« 行ったり来たり | トップページ | しかの日 »

2013/01/26

読めない地名

先週の振り返りなぞを。

月曜日はグループメンバーと自分の旅先の割り振りとか指示書の作成でまさに秒単位の一日だった。

火曜日はまず大津市でレンタカーを借りて以前自転車で嫌っちゅーほど走りたおした宇治川沿いを行ったり来たりしてとある装置の必死の捜索とそれにかかわる一連の作業を。
日暮れ間際に今度は特急電車に乗って福知山へ。

水曜日は意識朦朧としつつも気合いだけはとりこぼさぬように車を走らせ、
Dsc00257
京都の山奥にある”鬼ケ坂”の頂上を目指す。
かつて自転車レースで辛酸をなめた峠にこうして仕事で来るなんて、人間の運命わからんもんやの~。

作業をおえるところがり落ちるように峠をくだって、近隣にある茅葺で有名な美山へ
Dsc00255
一見するとむかしばなし風な家屋であるが、なんのなんの、とある装置もそこそこ普及しているという力のいれよう。

しかしだ、この近辺での探索のメインは車のナビが頼りなのだが
Dsc00253

うしの墓がどーとかこーとか

Dsc00254

山ノ迫る限りとか

Amazonでモノを買うにもなにか別の意味での思い切りが必要かといらぬ心配をしてしまった、、、。
(おおきなお世話か)

そんなかんじでいつものごとく、寒風に身をさらけだして作業をしているとなにかこう、後ろからただならぬ気配を感じたので振り返ってみると
Dsc00252
おびただしい本数の鹿の角を収集している家があったり。

Dsc00251
スズメ蜂と同居しているヒトもいたり。

ここからさらに北上してたった一軒のためにまたまた小浜へ行き、帰りはマッハ2.6(恐らく)のはやさで福知山に戻る。なかばやけくそだな、こうなると。

木曜日は、終日福知山城の周りをひたすら探索。
Dsc00259
なかには、かつて栄華を極めたっぽい家もあった。家人がいないとこうも荒れ放題になるのかと胸に迫るものがあるな。そして夜にまたまた今度は滋賀県の彦根入り。

金曜日は終日彦根で活動して深夜に自宅着。

この一週間はあまりにあわただしく、朝飯だけはキッチリ押さえたが、昼をまったく食べた記憶がないのと夜は酒だというカンジ。
まぁ、もうちょいでこれも終わる、


|

« 行ったり来たり | トップページ | しかの日 »

コメント

アニキ、ホンマにお疲れ様です。
任務が終わったら立ち飲みで打ち上げしましょうね!

投稿: uechicchi | 2013/01/26 20:00

⚫ウエチチあにき、ありがとうー。今日は奈良方面で頑張りますわ。

投稿: ロラマン | 2013/01/27 07:54

25年程前、九鬼坂峠の福井側に二つあるヘアピンカーブによくドリフトしにいってました。
あそこエスケープゾーンが広いし、通行が少ないのでドリにぴったりでした。
京都や福井は「牛」がつく地名多いですね。名字に「牛」がつく人も知ってます。
昔々、牛関係の仕事に就いていたのでしょうか。

投稿: DANGER | 2013/01/27 16:52

暗号ですね。
PCやらスマホもこれに・・・・・。

投稿: ハム | 2013/01/28 09:11

●DANGER あにき、牛小屋っぽい建物を(小規模)沢山みましたよ。みんな飼っていたのかなぁ。
●ハムにーさん、正しい読み方が気になりますわ。

投稿: ロラお | 2013/01/30 12:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 行ったり来たり | トップページ | しかの日 »