« ヤマノボリは危険なのです | トップページ | クールビズ »

2013/08/01

九頭竜から永平寺へ

予備日を含めて三泊四日の予定が、”弾丸下山”で一泊二日になってしまった。折角奥飛騨まで来てこのまま帰るのも勿体ない気がしたので、以前泊まったことのある民宿を尋ねたら、ちょうど空き部屋があったのでそこへ。

バス・トイレ付きでなくとも、部屋が少々(いや、だいぶか)古くても、山小屋やテントに比べるとそこはもう底知れぬ快適さだった。ゆっくり風呂に浸かり、素朴な山菜をアテに地酒をしばくのはサイコウだ。
予約無しで泊まったからだろうか「仕入の関係で飛騨牛が出せなくてね」と、宿の主人が申し訳なさそうに言うけど、美しい”さし”の入った牛肉など、もう受付けない胃腸のおっちゃんには全く問題無し。
しっかし、よく降る雨だった。一晩中絶えることの無い雨音はほんまに不気味やった。自分たちとは反対側、つまり槍の頂上目指して出かけていったカップルや、濁流で渡歩出来なくなったグループは無事でいるんだろうか、

そんな事を思っていたら、いつのまにか眠っていた。

翌日もあんまりさえない天気。
奥飛騨から下道で”何となく”福井でも回るかということにして
092
九頭竜駅へ。線路がプッツリ終わるような、こんな駅舎ってけっこう好き。ここで終わり、、、じゃなくてここから始まるみたいな雰囲気が。

088
”青春18”で来たら絶対一泊せねばならんという時刻表に驚く。

このあとは九頭竜ダムの河川に沿ってとくに目的があったワケではなく、ただ単に「永平寺」ってサウンドに惹かれて。
093
座禅で有名なダケでここまで巨大な寺になるのか!?と驚く規模。すごい数と規模の檀家がいるんだろうなと、寺の荘厳さよりビジネスが気になって仕方ない。
あと、情報とて寺には拝観者用のパブリックな駐車場は無い。山門周辺に、みやげもの屋とタイアップ(?)した駐車場の呼び込みの凄い事。2,000円以上の買い物をすると無料になる。中には2,000円以上で1時間だけ無料になる店もあるので要注意。みやげ物を買わない場合は、駐車料金500円。
これも丸一日止めて500円のとこもあれば、1時間500円のとこもあってまちまち。

結果的に楽しい旅になったが、帰るなり雨で水没した装備全ての片づけに追われた。
また、今までテント泊ばかりで今回初めて小屋に泊まった小池さんの感想を聞くと「小屋は、もう、いいわ」だと。
暑い、寒い、雨が降ると不安、、、そういうことを差し引いてもやっぱりテントの気楽さが捨てがたいとか。

なるほどね。

|

« ヤマノボリは危険なのです | トップページ | クールビズ »

コメント

テン泊サイコーですよね!!

投稿: か退院 | 2013/08/01 20:25

●か退院どの、台風でないときに小屋の貸切やってみたいですね笑。

投稿: ロラおとこ | 2013/08/02 14:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤマノボリは危険なのです | トップページ | クールビズ »