« 黒岩 | トップページ | 豚の生姜焼き »

2013/08/04

朝から保塁岩にぶら下がってみた

1375590612453.jpg

急遽、クライミングマイスターから空中遊泳のお誘いが。
夏場は岩肌が焼けているのでとてもやないけど触れないのでということで、8時スタートの11時終了というもはや「朝錬」の様相。
けど、さすがにそこそこ標高のある六甲でしかも夏場でも唯一(なんとかかんとか)快適な”堡塁岩”なので、一登目は花崗岩の岩に触るとヒンヤリ気持ちがええ。おもわず、登らずこのままぺったりはりついてモジモジしていたくなるほど、、、、てなわけにもいかず、なんとこの日は

「マンツーマン」。

登る->懸垂下降する->登る->懸垂下降する・・・暑さもあってだんだん目が回ってきた。そんな時に事故は起こるもんで、西稜の”電光クラック”というルートに登り懸垂で下りるというだんになり、下降器にザイルをセットし、ふと手元を見ると、、、カラビナのゲートが完全に閉まっておらず、気温30度の中というのにキンキンに冷えた汗が大量に背中をつたう。

そんな緊張と緊張の中(緩和無し!)、やっぱりクライミングは自然との一体感がハンパなく凄いなというか、自分も岩を構成する砂の一粒になっている感覚はたまらん。
正午近くになり、ゲレンデも混雑してきたし、なにより上腕と腹筋が限界(まだまだぜんぜん弱いな)だったのでおしまい。
意識して暮らしているわけではないけれど、自転車に乗っていた頃とは全く違う体型になってきた。そう考えると、サイクリストは(自分だけかもしれないが)、へそから上の筋力というか”体の幹”の部分をまったく使わなくてもそこそこ走れていたのかな?

車で宝塚方面へ帰るとき、大勢のサイクリストが登ってきた。炎天下のヒルクライムが辛いのはとても理解できるが、その苦悶にゆがむサングラスの奥の顔は、以前の自分もそうだったのかな。

二日続けて
「いい山だったな」。

Rock
女子二人組。まさに”岩ガール”。


|

« 黒岩 | トップページ | 豚の生姜焼き »

コメント

8時からとは…。
暑いときにはそれなりの遊び方があるんですね。
「朝錬」いいです!

投稿: わがお | 2013/08/05 10:30

●わがお兄弟子、なんやかんやで6時起床になりました。スガスガシイやら眠たいやら(汗。

投稿: ロラおとこ | 2013/08/05 13:19

真夏日猛暑日の連続なんで、「朝練」しかありませんなー
子供並みに早寝しないといけませんが、6時スタートだとまだ涼しいし、クルマも少ないしで楽しめます

投稿: KAZZ | 2013/08/05 22:05

●KAZZにーさん、自分は毎晩子供なみに(?)22時すぎに瞼が重くなってきます。そして爺さんなみに4時ごろ目覚めますw。
二度寝アカン!

投稿: ロラおとこ | 2013/08/06 08:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黒岩 | トップページ | 豚の生姜焼き »