« ANTHEM | トップページ | アイゼントレーニング »

2013/12/01

弥山

予期せず、大峰山シリーズになってしまった土曜日。

弥山とかいて「みせん」と読む

驚きの「雪」。
Dsc01840
奈良の山奥とはいえすでに冬だった。

自転車で何度となく走り抜けたトンネル出口からスタート
Dsc01867
照明のまったくない漆黒のトンネルは、上下左右がわからなくなってなんどか壁に腕をこすりながら通りぬけた思い出が。

先週の「大普賢岳周回」では、人工物のほとんどない森の中をさまよって、ずいぶん心細い思いをしたけど
Dsc01847
こっちは山頂にとても立派な小屋(冬季は避難小屋だけ)まであって、沢山の人で賑わっておりました。
水場とトイレも閉鎖中なのはちょっとさみしいもんがあるが。

さすが関西最高峰(の横)ダケあって展望ばつぐん。
Dsc01851
先週登った大普賢岳は、やや枯れているものの紅葉のまま。
無風だったので氷点下を感じさせないほどの暖かさ。やっぱり山は天気がすべてなんだろうな。
ともあれ、もう少し季節が進むとカンジキがなければ登れなくなる雰囲気。冬道をガイドするようなリボンやテープもかなり少ないので迷いやすい。
が、しずかで美しい稜線沿いあ続く今回のルートも”大峰奥駈道”の一部分だったのでこれらをついないだ吉野~熊野間を「通常五泊六日のロングトレイル」が最近脚光浴びてるといのもうなずける話。

歩き遍路と奥駈はいつかやってみたいな。

|

« ANTHEM | トップページ | アイゼントレーニング »

コメント

ここは東北?北海道?
凄すぎです

投稿: KAZZ | 2013/12/03 23:14

●KAZZにーさん、奈良といっても大仏さんが座っておられるところの奈良と比べると、このあたりは”秘境”といってもよいぐらいのところですわ。三重と和歌山にかすっております。日本はデカイね~。

投稿: ローラーおとこ | 2013/12/05 08:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ANTHEM | トップページ | アイゼントレーニング »