« 暑さ寒さも | トップページ | はいさい »

2013/08/12

酷い週末になってしまった

金曜日:
普段滅多に口にできない本物のビイルを沢山飲まざるをえない状況になってしまい、これがあとあとに響いてしまうことになろうとは。

土曜日:
早朝5時前に目覚めたので、涼しいうちに(すでに涼しくなかったけど)六甲山へ早朝ハイクにでも行こうかと起き上ったら、右足の親指の付け根がとても痛い。自力で曲げ伸ばしすると、寝ている間に箪笥にぶつけたかのようなぎこちなさ。とても靴を履ける状況じゃないけどビーサンで山へ行く勇気も無いし。ひとまず大量の氷で冷やすも、腫れはひどくなる一方でトイレに行くのにも苦痛を伴い始めた。胸騒ぎを掻き消し、ロキソニンを服用。

常に二桁をキープする尿酸値なので、今更驚くこともあるまいと腹をくくっていたが、ひさしぶりの「発作」のショックはけっこうでかい。

ちなみに、プリン体含有率が非常に高いとされている”レバー類”はもともと苦手なので一切口にしてないし、淡麗350mlは別として、ビイルをほとんど飲んで無いしと自分に都合のよい解釈を並べると、残る原因は「体質」ということになるのか。
くよくよしてたら夕方になってしまい、そのまま淀川花火大会が始まっても足のことが気になって花火どころではなかった。自宅のベランダに出ずともエアコンを効かせた部屋の中から花火が観覧できるという幸せな環境に身を起きながら、心ここにあらず。花火の音だけが空虚に響くとはまさにこのことかね。

日曜日:
アパートの臨時理事会。来月の総会をもってようやく一年が過ぎる。二年の任期満了までまだ一年強も残ってるんかい、辛いのぉーという気持ちはおくびにも出さずに出席。
道路を挟んだ反対すぐの空き地に市が計画している廃棄物の処理場が出来るとかでその対策委員会がもっぱらの議題。結論から言えば、住民の意向がどーあれ、市がいっぺん引いた線はどうあがいても消える事が無い。
今後はその線を出来るだけ建物から遠ざけてもらうように交渉せねばならんらしいが、前任者が体調不良で続けられなくなったので後任をという話になってしまって、あれよあれよというまに何故か俺が

対応窓口にならされてしまった

自分は自称「ええ歳のおっさん」なのでその場の雰囲気や空気を読んでなるべく建前で意見を出していたが、実のところその施設の建設に関して「絶対反対」ではないのに、、、、なぜ反対派の窓口に???
果たして彼らは、アパートの住民すべてが反対だと思っているんだろうか?もしその場で「俺は建設全然反対ちゃいますけどそんな立ち位置でもよければ窓口やりますけど」と言ったらどうなっていたんだろうか。

納得できやんけどもうどーでもいいやと思って引き受けて(大人だから)散会。

昼からPatagoniaのセールで散在。だめだ、やっぱり早く山にいって魂を浄化せねば。

Asi
ロケンロー!

|

« 暑さ寒さも | トップページ | はいさい »

コメント

アニキまだ指の配列歪んでませんね

投稿: man | 2013/08/12 23:58

●manあにき、ちょ~ひさしぶりの発作でした。ザイロリックは真面目にですね。

投稿: ロラおとこ | 2013/08/13 14:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暑さ寒さも | トップページ | はいさい »