« はた | トップページ | 熱い社歌 »

2013/08/15

大量消費活動

「ふぅー」とか
「あ~」とか
「やれやれ、、、」とか
文字にすると何とも物悲しい感じがする盆休みなんてものの無いみんな元気だろうか?こちらも日々通勤してます。市内中心部はほんまにガラすきで、御堂筋を含む通勤路はあらゆる信号を無視しても通勤可能だろうなという恐ろしい事まで考えてしまうほどの交通量の少なさ。

運動:自転車通勤+家事いろいろ+腰痛体操
飲酒:宝缶チューハイ×2

自宅に辿り着く間際まで、ミョウガやおくらを使ったあっさり目の晩飯を想定していたのに、冷蔵庫を開けたら大量の玉ねぎが目に飛び込む。そうそう、小池さんの実家(の家庭菜園)から沢山分けてもらったやつだったなと。
紐でつるしておくと長持ちするけど、この猛暑では?と流石に心配になる。
大量消費には煮込んで一気にカタをつけるのがベストだが、”猛暑で煮物”というのはこの時期

禁止ワード

”理想と現実は違うのだよとうなだれるおっちゃんの晩飯”93発目:
Sub
「かしわの酢豚風炒め」

豚肉が無いのでかしわで代用。隠し味のケチャップ入れ過ぎて隠し味にならなかった。もちろん食べるときはエアコン切って窓全開で酸味を全身で感じるのだ。

おかげで途中から暑さで気が変になりそうになった。

親父がこんなけ暑さに耐え忍んでいるというのにローラーJDの部屋の室外機は止まっているのを見たことが無い。ガミガミ言っても本人の意識に染み込んで行かない限り、果てしなく「暖簾を腕で押す」状態が続くので、黙して語らず、、、。

語りたいけど。

大学の二年生ってのは、世界中が自分の味方あるいは世界中が自分の敵という、中二病ならぬ大二病があったように思う->過去を自分を顧みて。
「ああ、あのときああしておけば今頃は」という後悔ができるのは、もしかしたら人間の特権かも。

ひさしぶりに御開帳
001
長らく姿を見てなかったので、暑さで溶けてないか心配だったが。アウターは50×36、後ろは13~25の十段変速。チェーンもワイヤーも最後にTDオキナワ走ったままの状態。三度の飯より自転車いじりが好きだったのに、いや酷いときは飯を食いながら自転車をいじってた。工具箱も三年以上開けてないからどうなっているんだろうか。

ダイソーの自転車カバーって”華奢”なので、半年毎に刷新しないとダメなので
006
坂道を上るクライマーより今は岩を登るクライマーになりたいかな。

だって、、、ドキドキしなくなってしまったんだからしょうがない。
(けど、辞めてない、また乗るから。)

次に姿を見るのもまた半年後かな。


007
今朝は、キャベツをカレー粉で炒めたホットドッグ。
最近、黄色い軽ワゴンのホットドッグ屋を見やんけど、そーゆーのはもうやってないんかな。。。。


|

« はた | トップページ | 熱い社歌 »

コメント

黄色軽ワゴンのホットドッグ屋、最後に見たのは10年ほど前、八幡の3河川合流地点でした。
大学の夏休み裏山鹿です。ウチのJDもこれでもかと遊び倒しております。

投稿: | 2013/08/15 10:38

あッ、ブイブイ言わしてた頃のマシーンですな。
ええもん見せてもらいました。
因みにウチらのホットドックカーは白でした。
旨かったなぁ~。

投稿: ハム | 2013/08/15 10:55

●近所で遊びほうけているならいっそ、見知らぬ国へバックパッカーでにでも出かけてくれたらなぁと、、、笑。
●ハムにーさん、マシン達は灼熱のベランダで何を思う、、、かですね。かわいそうだけどもう少し大人しくしてもらおうと。

投稿: ロラおとこ | 2013/08/15 15:26

心静かにまたがってもらえる日を待ってると思いますよ
趣味のマルチタスク化は、なかなか難しいですからねーw

投稿: KAZZ | 2013/08/15 22:07

あにき、お仕事ご苦労様です。自分は仕事暇なんで休んでおります(笑)
自転車はそのうち乗る気になるでしょうが、山最高ですね。今回は柔い登りでしたが、でもドキドキしましたよ(笑)
いちど柔いけど一緒に立山いきましょね!

投稿: さかじい | 2013/08/16 06:55

ホットドッグの焦げ具合が旨そう。
最上部の名無しコメ、私です失礼しました。

投稿: DANGER | 2013/08/16 07:34

●KAZZあにき、洗濯干すたびに話しかけるようにします~。
●ブラザーさかじい、立山お疲れ様です。この晴天(猛暑?)のあいだに行きたい思いをつのらせております。秋口にはなんとか、、、。
●DANGERアニキ、本日もほっとどっぐ!

投稿: ロラおとこ | 2013/08/16 08:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はた | トップページ | 熱い社歌 »