« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 青春18の旅なのだ(家に帰るぜ) »

2014/01/04

青春18の旅なのだ

ひさしぶりに小池さんの「時刻表てつ」に火が灯る

年末休みに入った初日、分厚い最新の時刻表を手に、毎夜小池さんがページをシャカシャカめくる音がしていたが、今回のターゲットはずばり「高山本線」とか。
山登りに目覚めてからアホみたいに飛騨高山通いが始まり、その都度、国道と並走する線路が気になっていたとかで。
金券屋で青春18キップ(そろそろこの名称、どないかならんかな)を買い、まず初めに

005
東海道線・尼崎からスタート。大阪発に乗ると座席の確保が難しいので、一駅前から乗るのが定石らしい。
こっから新快速で米原までは天気もええしでまったく問題無し。さらに米原で乗り換えて「岐阜」へ。
本来ならば、米原駅のホームに”駅蕎麦”があるのですすっていきたいところだが、乗り換えわずか5分。

あきらめて大垣行きにのると、こっからはUターンラッシュもあって寿司詰め。ま、想定の範囲内でつり革にぶら下がる。そして大垣で今度は岐阜行きへ乗り換えたが、ここも寿司詰め。じゃっかんの想定外。
結局「美濃太田」駅まで座ることなどできず、さらに隣に立っていた「自転車輪行」のにーちゃんが邪魔で邪魔で、、、。

列車から吐き出されるように美濃太田のホームに降り立てば、救世主がそこに

006
駅弁の立ち売りだ。

一個買って次なる列車、高山行き列車のヒトとなる。駅弁と焼酎お湯割り(事前に用意してきた)で旅心を盛り上げようと意気込むものの、車内の雰囲気がそれを許さない(一応座れたが、あいかわらずババ混み)。
このババ混みは、下呂まで続いたので飲まず食わず。

教訓として、帰省時期に青春18はかなり大変。

ともあれ、下呂で大量下車したのでこっからは
008
松茸の釜めしをアテに、焼酎をぐりぐり行くのだ。

012
下呂があるから上呂もあったりなんかして、、、。

015
山間なのに渚だとか、、、。

そんなグダグダ感を満喫していたら、とある駅に停車。いつまでたっても発車しないのでどーしたもんかと思っていたら、追い越しの特急に遅延があり30分またされる。
ここまでにいったいぜんたい何本特急に追い越されたかと思うと、へなへなするし、おまけにこの先の乗り継ぎも危うくなってきた。”一本逃すと次が無い(あるけど)”という綱渡りが鈍行の旅の醍醐味であるが、けっこう胃が痛いのもたしか。

018
結局20分遅れて「高山駅」着。計画では高山でいったん改札出てラーメンでもという案はもろくも崩れ去り、ダッシュで乗り継ぐハメに。
こっから高山本線の真骨頂ともいうべき、「景色・寂しいゾーン」へ。

022
名も知らぬ駅に止まれば、この雪。とまるたんびに口にするのは「よー、こんなトコに、ヒトが住んでるもんやのぉ~」と。
なぜか、一気に富山へは行かせてくれず、
024
「猪谷駅」で乗り換える。まっくらけ。そしてここでこの旅でとても大事なポイントに気がついた。

乗り換え時間に余裕があっても、まずホームへ行くこと。

大阪市内だと、電車が入線する2,3分前にホームへ行ったらええやん、、、みたいな行動がふつうだが、地方都市のローカル線は、発車の30分前にはすでにホームに入っていて、乗客も座って待ってる。
なので、ギリギリにいくと「席が無い」という恐ろしい現実を思い知った。

てな具合で、この先も暗闇の中を富山へ。各駅停車に揺られる線路の振動が楽しい小池さんとは違い、自分はやっぱり景色のよく見える昼間に乗りたい派なのでだんだんメルトダウン気味。腹も減ったし腰もロキソニンでごまかしごまかし来たが、

”やっと”富山駅。
030
世話になった高山本線の「キハ」。ここでも先刻覚えた掟どおりにダッシュで乗り換えホームへ行き、
033
オアシス発見。ここで食わねばこのあとどーなるやもしれんので

031
富山駅ホームの駅蕎麦。蕎麦自体特筆すべきものはないけど、青春18に疲れたおっちゃんの胃袋に沁みる沁みる。
食ったらダッシュで乗り換えて高岡駅へ。

036
だんだん視野もぼやけてくる。
この日最後は
037
一両編成の氷見線。ジーゼル列車のとろくささと振動にも慣れたが、自分などは遊びでガタゴト揺られているのに、まわりが学生なのでけっこうびっくり。
終着駅の氷見に降り立てば、コンビニはおろか営業している商店の一軒もないという。
12時間近く列車に揺られて意識朦朧足腰立たず。タクシーで予約していたビジホへ。

038
小池さんともども、「お互いのいつもの出張中の風景」を再現したような晩飯でこの日をしめる。

小池さんは終始楽しそうに時刻表と車窓を交互に眺めていたが、自分はちょっとどうなん?ってカンジでこの日を終えた。ともかく疲れた。思い描いていたような「のんびりしたローカル線の旅」とのギャップに少々戸惑う。
翌日に期待してこの日はおしまい。


|

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 青春18の旅なのだ(家に帰るぜ) »

コメント

私も高山本線に乗りたいな~と思っておりますよ!
でもなんかメジャー感があって、ワイドビューしなのに比べてどないなんとモヤモヤしてたり。

投稿: へんりー | 2014/01/06 13:22

⚫︎ヘンリー、あけましておめでとう。
帰省時期でなくとも、下呂までは特急でいくほうがいいかと思ったぞ。
高山市内で一泊はお勧め。酒蔵おおいからなw。
因みに座席は進行方向左側だぜ。

投稿: ロラお | 2014/01/06 13:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 青春18の旅なのだ(家に帰るぜ) »