« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012/06/29

石野真子

運動:通勤往復+立ち飲み+家事ちょっと
飲酒:あんまり覚えてない

悩殺シクロクロス集団「チーム泥んこプロレス」の創始者が大阪に仕事でこられていたので立ち飲む。
Dsc07335
彼とはパソコン通信時代に2400bpsの速度で知り合った仲。
お互い長いですなと自転車の話もそこそこに話題はもっぱら80年代90年代アイドルについて深掘り。ま~しかし、あいかわらずこの線の話にくわしいくわしい。スタ誕の関係者かとおもうほど詳しい。
明星や平凡だけにとどまらず、つぎは映画の友やらGOROについてビイルが沸騰する!ちゅうぐらい熱く語りたいわい。

ええ気分で家にたどりついてさっそく忘れんうちに石野真子を復習しようとパソコンで検索したら愛する石野真子は51歳だと知って台所の床に崩れ落ちた。あなたもオオカミに変わりますか?と八重歯とたれ目で歌っていたあの石野真子が51歳。信じたくはないが51歳。最初のオオカミは恐らく長渕剛。そのあと何匹オオカミに食われたやら、、、。

そんなどーでもえー話よりも
Hot
今日の弁当はホットサンドにした。
米びつに米が無いときの緊急避難措置といえばやはりパン。麺類はせんじつ大きく”暴投”してしまったので同じテツは踏まんということで。

しかも、以前野菜サンドつくったときは野菜の水分を一滴残らずパンが吸ってしまい、「土砂降りのベランダに干した布団のよう」になってしまったので
今回は具とパンを隔離。食べるときに組み立てる楽しみもあるっちゅーことで。


| | コメント (8)

2012/06/28

平日の暮らし・だれだれ編

軽く残業してオフィスを出る。
立ち飲み屋を覗くが、カウンターが超満員。あの混沌の中に体をねじ込む気力がわかずにそのまま帰宅。

手を洗う。うがいする。衣装着替える。

金庫から淡麗350mlを出して軽くしばきながら、ちくわを一本いっとく。ちくわで淡麗を吸ってみよかと思ったが、アホ臭いのでやめた。
ちくわを縦笛のように鳴らすおっさんを思い出してちょっとやってみたけどサッパリ音が鳴らんの。
アホ臭いのでやめた。

金庫から2本目の淡麗350ml出してしばきつつ、納豆をあてにする。からしとネギを入れ忘れたことを途中で思い出したが、めんどうくさいののでそのまま続行。
からしとネギがめんどうくさいと言いながら、戸棚からウニあられを出してくるあたり、自分の矛盾さにほれぼれ。

だんだん腹が減ってきたので白菜の水炊きを作ってポン酢でいただく。葉っぱの部分が妙にへろへろやなーと見てたら、中学の数学のせんせが首から上はくさいそっくりやったことを思い出した。なのにあだ名が「ビーム」。

どこがどう「ビーム」なのか思い出せん。

あとは風呂に入って、屁はこかずに、阪神タイガースのぼろ負けを確認して

寝た。

運動:自転車通勤だれだれで往復+腹筋×4回+家事ちょっと
飲酒:書いたとおり

| | コメント (4)

2012/06/27

タイヤシーラント

新品のタイヤを付けて100キロも走らんうちに異物を踏んで穴が開いた。ついてない。
チューブラータイヤなんで、糸をほどいて”開腹手術”をすればええ話やが、もうその手の情熱は無いので。人間こーして横着街道まっしぐらになっていくのか。

で、声がやたらでかくて走りの速い自転車の後輩にタイヤシーラントなるものを教えてもらったので

いっぽん380まん円。
Dsc07331
ラヴ注入。

シャバシャバのかす汁のような液体なのであまり苦労せず。画鋲ほどの穴だったので簡単にふさがった雰囲気。
そのまま舞洲へ走りにいったけど、たかだか数グラムの汁が入ったぐらいなんで、重さのハンデは無いに等しい。
それよりも、”エンヂン”の錆の方がいかんともしがたい。アホほど乗ってたときのやっと1/10ぐらいの戻り具合かそれ以下。「続けてやらんとぜんぜんアカンようになる」のはどんなスポーツ・習い事も同じやろかね。

Dsc07334
「カーボンの自転車ぜんぜん出番ないですやん?」と言われたが、今のエンヂンでは何に乗っても大差ないので当面このままのんびりいくかな。

運動:自転車通勤往復+舞洲でもがく(真似事程度に)+家事いろいろ+腰痛体操
飲酒:淡麗350ml×3

シーラントのボトルに貼ってあったステッカーを何気なく剥がしてみたら
Dsc07328
”客を見たらドロボーと思え”的な万引き防止用の無線タグだろうか?

だとしたら、世知辛い世の中だ。


| | コメント (2)

2012/06/26

高熱隧道

読んでみた。
Dsc07326
黒四ダム建設周辺に付随した施設をつくった壮絶極まる話(ほとんど実話)。”下の廊下・水平歩道”というコースをハイキングしてみたいが、かなり恐ろしいらしい。それを疑似体験するにはもってこいの内容。

高温の地熱で掘削用のダイナマイトが自然発火してどっかんどっかん人間がふっとぶシーンとか何べんも読み返すくせに、それ以外のとりとめのない日常を描いた部分は斜め読みするという「ええかげんな読書」はヒトとしてどやねん?と。
空想だけで飽き足らず

Dsc07327
オススメされるままにカタログ雑誌てきな本も買ってしまった。アマゾンの思うつぼ。
しかしまぁ、どこまでも青く澄んだソラのしたを延々続く美しい山々の稜線をめぐって山小屋の飯に舌鼓をうつモデルの写真は、読者をぐいぐい引き込む。眺めてるだけで、ほらぁ~も~たまらん行きたくなるっちゅうもんで。
しかし現実は違う。予期せぬ雨やら風やらやたら暑いやら寒いやらトイレ臭いやら虫うっとおしいやら。

そういう困難専門の山岳月刊誌は無いのか?
「くっさいトイレの山小屋ベスト10」とか「この夏、ぜったい行きたない!絶望のなんちゃらアルプス特集」とか、
ふろくに三途の川のガイドブックやら。
自分のように山を甘くみている人間をびびらすような内容。
あきませんか?

涼しい弁当:
あつくるしい本を読んだので弁当ぐらいは涼をもとめてみるかと、布団に入る前によからぬことを思いつく。

夜明けから麺を茹でてみる
Dsc07322
若干固めに。水を切ってサラダ油をちょっとだけ染み込ませておく。麺どうしが癒着せぬように。

”おっさん朝っぱらから何をややこしいことするねん”と自問自答するおっさんの弁当”12発目
Dsc07324
「冷やし中華弁当」だよん。

麺を茹でることばかりえがいていたが、現実は、脇役であるはずの金糸(?)玉子や細切りのきゅうりやらを用意するのにてんてこ舞いするハメになってしまった。朝の一番忙しいトキにこの作業はつらいつらい。
その余波が、見事なまでにデコレイションのぞんざいさに表れておる。

昼飯にふたをあけてゼツボーするのが楽しみだ。

運動:自転車通勤往復+寝転んで読書したから背筋痛い+家事いろいろ
飲酒:淡麗350ml×2、芋水割り×ちょっと

次は「流しそうめん弁当」やな。

| | コメント (9)

2012/06/24

これぞ「玉砕」

クライミング版もーれつしごき教室

一発目は荒地山中腹にある”ブラックフェース”を軽くしばく
Dsc02391
六甲・荒地山を登るのもだいぶ慣れた。若干の怖さはあるものの、爽快感と脚元のすーすー感・空中にぶら下がって見下ろす神戸の海はいつも最高。

もより駅からのアプローチがもう少し近ければ、いいゲレンデなのに。
”近ければ”というのは面倒くさいという意味ではない。そこまでがけっこうなハイキングになるので体力を使い果たしてしまわないか心配だなということ。
それにしても4,5年六甲に通っているけど、駅から続くハイキング道は前代未聞の人出。初詣か!?いうぐらいでびっくりした。

今日の課題は”チムニー”というその名前どおり岩が大きく割れて煙突形状になってるとこに体をずっぽり縦に入れて這い上がっていくやつ。両腕両足背中やら尻やら腹やらときには頭の摩擦を駆使。あまりに苦しいので途中で変な声でそうになった。
岩の細い割れ目(クラック)には肘から先を突っ込んでその中で「ぐー」を作るとガッチリロックかかって安定するのだが、これがま~痛い!痛い!肘も膝もこぶしもともかく骨が突き出てる部分はもれなく血だらけ。

クライミングシューズを新調した店でステキな衣装もたくさんつるしてあったのでよっぽど買おうか買うまいか悩んだが、結果的に「買わんで正解」。容赦のない岩肌の摩擦係数の高さに安もんのTシャツはぼろぼろ。シューズも消しゴムのようにぼろぼろ。皮膚もぼろぼろ、、、。
一通りチムニーがおわると次は”ビッグボルダー”という岩へ。

ここらへんはもっとも苦手な”スラブ(ホールドがまったくなく、ざらざらの岩の摩擦だけでのぼるやつ)”地獄。
斜度は70から80度ぐらい。
Dsc02396
これ、岩をさわって喜んでる写真ではなく、なんべんやっても1メートルたりとも登れず途方に暮れているとこ。

Dsc02400
これも同じく。
つま先に全身全霊を傾けて摩擦を生み出すはずが、、、1ミリも次にすすめない決定的シーン。

クライミングマイスターがあまりに不憫に思ったのか、つぎは”サンデーモーニングスラブ”という岩の
Dsc02407
一番易しいとこをなんとかかんとか。
ハイカーのギャラリーも増えてきて、なんか一発ええとこ見せなあかんとおもいつつも、今の自分にはこのあたりがいっぱいいっぱい。

最後のメニューは荒地山ハイキングコースの核心部でもある「七衛門ぐら(穴の中くぐるやつ)」の真横にある岩屋根という課題。腕も足も腹筋も背筋もそしてとーぜん脳みそもたまりにたまった乳酸でつかいもんにならん状態なのに最後の一滴をふりしぼるようにアタックしたが。。。。(てんてんてん)。

この日の収穫は、アルパイン的にのぼるようなルートは怖さはあるけど手も足も出んというのは少なく、今日みたいな登攀グレードのつくような(ちなみに5.8とか5.9はムリです)ボルダリングは呼吸や集中力やバランスどれひとつかけてもアカンなと。

今朝おきたら、足の小指の爪がポロリ。体のそこかしこをすりむいているので、シーツにも血痕がチラホラと。
腕や足は言うにおよばず、心拍数も高いまま(岩場で次の一手を模索するときは全身の筋肉をフル稼働せねば静止できんので)だったようで体が熱っぽい。
すべての力を使い果たして地球と遊んだ証しだろう、幸せなこっちゃと。

激しい痛みと充実感。

| | コメント (4)

2012/06/23

ポイズンリムーバー

転ばぬ先の杖をついて歩いて、それで転んだときのお助けメカ導入。

Dsc07273
全容がこれ。毒虫に刺された場所にあわせて吸い口を選ぶらしい。さっそくいっぱついってみると

Dsc07274
一瞬にして腕に乳首ができてしまうほどの吸引力、、、。

しかし、片手で操作できるのでありがたい。口コミによると、ブヨとか山ヒルにくわれても、そこを吸い出すとあとあと腫れが激減するとか。こらぁ、実家にも一本常設してスズメ蜂に備えてもええかなと。
スズメ蜂といえば、金曜日にちょっと用があって出向いたアレルギーに詳しい耳鼻咽喉科でアナフィキラシー用の自己注射(エピペン)を処方してもらおうとしたら、さすが大阪市内「ニーズが無いのでおいてない」と。

残念だ。

ま、当面こいつで対応していこう。

Dsc07275
サソリにやられたら1分~2分吸えばええらしい。日本国内に住むものとして、ここはかなり重要情報。

運動:サイクリング2時間ほど
飲酒:淡麗350ml×2、菊正宗×二合


| | コメント (8)

2012/06/22

楽天食堂・炸醤(ざぁじゃん)どんぶり

自分の買い物ははたして正しかったのかどーか今ひとつ自信が持てず。
石垣のある豪邸を探してすんませんけど新しいクライミングシューズをたった今買ったばかりで途方にくれております。どうかひとつお宅の石垣をお貸しくださいとインターホンを鳴らすのも大人げないし、こうなったら誰かに自慢せねばなるまい。

で、やっぱりクライミングの兄弟子の店に突っ込む

Dsc07252
自家製おつけものをしみじみ味わいつつビイルをしばく至福のとき。

食べ物やさんで履物をふりかざすわけにもいかんので、禁止薬物の取引のようにコソコソと紙袋の中を見せつつ、ほほー、先が曲がっておりますなー、ええ、曲がっておりますとも、
やる気にさせる色ですなー、ええ、やる気あふれておりますとも、
とかいいながら地味に自慢できたのでようやく気持ちの整理がつき

Dsc07253
我にかえって、どんぶりをいただく。

やはりこねくりまわして食べるのがもったいないので、トッピングそれぞれをご飯の上に乗せて少しずつ食べる。肉味噌、野菜、ザーサイ(?)、金糸玉子をどんぶりを回転させながら順番に食べていくと最高やぞ。
しかしあんまり速くどんぶりを回転させると目が回るから気をつけよう。

| | コメント (2)

御岳

クライミングの兄弟子が、靴をハイエンドのものに変えた途端、その効果絶大なとこを目の当たりにしたので、自分の中でもふつふつと湧き上るモノが。
自転車速いやつは何乗っても速いという話をよく聞いたが(整備不良は別として)、クライミングの世界でもそれが通用するのかというと「ちょっとちゃうな」というとこがある。

裸足でもペダルは踏めるが、裸足だとニッチもサッチもどーにも登れんましてや小指の第一関節から先ほどのとっかかりしかない壁面に足を乗せるときの恐怖といったら、そらぁーもー 。。。(てんてんてん)

自転車の格言(?)にもうひとつ「速さは金で買え」というのがあるように
Dsc07255
「高さは金で買えるか?」を立証すべく 豪雨の中をひさしぶりに鼻の穴ぱこぱこさしてお店に突入。
この靴の名前がMITAKEという。御岳から来ているそうだ。どこの山かしらんがなにかやる気にさせる響きだ。

写真でわかるように、今まではいてた左側の靴はつま先が上向いてるので、つま先で立たなければならん状況になると、足の指に渾身の力を込める必要が出てくる。これがまぁガクガクもんで辛いことこのうえない。
今回導入したほうは、ハナからつま先が下にまげてあるという寸法。

しかしええことばかりではない。
Dsc07256
実測2センチのサイズダウンを余儀なくされるのだ。26センチの男が24センチの靴をはくんでっせ奥さん。
靴の中では完全に指が「ぐー」なんでっせ奥さん。
1分ぐらいしか連続してはけやん靴ってどないやねん!?と。

| | コメント (2)

2012/06/21

野球

運動:自転車通勤往復+舞洲周回+腹筋9千回+家事ちょっと
飲酒:淡麗350ml×3

退社後、ちょっと用事があって心斎橋まで足を延ばす。ちかごろなぜかこの界隈にはアウトドアブランドの実売店が集中的に集まっているがなぜなんだ?そしてあとちょっとで目的地だという地点で、前から顔面にいれずみを施した青年が歩いてきてギョっとする。
世間から奇異な目で見られることやら死ぬまで温泉施設に入れないことやらそのほか思いつくたくさんのメリットを差し引いても顔面にいれずみを入れたかったのか、なぜなんだ?

そして自転車を乗り換えて舞洲へ。これぞまさに”なぜなんだ?”
適当に5周ほど回ったとこで野球場に灯りがともっていることに興味をもち、吸い寄せられるように

Dsc07248
どこかのアマチュアチームが楽しそうに打撃練習してた。タイミングがあわんのか、ファウルばかりの打者と一向にボールが飛んでこずに退屈する守備のコントラストがほほえましい。

帳尻をあわそうと、また周回にもどる。知り合いに会い、自販機で麦ジュースをしばきながら談笑。知り合いの自転車にはガーミンやらいう人口衛星と連動したすごいサイクルコンピュータが付いていた。速度とか時間以外に地面の傾き加減や簡単な道案内までできるそうだ。すごい。

以前の自分なら恐らく二つ三つは買ったと思う。
今は一切のメーター類をつけてない。パラメータをみて走行時間や走行距離を伸ばす楽しみもあったが、もうそおいうのはちょっといいかなと。

押入れから昔つかってたハンドルを出して
Dsc07250
週末にでもつけてみようかと。あと、2年以上交換したことのなかったタイヤも変えたいが。

Dsc07249

| | コメント (5)

2012/06/20

台風立ち飲み

運動:通勤往復+立ち飲みちょっと+家事ちょっと
飲酒:淡麗、冷酒、赤ワインのちゃんぽん

14:00ジャストに帰宅命令が出る。至急の案件もなかったので素直に従ったが、外へ出ると拍子抜けするほど穏やか。そんならまぁいっちょう立ち飲みいくかと大阪駅前ビルまでいったら、、、、「ぜんぜんあいてへん」。
時間が早すぎるのか。

仕方ないから、自分が愛してやまない場所「阪神百貨店・地下食料品売り場」のパトロールに舵を切ると、これがまぁここも閉店時間を17時に切り上げて、早くも閉店セールやってる。串カツの詰め合わせが10本入り500円やったりとか、定価1,200円の牛めしが半額やったりとか、高級惣菜も足並みそろえる状況。

で、時間をつぶしたあとは

初めて入った立ち飲み(椅子あり)。900円の”セット”頼んだら生中とてんこ盛りのアテが皿に乗って出てきた。
そのあとグラスワイン注文したらなんと「表面張力」仕様。

あと適当に飲んで帰ったら、台風はすっかり過ぎ去っておりましたとさ。

| | コメント (2)

2012/06/19

キッチンの中のアーキテクチャ

運動:職場でのうさを晴らすような激しい自転車通勤+腹筋8億回+家事いろいろ
飲酒:淡麗350ml×2、冷酒×二合

かっぱえびせんと冷酒だけという晩飯もなにか大人げないかと思い、
Dsc07247
AEONで見つけたもろしこ焼く方向で。
とうもろこし農場でアルバイトしたことがあるけど、ちょっと油断すると虫に制圧されて実が全滅という事態。そらぁもー神経ぴりぴりで栽培しなければならんが、もぎたての実の甘さちゅうのは格別。生でもよし。
なので値段が高いのも仕方ない野菜のひとつ。

この日の燃焼システムは
Dsc07246
これ。

山でガスがなくなっては死活問題。なので新品かそれに近いものを持つようにすると、いつのまにか使いきれんぐらい残量の微妙なカートリッジがごろごろたまる。
最後の一滴までガスを使い切るにはこーゆー手もありかと。
短所:燃焼するときのサウンドがすごすぎてTVの音が聞こえん。

きのうは職場で自身ひさしぶりに噴火。”誰の目にも明らかなぐらい大きなゴミが地面に落ちているのに見て見ぬフリしてそれをまたいで通り過ぎる”ようなことを後輩の一人が平気でやってのけよった。それをパワハラといわれんように細心の注意をはらいながら指導するこっちのストレスちゅーたらもー(以下省略)。

ストレスがオーバーフローぎみになると、なぜか、かっぱえびせんを前歯だけつかって神経質に食べてしまうくせがある。

まったく大人げない->わし。


| | コメント (4)

2012/06/18

アウトドア衣装

六甲からグダグダで戻り、そうめん食って一旦充電したあとさてどーするか、このままマグロになるのはまだ早いしなと、散髪がてら大阪駅周辺をぶらつく。

大阪駅に併設された、モンベルやらのアウトドア用品店が詰め込まれた商業施設がある。
ちょっと下見がてら除くと、人!人!人!のてんこ盛り。
いったこのうち何人がほんまに”山”へ行くのだろうか?とおっさんのヒガミ満載の暑苦しい視線の先には、目がチカチカする色使いのシャツやカッパを選ぶ男女が。

ああ、自分も使い倒しててろんてろんになりつつあるズボンを刷新したいものだ。
しかし、岩登りするようになってその消耗の激しさ(へたなのでよけい衣装がすり減る)がはんぱでない。
岩登りの衣装だけは「しまむら」で揃えようかと思うほど。中学校のときに着てたような”ださださ体操服”でもよかろうと思う。

ださださ体操服をきて、赤白帽をかぶって、ハングした岩を超えたら、そらーもー話題騒然やろな。
しかも、「顔だけおっさん」というアンバランスさのおまけつき。

| | コメント (2)

山経由のちパン屋

土曜日にずいぶんと激しく雨が降ったのでどーしょーどーしょーと迷ったが結局ハイキングへ行く。
このどーしょーどーしょーいう段階ですでに気持ちが負けている。

予想どおり、芦屋地獄谷の登り口は見事なまでの水没ぶり。
Dsc07231_2

ひさしぶりに風吹岩まで中央稜コースでTTなんぞやってみる。しかしあまりに苦しく、途中で膝に手をついて休むこと3,4回。大山登山の再来か?ちゅうぐらい調子悪い。湿度の高さもあってか尋常やないくらい汗が出るし、休んでも休んでも心拍数が下がらんし。ここ最近宿題におわれてて、日々の継続した運動とかしてない、おまけに仕事は毎日10時間近くのデスクワーク一本やり。

貧血っぽい症状もあるのでヘモグロビン関係も危ういのか?とか思いながらふらふらで、タイムは36分ジャスト。

Dsc07233
いつもの景色もしばらくは直視できやんくらいにフラッフラ。

追い込む必要はもうひとつあって、雨上がりの蒸し暑い日といえば、あの”細くて長いやつ”が出てくる恐れがあるので、そして短パンで行ったもんやしブヨにも注意、、、ってことで立ち止まれないように自ら仕向けた結果。
しかし、体力面でそーとーのテコ入れが必要。

阪急岡本駅にむかってこんどは一気に下山。雨上がりのぬかるみにはサロ●●のなんちゃら言うトレランシューズのグリップが、笑けるほど効かんのですべるすべる~。
途中、オレンジ色の塊が山の斜面にあるのが視界のスミに入った。瞬間的に大ススメ蜂だとわかったので50メートルほど行きすぎてから改めて再確認。すれちがいで登る人たちに情報をを流しつつゴール。
タイムは32分(ランニングなし)。

下山口で知り合い発見
Dsc07241_2
濁流でも流されていないのはさすがとしか言いようがない。

いつものケルンに寄って、安くてうまいパンを5,6個買う。ここの食パンにはなぜか「槍」やら「上高地」やらいう名前がついてる。大変疲れた。


| | コメント (0)

2012/06/16

用意!

Dsc07229
去年買った非常用のツエルトとやらを”初めて”じっくり広げてみた。こんなたよりない生地一枚でも生死を分けるとなると、一応ギミックを知って使い方も研究しておかねばと。

梅雨が明けたら、、、うしししし。

ツエルトに出たり入ったりしたすっかり満足してしまったので
Dsc07244
あとはひたすら飲みに徹する。
ししゃもと白菜のつけもんがあったらほかには何もいらぬ。

| | コメント (2)

2012/06/15

いろいろありますわー

昨夜の晩飯
Dsc07227
ほうれん草とハムを炒めて粉チイズかけた。これだでおしまい。

運動:自転車通勤+家事ちょっと+宿題てんこもり
飲酒:淡麗350ml×2

残業だけはするまいというスタンスを頑なに守るため、この日も宿題どっさり持ち帰りの刑。
オフィスは意見をすり合わせる場、相手の出方を見る場、ときにはバトルフィールド、そしてときには処刑台、、、なので落ち着いて考え事しようとなると自宅が一番かなと。

風邪:
”心に風邪をひいて”4,5年近く旧職されていたひとが復帰。またまたデスクが隣り。同様の症状を持つ後輩は左側の席。二人に挟まれて緊張の日々です。最初は事情が呑み込めず、後輩のやることなすことすべてが空回りするのを見ていてこちらもずいぶんひどい態度をとってしまったが、みな必死で働こうとしている意思は伝わる。

個性を認めると言葉で書くのは簡単だけど、専門医ですら未知数な部分が多いというこれらの症状をこの人たちはこれから先も恐らく死ぬまで付き合っていかねばならんのだろう。
せめて同じ部署にいるかぎりは見守ってあげようと思えるようになってきた。

とがってばかりいてはつまらん。
自分も変わらねばとl。


| | コメント (6)

2012/06/14

カレーに苦しむ

運動:通勤往復+インド料理食べ放題+家事ちょっと
飲酒:一番搾り×覚えてない

関東から一人は転勤もう一人は出張中という旧知の自転車ともだちを歓待する宴会へ。なんのためらいもなく「インド料理食べ放題」の店に予約を入れて幹事の横暴ぶりを発揮。居酒屋の食べ放題では良い印象を持ったことがないだけに、一抹の不安が無きにしもあらず。しかも飲み放題付き2,950円という怪しげな値段をみると、まさか”水飲み放題”ちゃうやろなとドキドキの幹事。

しかしこれがふたを開けてみれば、タンドリチキンやナンやサモサは言うに及ばず、10種類以上あるカレーやサラダも当然食べ放題。そしてビイルは発泡酒ではなく正真正銘のやつ。ソフトドリンクもチャイとかラッシーとかの充実ぶり。
最後は怪しげなインドのアイスクリームで締める(うまい)。
人としても黄レンジャーとしても満足ゆく食べ放題だった。

しかし、、、

「ナン」あなどるなかれ。腹いっぱいで動けやんほど。

そして今朝、トイレに行くとカレー食べ放題の「第二波」襲来。この激痛に耐えてこそ黄レンジャーという思いを強くした。

痛いのも、生きているからこそ:
現地、、、といっても東なので正確にはベンガル料理になるのか、滞在後すぐによからぬ細菌が体内に入り込んだため、毎日毎日水のようなカレーをたべて水のような下痢をして清潔とは言えんドミトリのベッドで寝たり起きたりが大半だったのでいつかまた行くことがあれば、もっとカレーを満喫したい。

このまえやったか我が家のJDが、インドてな国に行きたいわ~と浮かれた顔で言うのだが、空港出た瞬間からただよう匂いのえぐさに果たして耐えられるのだろうかと。


| | コメント (3)

2012/06/13

トマト

運動:自転車通勤往復+家事いろいろ+腹筋300億回
飲酒:淡麗350ml×2

以前のような勢いで立ち飲みに行けてない日々。隠し財宝が一文無しまで秒読み段階に入ったのと、あと、サラリーマンちゅう生物は期初に、いろいろ厄介な宿題が覆いかぶさってくるので帰宅後はそれにかかりっきりで。

普段つかわん頭をつかうと、晩飯つくるんも億劫になるので
Dsc07224
麺がうまいと噂のこいつをしばいてみた。
噂どおり、市販品とあなどるなかれ、なかなかにうまい麺。化学はついにここまで来たかという具合。

さすがにコレだけでは生命力を維持できんと思ったので、

”おっさんの謎の料理”開始。
トマトとにんにくをオリーブオイルで炒めて顆粒のコンソメと水。
Dsc07225
なんやしらコクが足らんので焼き鳥の缶詰をインストール。

しかしこれが自分でも驚くほど裏目に。焼き鳥の缶詰はついに最後までその実力を発揮するどころか最後まで抜群の不協和音を醸し出す。

「おそろしく鶏肉が生臭い」。

ここからホウレンソウを入れるあたり、久しぶりに”料理の迷走”はじまる。
Dsc07226

注意:横着せずに、しゃんとした肉を使いましょう。

しかしまぁ、トマトの酸味はやはり捨てがたいのと、焼肉のたれやらケチャップやらウスターソースでなんとか軌道修正して結局完食した。自分がトマト苦手じゃなくて助かった。
赤垣屋・野田阪神店でときどき横に立つおっちゃん、この人がおもろいぐらいトマト好き。
店に入るなりトマトハイと生トマトを必ず注文する。そうかと言って顔はぜんぜんトマトに似てない。

インドカレーを食べながらジャワカレーを食べたことがないので、完全に自分のまけ。


| | コメント (6)

2012/06/11

ユートピアでもがきくるしむ

標高1,500mに”ラボ”を設置。

この日の実験テーマは
Dsc07200
電子レンジ用のインスタントカレーピラフを食べる。
外箱の注意書きには「600ワットで5分30秒」だと!

ひつようワット数と電子の照射時間に一瞬ひるむ。

早速コンロで湯を沸かすが、標高の具合で沸点は100度を下回ると思われる。
あらかじめ添付の具材や調味料と米を混ぜておき、沸騰した湯を注ぐと間髪いれずに激しくかくはんし、
フリースの上着でつつんで蒸らす。はたしてこれだけで600ワットの電子と対等に渡り合えるのか!?

ラボの中に(外ですけど)緊張が走る。

10分ほど蒸らしてふたをあけたら
Dsc07201
不気味なほど、中身が静かで不安がつのる、、、。

Dsc07202
しかし一口食べてみると、あきらかに「うまい」。米も適度なふくらみ加減で、やはりカレーの功績は大きい。
たいがいのものは少々手際が悪くても”カレー味にする”とうまいというのは本当だ。

・・・

これだけで日記がおわったら、わし、何しにどこへ行っとんねん?になるのでラボの紹介。

Dsc07203
ユートピア避難小屋という甘いかほりのしそうな場所。

下から付近一帯を見上げると
Dsc07210
好き放題に崩落の続くおそろしい山だとあとで知った。

Dsc07208
実家往復のときに遠目でみるだけの「大山」に日帰りで。スタート地点がすでに標高800メートルぐらいあるので楽勝やなと思っていたが、そっから残り700メートルがまぁ~きついきつい。

メモ的に特記事項など:
大阪発6:00~大山寺スタート9:30.元谷という場所から森の中へ入った。霧の立ちこむ森の奥深く~~~~には蝋人形の館などあるはずもなく時折響くなぞの生物の鳴き声があるほかは静寂そのもの。
しかしこの森がくせもので凄い斜度を延々急登していくというシロモノ。

千メートルを超える稜線まで一気に。

前日我が家の晩飯はJDのリクエストで焼肉だった。晩飯に白ごはんを食べる習慣が自分にはないので、少しの肉類と大量の野菜だけ。これが裏目に。「持久力のひつような前日は炭水化物を充電しておけ」ということを。
カロリーなんちゃらを食べても時すでに遅し。足が上がらんのに息ばかり上がる。

稜線に出るとエゲツなく美しい景色もちらほら。ちらほらの次は写真では伝わらんが
Dsc07185
崩落現場を通過する場面もたびたび。このした、恐らく300いや400メートルはスッパリ落ちている。

稜線からまたややこしいことに低い繁みの間を縫うように道があって、中腰でないと顔面をばしばし枝ににぶつけるのでこの2時間、低い姿勢を保ちながらの歩行ほんまにつらかった。

しかし
Dsc07191
梅雨前の爽やかすぎる風に吹かれて流れゆく雲をみていると、疲れも吹き飛ぶ。

下山は”砂滑り”という土石の滑落あとを根性一発かけおりるというアトラクション。
ときおり、となりの谷筋に流れる落石で軽自動車ぐらいの岩が落ちていく音(これ、ほんますごい)が不気味に響くので、生きた心地がせんとはまさにこのこと。

よい山だった。

| | コメント (9)

2012/06/09

聖地めぐり

ようやくiPadのなんたるかが判りだした。たしかにこらぁ時間泥棒とう名にふさわしい道具やなと。
そんなこんなで昼過ぎまでiPadから離れられずうだうだしてたらさすがにこのまま貴重な土曜を棒にふるわけにいかんわいと

自転車にのって舞洲へいくと
Dsc07162
イタリア製の”ごっつい高い車”のイベントが。おびただしい数の”ごっつい高い車”の群れに圧倒されつつかたずをのんで見守っていたが、いつまでたっても大会始まらん。
仕方が無いから今の自分にとっては「山」同然のきつさである舞洲大橋を渡り、

Dsc07164
ポンポン船で天保山へ。”ごっつい高い車”よりなんやしらんが落ち着くポンポン船。

ここまで来たら行かずにはおれん
Dsc07165
そびえる、聖地「なみはや大橋」。いきなり止まりそうになりつつ、前はここを炎天下であろうが吹雪であろうが4回も5回も往復して喉の奥に血の味を感じたもんやが、
あのころの勢いまったくなし。
ヘロヘロと蛇行を交えるもどかしさ。

Dsc07166
以前とかわらぬ上空からの景色にいやされるなど。

Dsc07171
山へ登りにいくと景色がよいので楽しめる要素が大きいが、オールアウトになってしまうと練習という点ではそこで終わってしまうので、効果をもとめると5,6分でもがききれる長さの坂道を全力でいって反復というのが一番効果があったようにおもう。

その点ではなみはや大橋はベストに近い環境だったのか。

Dsc07172
次のポンポン船からあらためて眺めると、やはりええ橋やなとつくづく。

こっから若者の巣窟「堀江」->「アメリカ村」->登山用品でおなじみの「ミレー」やらを舐めまわして帰宅。
都合3時間ほどのサイクリング。こんな長時間(?)サドルの上で暮らしたのはいつぶりか?
ところどころでギアをかけてもがいたが、笑けるぐらいスピードが乗らんかったが、それでも走ってる実感はかすかながらによみがえるものがあって、

自転車バカ生活、ちょっと復活の兆し。

| | コメント (5)

2012/06/08

舞洲のトマト煮込み

Dsc07161

運動:自転車通勤+舞洲周回+家事いろいろ
飲酒:淡麗350ml×2

Dsc07157
ひさしぶりの自転車活動。自転車も間があいてしまうと、なぜかステムが長く感じる。腰が痛いので深い前傾姿勢が取れないからか。540mmのフレームで一番調子に乗ってたときは130mのステムだったが、もはや80mmでもあっぷあっぷする。

腸腰筋が引き攣らん場所を探りながらの走行は、まだまだ先が長いことを予感させる。以前のように全開で踏めやんので心拍もあがらんままというのは結構ストレス。
目標は50キロぐらいの距離を走れるようになること。でないとツーリングに誘われて「わしだけ往復輪行でいきますわ~」となりかねんので。

ひとつ気になった点。メリノウールの自転車用下着を着ると、なぜかかゆい。体質にあわんのだろうか。山用に売っているメリノウールとポリエステルの両方を編み込んだハイブリッドのやつは、チクチク感が一切なく、しかも一週間着用しっぱなしというシュールな場面を想定しているのか、匂いも抑える機能があって、こんどはそっちを来てみようかと。

晩飯は、冷蔵庫一掃作戦
Dsc07158
しなしなのセロリやらドロドロの玉ねぎやらぐだぐだの人参やら、野菜室でボーダーライン上にある連中をオリーブオイルで炒めて

Dsc07159
特価のかしわとあわせる。このあとはホールトマトと同量の水で煮込むだけ。
和洋とわず、最近煮物を作る回数が増えた。楽ちんなのと日持ちするから横着もんにぴったりか。

| | コメント (4)

2012/06/07

総選挙で日本を盛り上げてくれ

運動:自転車通勤往復+家事ちょっと+アパートの管理組合理事会で頭に血がノボル
飲酒:赤ワイン×1本しばいてしまった

AKBの総選挙とやらをワインと固唾をのんで見守ったおっちゃんです。誰が誰やらてんで区別がつかんが、彼女たちのおかげでCDとやらがアホみたいに売れてそれで日本中の銭がぐるんぐるん回るのなら、もっとやれもっとやれというカンジ。

そのわずか数分前までうちのアパートの次期・理事会役員候補13名による理事長選出会議というひさびさの鉄火場を味わってきた。
二週間前に理事長が決まって一旦終息したかに見えたが、いろいろな不都合があって振り出しに。
しかし、どこにでもおる「解決策を見出さないばかりかますます拡散させようとする(本人はぜんぜん気づいてない)”アホ”」が。
なんや知らんが話が平行線のままトキが過ぎ行く。

結果的には一人の勇者が自ら名乗りをあげて理事長に、そして自分は先週同様副会長に。

疲れ切って部屋に戻ると、大島優子がセンターポジションになりなぜか勝手に運命を感じる、、、。
センターポジションといえばグループの顔ともいうべき役職だ。

レツゴー三匹でいうたらレツゴー正児、かしまし娘でいうたら正司歌江、チャンバラトリオでいうたら南方英二、このひとたちと肩を並べる大島優子。がんばれ。

Dsc07151
とあるアニキの日記に載っていたので読んでみた。

180キログラムの石を背負って白馬岳の頂上まで運んだもんのすごいおっちゃんの話。
時代背景が少々古臭いが、よみつつこっちも力入る。
そろそろ梅雨に突入であんまり外で遊べやん季節になるが、体だけは鍛えておかねば。

大島優子指原莉乃を背負って登りたいものだ。
オファー待ってます。

| | コメント (5)

2012/06/06

へんてこな酒買って損した気分

運動:電車通勤+家事いろいろ
飲酒:淡麗350ml×1、変な酒×1

季節限定でほにゃららと書いてあったので一発いっといた。
Dsc07147
アテは生キャベツとウスターソースだけというこれぞまさに「エアー串かつ」。
ほいでこの酒、なんやどっかで見たことある入れもんやなとおもいつつグビっと注入したら

リアルゴールドやん。

全然スカットしやんドリンクもひさびさ。

おっさんなめんなよ。

デリケイトなハートが傷ついたのでカレーで癒そうとしたが
Dsc07149
途中で肉じゃがに舵を切る。
材料も途中までの工程もホボ一緒なんでこのあたり、つぶしの利く料理はたすかる。

iPad相変わらず不調:
無料で楽しめるアプリが多いと聞いていたが、どれもこれも内角高めやらすっぽ抜けのフォークやらで打ちにくいことこのうえない(ソフトの内容てきに)。直球どストライクだと思えば数百円だと。
基本料金やらWiFiスポット代やら本体代やら毎月毎月けっこうな額つっこんで行かなければならんちゅ~のに。

セット料金だけでは満足に遊べんキャバクラのような。

あとはソフトキーボードとやらがいまいち馴染めん。能動的に音楽聞かんようになったので、そーゆー使い方もちょっとアレやしなと。

わし、なんでこーたんかな?


| | コメント (2)

2012/06/05

安富PA

帰省のたんびに何百回とおんなじ道走ったら、さすがに景色も飽きる。
膀胱の容量との兼ね合いで、休憩するサービスエリアもたいがい一緒。

ここ。さいきんちょっと注目してる場所。
Dsc07142
JDが小学生やったころにいっぺんだけ入って恐ろしくまずいアメリカンドッグを食べて以来、絶対に寄り付かんようにしていたが。

去年の秋口にふら~っと寄ってみたら、なんや雰囲気が違うぞよ。
内装がこぎれいになってる以外にも、従業員のみなさんの愛想がよい。
そして、サービスエリアのベンチマーク「うどん」を恐る恐る食べてみたら、これがなかなかどーしていけるがな。(麺は冷凍だが)

しかもでかいサービスエリアの中間地点ということで、立ち寄るひともしっこ以外関心がないのか、食堂エリアの混雑をほとんど見やん。
ちゅーこって、最近ではここを楽しみに実家往復するのだ。
一押しはなんといっても”ちゃんぽん”。わざわざに野菜やら豚肉・イカなどを炒めてから茹でた麺と合わせる凝りよう。しかも野菜の量はそこらへんの気合いの入ってない中華屋をしのぐ勢い。

この日は前から気になってた定食類をいっぱつしばいてみようとアクセル踏み踏みで突っ込んだのに
Dsc07141
カレーを注文してしまった。

黄レンジャーの”さが”ちゅうのか、うまそうな定食類を券売機で悩んでる後ろで小銭ちゃらちゃらさせてプッシュするおっさんに負けての緊急避難措置がカレーちゅう結末。
けど、まぁ、人生に後悔はつきものだが、カレーで後悔したことはいっぺんもない。カレーで溺死したるわぐらいの気合いの入れようで食べる横で
さっきのおっさん、ハンバーグ定食くっとる。

久しぶりに他人を呪うランチ。

運動:自転車通勤往復+家事ちょっと
飲酒:それなりに

| | コメント (4)

2012/06/04

「年寄り笑うな、ゆく道だもの」

「子供叱るな、来た道だもの」とおなじく、どこやらのお寺の門前によく書かれてあるありがたい言葉を実感した。

どーしてもほしかったワケでもなく必要に迫られたわけでもなくむろんお金が余ってしゃ~ないワケでもなく、ただ、仕事関係で回りにもチラホラ話題にのぼることが増えてきたので、「さぁ、、、ほんなもんぜんぜん知りませんわ~」とお客さんの前でいうわけにも行かんので、

ついに我が家にも導入。

箱から出す。
説明書もなにもないのが最近の風潮なので、この段階ではまだ冷静。
自宅のWiFiにつないでYahoo見るとこまではスラスラできたが、さぁそっからまったく先へ進まん事態発生。ただでさえ家のパソコンやら職場のパソコンやらサーバやらケータイ電話やらネット銀行の口座やら”あげそうになるほど”IDとパスワード(しかも自分の都合とは関係なく、全部微妙に異なる)を覚えやんとアカンのに、

またぞろIDとパスワードがどーたらこーたらいう事態に。

しかもiPadとやらのキーボードの切り替え操作に面食らう。UIの操作に面食らう。出来やん自分にだんだんイラチ来て放り投げたろかと思っていたら
Dsc07143
JDひよっこりあらわる。

普段屁のつっぱりにもならんJDやのに、こっちの意図する設定やらなんやらをしゃらしゃらと「よどみなく」行うので、これまた腹立つやらにくそいやら、、、。
ほいで言うにことかいて「説明しても時間かかるから、うちがやったるわ、、、」とボソリ。
お・ま・え・な~、毎月毎月莫大なケータイ代だれがはろてるっちゅうねん!!!!と言いたいセリフをぐっと飲む。

いや~、たすかるわ~、あは、あは、あははははははははは、、、、(ぼーぜん)。


あ~、そーいえば週末オカンにパソコン教えるとき、なんかおんなじようなセリフをぶつけたなと思い出した。

おもろない月曜スタート。


| | コメント (7)

2012/06/02

実家だ

月例のお勤め。そして今年もこいつらを地球から絶滅させる活動やるぜ。

Dsc02324
GWにまっさらのワナをしかけてひとつきぶんの成果。

最初は捕獲液の取替えするたびにうえうえとえずきながらやっていたが、慣れたらへーきへーき。
しかしまだ獲物は小粒z(これでも)。8月に女王蜂の産卵がはじまると、5センチ強の連中がわっさわっさ入るので。

明日は町の一斉草刈日。この日までに自宅近辺の雑草を残らず刈り取り、家の前にうずたかく積み上げておかねばならん。家庭菜園規模のかわいい量ではなく、エンヂン草刈がこわれる~!いうぐらんガンガン刈り取りって軽トラ一台ぐらいの枝やら草からどっかの観光客が捨てていった発泡スチロールのゴミやら怒りをあらわにしながらの作業は最高だ!

マンションの管理費だけはろといたら適当にやってくれるわと思って長年暮してきた自分が恥ずかしい。
田舎に住んでたら、仕事家事育児+畑+田んぼ+祭事+青年団+消防団、、、そして余った時間で趣味という現実を思い知った。そーゆー環境でがんばってるアニキたちには一生勝てやんな。

てなことを思ったのも、今日も意識が遠のくくらい草引きをやったから。やってもやっても終わりが見えない作業というのはほんまむなしさだけが残る。綺麗な自然を見てきゃーきゃー言うのは、お金を出して電車に揺られて月に1,2度見に行くのが一番ええなと思った。

Dsc02325
晩飯。豚肉に梅肉塗って水菜を巻いて焼く。「あんた変わったもん食べるねんな」とおかんに言われた。
いちいち反論すると疲れるので放置。

風呂に入ればシャンプーやらリンスやらボディソープやらのいれもんが5,6本並んでいるが、
シャンブーだと安心して頭にかけたらリンスやったり、リンスやなと思って頭にかけたら泡だらけで石鹸やんけ!いうことが多い。おかんいう生き物は、ボトルになにを詰め替えるべきかは気分次第。

もう、なれたけど。

親孝行いうのはほんまに難しいなと。

| | コメント (2)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »