« サッカーワールドカップ | トップページ | 実家だ »

2012/05/30

クライミング&サイクリング

100万年ぶりに自転車乗る!

夕日を追いかけて舞洲へロードレーサーを走らせる。
実は舞洲には大阪城の石垣を模したカベがあるので、それをいっちょう登って(さわりだけでも)みよかなと思って。
しかし人生、どこで落とし穴があるかわからん。

途中で”自転車の後輩に会う”。

これがまぁ荒っぽいくせにいっぽんぎな性格の後輩で、いつもこっちが彼から元気をもらう。
気がつくと、自宅近所の自販機で酒盛り、、、。

まだまだ自転車復活への道険し。

Dsc07132
せっかくなんで自宅前の公園のブロック壁にかるく登るとか。

腰痛がここまで酷くならなければ、今でも乗鞍とか沖縄を目指して毎晩毎晩アホみたいに自転車乗っていたのだろうか?だれかがどこらやの坂道ですごいタイムを叩きだしたと聞けば、懐中電灯を照らして夜な夜なその場所に通ったのだろうか?

後輩とも話したが、家事育児残業で追い込まれていたときのほうが、いっしょうけんめい乗ったなと。
たった20分しかないと分かれば、着替えるのも全力、道中も全力、現場で全力、帰るのも全力で、倒れるように家の玄関になだれ込んだ日がなつかしいわい。

自分を取り巻く環境の中でどこまでやれるかがんばる自分が楽しかったりすることもあったが(たぶん、誰にでもあると思う)、一歩引いて考えると、ほんまに楽しいのはその時期を通過してから、、、時間ができたが体力的には右肩下がりやなというこの絶妙のタイミング、

人間ちゅうのはほんまにややこしい。

苦労したり、すくない時間や、抑圧された環境で踏ん張るのが

「好きやね」。

|

« サッカーワールドカップ | トップページ | 実家だ »

コメント

アニキ、全く同意です。
どフリーになるとかえってダメダメ
最近実感しております
でも、好きだから踏ん張れるんですなぁ

投稿: KAZZ | 2012/05/30 23:12

今から思いだすと労働者でありながら年間25日もゲレンデに通うなど、
狂気に取りつかれていたとしか考えられません^^;;)

投稿: DANGER | 2012/05/31 12:26

●KAZZアニキ、独身のときの野放しとはまた違ったタイプの野放しですわ。残された時間を計算しつつの野放し。ま、これもいいかなってw
●DANGERにーさん、家のことをやりつつやりたいことをやるぜ!わはははは。

投稿: ロラおとこ | 2012/06/02 20:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サッカーワールドカップ | トップページ | 実家だ »