« おっちゃん、穏やかに暮らす | トップページ | 違反 »

2014/01/19

淡路島

少し大きめの寒波が襲来するというニュースがあり、近郊の雪山へでもと思うが
仕事、家事、育児と目に前に立ちはだかるヒエラルキーが目白押し。そのスキマを襲うように「月刊長男」としての活動も入り込んでくるわけで。

さすがに、昨年までのように”まずはゲゲゲの実家まで行きそっからリスタート”しなくても随分楽になったので、我が家のガレージに集合。
てれ~っと阪神高速と明石海峡大橋・鳴門大橋をとばして、東かがわ市へ上陸。香川県最東端の
Dsc02099
うどんやという名のうどん屋へ。

ここは数年前にたまたま見つけた店で、近所の人であふれかえっているのが良い。

Dsc02095
かけうどん220円。
わざわざ徳島まで足を踏み入れたのにはワケがあり、

Dsc02110


生まれて初めて渦潮を見るため。

Dsc02109_2
足元をすくわれないよう、渦潮の上に立つ!
洗濯機のように豪快に渦巻いていると思っていたが、渦は一瞬にして立ち上がり、一瞬にして消えていくと初めて知った。

一期一会だな。

ありきたりの観光と思って期待していなかったが、なかなかどーして、自然の織り成す不思議もまだまだ捨てたもんやないなと。
散々渦を見たのでふたたび淡路島に戻る。
淡路島といえば、自分にとっては「自転車で一周する場所」としての印象ばかり。右回り・左回りあわせると多分7,8回回った記憶が。その途中に必ず福良港が中間地点になるので昼飯と補給に立ち寄った海鮮の露天をのぞくと
053
週末というのに、その閑散さにびっくり。小池さんが注文した「たこ串」も、なにやらポーズだけ炭火で焼いてくれたしろもの。中が冷たかった。。。。

ここ最近、一周するサイクリストはもはやコンビニ一択?と心配になった。そういえば、よく立ち寄った大衆食堂ののれんも無かったので、あれ~、、、ってかんじ。
この日は、津名にある職場の保養所に一泊して飲んで食べて。かーかちゃんも大阪に戻って以来、海の景色を満喫したらしく興奮気味にしゃべり飲み。。。。寝たらしい。

それでいいのだ。

翌日は快晴。TV画面に写る京都四条河原町の風雪が違う国のようにみえたほど。
真冬の淡路島名物といえば”水仙の花”(知らんかったけど)。
まずは宿のある西岸から東岸へ移動。とにかく淡路島といえば外周を回ることしか頭になかったが、島の内陸部にも有名無名問わず見所満載だったのが新鮮。むしろ、いつかまた自転車で走ることがあるならば、単調な海岸沿いの景色を下ハンドルもってひたすら風にあらがいながらもがくのは、もうやめようと思った。

その一つが
103
”灘黒岩水仙峡”。おとなひとり入場料500円。
山の斜面一面に咲く水仙は圧巻のひとこと。モンキーセンターから少し南下した場所に、こんな見事な花があったとは。

109
斜面から、もがいた海岸線を見下ろす。げっぷが出る程走った道も俯瞰するとまた味わいが違って楽しい。
それにしても、ここへ来るまでの峠道のいたるところに「自転車は速度・マナーに注意」という警告看板が沢山あったが、そんなに事故多いのか?ブームになると検体(?)も増えるからどうぞご安全にということかな。

092
ミス水仙?

ここからもテキトーに道をつないで内陸部を走ったが、畑の中に突如として現る野菜の売店を見つけて飛び込むと、捕りたての白菜が100円だとか、玉葱が5キロで300円だとか、あと近所のAEONだと高くて手が出せないような葉物野菜がひっくりかえるほど安かったり。
もちろんそれらを大人買いして、晩飯は生たまねぎにポン酢をかけてかぶりついたのはゆうまでも無い。

ゆっくり回るといろいろ見えて、いい島だったな。

|

« おっちゃん、穏やかに暮らす | トップページ | 違反 »

コメント

お出掛けして道の駅とかで野菜買うの楽しみの一つです♪

投稿: PEANA2 | 2014/01/20 10:02

●PEANA2あにき、目指したのは「大根の葉っぱ」でした。
ごま油で炒めてサイコーの酒のアテになりましたよ。

投稿: ローラーおとこ | 2014/01/20 12:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おっちゃん、穏やかに暮らす | トップページ | 違反 »