厚かましくトレースしていきゃなんとかなるやろと。
(本当はそーゆーことはしてはいけない)

027
このあたり、アイゼンもピッケルもよく効く雪面なので余裕。

030
結論から言えば、「乗越浄土」という地点まで登れたが。途中から斜度がドンドコあがり一歩一歩に緊張しながら。そんな場所でもトレッキングポールでガンガン行く小池さん、あんたほんま凄いわ、、、。
途中から腹が減ってがくがくする自分を追い越してゆくしまつ。

028
宝剣岳(?)に立つおっちゃんを見て、出発しようとする小池さんを拝み倒してこの日のゴールはここまで。
あとで聞いたら本気がイクつもりだったとか。
032
わし、写真だけで満足。しかしそんな楽しい時間もつかの間、今登ってきた傾斜を下りねばならんとおもうと
ソワソワとドキドキで。
事実、下からみてたら下りてくる人の足取りの重たそうなことが見て取れたので。

プロから習ったことを思い出し、ともかく慎重に足を運び登りと変わらんペースでロープウェイ駅をめざしていたら、横から赤いイナズマが
038
他のヒトがやっていた「シリセード」、小池さんがピッケルを起用に雪面に刺してヤッホーヤッホーと叫びながら加速してゆくので、自分には持ち合わせてない度胸とか体の強さとかうらやましーなーホンマにもー。
ともあれ、カールで急峻な地形なのであちこちに「雪崩注意」「雪崩危険」の立札とロープがうるさいほどに立っていたので結構な緊張も。紅葉の時期にはキョーレツに「燃える」らしいからまた行きたいな。

そうそう、往復のバスはもちろん
056
かぶりつき席で。

059
駒ヶ根の町にもどると、南アルプスが手招きするのだ。死ぬまでにいけるんだろうか、、、。

































| | コメント (3)

2014/03/28

いろいろ用事がありました

立ち飲み”がんこ”

上田酒店

たよし

水曜日、自転車の友人が転勤で大阪を離れるというので立ち飲みで送別会を。
大阪に転勤されて早々、自転車の練習中いきなり交通事故で入院というhard luckに見舞われたが、どうか大阪の事を嫌いにならないでねと願います。またどこかで会いましょうといって散会。

きのうはやんごとなき理由で有給消化。
アパートの理事会の用事で奔走したり、住宅ローンの借換えで銀行にべったり張付いたり、実家パトロールもあったり。大人には「面倒だが避けては通れぬ用事」がワンサカあるんやね~。あ、耳鼻科も行った。杉は平気だが檜にはめっぽう弱いので。そういえば先週、花粉の宝庫というかディストリビュータのような奈良県・和歌山県の山間部に行ったが、マスクをしている人をまったく見なかった。

現地の人はやはり持ってる抗体が違うんだろうか、、、?

乾いたココロに潤いを
Raku
ってことで久しぶりの楽天食堂で”熱帯麺”を流し込む。ほのかにただようココナツミルクの風味がいかにもな熱帯だ(行ったことないけど)。一滴残らずスウプを飲んでも喉が渇かん、素晴らしい。

気を取り直して、天王寺にある老舗の登山用品店へ。この日限りのバーゲンという案内はがきを握りしめて。
狭い店内は、シニアのおねーさんの熱気でむんむん。買おうと思っていたブツはすでに在庫なし。

人も物も、縁があったりなかったり、そーゆー自然現象(?)は大事にしたいので無理せずな。


| | コメント (6)

2014/03/25

伏見で酔っぱらう

本当は、金曜出発でお山に行くつもりだったが、最後の冬型気圧配置に恐れをなして方向転換。
幕末にいろいろあった伏見へれっつらごー。

005


006


008
幕末の動乱とはまったくぜんぜんカンケーあらへんキグルミが次々と現れる。竜馬よ!これでいいのか!

011
これでいいんぜよ、「神聖」 - 山本本家

012
これもいいんぜよ、「黄桜」 - 黄桜酒造

024
だいぶ酔いが回ってきたぜよ、「富翁」 - 北川本家

028
なんだかまっすぐあるけんぜよ、「英勲」 - 齊藤酒造

てなことで、伏見区にある酒蔵が一同に開く蔵開きに突入だ。
009
雪山も危険だが、蔵開きのはしごも危険きわまりない、、、、ぜよ。

025
入場料千円だったので断念した松本酒造だが、外観はすばらしいの一言。このあと、やや距離はあるものの宝酒造も押さえておいた。しかし一回に飲む量が少なめとはいえ、これだけの種類を味わうとだんだんなにがなんやらサッパリわからなくなる。
あいにくの寒さの中、酒の味わいとしての評価が分かれるが、熱燗を用意していた黄桜と宝酒造は、おっちゃんの気持ちをわかり倒していると言わざるをえん。
次回もぜひお邪魔したいイベントだ。

昨日は
運動:自転車通勤+家事いろいろ+ローラー腹筋5万回
飲酒:淡麗350ml×1、菊正宗(伏見ちゃうんかい)×三合


| | コメント (6)

2014/03/23

そして青春18の旅なのだ

”日本最長路線バスの終着だったから”
ただそれだけの理由で降り立った新宮駅だったが、まさかここがJR東海とJR西日本の分水嶺だとはな。
インターネットで調べた結果、新宮駅待合室には”駅蕎麦”があり弁当も売ってるという話だったが、現実は

そんなもん、とっくにあらへん。

つたない青春18経験から、用意した非常食で朝をしのぐ。そして
078
きのくに線、新宮駅6:58の始発でれっつらごー

名古屋回りにするか和歌山回りにするか迷ったけれど、名古屋方面行きはすでに出たあとだったので。

前回の高山本線で少し経験値を積んだので、入線15分前にはホームで待機したのだが、
080
二両編成・ワンマンの105系は拍子抜けするほどガラガラ。しかし腐っても(腐ってないけど)”電車”なので加速はそれなりに速い。

081
窓枠にまけぬ水平線の美しさよ。

時折乗ってくる人があったり下りる人がいたり。けど、つねにガラガラ。串本駅についたときはさぞかし最南端を感じるかと思いきや、それほどでもなかった。
捕鯨発祥の太地駅などもっとすごくて、「え?こんな寂しいとこが???」って思うほど、すかすか感が。
駅舎に手書きされたクジラの絵が、かろうじて捕鯨を関連させるダケという寂しさ。

084
けど、海は相変わらず春の日差しをあびて輝いておるぞ。

二時間ほど揺られて(退屈はしなかったが)ようやく紀伊田辺駅についた。
097
一時間に一本の割合で列車が来るという安心感もあり、腰をすえて本日一発目の途中下車だ。

みかん屋多し。
090
厚かましさ全開で、試食に手を出す。なんせ朝からジャムパン一個なので飢餓感はそーとーなもの。

恒例の”知らん町拝見”のコーナー
089
これだけ貰ってもな、、、、とか

091
手作りのウキとか竿に思いを馳せたり

フラリと入った寿司屋で
092
”ずけカツオとシラスの丼”をよばれる。キリンの中瓶もしばくことを忘れずに。おもしろいのが、おすましの中にも梅干しが入っていたこと。さすが南紀だ。美味かった。

113
次に来た113系に乗り、御坊から和歌山へ。特筆すべき事はないが、この和歌山~新宮間なら、弁当食べたりビイルを飲んだりを満喫できたと思う(それぐらい穏やかな車内)。

和歌山で二発目の途中下車
101
小池さんの和歌山ラーメン探索で、「井出商店」にならぶ。特別美味くもまずくもない普通のラーメンだったが、4月1日から消費税UPと共に一杯700円になるとか。

うへー、、、、やな。

今回一番後ろ髪をひかれたのが
107
和歌山駅・天王寺行ホームにあったこやつ。
次回は、ここでうどんを食って弁当とビイルを買って、新宮を目指すプラン浮上だ。

109
ゴールは、大阪環状線某駅。ちなみに、金券屋でかった青春18キップだが、

110
前の持ち主は大阪駅から高山を経由して日本海を回った痕跡がある。
なんだか、知らず知らずのうちにタスキリレーをしたみたいで不思議。旅の中身はこの切符のみぞ知る、、、だな。

いい旅だったな。


| | コメント (3)

2014/03/22

青春18+αの旅なのだ



日本最長の路線バスで到着。


もうあと何年かでリニアモーターの体験乗車が始まろうとする時代に、あえて逆流してみるかと、、、。

近鉄電車・奈良県に大和八木駅に降り立ち、ダッシュする人波に乗って停留所へ。
034
トレッキングの装備をしたシニアがわんさか。物好きは自分たちダケかと思っていたが、甘かった。
・・・・・
”奈良県八木駅を起点に、国道168号線を経由して、紀伊山地を南下し、熊野灘をのぞむ和歌山県新宮駅まで、停留所の数167を数え、所要時間は約6時間半を要し、高速道路を走らない一般路線バスとしては日本一”
・・・・・

ここ最近、「ミスター路線バス」の名をほしいままにしている太川陽介のTV番組を見るにつけ、路線バスの旅がしたいと思うようになってきた。閉塞された空間を他人同士が共有し、ときには降車、ときには乗車するメンバーの入れ替わりもスパイスになるんちゃうんのん?
そうおもうと矢も盾もたまらず、今回の青春18のプロローグにうってつけではないのか!?

ちゅうこって、旅が始まるのだ。

しかしスタートからつまづく。
二日間乗り降り自由(途中下車したいときは必須)の乗車券売り場は9時OPEN。
窓口が開くのを足踏みしながら待ってたら、またたくまに席が埋まってしまって「補助席のヒト」となる。なんとこの日は補助席含めて乗車率110%はあったと思う。このまま6時間半耐えられるのか!?

しかし幸いなコトに、山間部へ突入する前の停留所、、、温泉施設だったり有名な梅林公園だったりパラパラ下りるグループがいて、なんと「最前列かぶりつき席」をキープ!
バスがおかまほったら最後やなとおもいながらも、運転手さんの華麗なハンドルさばきに酔いしれるには、この席しかあるまい。

旅といえばビイルだが、バスにトイレは着いてないし何より尿意で途中下車などしようものなら次の便は”二時間半後”。なので、喉の渇きを覚えつつも水や茶を控えるというありさま。とはいえ、一時間ないし二時間に一度は15分程度の休憩もあったりして

035
自転車の練習で何度か訪れたこちらでバス休憩。自転車もよいが、やはりバスの座席から見える景色はまた格別なものがあった。

038
休憩のついでにバスの車体をながめる。自分とホボ同じ年月運行していることに驚く。今はかなりの箇所でバイパス的な道になっているが、当時は崖づたいに細々とした道が蛇行しており、さぞや苦労したことやろねー。

041
今でも、幅員のせばまる場所では見事なすれ違いを披露。ゆきかう大型車両はみな顔見知りなのか、運転手さん同士たくみなジェスチャでの会話は、見ているものを幸せな気分にさせる。「ゆ・ず・り・あ・い」の精神がなければ、この道はすすめないのだ。

042
当然、反対方向からのバスも来るわけで。ざっと見たところほとんどガラすきだったので、新宮から利用する人は少ないんだろうな。

~途中下車してみる~
053
乗りっぱなしもよいが、せっかくなんで。

045
村に二軒あるうちの一軒(の公衆浴場)へ行ってみた。

047
元祖源泉かけ流し発祥の地だとか。ふ~んてカンジ。ここで一時間ほど時間をつぶす。泉質は非常に満足で風呂場も清潔だしだ~れも入ってないしで楽しかったが、

村に一軒しかない酒屋でガソリンを仕入れようとする小池さん
051
”10円と500円は使えません”という張り紙の自販機だが、なぜかすべての日本円を拒むという危機的状況。
観光チラシには村内に飲食店が二軒とあったが、一軒はホボ廃屋、もう一軒は外からのぞくと小型犬がテーブルの下をウロウロしており衛生的に(てんてんてん)、

途方にくれて
044
村内にただ一軒のよろずやで、サンドイッチを買って青空の下ぱくつく。

~十津川村といえば~
奈良県でも屈指の秘境であり温泉地であり風光明媚な場所として有名(?)であるにもかかわらず、

全然あかん。

数件の旅館や民宿があるのみ。飲食店に関してはホボ絶望的。時間をつぶすようなスポットも無い。ビイルも買えず。正直なところ、ここで途中下車したことを激しく後悔しながら、湯につかった一時間を除き、残り一時間半はただひたすらに「ボケ~~~~」っとして過ごした。

まぁ、これはこれで贅沢といえば贅沢なんだが、、、、。

~そしてふたたびバスに乗る~
二時間半後にやってきたバス。座席が確保できるか緊張しながら待っていたが、拍子抜けするほど空いていた。
やはり始発は登山客とかで込むんだろうな。またもや”かぶりつき席”を確保。

054
オートバイですっ飛ばしたら気持ちええやろな~ってな道も随所に。そういえば、オートバイをすごくたくさん見た気がするが、自転車はゼロ。ロードレーサーばかりもてはやされるのはちょっとどうかと。もっと「旅」に出ればいいのにな、、、、と当時の自分を棚に上げて思うおっちゃんなのだ。

停留所も100個以上消化しつつ
056
気が付けば熊野本宮。ここだけパーっと開けたような町の雰囲気がよい。伊勢神宮や出雲大社の街並みそっくり。こっちで下車したらよかったな。

夕闇迫るころ
065
ひさしぶりの街の風景が。
途中下車したものの、名残惜しい六時間超のバス旅ももうすぐおしまいかと思うと、なんともいえん寂しさが。

066
最低料金190円からが、路線バスふうみを醸し出す。

052
これが乗車券。おりるときに運転手さんから一気通貫の乗車証明書を貰えるというニュースがあったのに

2月いっぱいで終了しましただと。

が~~~~~ん。

071
新宮駅前で、自分たちを運んでくれたバスとお別れ。
運転手さん、どうもありがとう。バス君、どうもありがとう。

こんな楽しい旅があるなんて知らんかったよ。

~この日の宿~

新宮駅前「ステーションホテル」一泊素泊まり・税サ込 5,500円/人
グルメ旅ではないので、ケチるとこはケチる、、、、でいつものように地場のスーパーで惣菜を仕入れて
074
酒代込みで一人千円ちょっと。


| | コメント (5)

2014/03/20

たけぺぐ

運動:自転車通勤+家事ちょっと+ローラー腹筋×3回
飲酒:宝缶チューハイ×1

高山右近ごっこ
Pegu
なわけないやろ~

昨年のGWの蝶ケ岳のテント場。撤収しようとしたものの凍結して抜けずに泣く泣く見捨てたペグのことを思い出す。なので竹箸と麻紐で工作だ。

晩秋以来なので、野営の用意の段取りに手間取る手間取る。
とりわけ、アイゼン、ピッケル、スコップと軒並みメタリックな荷物が加わるので、かわりに何を削るかでひと悶着あり、それなのに重たい重たい関東だきの具材やらハンバーグやら詰め込んではみたものの、果たして氷点下20度でそんな悠長な飯を食ってる余裕なんぞあるんだろうか、、、、。

てなことをやっていたら、酒がいっこうに飲めませんでした。

●青春18関連メモ
2014春Verが発売されてから半月以上経過。そろそろバラ売りが金券屋に並ぶ頃だと思ってパトロールしたら、一枚当たり3,200円が最安値。五枚つづりに換算したら16,000円やん!定価より4,500円も高いやん!アカンやん!この週末の連休が終わって一気に値下がりを期待しよう。

つづく

| | コメント (5)

2014/03/19

押し出し式

久しぶりの日帰り東京出張。
ちかごろは、なんでもかんでもインターネットを使って会議をする時代。テレビ会議はいわずもがな、プログラムのデバッグでお互いのパソコンに遠隔で手出ししながら喧々諤々も日常茶飯事(楽しくないけど)。

ともあれ浜松町へ。
昼時だったので飯を食うかとウロつけば、以前はランチ場所の潤沢さの印象が無かった街だが、なんのなんの。
”ランチブログ”でも書けば一生かかるやろなと思うほど、食べ物屋の多さにびつくりした。ただし値段は大阪の一割増っちゅうのがさすが大東京。

吉牛で手を打つかと思ったそのとき、”十割蕎麦+小どんぶり=500円”という驚きの文字が目に入った。
Sobasoba
一割蕎麦の見間違いかと思ったが、なんべん見てもやっぱり十割と書いてあるので意を決して中へ。
食券を渡して待ってたら「ブ・シュボー!!!」てな町工場から発するようなサウンドが厨房から。何が始まるのかと思ったら、前にビジネストレンドを紹介するTV番組で見たことのあるこやつが蕎麦をひねり出していた。

口数の少ないヘンコな親父がもくもくと打ってこその十割蕎麦だと思っていたが、今や工業製品になってしまったのか、、、まぁ安いからええけどと思って一口食べたが(てんてんてん)。

やはり口数の少ないヘンコな親父の店を探そうと思う。

そして午後から天一のラーメンに負けず劣らずみっちりこってりな仕事でヘロヘロになる。会社の旅費つこてわざわざに出かける旅はなんべん行っても甘くないわー。
とか思いながら足は品川へ。普段なら駅弁買っておしまいなのだがこの日はちょっと違うぜ。「アトレ品川へ行け」と我が家の出張の達人の指令があったので。ナルホド、惣菜コーナーの充実度が凄い。おまけにリカーコーナーに圧倒される。コナで飲みたおした”ロングボード”やら”ボルケイノ”やらの地ビイルがわんさか。はやる気持ちを抑えつつなぜか”シメイビイル”と米飲料ヲチョイス。

アテは
Dewa2
牡蠣フライをつついていると新横浜だ。

窓の外には
Yel
黄色いこやつが停まっていたという奇跡も。


小田原あたりで
Dewa
生春巻きと出羽桜をしばく。

アトレ品川最高!(なにしに行っとんねん、わし)

| | コメント (8)

2014/03/17

あと六回

楽しい楽しい山歩きから戻れば、日曜日はアパートの理事会で現実に戻る。なんだか毎週理事会やってる気がする、、、ほどに月日の経つのが早いってことかいな。
まず9時から12時まで、自転車置き場と単車置き場の抽選会。原付もさることながら、大型バイクを契約する住人が激減してきた。生活圏内の殆どを徒歩でまかなうことができるので、それもやむなしかのか。同様の理由で(?)、130戸すべてに用意されている立体駐車場も5割しか埋まっていない。

分譲アパートには必ずついてまわる修繕積立金のプールも、このままだとマズイ感じ。

自分が入居した20年前といえば、朝の集団登校にあつまる児童のみなさんの数がきしょこ悪いほどだったのに、今や小学生の姿を見ない日もあるほど。人口減ってるやねー。
で、無事終わって昼飯くって再び

13時から月例理事会。終わってみればすでに夕方っちゅうのはちょっと悲しかったが。

外へフラリと飲みに出る力も湧かず、餃子を作っては酒を飲み、あまった皮でピザを焼いては酒を飲み、
黒田 官兵衛を見終わるやいなや、シャットダウン(自分が)。

明日は浜松町まで日帰り出張予定。昼飯にカレー屋でも探そうと。

| | コメント (2)

2014/03/15

福地山

ほとんどのサラリーマンが常々感じているであろう「有給休暇消費の難しさ」を。それは職場の雰囲気だったり業務都合だったり。
自分も小池さんもいつものように6,7日を余らして捨てねばならん瀬戸際になり、買い取り制度も無いし、さてどーすっかなーってことで絞りだしてなんとかかんとか金曜に、仕事をフケてみた。
(あー、月曜怖いわ、、、、)

009
奥飛騨に、素泊まり4,500円の宿発見。源泉かけ流しだし、部屋は床暖房だしで文句はないが、広間で宴会しながら盛り上がるグループの脇をコソコソ通りすぎるのはさすがに抵抗感じたが、

015
腹をくくれば温泉宿での素泊まりもそれなりに盛り上げてみた。
普段はビジネスホテルにどっぷりつかり、そこでなるべく快適に過ごす秘策をひねり出しているのだが、

023
電気ポットを持参し、このなかでレトルトを調理するというハラハラな夜なのだ。(ヒューズ飛んだらどう言い訳するか?)
けどまぁ、目的が「山」なので削るとこは削るでいいやんと意見は一致。以前は車を飛ばしてここまで来てグルメ旅の限りを尽くしたが、人間変われば変わるもんやねー。

※参考メモ
 数あるコンビニの中でも7-11で売ってる「湯煎して作るなにがし」のシリーズが一番種類が豊富で味もまずまずだと思う。

012
冷蔵庫がないので窓の外の室外機の上にドリンクを放置して冷やすのだ。

068
すべては、この先にある景色を見るため。


昨年夏に登った思い出が鮮明に蘇る
061
焼岳がしずかに噴煙を上げていたり。

088
今年の夏も大勢のサイクリストが集うんだろうな、乗鞍。

092
西穂高から槍へ続く稜線もぽっかり顔を見せてくれたり。

福地温泉にある裏山的な山なんだが、北アルプスの展望台といわれるダケあって、登山口から三時間かからず絶景をおがめるので人気の山らしい。自分が下山するときも、沢山の登山者が登ってこられた。
前回敗退したときに出会った日本カモシカには、残念ながら再開できなかったが、

静かでとてもいい山だったな。

※登り2時間50分。下り2時間。積雪量は凄かったけど、がちがちなのでアイゼンだけで。

| | コメント (0)

2014/03/13

セールストーク

登山用ケータイ電話の顛末おば。

いつまでも、中身のない筐体をころがしとくワケにもいかんので、朝の朝礼が終わるや終わらんやっちゅうキワドイ瞬間のドコモショップへ。契約ごとはなんでも朝一と昔から決まっておる。

かくかくしかじかで、本体持ち込みで契約したいのだがと言えば、浮かない顔をした担当が次のようなことを言ったのだ。
「持ち込みで契約される場合は、バリュープランが適用されずにベーシックプラン(つまり一切の値引きが無い)のみの扱いになります。こちらで機種ごとお買い上げいただければバリュープランにさせていただきます」と。

この説明だけだと、わざわざ手元に本体があるのに何故またもう一台同じものを買う必要があるのか?と思い込んでしまった。
しかもベーシックプランなんぞに銭突っ込むなんてーことは論外。
仕方がないのであてどもなく店を出る。どーにも釈然とせんので別の店舗へ。

かくかくしかじかで、本体持ち込みで契約したいのだがと言えば、顔色一つ変えない担当が次のようなことを言ったのだ。
「持ち込みで契約される場合は、バリュープランが適用されずにベーシックプラン(つまり一切の値引きが無い)のみの扱いになります。ただし、こちらで同一機種を持ちかえってもらえるならばバリュープランにさせていただきます」と。

つまり、いずれの店舗も本体込で新規契約すると機種代金は「ゼロ円」、そして通常の割引プランが適用できるという話しだが、

”買わないといけない”
”持ってかえってもらわないといけない”

この表現の差で客に与える印象が点と地ほどの差を感じた。
手元にはすでにヤフオクにて800円で買った端末があるが、大瓶2本飲んだとおもたら気にもならん値段やなと。
めでたく手続き完了。ええ勉強になった。

運動:自転車通勤+家事いろいろ+ローラー腹筋10万回
飲酒:菊正宗のぬる燗×3合

思いつきで作ったデタラメなアテ
002
うす揚げの中に納豆をイン!焼いてポン酢でよばれたが、なかなかの味。
納豆には鷹の爪をちょっと混ぜ込んだので、ときどきアクセントになっていた。生前は大豆と呼ばれていたが、それぞれの戒名が納豆とうす揚げ、、、っちゅうこっちゃね。


| | コメント (2)

2014/03/12

どこへ行こうか

自転車にも乗らなければと思い、退社後におそるおそる大手量販店へ。
ひさしぶり過ぎて、極度の緊張感。目的はチェーンとワイヤー類とブレーキシューとタイヤ。
一本いちまんえんのタイヤをホイホイ買っていたころの気持ちはどこへやら、ワイヤービードの1,500円のでええかと手に取ってみたものの、果たしてそれでよいのかどーかも

分からなくなってしまった。

ブレーキシューも同様に。当時から、さまざまなメーカーの晴天用やら雨天用やらリリースされていたように思うが、ホームセンターで売ってるやつでええかと思い始める始末。チェーンも、がんばってがんばって死ぬほどがんばって走っても、1キロのタイムが1分17秒後半止まりだったと思いだし、スポーツ用でなくてもいいんじゃないかと考え始めてしまい、とぼとぼ店を出る。

北へいくにも南へいくにも、大阪市内を抜けねばならぬ。劣悪な交通事情のなかを、抜けねばならぬ。

ときどき通勤で国鉄をつかうが、輪行についての注意書きポスターが貼ってあった。
かなり厳格な規定があるみたいなことをチラリと読んだが、そーまでして重たい自転車担いで階段上ったり下りたい、他の乗客の突き刺さる視線に耐えたり、長距離特急列車ならいざしらず、在来線で輪行もこんなに窮屈になってしまったのかと寂しくなったわい。

ともあれ乗らんことには始まらんので、舞洲へかな。

運動:自転車通勤+家事いろいろ+ローラー腹筋9万回
飲酒:種井350ml×1、菊正宗の常温×三合

| | コメント (2)

2014/03/11

先輩が

前日、簡単な作業を手伝ったダケやのに、「パチスロで14万円勝ったから幸運わけたる」と言って、焼き鳥屋に連れて行ってくれた。

自分が新人の時は、そらーもー怖い(顔と仕事への熱意が)ヒトだったが。最近はそうでもないかな。
三年前にあんまり微熱が続くもんできしょこ悪いから医者へ行って検査入院したら”余命半年”と告げられてなと初めて聞かされ

口に入れた軟骨カラアゲを、もどしそうになる。

しかしすでに三年元気。不思議とびっくりもせず落ち込みもせず淡々と受け入れたとおっしゃるが、なかなかできるこっちゃないなと。不治の病で死ぬのもつらいし、津波で流されてゆくのもつらいし、通り魔に刺されるのもつらい。
そんなことをぼんやり考えながら家路につく道すがら、立ちこぎしたママチャリのチェーンがバッツリ外れておもわず

ガク!てなった。

かろうじて足をついたのでセーフ。

ガク!てなった拍子に死んだらつまらんやろなー。
よい死に方をまだ思いついてないから当分死ねんな、これは。

今週末、またもやアパートの理事会があるから余計死ねないね。


| | コメント (0)

2014/03/10

大人活動

確定申告の興奮冷めやらぬなか(?)、次なる大人活動は、住宅ローンの借換えとやらを。

25年前、まわりに流されるようにしてあまり深く考えずに家を買った。しかも「ビックリ金利」でローンを組んで。
何度か”繰り上げ返済”の誘いもあったが、自分は蟻として生きるよりキリギリスとしての人生を全うしたいと考え、小銭がたまると自転車に費やしたり旅に出たり。毎月の返済に、薄氷を踏むような日々も一度や二度ならず。
さすがに昨今の低金利に黙っておれんようになったので、銀行が開設していた夜間相談窓口へ突入。

そんなこんなで立ち飲みに寄れなかった金曜日。

銀行員もさすがのビックリ金利に目を丸くしていたが、残り10年を切っているにもかかわらず提示されたプランに乗り換えたら”メルセデスの一番安もん”が余裕で買えるぐらいの銭が浮くなんてな。
(買わんけど)

世の中知らずに損をしていることが多いと痛感したおっちゃんです(遅いやん)。手続きが、無事とんとん拍子に運ぶことを願うばかり。


開けて土曜日は、久しぶりに(でもないけど)六甲山の迷走コースをぶらぶら。
拍子抜けするほどの人の少なさ。景色のよい岩の上で、レトルトのビイフシチュウに固くなったバケットを浸して食べる心地よさ。薄めの麦ドリンクもグビリとやる。夏空に向かって泡だてたジョッキを突き上げる季節もいよいよすぐそこか、、、、てな事を思ったり。
森の中では一瞬だが野性のリスの姿も。そうか啓蟄も過ぎたのか。
下山後は銭湯->立ち飲みのゴールデンコース。残念ながら、おっちゃんのアート率がゼロだったが、風呂上りにタオルいっちょでたばこを吸いながらスーパーなドライを美味そうにあおるおっちゃん見てたら、こっちまで幸せな気持ちになれたよ。

運動:山の中をぶらぶら+銭湯+立ち飲み
飲酒:生中×2、芋のお湯割り×3

日曜は頭痛で目が覚める。湯冷めか、、、。微熱まであるし。
気合いで熱を下げ、あとは終日読書で締める。

運動:なし
飲酒:缶チューハイ×2(やっぱり飲んでしまった)

| | コメント (4)

2014/03/07

足底筋膜炎

週明けからカカトが痛い。痛風の発作かと思ったが、痛さレベルで言うと1/1000程度なのでこれは違うなと。
インターネットで検索したらば表題の件が浮上。思い当たるフシは、、、まったくないが、しいて言うなら

加齢か。

中日の山本昌が48歳で開幕先発ローテ入りを狙うたら言うてますが、凄いという思いと同時に、加齢による原因不明の痛みはそこかしこにあるはず。それをいちいち口外せずエエ球投げる姿がなんとも男気溢れてるぞ。
今年はがんばれ阪神タイガース!(なんでそこやねん)。

で、足底筋膜炎だが、あぶら汗が出るほどの痛みならいざしらず、ふつーに痛いとかのレベルにおいては万事において「気にしない」が自分のポリシーだ。胃腸が悪いなと思っても消化に良いものをとか、妙ちくりんなサプリや謎の民間療法などせず、いつもどおりフツーに過ごせば、

そのうち治る(忘れる)もんやと。

人間持って生まれた体質というのがある。体質改善などねむたい言葉がはやっているが、ホンマかいな?先祖代々脈々と受け継がれてきた体質なぞ、そう簡単に改善・改版されるもんではなかろうと思うが。

運動:自転車通勤+家事いろいろ+コロコロローラー腹筋3億回
飲酒:菊正宗の熱燗×一合、ぬる燗×一合、常温×二合

酒が美味いと感じる体質に感謝。

感謝といえば
P1060125
ローラーJDが留学先からみやげにくれたブツを改めて見つめなおしてみたが、なぜ彼女はおやじにこれを?
どうやって使うねん?と聞いたら

「お風呂に浮かべて楽しんで」と。

50すぎたおっちゃんが、湯船に浮かべたゴムのあひるに何を語れというのだ。
・・・語ったけどな。しかも、自分とあひるの一人二役はなかなか楽しかったぞ。


ちなみに母親には、目にも鮮やかなタータンチェック柄のなにがしかを数枚。

”娘からの理不尽には慣れてるおっちゃんの弁当”301発目
P1060124
さんまのかば焼き缶詰乗せただけ弁当。ぢつは横に添えた紅ショウガが一番の楽しみだったりする。
紅ショウガとゴムのあひるが好きな50すぎのおっちゃんの暮らしなぞ、日々こんなかんじ。

かんけーないけど、今朝のこの寒さはどーやねん!
洗濯干すときの手先の冷たさは、もはや冬逆戻りやん!?

| | コメント (8)

2014/03/06

車検

運動:車通勤+家事いろいろ+コロコロローラー腹筋9万回
飲酒:淡麗350ml×1、白鶴の熱燗×三合

本当はワインに合わせたほうがよいのだが
001
焼き海苔にチイズとミニトマト乗せてオリーブオイル垂らして、トースターでチンしたもの。毎晩だいたいこんなカンジで一人飯が始まる。

我が家の車もいよいよ10年目に突入。
小さな傷はあるものの、昨年「マフラー脱落」のほかは事故もせずなにより機関類は絶好調。それもこれも某自転車アニキの修理工場で毎回丁寧な車検をしてくださるお蔭かと。
メニュー通りの点検項目のみならず、ユーザー目線で不具合を指摘してもらえるので本当に助かる。

学生の時に先輩から5万円で譲ってもらったずたぼろのハコスカ(GTRちゃいまっせ)から始まり、KP61(FR最高!)やらカローラFX(ローンが払えず売却)、レストアしようと思っていたら錆びて鉄くずになってしまったチンクチェント、あと何台かの地味な国産車を乗り継ぎ、

この歳になるまでまともな車に乗った記憶が無いっちゅうのは、、、、どうなん?

昨夜の晩飯二発目
002
”トマトスウプにあさりを入れた何か”。日本酒しかないっちゅうのになんでこうもワインに合いそうなアテを作ってしまうのか。

結局は自分の晩飯なぞ「賞味期限との戦い」に終始しているのがバレバレ。

”卵を買いすぎた懲りてないおっちゃんの弁当”45発目
004
またもや玉子どんぶり。
事務所で席が隣の先輩、単身赴任で大阪に住んでおられるので、自分と同じく日々一人飯。定時前になるとかならず二人でかわす会話といえば「今夜何する?」とか。

これがほんまの”腹のさぐりあい”。


| | コメント (2)

2014/03/05

剣岳 点の記

テレビを点けたら偶然目に飛び込んできたのでそのまま視聴。ついでに、立山周辺の山岳地図まで広げるというおまけつきで。

”アイガー北壁”の手に汗握るやや史実をデフォルメ(?)したような映画のあとに、確か映画館で見た記憶がある。そのときは、地味でシブイ映画やのぉ~という印象に終わったけれど、昨年秋に室堂へ行って肉眼で剣岳をおがんだこともあり、昨夜はまた格別な印象を持った。明治の近代登山を支えた地元の案内人のかっこよさがなんともかんとも。
画面の後ろに流れるクラシックも、ぜんぶオーケストラの生録音だという、手の込みよう。

昭和44年、この山で15パーティー・81人が同時に大量遭難したという事件があった、、、のを、書籍化したプロジェクトXで読んだが、ここでも獅子奮迅の活躍をしたのが、立山の麓に住む山案内人の人たち。
ダウンもゴアテックスもGPSもスマホも無い時代に、よくぞ登ったもんやなー。
六月に同じ木村監督作品「春を背負って」が公開されるので、これも見なければ。


てなことをしつつ、またまた後回しにしそうになる気持ちを奮い立たせて、確定申告の書類をついに作成。
あとは投函するだけだが、どーかひとつ「ダメ出しされませんように」。

投函といえば、先日小池さんが買った登山用のズボンがとても良いと聞き、自分もオーダーしてしまった。
一番の決め手になったのは、前についてるファスナーがWジッパーになっている点。
クライミングハーネスを付けているときにシッコするときの苦労は筆舌に尽くしがたい。これがWジッパーだと、下方からファスナーを開閉することができるので。

一見フツーに見えるズボンも、いろいろ考えてあるんやねー。

| | コメント (3)

2014/03/04

納税

運動:自転車通勤+家事いろいろ
飲酒:淡麗350ml×2、菊正宗の常温×二合

今日やろう、明日やろう、あさっては絶対やろうと思いつつ、早くも期限せまる確定申告。
昨年とある事情で生まれて初めて税務署に行って時間を浪費しに確定申告に行き、全身全霊疲れ果てた記憶が蘇る。

ネットで書類が作れると聞いたが、画面を見てもさっぱりわからんし。

あー、また貴重な有給はたいて税務署いかなアカンのかよぉー、、、、

てなことを思っていたら憂鬱になり翌日の仕事にさしさわってもいけないので、春山と夏山の計画を立てる(なんでやねん)。
北アルプスを上から下までとか、やはり関西人として(?)大峰奥駆は体験しておかねばとか、そのためにリフレッシュ休暇でもないのにズババババンと連休とるための仕事の根回しどーすんのとか、

一番の問題は「金」だが。

なにがいいたいかというと、

「納税したくない」。

| | コメント (6)

2014/03/03

コメを買いにゆく

増税前有事に備えての二本柱となれば、なにも臆することはない。

016
その上おそるおそる提示した割引はがきでさらに10%OFFの奇跡も。
たいがい、こーいったはがきをだすと「会員カードとの併用はできません」と冷たくあしらわれるのがオチなので、気が重かったが、

勇気を出してよかったよかった。

けど、使う必要のある有事など、起こらなければいいのにな。

そのあとは今週いっぱいを”越中八尾”で暮らす小池さんの格安チケットを買いに金券屋へ。しかしアレやな、金券屋ちゅーとこはなんというか夢が膨らむ場所やなと。
旅ゴコロをくすぐる切符がそこかしこに。移動は自転車!と公言してはばからなかった時代も過ごしてきたが、今や鉄道・バス・徒歩・とどめの青春18と

おっちゃんの鼻の穴は希望にみっちゃんみちみちみ・満ち溢れておるぞ。

その後、みっちゃんみちみちは
串カツ屋で大びんをしばき、げその天ぷらで菊正宗をグビリとやり、自宅では酔った勢いでバスクリンを入れすぎた風呂に入って屁をこいて、

寝ました。


| | コメント (2)

2014/03/02

蓬莱山

久しぶりに遠出をと計画していたが、全国的に天気がいまいち。
けど朝から酒を飲んで転がってるわけにもいかずで、おそらく近畿で見納めになるだろう雪を見にゆくのだ。

自宅発9:00~琵琶湖バレイ山頂駅11:00。
※モンベルカードを提示すると、ロープウェイ往復券が1,800円⇒1,300円に

春やねー
003
蓬莱山・山頂もこのとおりハゲハゲ。気温も5度近くあったようなおだやかさ。この日は、小池さんが買った雪山アルパインパンツの試運転がメイン。撥水や透湿はうたい文句通り。ただやはりアジアンフィットでないから「足余るわウヘ~」というのが泣ける。

004
キャプリーン着てても暑いほど。最後まで、スノーシューもアイゼンも背負ったまま取り付けることなく終わった。

冬のあいだは単なる平原だった小女郎池も
008
本来の姿を取り戻しつつある。よくみると、池の真上を歩いたつわものの足跡が。

やってみたいがグッと我慢。

全行程2時間強ほどのお手軽ハイキングだったが、いつも通り山頂で食べるカップラーメンの味はすこぶる美味かったな。雪のシーズンに、湖北から大津あたりまでテント泊しながら縦走するのも楽しいやろなと思いながら下山。

いつも楽しい時間をどうもありがとう->比良山系殿。


つづく

| | コメント (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »