« ばったもんのタンドリーチキン | トップページ | 運転免許の更新なのだ »

2012/08/24

親子丼

運動:レペテイション的な自転車通勤往復+腹筋3回+家事いろいろ
飲酒:宝缶酎ハイ350ml×2

さくじつのキーマカレー弁当についてだが、冷えると凝固するというカレーの特性を見事に生かして、無事運搬に成功。立ち上る湯気こそないものの、破壊力抜群の昼飯になって満足だ。

反面、
005
調子に乗ってつくったタンドリーチキンもさすがに全て消費するに至らず。このまま冷凍してほとぼりが冷めたころにまた何ぞ料理に使うかと思った矢先に

006
解体することを思いつく。
朝っぱらから何ややこしい事やってんねん!と、思わず自分に突っ込みいれながらの作業。

玉葱と一緒に市販の天つゆでこってりさせる。さすがに朝から一番ダシも無かろうと
007
しまやダシのもとも投入。

”こんな事やるために早起きしたんちゃうぞと誰となく言いたくもなるおっちゃんの弁当”50発目:
008
親子丼弁当。
三ツ葉が無いので色合いが単調になってしまったが、まぁよかろう。

暮らしはとくに変わり映えせず:
宿題したり課題図書を読んだり話題沸騰の竹島関係の本を読んでみたり。我が国固有の領土とかいう以前に、小中高大通じて、そんな島が日本にあったことすら知らんかったし習わんかった(ような気がする)ので、なにか釈然としないものが。

あとは夏の甲子園の結果とジャーナリストのいたましい事件。それらに隠れてしまってタイガースが負け倒している事実がクローズアップされんちゅうのがどーにもこーにも情けない。

自転車祭り:
今週末は乗鞍・鈴鹿と自転車にまつわるイベントが目白押し。以前の鈴鹿はF1と同じくコースを時計まわりに周回したが、シケイン抜けてゴールまでのホームストレートが物凄い下り坂になっており、スピードが出すぎて危ないたらいうワケのわからん理由(?)で、それ以来左回りになった模様。右回りのときのあのカシオトライアングの登りを一列棒状になった集団から切れ切れになりながら登る苦しさといえば、それはそれは(てんてんてん)。

130Rの突っ込みも時速200キロオーバーで、、、なわけもなく。単車で走ったときはあっちゅうまにコーナー迫ってきて焦り倒したもんやが、自転車だとラインどりもへったくれもなくひたすらコーナーのインをついて走行距離を短くするというセコさ丸出しで。大した成績も出せやんかったのでそっちほうめんに良い思い出は無いが、帰りの車の中で仲間とともにエロトークに華を咲かせつつ夏の終わりを感じる時間がたまらんかった。

乗鞍も同様に。
今は人気のイベントで狭い抽選をくぐり抜けて参加できるらしい。
大阪から乗鞍といえばパスポートの要らん外国のようなもん。まさに最果て。空気はうまいし飯もうまいので当然酒はばつぐんにうまい。そして温泉とくれば何をいわんや。
6回出て6回とも原因不明の頭痛と吐き気でスタートラインに並ぶという暴挙。一度、夜中にドを超えた酔っ払いになってしまって松本までタクシー飛ばして(片道2時間でっせ奥さん)ラーメン食いにいこうとしたら、さすがに宿のおっさんに止められたり。

そんな男にも、森林限界を超えたあたりから見る山の景色はサイコーに優しかった。

どっちも遠い思い出になってしまったが、いずれまたとの思いもある。
今でも自転車への愛は変わらずなのだ。

|

« ばったもんのタンドリーチキン | トップページ | 運転免許の更新なのだ »

コメント

お山でもできそうなメニューですね。
たまねぎは腐らんので、一個あれば豪華風なご飯にできるかもですね(笑)

投稿: さかじい | 2012/08/24 16:12

車の中で仲間とエロトークエンジン全開で夏の終わりを感じる時間、、。
似たような経験ありましたありました。

投稿: kiyo_g | 2012/08/24 16:20

ワタシも昨夜と弁当が親子丼
緑は「オクラ」でwww

今年は「九州赴任記念」で無謀にも自転車レースにエントリー
51年もののDOHC4バルブ単気筒のエンヂンと、8年もののアルミ9S自転車でどこまでいけるかwww

投稿: KAZZ | 2012/08/24 22:27

●さかじいアニキ、レトルトやらフリーズドライやらの親子どんぶりもなかなかにあなどれん味でしたので、ぜひぜひ。
●kiyo_gにーさん、今日もええ塩梅の夏の終焉をにおわす雲がもくもくでてましたな~。さみしーようなうれしいような(熱帯夜反対!)。
●KAZZあにき、無事完走!これにつきますよね~。楽しんでくださいね~。

投稿: ローラー男 | 2012/08/26 20:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ばったもんのタンドリーチキン | トップページ | 運転免許の更新なのだ »