« そこは深い森の中 | トップページ | 野菜!野菜!野菜! »

2013/07/02

日常・開始

運動:自転車通勤往復+家事いろいろ+腹筋5万回
飲酒:淡麗やら冷酒やらそこそこ

引っ越しも一段落、小池さんも赴任先へ戻り、またローラーJDとの日常始まった。

なんだかいつも以上にやる気がみなぎってこなかったので
1
サンマのかば焼きの缶詰を乗せただけの手抜き弁当。
自然解凍形式の冷食が、保冷剤代わりによいとラヂオで言ってたのでそれも入れてみたが、家で作った弁当で腹をくだしたとか聞いたことないよなー。自炊と外食とでは菌の繁殖に違いでもあるんかな?

”午前四時半に目が覚めてしまって二度寝するワケにもいかんおっちゃんのパン作り”3発目:
Pan
フランスパン

説明書通りに材料を入れたら、ほんまにフランスパンになった。バターとスキムミルクを入れないだけでこうも性格の違うものが出来上がることに驚いた。料理は科学とはよく言ったもんやのー。

フランスパンの思いでを一発書いてみる:
自転車のアニキが琵琶湖一周したという日記を書いておられたが、自分の”初琵琶湖一周”は33年前にさかのぼる。お年玉やら貯めて買った鉄の塊りのような重たい自転車を輪行袋に入れて大阪駅の改札が最初の難関。
当時はまた”輪行”やらいう行為が認知されておらず、憲兵隊のような国鉄職員数人に高校生が囲まれて、乗せろ!アカン!乗せろ!アカン!の押し問答が普通の光景やったので、自転車乗る前からかなり疲れた。

ようやく大津駅に降り立ち、嬉しさのあまり鼻の穴を全開にさせながら自転車を組み立て始めたそのとき、フロンロフォークのベアリングが一瞬にしてばらけ、ひとつ、またひとつと側溝に吸い込まれていくではないか。

ベアリングの無いフロントフォークはもやは「旋回不能」。旋回不能自転車に乗ったら琵琶湖一周できやんばかりか、そのまま日本海まで一直線に行ってしまうしかないというオモロイ現実。

1ミリも走らずに大阪へ。

弁当用に用意したフランスパンをみじめに電車の中でヤケクソ気味にカジッタカジッタ。

スマートでなく、とんちんかんな琵琶湖一周をまた
やりたいな。


|

« そこは深い森の中 | トップページ | 野菜!野菜!野菜! »

コメント

玉が溝に落ちる様を想像したら朝から涙がでそうでした(T_T)
いかに高速で「一周」するかしか興味がないといっても過言じゃない最近の自分の自転車に乗る姿勢には自分でもいかがなもんだろうと思いながらも、一度自分の限界点に到達してからゆっくり走るのでもええやないかと思っている今日この頃です。
精進します。

投稿: しお | 2013/07/02 10:54

●しおアニキ、男たるもの(女でも)一旦ロードレーサーに跨ったならば、速さを追求するのは自然です、健全です、真っ当です!自慢できない低い限界しか見ることができませんでしたが、当時の”アホアホ走り”があってこその今だと感じてます。どうぞ悔いの無いもがきを!

投稿: ロラお | 2013/07/02 13:21

アニキ、楽しい(?)思い出話をありがとう。
とんちんかんなびわ湖1周、ぜひ一緒に行きたいな!

投稿: uechicchi | 2013/07/03 06:59

食パンにマヨネーズ塗布、カイワレを敷き詰め、サンマ蒲焼きをトッピングし、また食パンで挟んだサンドイッチをフランス人が貪り食うのを目撃しました。ボーダレス!

投稿: これしき | 2013/07/03 08:43

●ブラザーuechicchi!満を持して、そのときはヨロシク。二日がかりで一周したら絶対楽しいでしょうね。
●これしきアニキ、日本人の巻物や挟み物は、とても品格があるように思えてきました(笑。

投稿: ロラお | 2013/07/03 09:22

アニキ、お山で言うてはった昼食弁当はこれですね。
なかなかのもんですね(笑)

投稿: さかじい | 2013/07/03 12:03

●さかじいアニキ、朝からちょっとバタバタしますけど、弁当でお金浮かしてお山への遠征費や道具代をねん出すると思えば、けっこう楽しいんですよー。

投稿: ロラお | 2013/07/03 15:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そこは深い森の中 | トップページ | 野菜!野菜!野菜! »