« 直木賞 | トップページ | 納得いかんことが多い »

2013/07/19

タイシリーズ

運動:自転車通勤+家事ちょっと
飲酒:夕涼みがてら飲み歩いた(白ワインとかビイルとかそんなのをいろいろ)

AEON野田阪神店の缶詰売り場に見慣れぬ物体発見
2
いなばのタイシリーズに新たなラインナップが。

アパートの窓を開け放ち、大阪の熱帯夜を部屋いっぱいに招き入れて
1
アジアの夜を満喫するのだ。

さすがやまとのタイシリーズだけあって、味はなかなかのもの。辛さはじゃっかん日本人寄りにしてあるカンジ。
昼間は缶詰工場でタイシリーズを作って夜はムエタイのジムで汗を流す、まさにタイずくし。
そんな人物おったらおもろいやろなと妄想しつつ、夜はふけてゆく。

そんなこんなで、からだの中の辛さスイッチに火がついてしまい、
てくてく散歩がてら”楽天食堂”へ出かけて白ワインをあてに紅油水餃【辛いゆで餃子】をぱくぱく食べて幸せな気分を増幅させてきた。
来た道をまたとぼとぼと引き返す道すがら、”エスキーナ”へ寄って小休止。なぜかここでも自身珍しく白ワインをあてにビイルを飲む。

ふと壁に目をやると、ツールドフランスの生放送やってた。あれだけ燃えた海外のプロロードレースをまるで他人事(もとから他人事ですけど)のようにぼんやりとプロトン(自転車の集団ね)を見る自分がおかしかった。
しかも、ツールドフランス中最後の決戦の場ともいえるラルプ・デュエズでのステージなのに、視線の先は
選手ではなく、空撮のヘリから一瞬でも映るかもしれない

モンブラン、マッターホルン、アイガー、モンテローザの峰々をいつのまにか探していた。

ラルプ・デュエズのプロフィールを調べたら、標高1,850メートルで登り口からの高度差は1,130メートルでカーブが21個。レースペースで登るとなるとケタはずれの能力が要求されるんだろうな。けど、、、
日本なら新穂高温泉から槍平小屋まで登るのが恐らく同じくらいかな?
ふつーに登るだけなら適当にペダルを回していればいつかは辿り着くだろうな。道に迷うこともないし、熊やヒルやダニやまむしに怯えることもないし。その手軽さが自転車のええとこなんちゃうのかな。
なーんか嫌味な事考えるようになったなー>俺。

どっちがええとか悪いとか思っているのではけっしてなくて、今はただ、

歩いて登りたい、ただそれだけ。

|

« 直木賞 | トップページ | 納得いかんことが多い »

コメント

おおっ!これは要チェックですな!

投稿: しお | 2013/07/19 11:44

●しおあにき、ムエタイの練習後におすすめ!!!w

投稿: ロラお | 2013/07/19 13:15

シンプルイズベストに行き着くんですな<歩いて上りたい

投稿: のぐち88 | 2013/07/19 23:10

今日の昼食、なにげにおなじタイ缶詰がテーブルに・・。

投稿: initialTT | 2013/07/21 18:57

●のぐちにーさん、あるいは匍匐前進、、、。
(全然すすまんがな)
● initialTT アニキ、全国的に品薄らしいのでそれはラッキーなんですよ(爆。

投稿: ロラおとこ | 2013/07/22 08:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 直木賞 | トップページ | 納得いかんことが多い »