« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014/02/28

消費税があがるから

増税前という言葉がなにやら免罪符的になりつつある我が家。

フライパンやらいろいろ家庭用品の刷新急ピッチですすめるついでに、フト目にとまったブツをいくつか。

・切り餅
・インスタントラーメン
・カッセットコンロのボンベ
・サトウのごはん

これらに共通するのはすべて「ロングライフ」でありそしてささやかながらの震災対策品。
。今日明日どーなるワケでもないと思うけど、自分の”アテにならない野性の勘”が買っておけと言うので。
とりあえずグラリときたら60リットルのザックに、かき集めた食糧をテントや寝袋と共に詰め込んで、、、などと。
増税前なのでついでにMSRの浄水器もこーてもーたろかなーと思うことも。

持っている後輩に聞いたら、近所の池の水で試したが、全然フツーに飲めましたよと言ったので。

なぜだか最近・黄色をチャージする機会に恵まれてないので
9cf6d29dbcc341adb430f4cb0d6c0c5e
昨夜はキーマを作ってみた。水臭くなるかと懸念した白菜だが、やはりほのかな甘みと歯ごたえは健在。
煮込むときのダシは横着してウェイパーまかせ。

ウェイパー便利やわ~、けど、みるからに何か体をむしばんで行きそうなブツが混入されていそうやわ~(あくまで個人の印象)。

運動:自転車通勤+家事いろいろ+ローラー腹筋7万回
飲酒:淡麗350ml×2、赤ワイン×二合

週末雨かよ。ちぇ。


| | コメント (3)

2014/02/26

気にしない

運動:自転車通勤+家事いろいろ+ローラー腹筋×10回
飲酒:淡麗350ml×1、菊正宗の常温×三合


昨夜の一人鍋
Nabe
葉物の値段・高止まりの中、ネギまみれになるという贅沢。ネギの下には大量の大根おろしを埋設。
具材に使ったほうれん草、根っこをしっかり洗わねば土が落としきれんというのは常識中の常識だが、あえてそれをせずに(ずぼらとも言うが)奥歯でジャリジャリさせながら食べるのが、また格別だ。

それより、こたつの上をもうちょっと片付けろや、カオス丸出しやん、->わし。

今朝、洗濯を干しにベランダに出てみれば、濃厚ともいえるほど霞んでおる。PMといえば”11(いれぶん)”が頭に浮かぶおっちゃんだが、最近は2.5とかいう。
それらすべてを含めて

気にすな。

幼いころから三秒ルール(後年、五秒ルールに昇格)で生きてきた人間、土でじゃりじゃりしようが大陸の空気を腹一杯吸おうがまったく問題ない。日々過剰に摂取しているアルコホルの方が問題だとも。ちなみに悪の権化のように言われているマーガリンやマヨネイズも、我が家では分け隔てなく摂取。
そのおかげでか、インフルエンザの注射もせずに日々健康。冷え性のひとに申し訳ないくらい手足も熱い。

花粉だけはアカンねんけどね。
濾過する鼻毛が足らんのかな。

| | コメント (2)

2014/02/25

カレー、のち、草

運動:自転車通勤+家事いろいろ
飲酒:めずらしく白ワイン×四合+1カップ大関

足の具合が悪いというのでオカンの様子を帰宅途中見に行く。ついでにPCの具合も悪いので見てくれと言う。
しかしなぁ、PCの具合が悪いというので見にいくたんびにデスクトップの画面が「ぐしゃぐしゃ」なのはなんでなん???

「いや~、わたし知らんわ~、どっこも触ってへんわ~、おかしいわ~」と決まり文句が。

おかしいのはオカン、、、、あんたの不用意なクリックやと言いたいのをグッと我慢。まぁパソコンなんか壊れてもしれてるけど大病はせんといてくれと。

そんなこんなでややこしい晩飯を作る気力をそがれてしまい
001
前菜に、かいわれ大根1パック大人食い

久しぶりに昼飯を外食のカレーで済ましたところ、胃がびっくりして夜になってもぜんぜん腹が減らんという。
黄レンジャーとしての面目丸つぶれっちゅうカンジ。

つづくメインデッシュは
002
キャベツのソース炒め。すがすがしいまでの手抜き加減だが、味的にはあなどれんしろもの。
そんな一人飯の均衡を破る小池さんのご帰宅。会話はもっぱら
・来月から始まる春季・青春18切符の活動について
などなど。

そーこーしてたら黒猫がやってきた。消費税増税前のなんちゃらという大義名分でいろいろとブツを手配中。

| | コメント (5)

2014/02/24

木曽駒ヶ岳から有馬温泉へ

昼酒飲みながら本読んでたらあっちゅうまで土曜は終日ひきこもる。

月曜は朝から快晴。事前調査という名目のもと、日帰りで木曽駒を見に行くプランが急浮上。
しかし車飛ばして往復10時間も走ってトンボ返り(最近はそれでも「信じがたい景色」が見られるのなら悔いは無いと思うのがちょっとどうかしてる)もちょっとアレやなとPC開けば、

先日からの大雪の影響で道が無いとか。

おとなしく、温泉をめざすプランに変更。

運動:芦屋から有馬温泉までハイキング
飲酒:淡麗350ml×2、菊正宗の常温×三合、あといろいろ

いつものように奥高座谷から歩き始めると、前方からまー来るわ来るわ、数えただけも10匹ほどの大家族が。
Ino
件のビッグダディ。

太平洋側は
Yuki
残雪こそあるものの、アイゼン無しでも軽快に歩けたが、これが有馬側になるやいなや石という石がすべてカンカンに凍結しており意図せず豪快な速度で下山できた。
おかげで、尻やら膝にえげつない打撲痕が。

温泉では湯あたり直前まで湯につかり、バス停前の立ち飲みで地ビイルをしばき、返りのバスは夢の中。
楽しいハイキングになったが、途中にある隠れが的なビュースポットのど真ん中に

”巨大なキジ打ち”

普通の人間なら藪の中とか杉林の奥深くとかでするはずの行為。まったくケシカラン・ワケワカラン。


| | コメント (0)

2014/02/20

ダブルアクセル

クラッチを使わず、オートバイのギアを変速するときに回転数を合わせる意味でよく使ったので、どうやらそれと関係あるのかと見ていたのだが、

ぜんぜんカンケーあらへんやん。

てなことを思いつつ録画で(録画かい!)応援。
真央ちゃん、えらいこっちゃな。
仮にメダルが取れやんかっても、おっちゃんの記憶には凄い選手がおったってことでしっかり刻まれたよ。

”フィギアスケートの厳しさに震えるおっちゃんの弁当”210発目:
C3c67fafdf4b4487ae57c852f5ff5d66
玉子どんぶり feat. エビフライ。昨日が地味すぎたので今日は派手めにと。
しかしな、食いたいものを持っていけるというメリットが弁当にはあるものの、冷蔵庫の中の野菜がシナビ始めるこの切迫感はどーにかならんもんかの~。

あと何があったかな昨日は。
モンベルから春・夏のカタログが来たぐらい。結構な冊子に胸躍らせてページをめくれば思った通りの
”機能100点、値段80点、・・・・総合2点”

展開色とデザインの●●サは今季も健在。

| | コメント (6)

2014/02/19

ガスボンベ

もしまたいつか、ロックバンドを結成するなら”ガスボンベ”なんて名前つけたいなー。

4938f0abcbac43049e0f36c0ef789b0c
そんなことを思わせる昨夜の一人鍋。ウケを狙っての狼藉ではない。

新品を買う->何度か山で使う->残量が乏しくなると不安になり->新品を買う->何度か山で使う->(以下リピート)

こうして微妙な残量のボンベが次々に残ってゆくわけだな。
案の定、晩飯につかうとものの5分も燃焼せずに次々カラになってゆく。

えーと、一昨日はアパートの理事会の日。二年の任期も残り半年。当初は強烈なリーダシップを発揮した女性理事長もややガス欠ギミ。潤沢ではないリソース(管理組合費)を大きく上回る数々の案件。築20年ともなると共用部分の老朽化に修繕が追い付かない。まぁ、自分があの世にいくまで住めたらええわぐらいの気持ちでいよう。
その前に、南海トラフが暴れたら、、、

モンベルのテントからオフィスに通勤するか。

昨日はちょっと自転車の知り合いに合う機会がたまたま。
すっかり疎くなってしまったシクロクロスの現状を聞く。「安くておいしいファミレス」というキャッチフレーズそのままに、長年素敵な運営をされているようだが、そのファミレス行くのに昔は大半のひとが”しまむら”の服を着ていた(ありあわせのMTBやロードって意味で)のに、今や右も左もポール・スミス(専用車ばかりがズラリ。カーボンホイールなどいわずもがなって意味で)・・・的な。素朴なローカルレースで好きだったんだが、ムーブメントっちゅうのは怖いな。

大会も全国に飛び火しているらしく、交通費をかけて遠くまで遠征にいくやら大変そう。代車持ってスペアホイール持ってなんてことしたら、車は必須。
あとは、自転車から山に傾倒していくヒトが以外に少なくない事実にびつくり。

遊びはなんでも金がかかるな。けど遊びは本人が納得して楽しんでいるからそれでいいのだ。

| | コメント (10)

2014/02/17

蛇谷ケ峰

道中、車の中で昨年のことが思い出される。一年て早いもんやなー。

楽しいことや楽しくないことがあったけれど、山は変わらず出迎えてくれた。
Dsc03699

~~~~~

通常ならば兄弟子と、ボルダリングかリードクライミングの定例会(?)となるのだが、この冷え込み。氷のような冷たい岩を5分と握っていられないだろう。ならば、寒いならとことん寒い遊びをしましょうってことで比良山系へ。当初予定していたビワコバレイは強風のためゴンドラが営業をしておらずなので、裏側からアプローチ。

全国的に雪の被害が出ていることに若干のうしろめたさを感じつつも、
Dsc03649
遊び始めるとハイになる、罪深きおっちゃんなのだ。
この日は時折うなりをあげて吹く風がものすごい威力で往生した。それと、新雪ではなかったが、油断すると股のあたりまで埋まる深い雪。シンドイのと楽しいのとが秒単位で入れ替わる。

自分にとって、雪はやはりメルヘンでしかないのか。すまん、被害にあわれた方々、、、、。


頂上は当然のように絶景。そして満を持して
Dsc03719
スノーシューを装着して浮遊しながら下山。しかし浮遊に夢中になりすぎてルートを見失い、妙な場所へおりてしまった。ま、結果オーライで済んだからいいものの(てんてんてん)。

ちょっと反省。

おまけ:
朽木道の駅の売店はなかなかに盛況。そして道の駅対面にある「日曜祭日しかやてない」蕎麦屋で、おいしい二八をよばれる。そばがらの入った蕎麦湯もうまかった。店主自ら仕留めて解体したジビエもあるらしく、また行ってみたいかも。

大阪市内発8:00~登山口着10:00ちょっと前
10:00スタート~14:30下山完了

楽しい山だったな。

| | コメント (2)

2014/02/16

名曲セレクション



雪交じりの時雨降る土曜日。
先月聴きに行った、フランツ・フォン・スッペの「軽騎兵」にすっかり魅了されてしまい、今月も芸術に身をゆだねる。しかもお値段1,500円というお手頃価格。お手頃とはいえ、それなりの楽団がやるからさぞやと期待して開演を待つ。

指揮棒が振り下ろされた次の瞬間、あれ?あれ?あれれ~?
前回シンフォーニーホールで聞いたのとちょっと違うぞ、これ。演奏の上手下手に関してはまったくわからんのだが、あえて言うならFMとAMほどの違いというのか。

小池さんもまったく同じことを思っていたそうだ。

多目的市民ホールとクラシック専門ホールの音響の違いをまざまざと思い知った。
市民ホールは前からしか音が飛んでこやんのに、専門ホールになると左右どころか足元からも音がせりあがってくるような、、、、。演奏は無論すばらしかったが、そーゆー違いが分かったことも大いに収穫。

てな感想を抱きつつ、久しぶりに家族そろったので夜は「景品でもらった商品券があるから」というセコい理由で、上等な串カツを食べに。立って食べる串カツは得意だが、座って食べる串カツに緊張する。しかも串カツにあろうことかキャビアまで乗って出てくるのがあったり、

手が震えた。

おかげでその夜は腹を壊すというおきまりのパターン(ええもん食べると体調崩す)。


| | コメント (4)

2014/02/14

山岳用ケータイ

設計に携わった者としての愛着もあり、かれこれ20年来のPHSヘヴィユーザーだ。当初は基地局が恐ろしく少なくて、使える場所が自宅だけという”携帯できないケータイ電話”として世間を震え上がらせていたが、今や都市近郊なら時速100キログラム程度の移動中でも普通に使えるという。

そんなこんなで大手通信キャリアのケータイ不要論を唱えていたのだが、
004
買ってしまった。

おかんがゲゲゲの実家に住んでいたころ、一度持たせたことのあるいわゆる「キッズ用」。
・10件まで登録OK(それ以外に110番、119番はデフォルトで入ってる)
・防水
・小さくて軽い
・衝撃に強くて筐体の回りが滑りにくいゴム構造
・紐を引っ張ると大音響ブザーの鳴動とともに、登録先へ緊急メールが飛ぶ(追加料金必要だが)
基本料金月額780円(ここ大事)

滑落や道迷いでの使途を想定するならば、この選択は悪くないと。しかし何度かドコモの実店舗に足を踏み入れてみたものの、なんたらいうオプション付けろとか家族で割ってあ~たらこ~たら、眠たい話しばかり。
ふとアマゾンを開いたら、本体新品800円とな。
本体さえ手元にあれば、あとは実店舗に行ってケーヤクだけするなりAEONに行って通話SIMを買ってきて突っ込むなりしよかなと。

運動:自転車通勤+家事いろいろ+コロコロ腹筋×10万回
飲酒:菊正宗の熱燗×三合、淡麗350ml×1

001
この夜はビタミンAを重点補給する日だ。
今シーズンは横着してインフルエンザの注射をしてない。なので気合いと食べ物で乗り切る。

”こう見えてモヤシが大好きなおっちゃんの晩酌のアテ”200発目
003
豚肉と野菜の赤味噌炒め的な何か。

あとテキトーに作った煮物と熱燗でこの日を終える。
ここまで調子よく飲んでいたが、弁当用に野菜を残しておくのをスッカリわすれてしまい(家事・あるある)
オクラを買いに走るハメに。
006
よせばええのに壬生菜を見つけてしまう。茶漬けに添えるとバチグンに美味いやろなと思い出し、これもカゴへ。

しかし葉物の値段の高さ、どーにかならんかのー。


| | コメント (5)

2014/02/13

はたち

~俺が意図して意地悪をしたワケではない~

寿司とケーキを買ってこよかという軽めの親心で事前の打診をしたのだが、友達と盛り上がるからとやんわり断られてしまった。

だがしかし、

友達と落ち合う計画の摺合せがうまくゆかず、小さなショートケーキを一個だけぶら下げてローラーJDが帰還。

こっちはすでに一人飯も住んで軽い酩酊状態。
小さな炬燵テーブルをはさんで、一人は晩酌を続け、一人は黙ってフォークを口に運ぶという。

わははは、さすが、記念日興味なし家族の一員だ。

小銭がはいったら、串カツにでも連れていってやる。

運動:自転車通勤+家事いろいろ+コロコロ腹筋×2億回
飲酒:菊正宗の熱燗×3合


| | コメント (10)

2014/02/12

東六甲縦走路

運動:阪急芦屋川からJR宝塚まで6時間強ほど歩く
飲酒:淡麗350ml×1、菊正宗の熱燗×三合、白ワイン×一合

オリンピックはダイジェストで見る派。
スノーボードの二人凄いやん。ジャンプの沙羅ちゃん残念やん。スケートの奈緒ちゃんあかんやん。
関東に住む自転車友達の”こたやん”がかつて放った名言

「足が攣るのはカリウムが足らんのとちがうんです。練習が足らんのです。

すべての種目にそれが当てはまるかは別として、スノーボードの練習ってもしや相当楽しいんやないかと。
タイムや距離を争う競技といえば、ストイックさだけが信条という印象がある。今日の練習も単調な動きの繰り返しか~、あ~やりたないのぉ~、ついらの~、苦しいの~(俺だけ?)

スピードスケートとかジャンプをレジャーでする人はあんまり多くないけど、スノーボードならまずその(雰囲気の)ちゃらさから入って、やってみたら笑い転げてばかりでおもろい事の一辺倒で、寝食忘れてゲレンデに通っていたい、、、。
まぁ、実際はそんな甘いもんではないと思いますけど、他の種目に比べて明らかに楽しそうではあるなと。

カリウム不足を補うため、久しぶりにドップリ歩くのだ
004
知り合いの息子さんが物欲しげな目をして現る。一瞥をくれるだけにしてとーぜん「無視」。餌やりなど言語道断じゃー。

風吹岩まで特段何事もなくいつも通りの風景だったが、その先から状況は一変
006
まさか使うこと無いやろなとええ加減な気持ちで持ってきた軽アイゼンを。危うく進退窮まるとこであった。
(結局ゴール地点の塩尾寺までアイゼンを外せなかった。全面アイスバーンなんてことになるとは、、、)

この先の”横池”の分岐のあたりでシクロクロス車のヒトに出会ったので少し喋ってみたらば、知り合いの知り合いだったらしい。ではお互い気を付けてと言って別れたものの、やはり速度域の違うモノとの共存が危ぶまれている場所でのグループライドはどうなん?って不安に思った。雪のトレイルの楽しさは自分も経験があるので理解できるが。

難しいもんやね。

気を取り直して先へススムが、微妙に腹が痛い。登りは発汗量が多いので基本薄着で行くのだが、思った以上に腹が冷えていたのか。しばらくするとその大波小波の周期がますます短くなってきた。
ゴルフ場を超えたあたりでついにはさざ波がビッグウェーブに。
こうなると、目的地は宝塚ではなく、ひとけのないできるだけ登山道から遠い茂みへ、、、、。

011
なんとか事なきをえて、蛇谷北山との分岐にたどり着く。
ここが、芦屋へもどるバス停までの最後のチャンスだが、持ち前の気合いと日頃無駄に鍛えている腹筋でなんとかなるかと。

※このあとも、「しても大丈夫なタイプの屁」と「したらあかんタイプの屁」の使い分けに苦労するハメになる。

015
しばし腹痛を忘れさせてくれる神戸港の絶景も。

しかし何度歩いてもこの蛇谷北山ルートはきつい。きついけど
017
雪がつもるとこうも印象が変わるのかと思うほど、楽しいわな。

021
頂上もこの雪。ここまでビッグウェーブが恐ろしくて小さなサンドイッチしか食えなかったのが痛い。

023
一軒茶屋へ続く道も、立派なブラックアイスだ。しばらくこの舗装路を歩くのだが、カーブがあると車が滑ってこやせんかと、ヒヤヒヤ。
このあとは、アイスバーンの六甲縦走路を延々行くのだが

026
コース途中にある”大谷乗越”はスタック祭り状態。過去の自分もそうだったのだが、大阪に住んでいたらスキーでも趣味にない限り「冬タイヤ」への認識はゼロといってもいいほど甘いのだ。

とか思いつつもくもくと先へ
027
一見単調とも思える縦走路だが、ときどき俯瞰的に見える景色におもわず足も止まるな。阪神競馬場が美しい。
このあたりでよーやく魔法瓶のお湯を注いでカップラーメンを恐る恐る食べた。ビッグウェーブも収まった気配だ。

屁もこき放題。

人気のなさとは裏腹に、縦走路というだけあってトレイルランナーが目立つ。
ぢつはあまりトレイルランナーにはよい印象を持ってない。前や後ろからいきなり荒い息遣いでもって現れてプレッシャー(本人に意図はないのかもしれないが)をかけて抜いてゆく。
あるいはこちらが道を譲ると5人も6人も前からなだれ込んでくる。みなアドレナリンが出ているのか、テンション高い。少人数で孤独に身をおいてムフフムフフと気味悪く悦に入る自分も、たいがい怪しいが。

ま、なんでも大勢でやったらうっとしいちゅう事やろね。

031
無事ゴール。宝塚の駅でビイルを買い、車中で人目をはばからずにしばく心地よさ。
楽しい山だったな。


| | コメント (4)

2014/02/10

Saleに騙されるな

土曜日早朝よりなぜか目が覚める。ああそういえばソチたらいうとこで五輪始まるやったなと思いだし、足でリモコンをたぐりよせて早朝より視聴。プラカードを持つ女性の美しさは目をみはるばかりだ。
心斎橋のロシアンパブのひとたちも、美しかったな~と余計なことまで思い出してしまった。

あと、シャラポアの背の高さにびびる。

午後から掃除と洗濯と飲酒。

新玉ねぎとシーチキンをマヨネイズであえた何か。
002

新たまねぎとモッツァレラをオリーブオイルでオーブン焼きした何か。
004

こうやって食べたいアテをちまちま作りながら飲む昼酒はサイコーだ。
菊正宗が残り少なくなったので、本でも読んで酔いを回すかと池波正太郎の剣客商売を寝たり起きたりしながら再読。こういう放蕩生活こそ天気の悪い日の楽しみならではと。何時に寝たのか覚えてない。

あ、寝る前に食パン焼いた。
実際に焼いたのは機械で、自分は材料を測っていれただけ。なんとなく思いつきでコーン入れたら食感が変わってずいぶんおいしく感じた(食べたのは日曜朝)。


日曜は”楽しい楽しい”アパートの理事会。
回を重ねるごとに出席理事の人数が減っている。九月の任期満了までなんとかがんばりましょう。
ベランダから遠景する六甲山を見て、行くか否か迷った挙句迂闊にもpatagoniaの実店舗へ行ってしまった。
ぢつは山用のズボンで気になるものがあったのでサイズが合えばという目論見。結論を書くと

行くべきではなかったな。

山に特化した品ぞろえではなかったということ。せっかくなんで好日山荘へと足をむければ、難波周辺は巨大なスーツケースを引きずるアジアの観光客でごったがえしていた。ここでもやはり期待した物に出会うことができず、失意の傷をいやすために酒飲みの気持ちを解り倒した立ち飲み屋で熱燗と牡蠣フライで休憩。

こんなことならおとなしく六甲へいってイノシシと戯れておればよかったな。

明確な目的がないときは、街へいくべからず。。。。わかっていたことなのに。


| | コメント (2)

2014/02/07

アウトレット

運動:自転車通勤+家事いろいろ+コロコロローラー腹筋×20億回
飲酒:宝缶チューハイ×1、菊正宗の熱燗×二合

「アウトレットに気をつけろ」が我が家の家訓だが、

、、、油断していた。

モンベルからメールマガジンが来たので目を通す。散々ぼろくそにゆーてる割には目を通すとこがおっちゃんの甘さか。と・そこへ、一昨年から使い始めて絶好調な寝袋が半額近い値でアウトレットになっていた。迷うことなく買い物カゴへ投入。本当はそんなことに使える補正予算はないのだが。

しかし”安いにはワケがある”という先人の言葉(?)を思い出し、今朝もう一度よく見るとどーも違う。重量が重たい、つこてるダウンのグレードがやや低い、それにあまりにも安すぎる。

慌ててキャンセルだ。ネット通販は薄氷を踏むぐらいの気持ちでかからねばな(といつも思うが、人間のココロの弱さをついた商売だぜネット通販)。


| | コメント (3)

2014/02/06

ハントンライス

昼間の二色弁当はたいそう美味かったが、食ってしまえばその瞬間から思い出に変わってしまう。
3a96ff8c7cae4d10a01f41b068585212
しかし昨夜はちょっと違うぜ。作りすぎた鳥そぼろをレタスで巻いて思い出を蘇らすのだ。こやつと酒があれば幸せだ。
もう十数年以上も晩飯に炭水化物を食べてないが、体調はすこぶる良好。
根拠はないけどそれでもやっぱり米を食べると眠りが浅い気がしてるから、まぁいいかと。

TVの中では旅番組。先月、青春18で腰痛に耐えながらたどり着いた金沢だ。
ハントンライスとかいう怪しげな洋食がクローズアップされていた。やはりご当地グルメというのはこうでなければな。

大阪には珍しい食べ物が無いやん。

| | コメント (3)

2014/02/05

内示

サラリーマンにとってのマイルストン的言葉。正式な辞令はたぶん4月1日になると思うが、知り合いからのリークみたいな形で漏れ聞こえてきた。

確かに今の自分の担務を冷静にレビューしたらば、そっちの部署の方があってるのは薄々感じていたが、イザ行くとなると寂しさとか不安とかいろいろあるな。あと、別の階のフロアまでの引っ越しが大変。まぁ、過去にあったような「半年で(大阪に)戻れるから」と言われて丸8年も東京勤務が続いたとか、二泊三日の出張予定が40泊になるという怪奇現象は起こらない(はず)ので、元気出すしかない。座右の銘はいつも

「へっちゃら、へっちゃら」だ。

運動:自転車通勤+家事いろいろ+コロコロローラー腹筋10億回
飲酒:菊正宗の熱燗×3合

えーと、節分はふつーに豆まきして太巻きをバクリとやりました。
さすがに仕事が終わってから”かんぴょうを炊く”のは無理なのでAEONでそれなりのヤツを買うにとどまる。
Fd5c2fd03ff047b9a2f6c1eaf7f3958b
どーゆーいきさつだか、ピーマン肉詰めも作ってみた。恐らく玉ねぎを使い切ってしまいたかった気がする。
・・・自分で自分がよくわからん。

001


003
昨夜と今朝の定点観測。
”この冬一番の冷え込み”というわりには、大阪のなんと平和なことか。

”ひき肉が続くおっちゃんの弁当”500発目:
002
二色弁当。いつか緑一色(リューイーソ)弁当作ってみよかな。
梅干しとかチクワ入れたらそのまま四暗刻弁当か、、、。

| | コメント (5)

2014/02/03

樅の木荘と補修パーツの話

運動:家事いろいろ+近所さんぽ+コロコロローラー腹筋10万回
飲酒:淡麗350ml×2、菊正宗の常温×四合

片道5時間の運転がやはり腰にきて、午前中は寝たり起きたり。そろそろ次の”青春18”の計画も練らねばならんのに、不安でいっぱいだ。遊びのカナメもやはり腰なのになぁ。
昨日の日記に書いた(※)の件でちょっと。
今回の山登りの実行にあたり、前泊する必要があっていろいろ検索。あくまで山がメインなので宿の占めるウェイトはかなり低め。ビジネスホテルの素泊まりでもいいわと思うが、値段の折り合いがつかなんだり朝食無料バイキングのクチコミが良くなかったり。
そんな中、忽然と見つかったのが

樅の木荘という公共の宿。

どうやら村営らしい。しかも平日割引がひとりマイナス2,000円という信じがたいプライス。蓋を開けてみると、
たたずまいとしてはサイクリングターミナルによくにた建物・部屋だが、豊富な湯量を持つ24時間入り放題の温泉があり、食事も我が家好みの薄味。おまけに布団まで敷いてくれるという過剰サービスまで。スタッフの人柄も大変よろしい。
それが、どーも経営がうまくいってないらしく、次年度閉鎖を検討中とか。
赤岳の登山基地として、また自転車やオートバイでビーナスラインツーリングにも使い勝手抜群なので、お宿探しのアニキ・アネキがいたらぜひとも行かれたし。応援したい宿だ。

Snow2
4シーズン目となるスノーシューだが、目立った不具合もない。しかし前週の武奈ヶ岳でストラップを挟み込んでおくプラスチックパーツが破損。好日やらIBSやらおもだった店舗をしらみつぶしに回ったけど、えてしてこーゆー部品が売ってない。ガッカリしつつもインターネットで探せば

あるとこにあるもんやねー

Snow1
2個1セットで315円とな。

| | コメント (6)

2014/02/02

北八ヶ岳

幸せなことに、就業規則には半日休暇という制度がある。午前中だけあるいは午後だけ休暇を取り、残りは仕事。子供が小さいころは、学校で急に熱を出したとか家の鍵を忘れて学童から戻れなくなったとか、会議中にちょっとダッシュで帰って授業参観だとか、おおむね自分以外の緊急性のある出来事に使ったのがメイン。

トキは流れ、もはや自分の遊びのために使える今日このごろ。
で、突発的に思い立ち、金曜の昼に会社をフケるんだぜ。

名神~中央道をひた走り、夕方五時過ぎに知られざる自転車(マウンテンバイクとかシクロクロスとか)のメッカ、長野県・原村着。(※)
翌朝は宿から30分ほどのとこにある北八ヶ岳ロープウェイ駅へ。以前はここに職場の保養所があり、そっから徒歩でゲレンデに行くという夢のような日々もあったが(当時は確かピラタスロープウェイと言いました)、あたり一帯に温泉を供給する業者が経営破綻し、連鎖的に近隣施設も次々に、、、。閑話休題

名前は変われど、変わらぬ景色に胸をなでおろし、すぐさまロープウェイのヒトに。
001
ものの10分ほどで標高2,000メーター超え。

スキー目的で通っていたころは全然気が付かなかったが、山のヒトが4割近くいることにビックリ。

”壷庭”をすぎてつづら折れの急登に入る。
016
しかしこの雪質のなんともいえんサラサラ感はなんじゃらほい!?まったく水分を含有していなんじゃないか?と思うような乾燥雪。

012
わりとあっけなく北横岳ヒユッテまで。団体ツアーに人気のエリアらしく、予約で満室って書いてありましたがな。

じゃんじゃん登る
018
後方に見え隠れしていた八ヶ岳の主峰がドーンと。

022
山頂駅から、急いだワケではないのにわずか1時間強で北横岳へ。後方に蓼科山もあったりして、お手軽なわりに景色が豪快なのでお得感高し。
装備は、軽アイゼンとトレッキングポールぐらいで全然大丈夫かと。あと、やっぱりスノーシューがあれば楽しさ倍増。

次に目指すのは縞枯山。
099
いかにもな形の縞枯山荘。

103
甘めに炊いた山菜のうどん(800円)で昼飯。ちなみに目の前のマキストーブでは

105
大量の雪を溶かして水を作っておられた。ロープウェイからここまでなら長靴でも大丈夫だし、片道30ほどなのでお手軽かも。
なぜかスキーで訪れる人が多くて、へ~、バックカントリーが盛んなのか~へ~
101

よく板の裏を見ると
102
歩けるスキー板の秘密を発見。以前からやってみたいと思いつつも、これ以上手を広げるといろいろちょっとマズイので(てんてんてん)。
てなことをやっていると時間も時間やし、どーすっかな~~~と迷いだし、一つの案として「徒歩下山」が浮上。
ロープウェイで登ってスノーシューで下山する醍醐味は、ビワコバレイで体感済みなのでここなら雪質も相まってさらにスバラシイに違いないとふみ

054
がんがん下る。もう埋まろうがこけようがすべての瞬間にあるのはかつてないほどの”浮遊感”。

068
我が家のラッセル車の馬力は凄いんだぜ。

117
この雪原がどこまでも続くのなら、どこまでも歩いてゆきたいなと

思えたな。いい山だった。


| | コメント (7)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »