« 御堂筋を食べ歩く | トップページ | 人間失格 »

2012/10/15

帰ったら読む

受益者と負担者のアンバンドルについて。

iPadは16MBが一番お買い得(ある層には)であるという話の根拠。

体に障害を持つヒトが何人かオフィスにいて一緒に仕事をしているんだが、聴覚に障害があるヒトの空間認識というかその部分でちょっと困りごと。意思疎通は筆談ではなくキーボードをたたく機会が殆どなのだが、彼のソレはものすごく高速でものすごく「けたたましい」。文書作成やプログラミング時も同様。
特に"Enter Key"などはキーボードが真っ二つに割れてしまうんやないか?いうくらいの強さで打鍵するので、考え事してる時などちょっと弱るわけだな。しかしそれを指摘して彼のストレスにでもなったらと思うと言い出せない。

多様性は認めなくちゃとわかってはいるが、ハラホレヒレハラ。

※音が聞こえないので強めにキーを叩くことで動作を再確認しているとか、そのあたり自分には専門知識が無いからぜんぜんわからんので。すんません。

|

« 御堂筋を食べ歩く | トップページ | 人間失格 »

コメント

こんにちは。定期的(?)な通りすがりのものです。
なかなか悩ましいですね。この方には静音タイプのキーボードを買ってあげたら如何でしょう。いらっしゃらない時にコーヒーをかけちゃったので弁償しましたと話を作ります。まあ、静音といっても絶対的ではないようですけれど・・・

投稿: naugosan | 2012/10/19 17:47

●naugosanさま、コメントありがとうございます。お互い補いつつ、こっそり愚痴をいいつつ、無理せずに関係を続けようかなと(汗。

投稿: ローラー男 | 2012/10/20 21:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 御堂筋を食べ歩く | トップページ | 人間失格 »