« 出口 | トップページ | 出張準備とか »

2013/02/04

蛇谷ケ峰

修理に出していたトレッキングポールとやら。
4年前、今考えるとかなり無謀なチャレンジだったと記憶に残る、西穂高の独標へ登る計画を立て、どうつかうのかよくわからんままに買った道具。
回転部分の動きがどんどん渋くなり、しまいには固着して山のてっぺんで途方にくれるなんてこともあって、まぁ自転車でいうところのシートピラーやステムの不具合と同じような症状。

捨てるのも忍びないのでパイプの内側にドップリと「ニベア」を塗ったら今度は回り過ぎて回り過ぎて(てんてんてん)。
再生不可能で突き返されるのを覚悟で修理に出したら
Dsc00291

新品がやってきた。

名誉のために(?)言うと、けっして受付でゴネたりすごんだり怖いかおしたりは、してない。
対応の早さといい内容といい、まったくカスタマーの気持ちをわかりたおしたメーカーだといつもながら感心するばかり。ああこれでデザインさえよかったら、、、。

ツールド出張が一区切りでグッタリしてたら、同じく金沢出張で労働していた小池さんが週末深夜に戻ってきて、おなじくバッタリ。土曜日は終日まるまる休養で終わった。

このままマグロが二匹狭い家の中に転がしておいてもロクなことはないなと言うことで、重たい体をいごかして雪山へ行くのだ。
前日、異常ともおもえる高温と降雨だったので、めぼしい場所の積雪量がどこもかしこも寂しい情報ばかり。
だめならダメでボッカの練習になればと装備一式を背負ってともかく現場へ。

Dsc00298
360度、視界を遮るもののない頂上。風の音以外、なにもない。こういう場所だと体の芯から安らぐ。
長らく降雪が無いのか、スノーシューで楽しいような雪質ではなかった。糊を過剰に効かせすぎたシーツの上をバリバリ割ってあるくような感触だが、それもまたなかなかのもの。

しかし体力の低下は目を覆うばかり。
出張で昼飯抜きのこの二か月で胃袋が小さくなっており、補給のタイミングがぼろぼろ。
アクセルとブレーキを踏む運動しかしてない、上腕もハンドルとシフトレバーと指示器を出す動作のみ。
絶望の登りと苦悶の下りで何度足がもつれたことか。

湿度を吸い込んだヤケに重い雪の上を慎重に歩いて下山、危険地帯を抜けてアイゼンを外してほんの2,3歩歩いたとこに落とし穴、、、やなくて粘土に乗り込んでしまい、体全体が空中に浮くぐらいハデに滑ってころんだ。
受け身も取れず腕をついてしまって肩がしなるのが分かったので「あ、鎖骨折れたかな」と思ったほど。
骨折しなかったけど、その状況と泥まみれになった全身を見ていたら、仕事がうまく立ち行かなくてこんな目に合ったんだとか、計画的に運動できない悔しさとか、それを思う自分の子供じみた感情なんかが入り混じって、

ひどく悲しくなってしまった。

そーゆーこともあったけど、下山してから雪をかぶった山頂を振り返るととても木々が優しい表情を見せる。

いい山だったな。

|

« 出口 | トップページ | 出張準備とか »

コメント

スノーシュー履いて行きたいところですが、さびしい限りですね。
もう一雪、二雪欲しいです!

投稿: PEANA2 | 2013/02/04 14:30

●PEANA2アニキ、アイゼンなどは腐った雪と地面のミックス攻撃でドロドロになりましたよ。
去年のパウダーが幻のように感じますね。

投稿: ロラお | 2013/02/04 15:10

益々モンベルが好きになりました。※デザインは・・・。

投稿: ハム | 2013/02/04 15:29

ロゴもねぇ。。。もう少し小さかったら、もっとエエのにって思うてます。

投稿: ブレインズ | 2013/02/04 20:44

モンベルのデザインには慣れる!我慢出来る!
デザインばっかりで、シチーでしか使えない「なんちゃってアウトドア」よりはマシですわな

投稿: KAZZ | 2013/02/04 22:17

ひどく悲しくなってしまった、

の下り、なんかよく分かります。
何年か、いや10年に一度くらいかな?
何かの拍子に気持ちが千々に乱れて、わけの分からないものに感情をシェイクされているような瞬間を体験するときがあります。
まあこんなのも、人生に起伏がある故の醍醐味かと。

投稿: initialTT | 2013/02/04 22:41

アニキ、でもやっぱりお山はええですなぁ~。
また一緒に登りましょ(笑)

投稿: さかじい | 2013/02/05 09:45

●ハムにーさん、毎年正月に買う福袋もヒジョ~におすすめです笑。
●ブレインズあにき、最終ジャッジを下すヒトに会ってみたいです笑。
●ブラザーKAZZ!慣れる、それは言えてる!
●initialTTあにき、悲しいのかそうでないのかわからんけど涙落ちそうになるときこそ、ああ自分は人間なんだと思いますわ。この宙ぶらりんの気持ちはほかの生物には無いだろうなぁ、、、と。
●さかじいにーさん、また行きましょう。自転車は、、、わかりません。ははは。

投稿: ロラお | 2013/02/05 11:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 出口 | トップページ | 出張準備とか »