« 舞洲のトマト煮込み | トップページ | ユートピアでもがきくるしむ »

2012/06/09

聖地めぐり

ようやくiPadのなんたるかが判りだした。たしかにこらぁ時間泥棒とう名にふさわしい道具やなと。
そんなこんなで昼過ぎまでiPadから離れられずうだうだしてたらさすがにこのまま貴重な土曜を棒にふるわけにいかんわいと

自転車にのって舞洲へいくと
Dsc07162
イタリア製の”ごっつい高い車”のイベントが。おびただしい数の”ごっつい高い車”の群れに圧倒されつつかたずをのんで見守っていたが、いつまでたっても大会始まらん。
仕方が無いから今の自分にとっては「山」同然のきつさである舞洲大橋を渡り、

Dsc07164
ポンポン船で天保山へ。”ごっつい高い車”よりなんやしらんが落ち着くポンポン船。

ここまで来たら行かずにはおれん
Dsc07165
そびえる、聖地「なみはや大橋」。いきなり止まりそうになりつつ、前はここを炎天下であろうが吹雪であろうが4回も5回も往復して喉の奥に血の味を感じたもんやが、
あのころの勢いまったくなし。
ヘロヘロと蛇行を交えるもどかしさ。

Dsc07166
以前とかわらぬ上空からの景色にいやされるなど。

Dsc07171
山へ登りにいくと景色がよいので楽しめる要素が大きいが、オールアウトになってしまうと練習という点ではそこで終わってしまうので、効果をもとめると5,6分でもがききれる長さの坂道を全力でいって反復というのが一番効果があったようにおもう。

その点ではなみはや大橋はベストに近い環境だったのか。

Dsc07172
次のポンポン船からあらためて眺めると、やはりええ橋やなとつくづく。

こっから若者の巣窟「堀江」->「アメリカ村」->登山用品でおなじみの「ミレー」やらを舐めまわして帰宅。
都合3時間ほどのサイクリング。こんな長時間(?)サドルの上で暮らしたのはいつぶりか?
ところどころでギアをかけてもがいたが、笑けるぐらいスピードが乗らんかったが、それでも走ってる実感はかすかながらによみがえるものがあって、

自転車バカ生活、ちょっと復活の兆し。

|

« 舞洲のトマト煮込み | トップページ | ユートピアでもがきくるしむ »

コメント

ええ感じ、やん、ですね、アニキ!!

投稿: クルちゃん | 2012/06/09 21:16

アニキはやっぱり、自転車アニキですよ。
いつまでも、、、。

投稿: uechicchi | 2012/06/09 21:40

アニキ、iPadもいいけど、こっちがなんか、いい感じっすね。

投稿: KAZZ | 2012/06/09 22:15

3時間も跨いでたんすか!!!!尊敬しますデス
今の僕では前立腺がもつかど~か?????腰も(笑)

投稿: Kしゃん | 2012/06/10 22:08

●クルにーさん、レーパンちゃうからおしり痛い!痛い!
●ブラザーuechicchi !山には山の、自転車には自転車の、楽しみ方があるなと再発見しました。お互いもちつもたれつw
●KAZZあにき、梅雨前のいい季節、外で遊びたいですよね。
●Kしゃん、ギリギリセーフのおしりでした。パンツむれむれ、ムッシュむらむら、、、。

投稿: ロラおとこ | 2012/06/11 08:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 舞洲のトマト煮込み | トップページ | ユートピアでもがきくるしむ »