« 福地山 | トップページ | 連休前半のこと »

2013/12/18

カニカニエクスプレス

「月刊・長男」があるように「月刊・長女」もお忘れなく、、、ってことで小池さんの両親を誘っての日帰り旅行。
(残念ながら体調不良で小池父は欠席だったが)

JR西日本と旅館のコラボ商品なので、大阪駅から”サンダーバード”に乗る。出張中のサラリーマンにかこまれつつ朝から呑むビイルの味はまた格別だ。その後も寝たり起きたりしながら電車はいつしか石川県の山城温泉駅へ。”温泉駅”と名前がつくのでさぞや活況だろうと思ったが、あまりの殺風景にびっくり。
送迎バスに15分ほど揺られてついた先は

「ザ・温泉」。グルメ旅番組にありがちな、仲居さんがズラっと玄関前で勢揃いっちゅうカンジの巨大な宿。慣れない体験に腰がひけつつまずは風呂へ。

002
100人乗っても大丈夫な物置は知っているが、100人入っても大丈夫な温泉は人生初だ。そんな風呂場に自分ひとりポツンと入るのは

寂しいの一言。

ま、ド平日なんでこんなものか。

しばらく泳いだり潜ったりしたがすぐに飽きてしまい、いよいよ蟹へ。

007
目に鮮やかなグラフィックが飛び込んできたが、明らかに「紅ズワイを冷凍して解凍した」ものだとわかった。
甘みが少なくて印象としてはタダタダ「蟹を食べている」というもの。味噌に至っては(てんてんてん)。
JRとの企画物なので、やはり安いなりにはワケがあるんだなと思ったが、

事態は急転
018
生の蟹に関しては間違いなくズワイ(松葉)だ。この瞬間からテンションだだ上がり。
世界遺産にもなった和食がこのあたりからズイズイと牙をむくのでこっちも”冷酒”をオーダーして迎え撃たねばと。

いつのエントリーか忘れたが、蟹の本場で10年ほど実家が民宿の真似事をやっていて、シーズ中はなんばいも蟹を生から茹でねばならず、そのニホイを嗅ぎ続けたせいで蟹が好物から一歩後退してしまった。
そんなワケで、この数本の松葉だけで十分満足。おっちゃんの特色として

「美味しい物を少しダケ」が染みついてきたのもあるかも。特急に乗って食べて飲んで特急で帰る。

小池母にも満足してもらえたようで、それが一番なによりだ。

※注意事項:トータルではお得なパッケージだが、酒代が高いのできをつけよう。

|

« 福地山 | トップページ | 連休前半のこと »

コメント

あにき、ここは「雄○閣」?なんとなくこのお風呂場が記憶にあるような・・・。
まぁこのあたりの団体さんいらっしゃい!的なお宿のお風呂はどこも似てるんで違うかもしれませんが(笑)

投稿: さかじい | 2013/12/19 18:11

高校時代は冬場は毎週末カニなべでしたね~。鍋のしめはあえてうどんで、残った出汁は翌朝おじやでてのが定番。

投稿: のぐち@かにの国が実家 | 2013/12/23 08:29

●さかじい あにき、瑠璃○という名前のホテルでしたよ。駅から遠いからこのあたりも苦戦している感じがしましたね。
●のぐちにーさん、ミスター味っこのような高校生!

投稿: ローラーおとこ | 2013/12/23 11:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 福地山 | トップページ | 連休前半のこと »