« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012/08/30

婚姻した日だったらしい

運動:自転車通勤+腹筋6億回+家事いろいろ
飲酒:芋のウイルキンソン割×500cc

式も披露宴もせず、炎天下の中自転車きこきこ漕いで区役所に行って書類を書いた。
たったそれだけの日を思い出す。

相変わらず”記念日無関心家族”の真骨頂炸裂だ。別の用事でカレンダーを
ぼんやりながめてて気が付いた。もうかれこれ十日ほど前だった模様。
今月もあんまり小池さんに会って無いが、当人たちはいたって普通に
「たまに会えればよいのでは」というぐだぐだした気持ちのまま
これからも行くと思う。

微妙な相互協力とお互いの適度な無関心で我が家は成り立っているので
今後もこのバランスを保っていければと。

002
せっかくなんで(?)ヘッドランプを刷新した。機能とデザインのバランスを重視、、、せずにただただ”一番安かった”というしごくまっとうな理由で選んだだけ。
今のところ壮大な野望はなく、少し涼しくなったら週末のナイトハイクで活用したいぜ。

~ローラー女子大生合宿へ行く~
運動部ではないほうのバドミントン、いわゆる「サークル」ってやつに
入った彼女はきのうの朝から(運動とは全くカンケー無い)大荷物を
抱えて一週間の合宿とやらに出かけて行きよりました。
入部当初から「どんな練習してんねん?」と聞けども、花見、コンパ、海水浴、
花火大会という彼女の口から出てくるバドミントンの謎の練習メニューに
「激しい憤り」を感じるおっちゃんです。

合宿の日程表を見たら、これがまぁアゲそうになるほど”ぬるい”。
午前中は体育館で練習とあるが、午後からの「自由時間」ってなんじゃいな???

運動部の合宿といえば劣悪な住環境と激しい上下関係、一年生は
朝から晩まできんきんに神経張りつめてて何がなんやらわからんままに
痩せこけて帰ってくるというのが正しい姿であるはずなのに。

どうか星 一徹のような監督が参加してくれますように祈るばかり。

| | コメント (14)

2012/08/28

びっくりするやんけおかんのスカイプ

運動:可もなく不可も無い自転車通勤+腕立て伏せ2回+家事ちょっと
飲酒:芋のウィルキンソン割り×400cc

仕事関係では、久しぶりに展示会出展を控えて事務局関連のことをいろいろと。景気のよかった時代は会場でばら撒く販促グッズの作成が楽しかったが、今や鉛筆一本消しゴム一個たりとも配布せず。ま、来場者の財布の紐もがんがんに固いからどっちもどっちか。

自宅でパソコン点けて宿題の資料作ってたら突然、インストールしてあるスカイプがけたたましい音で鳴動してびっくりこいた。From「おかん」。

どうせまたパソコンがどーたらこーたらで動かんねんちゅう話やろなと思ったら案の定。おかんいう生き物はメーカー側が想定するユーザインタフェースを遥かに凌駕するような操作をするトキがある。かいつまんで書くと「昨日まであったアイコンが、今朝見たらあらへんねん。あんた知らんか?」て、

しるかい!

仕方ないので遠隔操作の出来る無料アプリを使って何とかかんとか修復。
パソコンに向かうその好奇心がまだあるだけマシかと思って、何べんも同じ事言わすなやと言いたいのをグっと飲みこむ。自分もやがてそうなるのか?

今週末はスズメバチ退治の秋の大収穫祭、、、やなくて一掃摘発大作戦。9月が一番猛威をふるうので根絶やしにせねばと。ニホンオオカミやらニホンカワウソやらの絶滅が話題になるのに何故、スズメバチを滅ぼそうという話が出てこやんのか不思議でならん。

いつぞやの夕日を自宅から見た
010


| | コメント (5)

2012/08/26

運転免許の更新なのだ

免許の写真をマジマジ見つめるとさすがに月日の経過は残酷だと思わざるをえん。
そんなわけで運転免許センターなる場所へ朝のはよから行ってきた。「今年こそ」「今年こそ」と思えども、のっぴきならん理由と根っからの”納税マニア”の血が騒ぐので金色免許が今回も水の泡に、、、。

8:45開場の噂をきき、8:00ちょうどに会場入りしてみれば、ありえへんぐらいの人間がうじゃうじゃおる。
それでもまぁ何とかかんとか要領かまして、ありがたい一時間の講習を寝たり起きたりしながら受けて11:00過ぎには解放された。

けど、以外なことに、その時間帯になると、朝の混雑が嘘だったように閑散としているので、次はもう朝一で行くのはようそう。

このあとは立ち飲み、、、、にはいかず、大阪駅近辺の巨大書店めぐりで仕事関係の本をあら捜ししたり、来月の家族ばらばら旅のガイド本の立ち読みなど。しかし旅のガイドブックもネットの情報に比べてしまうとあまりに鮮度がお粗末で、寂しいが未来が無いなと思った。
自腹で買う仕事の本がヤケにクソ重たいなと思ったら、日差しも夏の最後の力を振り絞るように刺してくるのでどこへも寄らずに直帰して

002
久しぶりにハンバーグを作る。パインを乗せてハワイアン風に。
実はハクション大魔王に負けんぐらいのハンバーグ好きなのだ。とくに、ジャクジャク感を出すためにワザと荒目に刻んだ玉ねぎが、これまたたまん。

土曜日に遡る:
新規開拓
001
博労町にある”もりたや酒店”。こじんまりしたよい酒屋だ。かわきもの中心だが、なかなかに味わい深い。トイレが無いので長居せずに済むところもよい。

で、土曜はアパートの全戸排水管点検の立会。集合住宅のよい点でもありうっとおしい点でもある各種設備の点検が、警報機やら消防やら水道やら排水やらもう年になんべんもあるので出かけるわけにもいかず。
戸建に住んで自己責任でイクか、この辺が分かれ目かと。

日々の暮らしや家事は面倒くさいことこのうえないが、これをおろそかにして遊ぶと必ずややこしいことが起きるので、目をそむけずにこれからもがんばろかいね。

運動:いっぱい歩いた+家事いろいろ
飲酒:淡麗350ml×2

あとは腹を壊すと厄介なので、のどが渇くと熱い緑茶をがぶ飲みするおっちゃんなのだ。


| | コメント (3)

2012/08/24

親子丼

運動:レペテイション的な自転車通勤往復+腹筋3回+家事いろいろ
飲酒:宝缶酎ハイ350ml×2

さくじつのキーマカレー弁当についてだが、冷えると凝固するというカレーの特性を見事に生かして、無事運搬に成功。立ち上る湯気こそないものの、破壊力抜群の昼飯になって満足だ。

反面、
005
調子に乗ってつくったタンドリーチキンもさすがに全て消費するに至らず。このまま冷凍してほとぼりが冷めたころにまた何ぞ料理に使うかと思った矢先に

006
解体することを思いつく。
朝っぱらから何ややこしい事やってんねん!と、思わず自分に突っ込みいれながらの作業。

玉葱と一緒に市販の天つゆでこってりさせる。さすがに朝から一番ダシも無かろうと
007
しまやダシのもとも投入。

”こんな事やるために早起きしたんちゃうぞと誰となく言いたくもなるおっちゃんの弁当”50発目:
008
親子丼弁当。
三ツ葉が無いので色合いが単調になってしまったが、まぁよかろう。

暮らしはとくに変わり映えせず:
宿題したり課題図書を読んだり話題沸騰の竹島関係の本を読んでみたり。我が国固有の領土とかいう以前に、小中高大通じて、そんな島が日本にあったことすら知らんかったし習わんかった(ような気がする)ので、なにか釈然としないものが。

あとは夏の甲子園の結果とジャーナリストのいたましい事件。それらに隠れてしまってタイガースが負け倒している事実がクローズアップされんちゅうのがどーにもこーにも情けない。

自転車祭り:
今週末は乗鞍・鈴鹿と自転車にまつわるイベントが目白押し。以前の鈴鹿はF1と同じくコースを時計まわりに周回したが、シケイン抜けてゴールまでのホームストレートが物凄い下り坂になっており、スピードが出すぎて危ないたらいうワケのわからん理由(?)で、それ以来左回りになった模様。右回りのときのあのカシオトライアングの登りを一列棒状になった集団から切れ切れになりながら登る苦しさといえば、それはそれは(てんてんてん)。

130Rの突っ込みも時速200キロオーバーで、、、なわけもなく。単車で走ったときはあっちゅうまにコーナー迫ってきて焦り倒したもんやが、自転車だとラインどりもへったくれもなくひたすらコーナーのインをついて走行距離を短くするというセコさ丸出しで。大した成績も出せやんかったのでそっちほうめんに良い思い出は無いが、帰りの車の中で仲間とともにエロトークに華を咲かせつつ夏の終わりを感じる時間がたまらんかった。

乗鞍も同様に。
今は人気のイベントで狭い抽選をくぐり抜けて参加できるらしい。
大阪から乗鞍といえばパスポートの要らん外国のようなもん。まさに最果て。空気はうまいし飯もうまいので当然酒はばつぐんにうまい。そして温泉とくれば何をいわんや。
6回出て6回とも原因不明の頭痛と吐き気でスタートラインに並ぶという暴挙。一度、夜中にドを超えた酔っ払いになってしまって松本までタクシー飛ばして(片道2時間でっせ奥さん)ラーメン食いにいこうとしたら、さすがに宿のおっさんに止められたり。

そんな男にも、森林限界を超えたあたりから見る山の景色はサイコーに優しかった。

どっちも遠い思い出になってしまったが、いずれまたとの思いもある。
今でも自転車への愛は変わらずなのだ。

| | コメント (4)

2012/08/23

ばったもんのタンドリーチキン

運動:モーレツな自転車通勤往復+腹筋6億回+家事いろいろ
飲酒:淡麗350ml×2

地震・雷・家事・育児。家事から目をそむけるな!と言い聞かせつつ、えーと何こしらえよかなと冷蔵庫の点検。
ビヒダスヨーグルトの賞味期限切れを発見してしまう。特価とはいえ、捨てるに忍びないので
001
淡麗を一本しばく間にヨーグルトと玉葱のみじん切りに漬け込み、変わったところでは辛さに凄みを増すために、豆板醤を塗る。これだけだと韓国止まりの旅になるので、コリアンダやらターメリックやらも刷り込んで、何とかインドまでたどり着かせる。

みじん切りに使っているフードプロセッサはかれこれ10年ぐらい前にパチで8連ちゃんしたときに何を思ったか、万コロに替えずに景品でいただいた物。当時のすさんだ生活を思い出すぜ。

バターで焼く
002
暗闇にうかぶ・かしわが不気味だ

北インドと南インドでは作り方と色合いに若干の違いがあったような気がするが
003
忘れた。ともあれ、目安は”カンカン”に焼くことに尽きる。”カンカン”に焼くのと”チンチン”に焼くのは若干のニュアンスの差こそあれ、まあ同じようなもん。

最初に漬け込みにつかった玉葱は当然捨てずに
004
キーマとして再利用する

これらをアテにしつつ二本目の淡麗をしばくしあわせな気持ちとゆーたら、そら~も~~~~~(てんてんてん)。

何気なくTVを付けたら、旅番組で上高地が。
おもわず食い入るように見ながら食い入るようにカレーを食べる。カレーしか出さへん山小屋を営むとかどうやろう。カレーの夕食、カレーの朝食、カレー弁当、客には全員ターバンの着用を義務付ける。寝具もむろんカレーにちなんだものを。

てな空想は激しく楽しいが、
小池さんが居ないあいだの我が家の飯は自分の好みで”荒っぽいエスニック寄り”になってしまうが、ローラー女子大生も同じものを食べて特に変調をきたしてないので、このまま押し通すぜ。悪いとは思いつつ。

今日の弁当:
むろんカレーだ。神経をすり減らせながらの運搬は疲れた。写真はまたあとで。

| | コメント (2)

2012/08/22

お前の夏休みを俺にくれや

運動:自転車通勤往復+腰痛体操+家事いろいろ
飲酒:淡麗350ml×2

たった4日間に全身全霊を突っ込んで濃厚な夏休みを過ごした親父の傍らに、”二か月近くある夏休みを垂れ流すように過ごす”生き物が我が家に一匹。

昨夜、夜中の一時すぎに便所へ行くと、暗闇の中から例の金髪女出現。

自分とは行動時間が正反対、正真正銘の夜行性動物になってしまったローラー女子大生よ、そんなことでええのか!?有り余るその体力と時間、その奇抜ないでたちと夜のバイトでせこくため込んだ小銭を持って、まだみぬ地球の隅々に興味を持つとか、そーゆー野望は無いのか!?

「あ~、あのトキ、あ~しといたら今頃はもっと、、、」という見本がこんな身近におるというのに。
焦れ!焦らんかいローラー女子大生よ!今しかない!今しかないねんぞ!

と言ったら暑苦しそうなモノを見る目をして「ホヘ~」とよくわからん生返事しよった。

ホヘ~て、、、、何?


| | コメント (2)

2012/08/21

体脂肪

山から戻って恐る恐る体重計に乗ったら
体重:64キログラムから全然変わってないやんチェッと思いつつ体脂肪を見ると13%だと。

2%減ってる、、、。(すぐに元に戻る予定)

心拍を上げすぎてしまうと一気にバテるのでカメのような速度でしかも休まず足を出し続ける、それをそこそこ重たい荷物背負って8時間近く登ったり下りたりを都合三日間繰り返す。首の動脈に指を当てて計ると心拍数は常に最大の60%前後になっているなど

「絵に描いたような見事な体脂肪除去ゾーンに」

130

登りも下りも平坦も、自転車のように足を止めても前進するなどありえないので、ただひたすらに。むろん信号も無し。

特記事項としては、高価な栄養補助食品やらジェル類を今回は一切導入せず。
小さなロールパンに魚肉ソウセイジ(細いやつ)を挟んだものを小休止のたびに食べたり、市販のフルーツケーキを食べたり。
けどまぁ、ダイエットのために登りに行っているのではないから、増えた減ったで一喜一憂するつもりもない。
山で何を食べたらええのか、試行錯誤は続くのだ。

| | コメント (3)

空に浮かぶ雲を見てると、今すぐ山に行きたくなる

思い出は簡単には風化しない。

槍から少し下がった場所にあった素敵なハウス
085
道具に頼るなという神の啓示であろうか?

高価な道具や衣装は確かに気分も高揚するのは事実。しかし、それが良い思い出をもたらしてくれるという確約はどこにも無い。

・・・我ながら乱暴な言い草だなと承知で書くけど、”あっても無くても自分の走力に影響を及ぼさなかった高価な自転車用カーボンパーツの数々”で打ち止めにした筈ではなかったのか?と自分に喝を入れられた気分になった。(まあ、それらを生かし切れなかった自分が、一番の原因だったんだが。)・・・

しかし、物欲も確かな明日への活力!(結局どっちやねん)。

てなことをゆっくり夢想したいのに、そんなおっちゃんの感傷とは無関係にややこしい仕事がばんばん舞い込む。
険しい山は、日常の中にもある、、、のか。

運動:通勤往復+ぐだぐだに家事ちょっと
飲酒:芋水割り×2


083
稜線をピッタリ境に沸き立つ雲の行方はどこなんじゃい。


| | コメント (0)

2012/08/20

余韻にひたるのよ

高速道路の渋滞もなく、あっけないほどスムーズに大阪に・現実に、戻ってきてしまった。
道具を片づけ終わってしまうと、楽しいことが一瞬で消え去ってしまったかのようなさみしさに襲われたので、あわててビイルとウクレレを持って
158
近所の淀川堤防で一人反省会
ついさっきまで気温10度のとこで過ごしていたのが信じられんぐらいの大阪の暑さにビイルも沁みる沁みる。

140
朝六時の上高地は、本来の上高地の姿をしているに違いないと思ったり。

~メモ~
8月16日:AM2:00時起床・家出~名神/東海北陸自動車道経由で平湯温泉着6:30着。上高地BTスタートは8:00
4時間ほど適当にあるいて槍沢ロッヂ泊。

8月17日:AM4:00起床・出発~槍沢経由で途中分岐からヒュッッテ大槍に10:00ごろチェックイン。荷物を減らして東鎌尾根で槍の肩に11:00ごろ着。11:30ごろ頂上。12:00ごろに槍ヶ岳山荘まで下りてランチ。
そこから殺生ヒユッテ経由でヒュッテ大槍泊。夜はBarタイムになるのでラフロイグなど飲みたかったがグッと我慢。

8月18日:AM5:00起床、6:00過ぎ出発で槍沢をばしばし下って上高地・河童橋着が13:00過ぎ。

~費用~
大阪からの高速代往復:6,000円
ガス代:6,200円
バス代往復:2,000円
駐車場代三日間:1,500円
槍沢ロッジ一泊二食:9,000円
ヒュッテ大槍一泊二食:9,000円
上高地西糸屋別館:一泊二食:8000円
土産代:一切買わず

エエ大人でもこの出費はたいがいデカイ。しかし、起きてから布団に入るまでの間中、延々感動しっぱなし、全身の筋肉をくまなく使いっぱなしでこの値段と思えば1ミリの後悔も無い。

同行してくれた自転車アニキたち、おやじを放牧してくれた家族、大量の宿題で出社を待ち構えていた職場、
みんなどうもありがとうな。

| | コメント (6)

2012/08/19

アタック

054
何とかバテバテながら、槍の胴体まで来た。近くで見る槍は、以外にこんもりしている。

そしてその横には地味ながらも存在感のある、アルペン踊りの本場
061
小槍の存在も忘れずに。

緊張で顔がひきつるのがわかりつつも、いつ天候の急変があるかわからんので(じじつ、15分おきにガスが湧き上がってきて、一瞬で槍の姿がかき消されてしまう。焦る焦る)ともかく登る!
064

070
槍ヶ岳山荘は、もうはるかかなたの大きさになってしまった。
何本かの鎖と何本かの鉄梯子、難しくはないが緊張を強いられる岩場を手足フル稼働でバタバタしてゆくと

067
二年と二日と8時間かかって、この場所にたどり着いた。
最初の年は、台風と豪雨とホワイトアウトと土砂崩れと通行止めといいう超ゴージャスなもてなしをうけた。
二年目は、またくの雨で槍の気配すらなし。
天気はもちろんのこと、タイミングが悪いと”槍渋滞”、体調も万全でないといかんし、ひとつひとつクリアにしてやっとたどり着けるその勇士は、もうあっけにとられるばかり。

071
もったいないから、誰しも下山を渋るかんじ。

そうは言ってもここで泊まるワケにいかんので下山。ただし、登りより慎重。
往復1時間の天国ツアーが終わると

安堵やら感動やら達成感やらもうわけがわからず、ただただボ~っとなる。

てなだらしないおっちゃんの横を
077


079
来るわ来るわ、若い女の子や男の子の群れがわんさか3000メートルまで登ってくる。
自転車では見たこともない数の女子の数に圧倒された。衣装はかわいいのに、ここまで自分の意志と足で登ってくるその姿の崇高なこと、、、。


無事に家に帰れたら、あれもこれも日記に書いておきたいと思ったけれど、そんなもんでは到底追いつかんぐらい”ありえへん”景色を見てしまった。
104

自然はとてつもなくすごいが、人間もすごいなと思った。
こんなすごい遊びを見過ごさずにいられるのは、ほんま幸せやなと。

今日はここまで。

| | コメント (16)

標高3180m

「よく来た」
037
そんなアホなと思うだろうが確かに山が喋った

「よく来た、槍ヶ岳へ」。

普段行ってる立ち飲み屋を100とすると、酸素濃度は68%、水の沸点は92度。小屋で手首をそっと握って心拍数をはかると、就寝中だというのに120拍から下がらんという場所。地面に落としたお菓子の袋を拾おうとしてしゃがむ、そして立ち上がると、ラクショーで立ちくらみできるという場所。

~登っているときは不安との戦い~

この山目指してもう丸三年になるか。自転車ばっかり乗っててそれ以外にはなんの興味もないし価値観も見出せんような毎日。それはそれで十分楽しかった。しかし人間、どこに落とし穴があるかわからん。本当に、本当に。

贅沢な話やけれど、上高地へ行くのものかれこれ二桁回数になると、途中途中の風景を写真に撮らなくなる。感動せんワケではないが、目指す山があるとそっちに心が傾くので
007
初めて導入するレトルト牛丼の写真でも。AEONで見つけたこれがまぁすこぶるうまい。98円という納得の値段。

で、この日は散歩程度の(高低差が50mそこそこなので)”槍沢山荘”着。一泊二食で9,000円という「納得の価格」。
012
初めて行ったときは面食らった「三畳のベッドに大人6人」も、もう慣れた。これが定員で、悪天候の飛び込みを受け入れるときなど横になることもできずに倍の人間が押し込まれる。

018
食事もなかなかどーして侮れんが、あとがつかえているのでダラダラ食べるわけにいかず。
山の楽しみの一つは、この席で隣り合った見知らぬ人との軽い交流。女子高生もおればびっくりするような高齢の大先輩も。登山歴のみならず、この場所、この山へ至るまでの人生の山とか谷まではたして自分には乗り越えられるのか?と思わずにはいられん話を笑顔で語ってくれて、深い感銘を覚える。

食べ終わってもまだ”午後7時”。
あとは寝るだけ。しかし一筋縄ではいかんのが山小屋の夜。自分の横にはタンクトップいっちょの巨漢おやじ。数センチ先からも体温の高さが伝わる。どんだけのサウンドに耐えねばならんのだという心配も杞憂に終わるほど地味なイビキで拍子抜け。

そのかわり他のおとなしそうなおやじが逆にたちの悪さを露呈し、夜中にはいびきの万国博覧会開催。
ま、ひとのことは言えんが、まんじりともせず、、、

~誰にも平等に朝が来る~

寝たような寝てないような。時計を見ると午前三時半。しかし五割の人間がすでに戦闘態勢なので自分らもおきる。ここは珍しい小屋で、沢から引いた水で風呂がある。しかし源泉かけ流しとは程遠く、入浴の先陣争いに負けると濃厚なトンコツ風呂が待っている。ここでひるんでいてはローラー興業社のながすたるのでトンコツスープにどっぷりつかるだけでなく顔も洗うし頭も洗う。

スープの具になったつもりで大変満足だ。

そんなスープの具も一晩熟成させた夜明けのさわやかなことこのうえなし。

ネチョネチョするシャツを再び着用して
022
夜明け前の雪渓をフラフラ歩くのだ。歩くしかないのだ。この時午前五時前。

小屋の朝飯食ってたら行動に間に合わんので
026
弁当にしてもらったら、これが大当たり。おかずを混ぜ込んだ「ハイブリッドちらし寿司」。
適度に酢が効いていてなんぼでも入る入る。

~普段の行いと山の天気はカンケーない!~

気がつくと標高2,500m前後の森林限界を超える
031
一応それなりのポーズをとるものの、平地で暮らすわれわれには少々酸素の薄さを実感するあたり。

そしてそれは忽然と姿を見せた
035
左側にキラリと光るのは山頂の小屋。
三年越しに槍の本体を肉眼に収めるとさすがに感極まるかとおもいきや、ただただ口をだらしなく半開きにして上を向くしか出来なかった。絶景とか荘厳とか画数の多い漢字が全部陳腐に思える。コンビニもない、舗装された道路ももちろんない、永久に続くかと思われるつづらおれと”はい松”の緑色が無限に続く。もうこの二本の足を前に出す以外にやるべきことがない。

呼吸は荒い。乾燥した空気がのどを焼く。頭がぼんやりしてくる。見上げる槍はますます遠ざかるような気がする。けれど、足がなぜか自分の意思で止まらん。

前へ。

| | コメント (2)

2012/08/18

上高地なう

3日ぶりに入った風呂は、この世のものとはおもえん快楽。

1日目:4時間歩く
2日目:8時間登る
3日目:8時間下る

そして肝心の登頂は、、、、

つづく!

| | コメント (8)

2012/08/15

三度目の

正直になるのかどうか???

002
水を除いて7キロ強ってとこ。

つづく


| | コメント (2)

2012/08/14

おこめお

逆から読みたいところグッと我慢する。そんな今日このごろ。
しかし今朝の雨はなんじゃらほい。空が割れて宇宙の水がぜんぶ大阪に降り注いだのかとおもったホド。

おこめお買いました。
001
アルファ米というもの。つたない経験の中、山であれこれ料理を試行錯誤してみたが、米だけはアルファ米に頼らざるを得んという持論。
味うんぬんよりも、生米をかつぐ重量とかそれを炊く燃料の節約とか。米に突っ込むリソース(時間、燃料)でおかずを豪華にできるとより一層、山の旅が味わい深い物になるという寸法。

しかし震災用の備蓄特需というのか、春先に見かけて以来大阪市内の登山用品店から一時は絶滅したかに見えたこれらの品々が、昨日奇跡的に発見されたのでおもわず買ってしまった。

ま、腐るものではないのでええかと。

運動:自転車通勤往復+座り飲み+家事ちょっと
飲酒:生中×2、ウーロン茶×1

やはりまだ痛風発作のココロの爪痕は深く、飲み屋でウーロン茶をオーダーするなど自身・前人未到の行為に出てしまって我ながら情けない。せっかく自転車・大阪短距離界の大センパイとの楽しい時間だったのに、エロトークにもいまいち乗り遅れてしまい激しい後悔が残った。
来月早々に健康診断があるので、その結果次第で以前のように肝臓の臨界点まで、、、という予定。

明日もう一日がんばったら夏休みとやら。むふふ。

| | コメント (3)

2012/08/13

まさよが笑ってくれました

日曜日は小池さんのほうのお墓へ。
今まで考えもせず漠然と墓の前で手をあわせてきたが、所帯を持った相手の墓に入っているヒトを一人も見たことがない。なのでなにか唱えるかわりにいつも「こんにちは。暑いですね。」と簡単な挨拶にとどまるが、それでも御霊には通じていればいいなと。

名神高速のアゲそうなほどの渋滞に巻き込まれてすっかりあたりは暗くなり、挙動不審な行動はつつしむべきだと思いながらも
007
まさよさんちと小池さんの実家との間をへだてるベルリンの壁を登らずにはいられない。

そのベルリンの壁のむこうにうごめくものが
005

写真をレタッチする。
犬には笑う顔の筋肉が無いと言う学者がいるが、断じてそんなことは無い。
001
この笑顔。

高齢でおりしもこの暑さ。かなり弱ってると聞いていたので心配したぜ。さすがに去年までの勢いはないけど、人間のまさよさんに聞こえないようにまさよ!まさよ!と小さな声で呼ぶと、ニコニコしながら歩みよってくれた。
買ってきた”シニア用のおやつ”を直接手渡しできないのがつらいが、上からポトリと落とすと鼻で地面をぐりんぐりんしながら美味しそうに食べてくれた。

あるじのいない犬小屋がぽつんとある光景は想像したくないが、来年のお盆にはもう会えないかもしれない。
けれど無くならない命だったら地球が犬であふれてしまうからそれはだめだ。

狭い裏庭から見える小さな空をながめて、寝たり起きたりあくびしたりしているまさよに、

まだまだ会いたい。


| | コメント (2)

2012/08/12

Go To 墓

日本人にとって外せないイベント->盆

観光客が多すぎてあわや圧死という四条河原町の事態をさけつつ
005
大谷祖廟着。

子供のときのお参りといえば、頭がよくなりますようにとか逆上がりがせいこうしますようにとか、受験に合格しますようにとか内容に変貌をとげつつも基本「自分中心」。
それがいまや、家族の健康や日々の暮らしや挙句には消費税導入についてまで先祖にぶちまける行事になってしまった。せっかく盆であの世からこっちがわに帰ってきたら子孫にさんざん文句言われて割にあわんなと思ってる先祖達よ、

すまん。

006
先祖に手をあわして帰る頃にはなぜか気持ちがスッとするのは不思議なもんです。
このまままっすぐ帰るかそれとも”立ち飲み”を荒らすか迷う。純粋に道がわからなければ道行く美人に尋ねるもよし交番へ行くもよし。しかし唐突に知らんヒトから立ち飲み屋を聞かれるとさすがにアレやなと思ってiPadを担いでいった。スタバの電波が漏れてる場所でいろいろ昼のみのできる場所を検索してたら

| | コメント (2)

2012/08/10

槍に注意

運動:自転車通勤往復+立ち飲みちょっとだけ+家事いろいろ
飲酒:飲んだうちに入らんぐらいの微量な飲酒にとどまる

ダイジェストでオリンピックを楽しんでいる薄情なおっちゃんですこんにちは。
女子レスリングやら女子サッカーやらの活躍にはさすがのおっちゃんも目から水がじゃーじゃー噴き出た。

反対に、陸上競技は一滴も無くことなく。
しかし投てき競技のあの道具、どこで手に入れるのかそればかりが気になる。奇しくも職場の後輩にその筋の人間がいたことを思い出して質問したら、次のようなメールがきたので添削せずに掲載。

・・・・・・・・
●●です。

ハンマーは学生時代、「オリンピアサンワーズ」という陸上競技専門店で
購入していたという記憶があります。
槍、砲丸、円盤なんかもおいていたはず。
大阪の玉造にあったような・・・
棒高跳びのポールはわかりません。

今なら、ミズノ本店(淀屋橋)で全て購入できるはずです。
(スポーツ用品全てあります)

槍、砲丸、円盤、ハンマーは電車で運んでましたが、棒高跳びのポールは
高校生でも4mはあったはずなので、
車で顧問の先生に運んでもらってましたね。

2本の槍を網棚に載せていて、
電車が揺れたときにまず1本が落下。
座っていた人が親切に拾ってくれようとして、屈んだ後頭部にもう1本が落下し直撃。
えらい怒られたことがありました。

・・・・・・・・

まさか網棚から槍が落ちてこようとは思わんかったやろうに->その親切なひと。

| | コメント (2)

2012/08/09

トレッキングポールを詳しく

全容がこれ
001
うたい文句どおり「Z型」に分割できるシステム。考えたヤツ、えらい!

山道具事情にまったく白紙だったころに買ったポールを並べると
88
収納時のサイズが一目瞭然。メカタを図ってないけど、体感「1/2」。
重いほうが当然部材の肉厚もあり剛性やら耐久性能に不安を感じないが、家財道具一式を背負って歩くとなると軽さは譲れんとな。
欠点としては、雪山で使うようなスノーバスケットがつかないこと。シーンを限定するなど、なかなか辛口な道具。


回転伸縮式に決別したのがココ
8
自分自身のメンテナンスの甘さもあるが、回転部分が固着してしまってニッチもサッチも。思い余って今度は自転車用のチタン含有潤滑剤を塗布すれば、必要以上になめらかに滑ってしまって今度は固定できないとう弊害発生。

つまりこのあたりが今回の道具の優位な「構造はシンプルに、稼働部分は極力少な目」を選択させた理由と。
大げさでなく、山の道具選びは一歩間違えると「死ぬかもしれん・帰れなくなるかもしれん」というリスクをはらんでいるので慎重にいかねばと改めてわかった。

誤解されぬように(自転車を今でも愛しておりますという面で)書いてみるけど、自転車のパーツとはこの辺のコンセプトが根本的に違うなと感じる。”あったらあったで、けどなくてもそれなりに”が自転車パーツ。
”なかったらタダではすまんかも”が山道具。このへんの潔さというか男前なとこも山道具にひかれるポイント。

おまけ:

003
たまにはこんな晩飯もあるぜ。


| | コメント (5)

ブラックダイヤモンド・ディスタンスFL

買いました。

写真はあとで。

次々に起こる不具合に嫌気がさして、回転伸縮式のトレッキングポールは金輪際使わんと決めたので、何かええのはあらへんかなと思って探していたら、自分のとっての決定打のような製品を発見。

最少の部品構成と(ここ重要)シンプルな構造。ややこしいギミックは山では命とりになる。故障してもホームセンター・コーナンやら近所に無いしで自分が思い描いていた理想をホボ具現化してあってビックリした。

軽く浮かれつつレジに並んでたら、自分の前の外人がここにはモンベル製品置いてないのか?と店員に聞いていた。この近所にモンベルの専門店があるのを知っている店員は必死になって教えようとしているのだが、見ていて気の毒なほど”しどろもどろ”。
月に何度か電話会議でインド人のしゃべる悪意を含んだ発音の英語に翻弄されて辛酸なめてる自分の姿を重ねつつ・助け舟を出そうかと思ったが、、、結局やめた。

以前そのモンベルで見た光景は、店員が流暢に(ネイテブまでは行かないものの)外人客にザックの解説をしているのを見たことがある。登山用品店でインテリジェンスを全面に押し出す必要もないかと思うが、
いろいろなメーカーの製品を扱う小売店と専門店の違いだろうか。自分とこで作ってる製品を愛している・だからぜひとも使ってほしいという熱意がそうさせるのか。

自分も印度人に負けないようにがんばろう。
ちなみに自分の中で一番有名な印度人はタイガー・ジェットシンだ。
カンケー無いけど唯一知ってるテキサス人はスタン・ハンセン。

つづく

| | コメント (7)

2012/08/08

週末から週明け

日曜は献立の材料を買いに出た以外は、終日家の中で宿題したりなんやかんや。
間接的に関わっている仕事が大炎上中。他人事とはいえ、どんだけの違約金が支払われるのかどんだけの人間が懲罰をくらうのか気になる。努力は認められず金メダルだけが評価されるのがサラリーメンなので仕方ない。

今週頭に、オフィスが移動した。いままでは(人数比で言うところの)広大な空きフロアにメンバー8人がポツリと所在なさげに座ってノンビリやっていたのが、大部屋に収監されたもんでやっぱりストレスもそれなり。

”長期療養休暇中のヒトの職場復帰支援”が去年ぐらいから自分の担務のひとつに加えられた。これがまぁコンピュータプログラムのバグをとるように筋書き通り(?)にはいかず、解決の糸口が見つからずにちょっと困っているところ。当人も早く復帰したくて焦っているのが手に取るように判るが、”お試し期間”を過ぎるとまた暗い穴の中に引きこんでしまうという具合。

そんなわけで、月曜・火曜ともまっすぐ帰って宿題したり時々ダイジェストでオリンピックに触れてみたりと地味に過ごしてます。

時期同じくして小池さんの母上が入院と手術。単身赴任先から戻ると着陸する間もなく”タッチ&ゴー”で病院へ泊まり込みで出かけていった。

つづく

| | コメント (0)

2012/08/05

黒部の太陽

021

ノーカット版を一挙放映ときき、こらぁ一発いっとかなアカンやろと思って。
朝のトレランからまだ体が回復せぬまま、汗だらだらで現場へいけば、シニアの熱気で会場はあふれんばかり。主催者発表では900席がほぼ満席とか。
衣装から、山登り目線での来場者やなと目視できるヒトも相当数いたが、さすがにダム目線のヒトは判別がつかず、、、。

で、内容。
さすがに映画専門の会場ではないので、音響的にはまぁどーやろなーってとこ、あとスクリーンの大きさもシネマ専用と比べると見劣りするのは仕方ないとしても、

映像から醸し出される圧倒的な臨場感はさすが石原プロ+三船プロの連合艦隊というべきものが。今では差別用語として忌み嫌われるようなけれどそれなくしては成り立たんという迫真のセリフもばっさばっさ出てきて、さらに迫力が増す。

偶然、この映画・黒四ダムのプロローグともいうべき黒三ダム建設にまつわる小説「高熱隧道」を読んでいたので、より深く映画にのめりこむことができた。高熱隧道のモチーフが映画の中に山積されてたのでぜひ読んでから映画に行くことをおすすめ。

黒部の山奥で繰り広げられた人間の邪悪なぶぶんをドロドロあぶりだした感動のドラマは偽りなし。今年行くつもりにしている「水平歩道」の様子もなんとなくわかったのは小さな収穫。

ダム:
放映時間の1%ほどしかダムにまつわる映像ないので、ダムに陶酔しているひとには物足りんかもと。

| | コメント (4)

山経由でパンを買いに

わすれないように土曜日の行動など。

ベランダに突き刺さるような日差しではあるが、修繕した玄関網戸が絶好調すぎて、アパートの室内は朝から豪快な西風が吹きぬける。寝るか、起きるか、寝るか、起きるか、

さんざん迷った挙句に
005
いつもの場所に立つ。

先々月(?)の大山、そして先週の焼岳とも、あまりの不調ブリが情けなかったので、この日はトレランギミに登ってみた。楽しみつつ体を動かす、汗を流す、自由にススム、思いつくままにノボル。

宇宙の色はどこまでも碧い。
012

駅から一時間で登り、30分で下山。
トモダチもさすがに暑さにへきへきしているのか

017
017_2

ダレダレ

反対側のヒトも
018
018_2

さらにダレダレ

019
凍らせてもってきた水も、リミットギリギリな様子。下山があと15分遅れたらちょっと厳しかったな。


そしてパン屋で朝ごはんを買って電車に乗る。今すぐ食べたい気持ちを抑えておとなしく座っている。汗と苦痛がにじみ出る時間。
玄関抜けたら、部屋のドア開けっ放しのローラー女子大生がえげつない恰好してすーすー寝てた。
平和な土曜の始まり。

| | コメント (0)

2012/08/03

夏場に刺身は危ないのか?

”そんな疑問を抱きつつ、やっぱりちょっと怖いなと臆病風に吹かれるおっさんの弁当”1022発目
004
マグロの焦がし丼弁当。

”焦がす”というからには中心部はあくまで刺身のテイストを残しながら表面は軽くあぶる程度のシロモノ。
汗をかく季節なので酢飯はちょっとキツ目。ゴマと焼海苔と大葉の風味がなんともかんとも。

できるものなら「はやべん」したいわー。

運動:全速力の自転車通勤往復+腹筋1億回+家事いろいろ
飲酒:芋水割り×てきとーに

夕飯が最近低調。久しぶりに外食するかと思いつつもイヤそれでは自分に負けると思ってロコモコを作る段取りでスーパー行ったらハンバーグ用のひき肉、間違えてしまった。やはり家事も心技体バラバラではアカンと=>男子柔道まったくふがいない、がんばれ。

週末の予定など:
先週焼岳に登ったのがもう遥か昔のように感じる。痛風もおさまり、ようやく筋肉痛も癒えた。小池さんは出張中、ローラー女子大生は自由気ままにフラフラ。なのでこちらも単独行動あるのみ。体調を気にしつつ季節に逆らわずにいろいろやろうかと,,,

思った矢先に、日曜AMはアパートの理事会なんだぜ。泣くしかあるまい。

| | コメント (3)

2012/08/02

はなび

運動:自転車通勤往復+腰痛体操+家事いろいろ
飲酒:芋水割り×すくなめ

舞洲へ自転車をぶっ飛ばしにいこうとしたら突然の雨。
今はもう自転車が生活の中心でなくなったので特段落ち込む必要もなくなったので、ムキにならずにそのまま晩飯へスライド。

009
気が付くと、スバラシイ月夜であーる。

正反対に酷い晩飯になった。
冷やしトマト、もずく酢、焼いた鰆、レタスの丸かじり。どれもこれも素材のまんまで一切のひねり無しというのが情けない。これらを盆の上に乗せてベランダで

017
一人花火鑑賞。遠く離れた富田林・PL教団の催しも、大阪市内からだとこの規模に。
小4~中3まで自転車でおなじみの”葡萄坂”のふもとに住んでいたころは、近所の河原に立つだけで、ソラから覆いかぶさるようなこの花火を毎年楽しみに見ていたが。あのころの感動やら興奮やらは歳とともに薄れゆくのが悲しい。

”横着を反省して昼飯で挽回するおっさんの弁当”119発目
018
ちらし寿司弁当。横にある陰気くさい黒い物体は手羽のから揚げ。
インスタントの寿司ネタは酢がきつくて咳き込むので、面倒でも米酢で飯を切るがよい。人参やらタケノコも包丁で切ったら辛気臭いので荒目のおろし金でばりんばりんやるがよい。

で、驚くべきは人工的につくられた”錦糸卵”を見つけたこと。こらぁ便利。朝からこれを焼くとなると30分よけいに早く起きねばならんので助かる。ローラー女子大生の弁当も同じ内容にしたらけっこう喜んでいただけた。弁当に愛情をそそぐと少なからずしっぺ返しを食うので、「悪意を少な目に」をモットーにする程度がちょうどよいと最近分かったぜ。

山道具:
002
”週末”に特化した財布を買ってみた。最低限のカード類とちゃら銭を入れる。いままでジップロックに入れて人前でごそごそと粗末な動きをしていたが、これからはどーどーとマジックテープをバリバリやれる。

マジックテープの財布といば、ライトニングボルトの財布を思い出す。


| | コメント (3)

2012/08/01

金髪女

いきなりダイナマイツな表題の日記を書かざるをえん状況。

運動:通勤往復+立ち飲み+家事いろいろ
飲酒:立ち飲みで淡麗350ml×2相当

久しぶりすぎてなにをどう飲んでよいのやわからん立ち飲みになってしまった。痛風に怯えながらの立ち飲みはまだまだ続きそうだが油断は禁物。

早めに切り上げて家で宿題してたら玄関のチャイム鳴る。だれじゃいこんな夜更けにと思って先日渾身のDIYをぶちかました玄関網戸の前に人影が。なんだ、ローラー女子大生か。と思って開けたらびっくりこいた。

~金髪の女現る~

お前いったいぜんたい何をどうやったらそこまで金髪になるねんちゅ~ぐらいの染め具合。
今でも相当にチャラい女がそのチャラさに凄みを五割増し、、、。そんなことする銭あるねやったらケータイ代やら光熱費やらをもうちょっとどーにかせーやと言うことばをグッと呑み込んで夜はふけてゆく。

まあ気持ちわからんでもない:
自分も二十歳ぐらいのときは下宿のあった田舎の町の”パーマ屋”にギター雑誌を持ち込んで「これにしてくれ」とニール・ショーンの写真見せたことがある。パーマ屋のおばはん、写真見るなりあんた正気か?ホンマにええんか?と妙なことを聞く。
生まれて初めてかぶるパーマネント液が頭皮にしみる激痛と悪臭に耐えて耐えて出来上がりが笑福亭鶴瓶て、このときようやくおばはんの”あんた正気か?”の意味をシル。

パーマ屋のおばはん、はりきってボリューム出しすぎたもよう。

”そんな苦い思い出のあるおっさんの弁当”81発目
003
肉じゃがDX(デラックス)弁当

※DXの冠を付けてええのは伏見と花園だけだが、まぁよかろう。(イミはおっさんしか解らんであろうが)

ここでも黄レンジャーとしての生き方をつらぬく
004
こいつをエンビフライに塗るとさらにデラックス

つづく


| | コメント (8)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »