« 思い出せない | トップページ | 荷物 »

2013/05/19

最後の戦い

初夏の便りとともに、こやつらの襲来も始まった。
7739ca719e21487cb68af215fba86529
毎年毎年、繁殖力のすごさと攻撃力のすごさにはまったく舌をまくばかり。専門業者のように捕獲するなど到底できやんけど、10年近くのつきあいになるとキャツラの行動パターンや回避の方法や刺されたときの対処など、どうでもええような知識が身に着いた。

買主の方は、この状況を恐らく知らない。どうか無事をと祈るばかりだ。

日曜朝から、不動産屋、司法書士、土地家屋調査士、そして買主と矢継ぎ早に来訪。押印と署名だけで済まないとはわかっていながら、手数料や収入印紙の額をみるたびにため息が出るやん。
けど、それらの事務作業を自分でやるとなると膨大な時間と手間がかかることも過去に経験済みなので、仕方ない。トキはカネなりを肌で感じる瞬間だった。

実家への道すがら、いろんなことを思い出した。
米子道が開通してまだ日が浅かったので、全線片側一車線。チェーン規制がでたらたちどころに酷い行列ににっちもさっちも。
当初うちもスタッドレス持って無かったので、トンネルが見えるたびに付けたり外したり付けたり外したり、ゲップがでるほど付けたり外したりしたもんで、最後の方なんかF1のピット並みの速さになった(つまらん自慢ですけども)。

今の我が家の車の走行距離は10万キロに手が届きかけている。
毎月一回往復で600キロ。一年で7,200キロ。10年で72,000キロ。つまり72%の走行距離が帰省に費やされたという驚きの事実。むろん、ガス代やら高速代を含めると、

親孝行っちゅうのは気力体力財力やな~と思わざるをえん部分がある。年に2回、盆暮れだけでええ筈なんだが、自分の場合は15歳で寮に入って家を出て以来、親と一緒に住んだことがない。いつやったかの日記で、かーちゃんがあの世にいくまでに顔見るんも、あと100回ぐらいやなとぼんやり思ったことがあって、
それやったら文句たらたら言われもってでも月一で様子見に行ったほうがええかなと思ったので。

もっとも、自分が一人前になるのに(今でも半人前やけど)同じような感じで親はやってくれたんかと思うフシもあるので、どっこいどっこいかと。

それはそれは美しい海まで徒歩10秒というにわかに信じがたいシチュエイションで、夏の夜空に家の窓から見ると、海面とソラに同じ満月が二個ゆらゆらする景色に、なんべん息をのんだことか。
暑い日には、家でつくった昼飯とビイルを持って海へ行き、波打ち際で体を冷やしながらカツ丼を食べたり酒を飲んだり。
けれど寒さとソラの色の陰気さに支配される長い長い冬があってこその、ソレというのも事実。
「この14年間、ものすごい長い旅行に出かけてたみたいな気がしてなー、そろそろ大阪に帰る頃合いが来たなー」と漏らすのをきいて、なんも言えんようになった。

ここへ来るのも、あとは引っ越しの日とカギを渡す日の二回。

最後は大山がきれいに見えたらいいなと。

|

« 思い出せない | トップページ | 荷物 »

コメント

そうなんですね。
「ゲゲゲの長男日記」も勝手ながら楽しみの1つだったので寂しいです。
別バージョンでも親孝行してください。

投稿: がりお | 2013/05/19 10:03

●がりおアニキ、冬の寒さや夏の昆虫から解放されますが、次なる長男日記もお楽しみに(笑。

投稿: ロラお | 2013/05/20 09:03

アニキ、長い間ご苦労様でした。
これからも引き続き長男業をお互いに頑張って行きましょうね。

投稿: uechicchi | 2013/05/20 09:58

おつかれさまでした。
おかあさま、人生楽しんでいらっしゃいますね!

投稿: みーこ | 2013/05/20 10:21

●uechicchiあにき、ありがとうございます。一度くらいはお越しいただきたかったですし、アニキと松江で飲みたかったのが心残りです。
距離的には圧倒的に近所になりますが、まだまだ長男業務は続きますね。
●みーこにーさん、おかんも自身の人生はほんまに好き勝手にいきてこれたと申しておりました。ありがたいことですわ。

投稿: ロラお | 2013/05/20 10:37

「この14年間、ものすごい長い旅行に・・・」わかる気がします。
阿刀田高の「長い旅」という短編で同じ事書いてありました。
ゲゲゲ長男業務、お疲れさまでした。
以後少しは長男業が楽になりますように。

投稿: DANGER | 2013/05/20 11:10

アニキ、まずはお疲れ様でした。
でも正直なところ、近くにお住まいやとええ加減にせーよと思うようなしょーむない長男業務が倍増するはずですわ。たぶん。
近くに住むのも覚悟が必要です(笑)

投稿: さかじい | 2013/05/20 11:21

お母様の言葉がなんともいえませんね。
ちょっとポロっと。してしまいます。

綺麗な大山が見送ってくれることでしょう。

投稿: ハム | 2013/05/20 11:41

「遠距離長男業務」アニキほんまにお疲れ様でした。遠距離のような近距離のようなうっとこも、毎週細かい業務が吹き出しますが、これもお互いが生きてる証かなと、ある意味楽しませて貰ってます。今日の昼休みも「ねんきんダイヤル」へコールしてました笑。

投稿: kiyo_g | 2013/05/20 13:16

お母さんの言葉にグッと来ました
いろいろ見て、過ごして、自分がこれから過ごす場所を見つけられたのでしょう
遠距離長男から近距離長男業務ですね
色々とあるかと思いますが、なるようにしかならんので、自然体で行きましょう(自分もそうです)

投稿: KAZZ | 2013/05/20 23:48

●DANGERさま、引っ越し当初に比べて、帰省時の運転による疲労は確かに重くなっていました。いろいろなことが潮時だったのでしょうね。
●ブラザーさかじい、あまりべったり依存されないように距離を保ちたいですね!
●ハムあにき、もともと大阪の人間なのでしばらくは自然が恋しいと言い出しそうですが、すぐにグランフロントでウロウロしだす予感ですね。

投稿: ロラお | 2013/05/21 15:27

●kiyo_gあにきも、毎週ご苦労様です。生きてるうちにムリの無い範囲で出来ることをやりますわ。自分もそうなるのかなぁ。順番やなぁ。
●KAZZにーさん、みんないろいろ抱えて生きておりますなー。にーさんも単身赴任ご苦労様ですよ!

投稿: ロラお | 2013/05/21 15:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 思い出せない | トップページ | 荷物 »