« 長男つらいシリーズ | トップページ | 全速力で仕事など »

2012/09/03

松江・堀川遊覧船

001
知らんかった、もうかれこれ15周年になるのか。

内科と眼科をはしごするおかんを待つあいだ、気の利いた本屋とか映画館とかカフェとか「いっこもあらへん」ので、シートを倒した車の中で寝ているか本読んでるか医院の横の田んぼをぼーっと眺めているかの毎月だが、ふと思いついて

019
遊覧船とやらに乗ってみた。

松江城の内堀をつかってコースを作ってある。ヒトが乗ってるのを気にもとめずに眺めていたことはあるが、乗船は初めて。

だらだらとジジ臭く遊覧するのかとおもいきや
002
橋脚の低い場所を通過するときの

003
レクチャーがなかなかに波乱を期待させるぜ。


004
コース脇にたたずむ生き物を見たり

014
どう注意すべきかわからんのだが、まぁよい。

いよいよ前方に低い橋あらわる!
015

船頭さんが巧みに操るリモコンで
009
下がる天井。そして寝そべる乗客たち。

012
せまりくる橋の圧迫感はなかなかどうしてどうして、、、、

013
抑圧された空間から開放される瞬間など、格別であった。

017
小泉八雲の家も見えたり。ちなみにこのあたりの武家屋敷はだれひとり末裔といわれる人物は住んでおらず、喫茶店やら蕎麦屋に様変わりしているのが悲しいところ。

018
船頭さんは、おしつけがましい解説もなく、それでいてそこそこフレンドリー。
50分ほどの時間はアッちゅうまに終わった。池の上をそよぐ風があんまり気持ちええもんで、おもわず寝てしまいそうになったほどの快適さ。
ほんの数年前までは「こんなしんきくさいことの、何が楽しいねん、、、、」と毒づいたもんやが、あれは撤回。
池の上を波打つボートの波紋さえ、なにかこうココロに響くもんがあった。

速さを追い求めるあまり、見過ごしてきた風景やら気持ちの揺れやらもぅ一人の自分との対峙とかいろんなもんがちょっとダケわかってきたような気がした。
船をおりたときにちょうどオカンから診察終了の電話があって、

また、いろいろがんばろかと、思えたな。


|

« 長男つらいシリーズ | トップページ | 全速力で仕事など »

コメント

あはは、アニキ初めてでしたか。
コレ、結構楽しめますよね、乗員一体感になって。
水面すれすれから見上げる街の風景は、
いつもと違う視点で楽しいですし、
カモとかカメたちとお友達にもなれますし。
ホントはその後の地ビールを飲むのがいいのですが(笑

投稿: uechicchi | 2012/09/03 22:21

●uechicchi にーさん、はい堪能しましたよ~。年間パスポートの設定があるのが驚きです。真冬はかなりの厳しさらしいですが(笑。

投稿: ロラお | 2012/09/04 08:24

年齢を重ねれば以前分からんかった風情が新鮮やったりするもんですね。
自分にはお山がそんな感じです。
学生時代は「なんでこんなしんどいことしてんねん」と思ったもんですわ(笑)

投稿: さかじい | 2012/09/04 09:56

ディズニーランドのジャングルクルーズより面白そ~!

投稿: Burd | 2012/09/04 14:20

●さかじいにーさん、シンドイ事が好きなヒトを世間ではひとくくりに「ドM」とよく言いますが、メンタルが高揚しているうちは「S」ですね。ってなんのこっちゃ
●Burdさま、工事中の橋脚の下をくぐるときなんかは、鳶のお兄さんと目があって、おもわず笑いかけますよ。TDLよりすごい!w

投稿: ロラ男 | 2012/09/04 15:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長男つらいシリーズ | トップページ | 全速力で仕事など »