« 夏空、そして二日酔い | トップページ | 保塁岩 »

2013/06/16

乗鞍岳

正確には何べん上ったか思い出せやんが、台風で中止になったトキを除いて、多分6回ぐらいかと思う。
すべて”マウンテンサイクリング乗鞍”の話。大阪から遠路はるばる行って、目を三角にしてゴールを目指し、練習やったつもりが全然タイム出なくてがっかりしたり、ゴール地点から見える景色を、ただただ綺麗だなと思ったり。
これは大会の中傷ではないけれど、ゴール地点は4,000人のサイクリストであふれかえり、一刻も早く下山の列にならばねばとか岐阜県側の地面を踏むなとがなり立てるガードマンの拡声器に追い立てられたりと、少なからずセワシイなと思ったものだが。

山のぼりを始めたとき、最初に思ったのは「あの乗鞍って、ほんまはどんな山だったのか?」ということ。
いつかぜひともその全容を明らかにしたいなと考えて、ようやく「その時が」きた。

土曜に奥飛騨へ。高級で名高い奥飛騨ですけど、探せばちょいちょいフツーの民宿があった。
この日の宿は客室4個の小規模で素朴な料理と酒。便所と洗面は共同だが、我が家はまったく問題無し。
壁の薄さも想定内。しかし
017
風呂の湯の熱さにはまいった。写真は翌朝のものだが、前夜は熱くて手も就けられんほど。
温泉の温度管理の難しさを風呂場に張ってあったが、水道の蛇口のない風呂で加水できんという謎の状況。
これさえクリアできればリピータになりたい宿だった。

で、

025
畳平はこのとおり「がら~ん」。長野側からはまだバスが通行止めなんで、岐阜側からのみというのもあるし、残雪がおおくて有名な高山植物も全部雪の下にあるから無理もないか。

027
自転車レースのコース沿いの白と黒のコントラストが素晴らしいではないか。

031
豪快な残雪量だ。

033
雪渓ではスキー真っ盛り。バックカントリーという滑り方はほんまに自由なんだな。凄いな。

038
リフトなんかないので、人力でスタート地点へいく男前多し。

042
恐ろしいほどの空気の透明度。めざす乗鞍のテッペンはあの山のさきっぽ。

045
夏雲の出迎えをうけつつ頂上ゲートをくぐる。

059
ピッケルが無いので、雪のトラバースはちょっとびびった。

あいにく夏雲が沸き立つ時期にかちあってしまったので、穂高や槍が一瞬で隠れてしまったけれど、そこに吹く風は間違いなく標高3,0000メートル級のもの。
自転車時代には見えなかったものがやっと見えたヨロコビとか、あの山の向こうはどんな景色が待ってるのかという答えがわかったりとか

近くて遠いけど、いい山だったなー。

|

« 夏空、そして二日酔い | トップページ | 保塁岩 »

コメント

乗鞍の直前報告、ありがとうございます。
エエ感じの残雪ですな!
あ!山頂に神主さんいました?山頂の社も長野側・岐阜側があって…長野側の神主さんはいつも不在とか…記憶が曖昧(汗)

私も自転車で6回位登ってる記憶が…それに加え天空マラソンでも…今年で5回目。
自転車の喧騒は…当時は嫌では無かったけど…
今では、うーん(悶)です。
天空マラソンは…良い雰囲気ですよ。
今週末、雪の壁を目指して行って来ます!

投稿: bfz | 2013/06/17 22:39

畳平までしか行ったことないけど、
乗鞍エエトコですよねhappy01

投稿: DANGER | 2013/06/18 08:07

温泉めあてに行くと微妙な宿なんですね。
今回熊汁はなし?
アニキのヌードは見慣れて(笑)おりますが、写真で見るとどきっとしますね。

投稿: Shallow | 2013/06/18 09:05

●ぶらじゃーbfz!神主さまは、、、両県ともお留守でした(汗。賽銭箱は健在。晴れていたので気温は10度近くまでありましたね。暑いかんじ。レース当日の晴天祈ります!
●DANGERさま、高山植物の咲き乱れる風景は、さぞや綺麗でしょうねー。
●おじき、おかげさまで(?)熊汁が出なくてやれやれでした。ビイル中瓶も550円で世間並かな~。ご家族お揃いでぜひぜひ。

投稿: ロラお | 2013/06/18 09:19

乗鞍、登るのはひとけの少ない
「今でしょ」って感じですね。
行けませんが(泣)

温泉、水代が高くつくからですかね???

投稿: ハム | 2013/06/18 10:36

●ハムにーさん、”温泉は生き物です。日々温度が変化します”と書いてあったので、宿側の温度管理が非常に難しいのかなと思いましたね。けど、熱過ぎるのは困りました。

投稿: ロラお | 2013/06/18 13:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏空、そして二日酔い | トップページ | 保塁岩 »