« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013/08/31

大野山

1377939342906.jpg
本当の山頂に行って見た。

つづく

| | コメント (0)

2013/08/30

お客様感謝デー

今日はAEONカードの提示で5%引きになるので、わすれないように買い物するぜ。

1
みょうがの混ぜご飯と玉子丼的なものとシャケ。
デコレーションの雑さが週末の疲れを如実に表しておる。

運動:自転車通勤+家事いろいろ+腰痛体操
飲酒:ちょっとだけ立ち飲み

なんや知らんが、ちょっとだけオートバイに乗りたいなと思い始めている。
就職したばかりの頃、寮から東横線に乗ってたしか三軒茶屋とかいう駅に降り立ち”クシタニ”で皮ツナギをオーダーするという夢を叶えた。さすがにそこまでの熱は無いが、80ccぐらいのに乗ってキャンプ道具積んで下道でどこかへ、、、。あくまで下道というこだわりで。
けど、集合住宅は置き場所の問題やら解決せねばならんハードルが山ほどある。ガソリン代も上がる一方やしなー。

ちょっと前に、最近の単車事情はどーなん?と思ってメーカーサイトをのぞいてみたら、乗りたい単車が一個も無い。中途半端な排気量のマシンはまだまだ、いや、今でこそ復権->需要はあるとおもうぞよ。
技術革新ではない別の意味でのイノベーションが、中途半端排気量車に潜在しているのではと。

箕面ドライブウェイ&嵐山高尾パークウェイをAR80やハスラーで攻めたおっちゃん(わしです)に、夢をもういちど。

ってことでAEONお客様感謝デーをお忘れなく。

| | コメント (6)

2013/08/29

何事もなく流れて行った

今年も数日前に結婚記念日が過ぎていた。まいどまいど家族の誕生日はおろかあらゆる”記念日興味なし家族”に感謝せねばな。
立ち飲みに行こうとおもってあちこちフラフラ寄り道したけど、いろいろあって直帰。
久しぶりに退社後実家(?)へかーちゃんの生存確認に。車で高速代とガソリン代と片道4時間近くかかっていたのが徒歩1分という激変ブリに最初は違和感ばりばりやったけど。
近くになったとはいえ、お互い絶対過干渉しないという約束をしたので、姿を見るのは久しぶり。

「うっとおしいおばはんは相変らず健在だった」のでよかった。

滞在時間3分ののち、朝できなかった洗濯を干す
P1040707
先週までは夜といえど、暑つーて暑つーてとてもやないがベランダでしみじみしようなどと思わなかったが、
趣をかえて夜景見ながら冷酒を一本しばいてみた。

秋やの~。

P1040711
飽きもせずにキーマカレー+モロヘイヤ弁当制作。ミンチを炒めたあと味覇(ウェイパァー)で煮込んで最後にカレー粉で微調整。中国とインドの融合実験。ネパール料理って食ったことないけど、こんなカンジなんだろうか、、、、。

乗鞍:
台風きてますな。週末の乗鞍サイクリング大会に出るアニキたちはさぞやヤキモキしているに違いない。
2003年大会当日、二日酔いでぐらんぐらん状態で当日を迎えた自分はスタート地点にさえ行かず、宿の布団の上にいた。集合場所から戻ってきた仲間に大会中止を聞かされ、めちゃくちゃうれしかったのを思い出す。

練習を積んできた成果を発表できない悔しさよりも、遥々乗鞍まで出かけて爽やかな高原の空気に触れ、温泉につかりうまい酒を飲みたおして翌日廃人になることの喜びは

格別だった。

その前後合わせて6,7回参加したけれど、そもそも他人はどうあれ自分の場合はタイムを出そうと頑張って登ったときは、景色なんか全然見えてない覚えてなかったもの。レースごっこに熱い気持ちを持ち続けるのは、もしかしたら当時から違和感を感じ始めていたのかな。
ともあれ、確率は低そうだけど晴天祈ってます。


| | コメント (4)

2013/08/28

コンビーフ

運動:自転車通勤+家事いろいろ+腰痛体操いろいろ
飲酒:宝缶酎ハイ×2、赤ワイン×2合

ありきたりの晩飯が続いていたので、たまには起爆剤入れてみるかとAEONをうろうろして
P1040703
コンビーフ買ってみた。
しかし、パッケージが妙なことになっている。ヨーグルトと瓜二つの構造。あの、ねじまきのような缶を開ける道具があってこそのコンビーフやのに、ちょっと拍子抜け。
(けど、山に持っていくとなるとこれはこれでええのかもしれない)

どう下品に食べようかなと考えた挙句
P1040705
マヨネイズでいく。箸でちまちま突きながら肉を貧乏臭くほぐしていく行程が、おっちゃんにはたまらん。ネットでいろいろコンビーフレシピを検索してみたが、やはりコンビーフは一切の手をかけずにこのままイクのがよいと思う。

事務所から帰る道すがら、登山用品店でフリーペーパーを仕入れた。
P1040709
タダとは思えぬ充実の中身と製本。

セコいようだが、最近立ち飲みを控えたり、高価な雑誌を買わずにいたりして、奥飛騨までの旅費を工面している。いつやったか、山の道具屋が一斉に夏山セールなどという吸引力抜群のイベント開催してたときに、必要最低限のフリーズドライとかヘルメットを調達したあと、なにやらステキな衣装が割引になっているのに目を奪われたがのでつい”ココロを許してしまおうか”と思ったら

「それ一枚で一回山に行けると思わんのかね?」と小池さんから辛辣な一言が。

どうも自転車時代の”見た目優先”がまだ抜けきってない。
裸で山に行けないけれど、実弾が無ければ山に行けない。そのへんのバランスをうまくとらねばな。

つづく

| | コメント (4)

2013/08/27

物忘れがひどくなる

運動:自転車通勤+家事いろいろ+腰痛体操沢山
飲酒:宝缶チューハイ×2、赤ワイン×2合

先日の昼飯
1
沢山のラインナップの中から選ぶのはなかなかに楽しいが、山へ行って敗退してくるたびに増えるので、複雑な気持ちだわ。

このまま食べるのも大人げない(途中で食べ飽きるという点で)ので、

2
こやつを投入。山のふもとの奥飛騨の露店をのぞくと、ごっそり袋に入ってんのに100円という驚きの価格。
みじん切りにして麺に乗せると、ツーンと鼻を突く爽やかな夏のカホリが良いではないか。
幸いなことに「食べると物忘れがひどくなる」という俗説も、すでに物忘れがひどいおっちゃんにとって脅威とはならないのだわはははは。

とかなんとか笑いつつも、気になるのは週末の天気。
またもや下り坂やん、あかんやん。
昔のヒトは晴耕雨読たらいうて雨の日ノンビリ過ごしたにちがいないが、今や”雨降ってて暇で酒でも入ってしまおうものなら”

「晴耕Amazon」あるいは「晴耕ヤフオク」にでもなりかねん。

危険きわまりない。

| | コメント (0)

2013/08/26

暑いのはもうダメだ

こんなにも明確に「真夏->秋」に季節が変わることってあっただろうか。
何年か前の日記を読み返すと、過ぎ行く夏にいつまでもいつまでもしがみついていたい、、、ってな事が書いてあった。

若いな。

もう夏いらん、もう夏ええわ、
今の正直な気持ち。
夏といえば、鈴鹿。今年も自転車乗りのお祭りイベントが鈴鹿であったようだが、ネットのライブ中継もまさに他人事かと思えるほどぼんやり見てしまった。
ワインガードナー全盛期、ド・ノーマルのRGγで4時間耐久(の予選)に出たが、アクセル全開でよろよろとダンロップを登る横をモリワキの青と黄色のツートンカラーのマシンが飛んでいく。あれれ?自分のバイクが原付やったか?と錯覚するほど。
闘志は変わってないつもりでオートバイから自転車に乗り換えてみたものの、原付は何年たっても原付のまま。
鈴鹿の国際ロードとやらも周囲の暖かい温情で完走するも、シンドすぎて二日ほど寝込むのが毎年恒例やったり。

そういうワケのわからん徒労の終焉が、自分にとってのまさに「夏の終わり」・季節の風物詩だったが

こんなモーレツな夏なら、もういらんかも。はよ鍋の季節きれくれ、おっちゃんの切なる願い。


| | コメント (7)

凄い雨だった

TVをつけるとイチローが4,000本安打についてインタビューを受けていた。
そのなかで「うまくいったことの何倍もうまくいかない事があって、今がある」とかそういうふうな事を言っていたけど、ナルホドな。個人の遊びなんで当てはめるのも失礼やと思うが、

大槍(通称・槍ヶ岳)だって三年越しでやっと登れたのだから、小槍もそれぐらいかかって当然かもなーと、ちょっと気持ちが明るくなれた。家に帰ってからも地図を眺めていつまでもウジウジしていて、ちょっと情けなかったな。

土曜日はアパートの排水管点検の立ち合い。年に1,2度定期的にやってくれるので、こういう面では集合住宅でよかったと思えるが。あとは何したっけな?昼から酒を飲んでアテを作ってベランダからソラ見てぼんやりしてたな。それぐらい。

日曜はなんといっても「雨」につきる。
甚大な被害をもたらしたというのに、当事者意識のかけらもなかったのか、兵庫県の猪名川町になにやらソロキャンプのメッカらしき場所の偵察に行く始末。その場所というのが、以前自転車乗り倒してたころ頻繁に通った、急こう配の九十九折れが続いて頂上には天文台まであるという場所と言えば、、、。あれぇ?あそこにそんなステキなサイトあったかなぁ?え~、思いだせやんわ~。
ひたすら登る(走る)ことに注力するあまり、回りがぜんぜん見えてなかった証拠やなと。

しかし豪雨とのタイミングが合い過ぎたのか、淀川を渡ってとなりの区に入ったあたりから道がどんどん冠水してゆく。鉄道をくぐる経路など次々に閉鎖されてしまうわ、一桁国道でさえタイヤの半分くらいまで水かさが増してきて、立ち往生している車(これホンマ)も出始めてきた。

これ以上進んだら危険と思いあわてて来た道を戻ろうとするも、来るときに通った道がすでに「川」になってたりもう散々。
登るだけが山やない、無事撤退も山のうちと言われているのが、まさか街でもそうなるとは。

ようやく雨が上がったとおもえば、ローラーJDがサークルの合宿へ行くというので大阪南港の港まで送っていったり、妙な用事ばかり立て続けに入ってしまい、あとは出るに出られず。
1
イナバシリーズで一番辛い(と思う)やつでぐだぐだ飲み始める。

2
奥飛騨で買った”みょうが”をシーチキンにあえてさらにぐだぐだ飲む。


| | コメント (4)

2013/08/22

槍未遂

夏休み、二発目。


1377162939555.jpg
またしても奥飛騨。げっぷがでるほど奥飛騨。しかし、日記のカテゴリーがいつもの「二足歩行」でないのに訳がある。

新穂高のとある宿で朝風呂など、贅沢の極みだというのに
057
このなんともいえん不完全燃焼感。

種を明かせばもともとはローラーJDを含めて家族で旅行に行く機会もめっきり減ったのと、普段家族が顔を合わす時間もほとんどないので、それならまぁひさしぶりにいっちょう行くかと思ったのと、

同時に、

槍ヶ岳のカゲに隠れてひっそりたたずむ「小槍」に登る計画が立ち上がったのが始まり。
これは当然ソロでは登れないのでクライミングマイスターの力を借りる、”ガチ”のクライミングになるので50メートルのザイルで2ピッチ登って、懸垂下降でおりてを繰り返す予定。

木、金を家族で宿。金曜に小池さんの運転でローラーJDと大阪に戻ってもらい、自分はひとりで槍平でテント泊。土曜日に南岳まで登って日曜午前に槍の肩に集合してクライミング開始。月曜下山で松本からテキトーに帰るというかなりワクワクでタイトな計画だったのになぁ、、、、。

ともかく山がうまくいくかどうかはすべて「天気」につきる。
木曜夜の予報では豪快に崩れていくという話。天気図を何度見ても全線が離れる様子が無い。
金曜午前にようやくマイスターと連絡が取れて、無期延期となり正直豪雨の中を槍まで行かずに済んでホッとしたが、同時に昨年から思い描いていた小槍がもう手の届かんとこへ行ってしまたようで、ひどく悲しくなった。

しかしマイスター恐るべし。仕事で金曜まで富士山で土曜に槍を登るなど、尋常やない体力。山岳プロガイドちゅうのはおそらく超人の集まりなんちゃうの?

064
小池さんも槍行きたそうにしてたので、申し訳ない。

しかし「雨が降ったら濡れるだけ」ではすまんのが”山”。この日も濁流で足止めやら滑落やらの多重遭難の報があったらしい。

仕方ない。こんな日もある。

| | コメント (7)

2013/08/21

気のせいか、秋めいておりました

運動:自転車通勤+家事いろいろ+腰痛体操
飲酒:冷やした赤いワイン×2合

仕事でいろいろあって傷心のまま自宅に戻る。玄関を開けるとなぜかものすごく爽やかな風が吹きぬけてきたので、ああ、しらぬまに季節は秋やな~とセンチメンタルになりそうになるも

リビングに行くとなぜか猛暑。はて?家の中に夏と秋が同居するという摩訶不思議なことが起きていた。

しかし、こんな怪奇現象を起こすのはキャツしかおらんと思い、ローラーJDの無人の部屋を覗くと

エアコンつけっぱなし。。。。。

咄嗟に体内で怒りの炎がメラメラと燃え盛るのを感じた。どいう天誅を下すか、今、考え中。

自分が子供の頃に便所の電気を消し忘れたりしたら、父ちゃんにしばかれたあとかーちゃんにくどくど言われてばーちゃんに嫌味言われてじーちゃんにとどめ刺されて三日ぐらいは電気をつけずにうんこしたほどの気のつかいようであったが。

光熱費の請求書を見るとき、気絶しないようにせねばな。とほほ。

”外食を控えて節約せねばならんセコイおっちゃんの昼飯”419発目:
1
「焼き親子丼」

かしわの胸肉で焼き鳥弁当作りかけたが、途中で気が変わったのでフツーの親子丼ではない。けどそもそもそのかしわから生まれたかどうか信憑性の薄い卵をつかってるんだから、正しくは「親戚丼」と呼ぶのでは?

つづく


| | コメント (6)

2013/08/20

自分自身に言いたいこと

定年後に人生をエンジョイしようなんて絵を描いているようでは

遅いと思う。

金は無いけど元気は残ってる。

| | コメント (7)

運動:強めの自転車通勤+家事いろいろ+腹筋8兆回
飲酒:宝缶酎ハイ×2

以前なら、毎晩50リッターぐらい(第二の)ビイルを注入していたが、去年あたりからもうそんなに飲まなくてもいいかなと思うようになってきた。沢山飲むと眠りが浅いのは以前から気づいていたし、沢山遊ぶためにも二日酔いで貴重な有給を使い込むのも言語道断だと。

今の自分にちょっと欠けているものといえば、勤労意欲、遊びに対する情熱、そしてカレー魂
4
なので、今日の弁当はおくら入りカレーピラフなのだ。
ローラーJDのはブランチにしてくれだの生ぬるいことを言うので整形などせず大皿に盛っておしまい。

またローラーJDとの二人暮らしが始まった。いつもの事なんで特段なんも思わんが、夜中にバイトから戻ってくるなり親父が玄関で(涼しいから)寝ている上空を飛び越えていくのは、それってどうなん?踏まれたら確実に死ぬな。で、昨夜は「小池さんは?」と聞く始末。

なんのためにiPhoneとやらつこてんねん(親の金で)、ちょっとはスケジュールアプリつかって家族の行動を共有せぇよとなんぼ言うても聞く耳もたず。我が家は、バラバラ家族なので遊ぶ予定とか出張予定その他アパートの理事会なんかを含めて「早く申告したもん勝ち」のルールがある。自分と小池さんはGoogleのカレンダーに埋めて何とかしているのに、

LINE専用機になりさがってしまって、スディーブ・ジョブズ泣いとるぞ。あいかわらず「やばい」と「ムリ!」の単語二つで生きている彼女に明日はあるのか!!!???


あるんやろな、、、要領ええし、、、。


| | コメント (0)

2013/08/19

大人の会

底抜けに楽しい日の翌日はそのあまりの落差にメシも喉を通らぬほどの悲しみが待ち受けていた。

「アパートの理事会」開催。

気のせいか、毎週理事会やってる気がせんでもない。
来月に控える”総会”に向けての準備がやまもり。当日配布予定の議案書の内容確認はまだいいとして、では司会進行や議長やそれぞれ自分の役割にそった議案の発表担当決めましょいうだんになると、ええ大人が次々に「あたし、そんなんやったことないわ~ど~しょ~、、、、」とか「心臓マヒ起こすかもしれないので絶対無理!」とか、、、、。

大人には、腹をくくらねばならんときが沢山あるというのに、だ。
明日もじつは臨時の打合せだ。「暴れたる」。

自分が山から戻った深夜、最終の飛行機で小池さん帰宅。そして今朝から東京へ旅立っていった。そのあいだに交わした言葉は多分10個ぐらい。季節の挨拶とローラーJDの近況報告、あと山の話を少し。おのずとお互い要点だけを簡潔に述べるようになって誤解や不毛な議論にならず、

これでいいのだ(C)バカボンのパパ。


| | コメント (2)

2013/08/18

焼岳

世間が復帰したころあいを見計らって
「夏休み」開始。

一発目は
041

北アルプスの玄関口「焼岳」。

メモ:
大阪3:30発~中の湯登山口着8:30.
登りタイム3h、下りタイム2h.下山後の「中の湯温泉」で日帰り入浴700円。源泉かけ流し。

過去二回訪れた焼岳はいずれも”雨””曇天”で山頂からの展望がほとんどなかったが、
Dsc03328
見上げる先にあるのは、ただただ宇宙まで続くかと思われる青いソラと噴煙(活火山なので)。

森林限界を超えたあたりで振り返ると
016
乗鞍や御岳もこちらを見ているかのように。山の醍醐味は、頂上に立つまでの「振り返り・振り返り」するプロセスにいちいち感動してしまうところにある。

025
冗談のように涼しく乾燥した風が吹き抜ける。大阪の猛暑が錯覚だと思えるほど、山は確実に秋めいているではないか。一部のナナカマドなどは紅葉準備を開始していた。
しかし紫外線の強さは大阪の比ではない。空気が澄んでいるだけに全身紫外線まみれ。

029
かぶっている帽子のツバのあたりに愛する西穂高山荘が見えるし、その奥には愛する西穂高までの稜線が続いているし、さらにその先には愛する槍の穂先もチラチラしている。

そのすぐ右側には
028
愛する前穂高と愛する岳沢と愛する奥穂高も。

山は(自分勝手な)愛に満ち溢れている!

沢山愛人がいて、平等に愛を注ぐということがいかに大変かを、こんなとこで実感するとは(なんでやねん)。

いい山だったな。


| | コメント (9)

2013/08/16

スクリプト

Jq

動きのあるサイトでインパクトを出すという手法に自分は否定的だが、同業他社に追従したがる上司の意見には逆らえないので、錆びた頭に油をさしてひさしぶりにプログラミングなどを。
しかしオライリーよ、相変らずやな(よくも悪くも)。

・・・後日談
というか数時間後談。
自分の書いたhtmlになんとかスクリプトを潜り込ませて動作確認までできたが、やはり他人の造った作品には愛情が注げない。
ってことで開腹手術に着手したわけですが、元来”デバッグ嫌いのインタプリタ好き”な性格が邪魔をして、行きつ戻りつを繰り返して、このままやったら今の場所から一歩も動けないことに気がついた(遅いって)。
ここはプロジェクトのミクラス、、、いや違うウィンダム、、、、それもちがう、まか仮にアギラとしておく彼に聞いたら
目をランランと輝かせて

非常にエキセントリックなソースを頼みもしないのに(←ここ大事)スラスラ書いてくれた。

悲しい金曜日。

| | コメント (0)

盆やすみの”ぼん”は平凡の凡

運動:自転車通勤+家事いろいろ+腹筋3回
飲酒:宝缶チューハイ×2

沖縄で、大学生相手にPMPの講座はちょっと重たかったかもしれないと珍しく弱気なメールと共に小池さんが送ってきた画像が
130815_203155
ビジネスホテル備え付けの電気ポットでオクラを煮る写真。
レトルトのカレーやシチュー、ハンバーグを温めるとよいと教えたらどんどん深みに嵌っていってる様子が見てとれる。けど、長とう留ともなると、外食ばかりでは絶対飽きてくるし体調を維持するためにはこういう事も必要だな。
(ただし、最後にポットの洗浄は必須)

こちらも相変らず平凡に家事
001
”黄色い軽ワゴンのホットドック屋は、確かキャベツが黄色かった”というか細い記憶を頼りに、カレー粉で炒めたキャベツを挟んでみた。

ビンゴ。

口にほおばると、ほのかに漂うカレー臭、そして畳み掛けるようにチープなソウセイジとケチャップの味が舌を伝う。しかし、喜びもつかの間

”カレー味のキャベツ炒めを作り過ぎたおっちゃんの弁当”315発目:
002
「居場所を奪われたエンビフライ弁当」。
長年同じ失敗をくりかえすも、いまだに「ちょっとダケ作る」のが苦手なんだす。

”ちょっとのためにガス代やら電気代やらつこてられへん”という貧乏臭さがついつい出てしまうやん。

ここまではいつもの朝の風景だが、今朝はさらに爆弾発言

005
猛暑で洗濯干すには、こーするしかなかった。

自転車に乗ったおばはんが、前からこのかっこで対向してくるとたいがい「どこ見てるかわからへんから怖い!」というあまり好意的ではない意見が飛び交っているようだが、その立場になって初めて分かったのは

想像以上に快適だということ。
とりわけ、太陽光線と直接対峙する洗濯干しにはマストアイテムだぜ。

おばはん、あなどるなかれ。

追伸)”裸でエプロン”もいいが”裸でサンバイザー”もなかなか朝から駆り立てるものがあるな。


| | コメント (5)

熱い社歌

http://youtu.be/5iMFTVrX6Y8

西ではあまり知られてなかったらしいけど、もっと早く知りたかったな。
本業の解体業よりも売り上げが上回ってしまうという、財務帳票泣かせの社歌CDって

社長も複雑だろうに。

| | コメント (0)

2013/08/15

大量消費活動

「ふぅー」とか
「あ~」とか
「やれやれ、、、」とか
文字にすると何とも物悲しい感じがする盆休みなんてものの無いみんな元気だろうか?こちらも日々通勤してます。市内中心部はほんまにガラすきで、御堂筋を含む通勤路はあらゆる信号を無視しても通勤可能だろうなという恐ろしい事まで考えてしまうほどの交通量の少なさ。

運動:自転車通勤+家事いろいろ+腰痛体操
飲酒:宝缶チューハイ×2

自宅に辿り着く間際まで、ミョウガやおくらを使ったあっさり目の晩飯を想定していたのに、冷蔵庫を開けたら大量の玉ねぎが目に飛び込む。そうそう、小池さんの実家(の家庭菜園)から沢山分けてもらったやつだったなと。
紐でつるしておくと長持ちするけど、この猛暑では?と流石に心配になる。
大量消費には煮込んで一気にカタをつけるのがベストだが、”猛暑で煮物”というのはこの時期

禁止ワード

”理想と現実は違うのだよとうなだれるおっちゃんの晩飯”93発目:
Sub
「かしわの酢豚風炒め」

豚肉が無いのでかしわで代用。隠し味のケチャップ入れ過ぎて隠し味にならなかった。もちろん食べるときはエアコン切って窓全開で酸味を全身で感じるのだ。

おかげで途中から暑さで気が変になりそうになった。

親父がこんなけ暑さに耐え忍んでいるというのにローラーJDの部屋の室外機は止まっているのを見たことが無い。ガミガミ言っても本人の意識に染み込んで行かない限り、果てしなく「暖簾を腕で押す」状態が続くので、黙して語らず、、、。

語りたいけど。

大学の二年生ってのは、世界中が自分の味方あるいは世界中が自分の敵という、中二病ならぬ大二病があったように思う->過去を自分を顧みて。
「ああ、あのときああしておけば今頃は」という後悔ができるのは、もしかしたら人間の特権かも。

ひさしぶりに御開帳
001
長らく姿を見てなかったので、暑さで溶けてないか心配だったが。アウターは50×36、後ろは13~25の十段変速。チェーンもワイヤーも最後にTDオキナワ走ったままの状態。三度の飯より自転車いじりが好きだったのに、いや酷いときは飯を食いながら自転車をいじってた。工具箱も三年以上開けてないからどうなっているんだろうか。

ダイソーの自転車カバーって”華奢”なので、半年毎に刷新しないとダメなので
006
坂道を上るクライマーより今は岩を登るクライマーになりたいかな。

だって、、、ドキドキしなくなってしまったんだからしょうがない。
(けど、辞めてない、また乗るから。)

次に姿を見るのもまた半年後かな。


007
今朝は、キャベツをカレー粉で炒めたホットドッグ。
最近、黄色い軽ワゴンのホットドッグ屋を見やんけど、そーゆーのはもうやってないんかな。。。。


| | コメント (7)

2013/08/14

はた

http://youtu.be/9WoCR4B_qNo
何章節か、聞き覚えのある節回しだったので、メモ。
♭が沢山ついてそうな音使い、凄いなー。

| | コメント (0)

オリオン

運動:自転車通勤+家事いろいろ+腰痛体操
飲酒:角ハイボールとかいろいろ

昨晩、またもや小池さんから一枚の”悪意を含んだ添付ファイル”が届く
130813_161606
オリオンのコンプリート写真。テクストには短く「がんばって呑んでます」の一言が添えてあったが、

それ、日本語おかしいやろ。

あわよくば「What's going on?」(調子はどやさ?)ぐらい書いてくれたらなぁ、、、と。
※マーヴィン・ゲイの歌に関係ありません。

”こっちもとりあえず暮らしを維持しようと思うおっちゃんの弁当”900発目:
Tanin
他人丼弁当。

よくある「小分けにしたおかずをちまちまセットしていく」のが面倒くさいので、つい丼に逃げてしまいがち。
以前も書いたが、丼弁当のウィークポイントは”運搬の難しさ”にある。とりわけ今日のはつゆだくにしてあるので、そのまま牛丼として職場まで運ぶのは難度が高すぎると思い、卵でとじて汁の流失を防いだ結果がまさに

他人丼。

夜は宿題を少し。そして北アルプス周辺の地図を飽きもせず眺めておしまい。

帰省:
お盆のUターンラッシュをTVで見てぼんやり。ついこのあいだまで、あの渦中に自分もいたのにな。
夜明けまえから家を出て高速道路をひた走り、実家についたら即座に草刈機を手にふらっふらになるまで雑草を刈り、ススメバチを退治し、生ごみ用の穴を掘り、大型スーパーに何往復もして買い物にいき、目の前には青い青い大海原が広がっているというのに、すでに体は疲弊しきって泳ぐどころか浸かることさえできず。
往復にかかる費用もバカにならず、ガソリン代の値段に一喜一憂したり、高速道路上で”予期せぬ納税”をさせられたりと

ほんまにいろいろあったが、

先月のかーちゃん大阪リターン計画完了に伴い、それらすべてが単なる思い出になった。
とても素敵な場所だったが、やっぱりつくづく”都会でいいや”と思ったな。

田舎はもう、旅行だけでいいわ。

| | コメント (6)

2013/08/13

はいさい

運動:自転車通勤往復(限界近し)+家事いろいろ+腰痛体操いろいろ
飲酒:缶チューハイ×2

お互い朝は忙しいしので干渉もしないし予定もいちいち覚えてないので、自分はいつも通りオフィスに出勤してきたが
130813_134619
小池さんは違った。

ほどなく続報が
130813_132443
ゆし豆腐定食とオリオンの生中とか。ゆし豆腐はええとしてもオリオンの生中には

軽く殺意を覚える。

まぁ、元気で仕事がんばれ。そのうちまた会いましょう。

こちらはいつも通り粛々と家事をこなすのみ。
あ、仕事もむろん。お蔭様で自分の職場には夏休みっちゅーもんが存在しないので、社内に流れる空気はいたって”普段通り”。ただ、つきあいのあるお客さんとかベンダーが休みなのか、電話やメールがめっぽう少ないので、この機に乗じて普段おなざりにしている分野の勉強もちょっとやろうかな。

勉強は今でも大嫌い。


| | コメント (5)

2013/08/12

酷い週末になってしまった

金曜日:
普段滅多に口にできない本物のビイルを沢山飲まざるをえない状況になってしまい、これがあとあとに響いてしまうことになろうとは。

土曜日:
早朝5時前に目覚めたので、涼しいうちに(すでに涼しくなかったけど)六甲山へ早朝ハイクにでも行こうかと起き上ったら、右足の親指の付け根がとても痛い。自力で曲げ伸ばしすると、寝ている間に箪笥にぶつけたかのようなぎこちなさ。とても靴を履ける状況じゃないけどビーサンで山へ行く勇気も無いし。ひとまず大量の氷で冷やすも、腫れはひどくなる一方でトイレに行くのにも苦痛を伴い始めた。胸騒ぎを掻き消し、ロキソニンを服用。

常に二桁をキープする尿酸値なので、今更驚くこともあるまいと腹をくくっていたが、ひさしぶりの「発作」のショックはけっこうでかい。

ちなみに、プリン体含有率が非常に高いとされている”レバー類”はもともと苦手なので一切口にしてないし、淡麗350mlは別として、ビイルをほとんど飲んで無いしと自分に都合のよい解釈を並べると、残る原因は「体質」ということになるのか。
くよくよしてたら夕方になってしまい、そのまま淀川花火大会が始まっても足のことが気になって花火どころではなかった。自宅のベランダに出ずともエアコンを効かせた部屋の中から花火が観覧できるという幸せな環境に身を起きながら、心ここにあらず。花火の音だけが空虚に響くとはまさにこのことかね。

日曜日:
アパートの臨時理事会。来月の総会をもってようやく一年が過ぎる。二年の任期満了までまだ一年強も残ってるんかい、辛いのぉーという気持ちはおくびにも出さずに出席。
道路を挟んだ反対すぐの空き地に市が計画している廃棄物の処理場が出来るとかでその対策委員会がもっぱらの議題。結論から言えば、住民の意向がどーあれ、市がいっぺん引いた線はどうあがいても消える事が無い。
今後はその線を出来るだけ建物から遠ざけてもらうように交渉せねばならんらしいが、前任者が体調不良で続けられなくなったので後任をという話になってしまって、あれよあれよというまに何故か俺が

対応窓口にならされてしまった

自分は自称「ええ歳のおっさん」なのでその場の雰囲気や空気を読んでなるべく建前で意見を出していたが、実のところその施設の建設に関して「絶対反対」ではないのに、、、、なぜ反対派の窓口に???
果たして彼らは、アパートの住民すべてが反対だと思っているんだろうか?もしその場で「俺は建設全然反対ちゃいますけどそんな立ち位置でもよければ窓口やりますけど」と言ったらどうなっていたんだろうか。

納得できやんけどもうどーでもいいやと思って引き受けて(大人だから)散会。

昼からPatagoniaのセールで散在。だめだ、やっぱり早く山にいって魂を浄化せねば。

Asi
ロケンロー!

| | コメント (2)

2013/08/09

暑さ寒さも

「彼岸まで」という言葉は、そろそろ通用しなくなっている気がする日本だ。
扇風機だけに頼る生活も、なんか限界に近づきつつあることをひしひしと感じる。なんせ、朝おきたときのグッタリ感は、重労働でもしたかのような。

退社後、車を出して新大阪へ。岡山出張から戻る小池さんを迎えに。車の中の話題はもっぱら滞在先のホテルの朝飯について。最近のビジホの特長として、室内の無線LANは勿論のこと、温泉の大浴場付きやら朝食バイキング食べ放題やら。来週からまた恩納村の赴任先へ戻るというが、どうやら話の端々から”リゾートコテージ”ではないのか?という疑惑も。オリオンビイルが飲み放題で豆腐チャンプルが食べ放題でと悲しそうに話すのが

なんか腹立つ。

家に辿り着くと、ローラーJDが自分用にと買ったWin8のノートパソコンに振り回されていた。
iPhoneを体の一部のように操るくせに、やはりこの手の機械はそーとーにややこしいというのが明らか。なんかいろいろ質問したそうにしてたので、こっちはその危険を察知しあわてて淡麗350mlを連発でしばいて

「あ~、わるいけどお父様はよっぱらってしまったのでね~、質問はまた今度ね~」とひと芝居打つ。

ローラーJDの失意のため息を背中に受けつつ飲む淡麗は格別だ。

運動:自転車通勤+家事いろいろ+腹筋8億回
飲酒:淡麗350ml×4

| | コメント (7)

2013/08/08

乗鞍

月末に乗鞍を自転車で登る(畳平まで)大会があるので、それの応援に行ってみよかなとちょっと検討中。
平湯峠から登山道で直登ルート案。
長野県の大会だからという理由なのかどうか知らないけれど、ゴール地点の”1ミリたりとも岐阜県側に足を踏み入れずべからず”というあの高圧的な指示には、、、、過去出場するたびに従ってきたけれど、

そもそも岐阜側から見える(岐阜側からしか見えない)穂高連峰と天に突き刺さるようにそびえる槍ヶ岳を見ずしてとっととスタート地点までおろされてしまうのは

寂しいと思うが。

タイムレースもいいけれど、地球と遊ぶような感覚の持てる自転車イベントにシフトして行くと楽しいやろなと、
自転車からちょっと距離置いた今になって、

思うことはいろいろある。


| | コメント (2)

あの世とこの世をつなぐ道

先祖の供養にまったく興味を示さん人間も世の中にはおりまして、その中の一人が
Dsc01123
俺のかーちゃん。

以前は大阪・天王寺にあったものを親戚がなぜか”風情があるから”というよくわからん理由で京都の大谷祖廟へ永代供養を移転(?)させてしまった。こうなると、自分の両親が眠っているにもかかわらず「暑いし、遠いし」という理由でなんと!

「ここ来たん、五年ぶりやわ」という言葉にドン引きした。(盆の)シーズン中は混むやろと思って昨日は年休とってプレ墓参りに連れて行ったが、なんともはや。

Dsc01125

※ここで情報
   往路は名神高速で豊中~京都南で1,000円やったが、阪神高速京都線が開通していることを思い出し、帰りは東福寺のあたりから乗り~第二京阪~近畿道と乗りついでみたらば、走れども走れども「別料金」「別料金」の看板が出てくる出てくる。多分、往路の倍ほど費用かかった。これはもう使えん!

かーちゃん送っていったついでに麦茶よばれよと思って冷蔵庫開けたら、なんか雰囲気が違う。
「中身がすかすか」なのだ。よく言えば、必要最小限の食材しか入ってない。
”田舎に住んでいると食べ物が何でも新鮮でいいよね”という声をメディアなんかで聞くが、あれは大きな誤解。
車が無いと買い物にも行けないし、やれ大雨だ!大雪だ!と予報が出ると大急ぎで買い物に出かけ、数日間は家に閉じ込められても大丈夫なように買いだめしておく必要がある。
結果、冷蔵庫、とりわけ冷凍室はパンパンになり野菜室などは根菜だらけとか、しなだれた葉物がわんさかとかになってしまっていた。

それに引き替え都会だと、徒歩圏内に大型スーパーが何件もあるから、「今日食べる物は今日買う」ことが出来る。肉でも魚でも野菜でも乳製品でも、ロジステックさえ円滑に流れていれば”朝どりの野菜”やら”昼網にかかった魚”やら、なんでも鮮度抜群。

これが現実なのにな。

てなことをぼんやり。
そんなこんなで午後にはかーちゃんと解散。


たまっている家事をこなし、宿題と買い物をすませて、
002
早めの一人宴会にとつにゅうだ。
またまた市販のパクリ料理で、夏野菜の味噌炒め。ピーマンとトマトと豚コマと味噌と豆板醤と甜麺醤で何とかなるかと思ったが、やっぱり何とかなった。冷房の無い部屋で汗だくになりながら食べる暑苦しいメシはサイコウだ。

「ジャン」のおかげ。

ひっさしぶりの冒険
005
「ジャン」つながりで、麻婆豆腐弁当なう。意気揚々と作ったものの、あんかけ料理っちゅうのは冷めたら酷い味になる、、、というのを思い出したのはすでに弁当箱に詰めてから。
冷めてもうまいカレー弁当のときの高揚感が全くない。

昼休みの来るのが怖いぜ。

運動:雑用いろいろ+家事いろいろ+腹筋と腰痛体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×2

| | コメント (2)

2013/08/06

ロケット・ロン

今年の鈴鹿8耐で優勝したチームのレオン・ハスラムって、ロン・ハスラムの息子やったんか~。
ほぇ~。

ケビン・シュワンツの3位は惜しかったねー。

| | コメント (3)

カレー、カレー

運動:自転車通勤+家事いろいろ+腹筋6億回
飲酒:淡麗350ml×1、ちんちんに冷やした赤ワイン×1合

※冬場に比べると、飲酒量が激減しつつある。エアコンをつけない暮らしで体調はバッチリだが、鍋の季節が恋しいわい。そんな明日は立秋。

「冷やしうどんとかあっさりしたもん食べたいねん」というローラーJDのリクエストを
Kima
全否定しての豆キーマカレーなのだ。大学のレポートほったらかして一日中ごろごろしてるやつは、うどんなど出したらますますつけあがるので、おやじのキーマで性根を叩き直してやる。
若かりし頃、腹を壊してパスポートを盗られて風土病の2,3発ももらったバングラデシュで一番印象に残ったのが、キーマっぽいカレーと殺意を感じるほど甘く煮詰めた紅茶だったが、

さすがに近所で手軽にマトンなど手に入るわけもなく、ふつーの合挽きで。

思い込み通り貧困にあえぐ国っちゅう場面もいろいろあったが、食べ物に関しては今の日本よりはるかにヘルシーで新鮮で安全(なんせその場で生き物を刃物で、、、、)で怪しいという印象を持った。
家でそれを再現すると恐らく台所が血の海になるので不可能でつまらん。

「もう当分カレーっぽいのはやめてな」と言われたので
Tandori
そうは問屋が卸すまいと今朝は「タンドリーチキン弁当」にした。一味唐辛子をふんだんに擦りこんであるので、味覚がマヒするまでに食べねばならんという、これぞまさしく「スピード料理」。

とまぁ、文字にすると朝から何を遊んでんねんと思われそうだが、これでも今朝はきのうさぼった洗濯やらで朝からてんてこ舞い。ああそれなのにそれなのに、柔軟剤があらへんという危機的状況。一瞬バスクリン入れたろかなと思ったが、洗濯と風呂はちょっと違うよなと思いなおして踏みとどまった。

それから月になんべんかは絶対忘れる「炊いて余った米を冷凍する」作業も本日はぬかりなく。
退社して炊飯器の異常に気が付き、恐る恐る蓋を開けて中身が見事な発酵食品になっていたときの動揺と絶望、そして生産者への懺悔、

なにかと大変なのだ。

| | コメント (4)

2013/08/05

豚の生姜焼き

いつもどおり5時起床。
米の炊ける臭いでよっこいしょーいちと布団からはみ出そうとしたのに、、、あれ?朝から金縛りかいや?
と思うほどの全身筋肉痛プラス関節痛。
岩登りで半日、”変な恰好”していたのでそのツケが強烈。あ~、だれか~、だれか~、このままソッと寝かしておいてくれ~~~~~と叫んでも、

どーにもならんので

”はうようにして作ったおっさんの弁当”4126発目:
Ben
生姜焼きと揚げ餃子

ほおっておくと、むっさい外食ばっかりするのでそれを阻止すべくローラーJDの飯も作らねばならん、このやるせなさ。
遊び倒した翌日の家事の辛さ、世間の皆さんはどーやって乗り切っておるのかね?今朝はさすがに洗濯をパスしたぜ。そのくせ

Hanesu
自分の遊び道具の手入れは余念がない。ぐはははは。

晩飯は手抜きするぜ。
いつも以上に。


| | コメント (2)

2013/08/04

朝から保塁岩にぶら下がってみた

1375590612453.jpg

急遽、クライミングマイスターから空中遊泳のお誘いが。
夏場は岩肌が焼けているのでとてもやないけど触れないのでということで、8時スタートの11時終了というもはや「朝錬」の様相。
けど、さすがにそこそこ標高のある六甲でしかも夏場でも唯一(なんとかかんとか)快適な”堡塁岩”なので、一登目は花崗岩の岩に触るとヒンヤリ気持ちがええ。おもわず、登らずこのままぺったりはりついてモジモジしていたくなるほど、、、、てなわけにもいかず、なんとこの日は

「マンツーマン」。

登る->懸垂下降する->登る->懸垂下降する・・・暑さもあってだんだん目が回ってきた。そんな時に事故は起こるもんで、西稜の”電光クラック”というルートに登り懸垂で下りるというだんになり、下降器にザイルをセットし、ふと手元を見ると、、、カラビナのゲートが完全に閉まっておらず、気温30度の中というのにキンキンに冷えた汗が大量に背中をつたう。

そんな緊張と緊張の中(緩和無し!)、やっぱりクライミングは自然との一体感がハンパなく凄いなというか、自分も岩を構成する砂の一粒になっている感覚はたまらん。
正午近くになり、ゲレンデも混雑してきたし、なにより上腕と腹筋が限界(まだまだぜんぜん弱いな)だったのでおしまい。
意識して暮らしているわけではないけれど、自転車に乗っていた頃とは全く違う体型になってきた。そう考えると、サイクリストは(自分だけかもしれないが)、へそから上の筋力というか”体の幹”の部分をまったく使わなくてもそこそこ走れていたのかな?

車で宝塚方面へ帰るとき、大勢のサイクリストが登ってきた。炎天下のヒルクライムが辛いのはとても理解できるが、その苦悶にゆがむサングラスの奥の顔は、以前の自分もそうだったのかな。

二日続けて
「いい山だったな」。

Rock
女子二人組。まさに”岩ガール”。


| | コメント (4)

2013/08/03

黒岩

芦屋川〜ロックガーデン〜荒地山〜黒岩〜芦屋川〜公園で缶ビイル。

本格的に山に登ろうとした5年前に調達した小池さんの登山靴。ソールは一度張り替えているが、やはりレザーや繊維部分の劣化も同時進行していたようで、先日の槍平で激流を歩渡したときの浸水がすさまじく、もはやゴアテックスの使命を果たしてないという結論で、

週末に靴を新調。その差歴然で、足を入れた瞬間の剛性感は凄かったらしい。
その試運転をかねて六甲山へ。初めて買うトキは何をどう買えばええのか全くわからずじまいで、店員の勧めるままだったが、さすが二足目になると一足目がとても貴重なベンチマークになることがわかった。

別メーカーではあるが、やはり一見地味に見える登山靴なのに、紐にダイニーマが練り込まれており細く丈夫になっているとか、セミワンタッチアイゼンを付けるコバが付いていたりとか、ビブラム底の模様もグリップ満点だったりいろいろ進化している。ただし、それなりの造りになっているので250ccから900ccのバイクに乗り換えたみたいなぎこちなさも。

それとは別に、自分のココロの中は
荒天で槍に登れないばかりか近づくことさえ出来なくて、大人気ないと思うほど沈んでいたが、黒岩で風に吹かれて神戸の海を見下ろしていたら、そんなことはもう、どーでもええわと思えた。

山はとてもでかいのに、自分はなんと小さいのか。

| | コメント (0)

2013/08/02

クールビズ

運動:ダレダレで自転車通勤+家事いろいろ+腹筋×4回
飲酒:淡麗350ml×2

いまひとつ気合いの入らんクールビズも早二か月経過した。室温28度はなんとか目をつむっているけれど、朝晩の通勤だけはエアコン背負うワケにもいかず。とりわけ、ママチャリの推進力となる下半身は常に熱い。真ん中の足はもっと熱を帯びているがそのはなしはまたおいおい。

で、本日よりもう一歩踏み込んだクールビスをと
Sand
ついにビーサンに手を、いや足を出してしまった。
スーツのズボンにビーサンてどやねん?そんなやつ滅多におらんやろなと考えたら、

有名人に一人おった。

寅さん。

かねてより、裸足にサンダル履きで悠々と通勤する女子どもに死ね死ね光線を発射していた身としては、これからはどーぞよろしくと和平を結びたい気持ちだ。
ただし、一歩オフィスに入ってエレベータホールでの視線の痛さはかつてないほど。

ひるむな、俺。
秋はすぐソコだ。

| | コメント (4)

2013/08/01

九頭竜から永平寺へ

予備日を含めて三泊四日の予定が、”弾丸下山”で一泊二日になってしまった。折角奥飛騨まで来てこのまま帰るのも勿体ない気がしたので、以前泊まったことのある民宿を尋ねたら、ちょうど空き部屋があったのでそこへ。

バス・トイレ付きでなくとも、部屋が少々(いや、だいぶか)古くても、山小屋やテントに比べるとそこはもう底知れぬ快適さだった。ゆっくり風呂に浸かり、素朴な山菜をアテに地酒をしばくのはサイコウだ。
予約無しで泊まったからだろうか「仕入の関係で飛騨牛が出せなくてね」と、宿の主人が申し訳なさそうに言うけど、美しい”さし”の入った牛肉など、もう受付けない胃腸のおっちゃんには全く問題無し。
しっかし、よく降る雨だった。一晩中絶えることの無い雨音はほんまに不気味やった。自分たちとは反対側、つまり槍の頂上目指して出かけていったカップルや、濁流で渡歩出来なくなったグループは無事でいるんだろうか、

そんな事を思っていたら、いつのまにか眠っていた。

翌日もあんまりさえない天気。
奥飛騨から下道で”何となく”福井でも回るかということにして
092
九頭竜駅へ。線路がプッツリ終わるような、こんな駅舎ってけっこう好き。ここで終わり、、、じゃなくてここから始まるみたいな雰囲気が。

088
”青春18”で来たら絶対一泊せねばならんという時刻表に驚く。

このあとは九頭竜ダムの河川に沿ってとくに目的があったワケではなく、ただ単に「永平寺」ってサウンドに惹かれて。
093
座禅で有名なダケでここまで巨大な寺になるのか!?と驚く規模。すごい数と規模の檀家がいるんだろうなと、寺の荘厳さよりビジネスが気になって仕方ない。
あと、情報とて寺には拝観者用のパブリックな駐車場は無い。山門周辺に、みやげもの屋とタイアップ(?)した駐車場の呼び込みの凄い事。2,000円以上の買い物をすると無料になる。中には2,000円以上で1時間だけ無料になる店もあるので要注意。みやげ物を買わない場合は、駐車料金500円。
これも丸一日止めて500円のとこもあれば、1時間500円のとこもあってまちまち。

結果的に楽しい旅になったが、帰るなり雨で水没した装備全ての片づけに追われた。
また、今までテント泊ばかりで今回初めて小屋に泊まった小池さんの感想を聞くと「小屋は、もう、いいわ」だと。
暑い、寒い、雨が降ると不安、、、そういうことを差し引いてもやっぱりテントの気楽さが捨てがたいとか。

なるほどね。

| | コメント (2)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »