« ボルダリングの厳しさよ | トップページ | 原子力の町とか »

2012/12/13

小浜にどっぷり

先週の出張を振り返ってみる。

自転車のイベントで、かすりはしたものの、どっぷりその土地に浸かるのは実は生まれて初めてという福井県小浜市。
まずその土地の味覚に触れなければなるまいと思って、しょっぱなの仕事は「地産地消」という名のもとに

Dsc09845
1200万円の刺身定食にトライ。
どれもこれも感動につぐ感動、もんのすごい弾力が新鮮さを主張する。
しかし本音を言えば、途中で飽きてきたのも確か。人間やっぱり美味しいものを少しだけという状況が一番幸福なのではないかという思いを再認識した。

Dsc09843
客層は、平日ということもあり近所の常連とおぼしき面々。

Dsc09847
こんなチャレンジメニューも。
しかし、十万目当てだとしても30分でこんなうまいもんをわき目もふらずに食べるというのは、「人として」どうか?

Dsc09848
こんな店。

今回の相棒は
Dsc09851
「ザ・セダン」という堂々の風格。ひさしぶりにセダンに乗ったが、なんのなんの、爺臭いこともなくトヨタの懐の深さを感じる一台であった。
ただし、装備してあるカーナビが、これがま~、イケてないどころか、目的地の400メートル手前から案内を終了する諦めの良さはどーにかならんか?

Dsc09853
仕事で配布された資料にもとづいて、見上げる先には山寺も。この階段の先に自分の目指す「装置」があるのかどうか不安を抱きつついくしかない。

Dsc09854
人影のない境内をしらみつぶしに歩けば、鐘楼のワキにそれはあった。

Dsc09855
まさかと思って用意したロングブーツがなければ、とても踏み込めなかった。苛酷な仕事だ。

こんなカンジで初日を終える。

|

« ボルダリングの厳しさよ | トップページ | 原子力の町とか »

コメント

アニキ
すごろく修行の旅お疲れ様です
話題の施設一気見、ってのもなかなか無いでしょうな

投稿: KAZZ | 2012/12/13 20:42

●KAZZにーさん、旬の施設だけあって、近づくことさえままならず。恐ろしい警備ですわー。

投稿: ローラー男 | 2012/12/15 18:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボルダリングの厳しさよ | トップページ | 原子力の町とか »