« 筑前煮 | トップページ | ハンバーグ »

2012/05/13

春が来たので山へ行くのだ。

白と黒と青いソラ
199

そんな場所へ行ってみた。

メモ:
・大阪市内発4:30
・渋滞のない高速道路・途中休憩2回で平湯温泉着9:15
・定額料金5,400の円のタクシーで上高地バスターミナル着9:45
(ただし、帰りはタクシー会社と交渉しないと6,000円になる場合あり)
・歩行開始10:00
・横尾着12:30 30分間の昼飯タイム
・横尾発13:00
・涸沢ヒュッテ着16:00 途中巨大なデブリ4連発あり。本谷橋がないので夏道ゼロ。
(雪渓歩き3時間はさすがにこたえた)

北アルプスの登山口といえば上高地だが、じつは上高地はマイカー乗りいれ禁止なので実質的には岐阜県の平湯という場所に車を止めねばならない。シーズン中ともなればおびただしい数の車が押し寄せる駐車場が

Dsc06938
これ。

混在してても嫌だしガラスキでも寂しいという「海水浴場状態」とでもいいましょうか、、、。

まぁそんなこと言ってても始まらんのでイクしかあるまいと。
好転するという天気予報が若干遅れギミで、どーなることかと思ったが

Dsc06944
歩き始めてみればこのとーり。
自分自身の登山キャリアなんかまだまだ浅く、なのでこの場所でこんな風景に出合えるのもめずらしいなぁちゅうぐらいの晴れっぷりで幸先ええわい。

Dsc06949
徳沢のテント村もこのとーり「一面、芝生が見えるほどがらがら」。
GWでみな力を使い果たしたのか、まったく人影が無い。

二時間少々歩いて、いよいよこっから厳しくなるという前に昼飯を注入。
Dsc06957
初めて(山の心得がある)自転車のトモダチに北アルプスにつれて行ってもらったときは右も左もわからず、自転車の経験だけで行動食やら補給食やら用意したものの、ぜんぜん足りずに、カルチャーショックを受けた。
それ以来、どんなに重くとも”余ったら背負って帰る”という気持ちで食糧を持つことにした。
この日も、カレーライスのおかずにソウセイジとパン。

食べすぎやとか脂肪率がどーたらとかそんな薄っぺらいことでは死ぬかもしれん!アカン!(これ、ほんま)と思い知ったので。

いつまでもぶらぶらしてるわけにもいかんので先へ進むわけであるが

126
冬のあいだにがっつり蓄えた雪が雪崩となって登山道を埋め尽くした場所を歩くときのキンチョー感とかたまらん(心臓の鼓動が聞こえるぐらい怖かった)


※いか、同行してくださったアニキの写真など

いっけんヤラセっぽいけど
Dsc05589
たかだか二千メートル越える標高でも口があくほどのつらさ。

景色の雄大さが
Dsc05600
うらめしい。ただただ小屋の屋根が見えんのか?見えんのか?とそれだけをたよりにすすむ。

そんなこんなで小屋についたらついたで
Dsc05614
小市民らしく回りをみて感動する。


永遠に続くかと思われた雪渓歩きもついにピリオド。
疲労困憊、足がっくんがっくん、意識朦朧で受付をすませ(一泊二食付9,000万円)、幸いなことに4人部屋の個室ですと言われて小躍りしながらその個室に入ったら

タタミ二畳の豪華な個室で
139
布団4枚引く悪戦苦闘はじまる。

140
あーでもない

141
こーでもない

142
そーでもない

143
低い天井であたまガンガン打ちながら

144
布団4組敷くのになんぼほど時間かかるねん!ちゅう おっさんたち。
雑誌なんかに紹介されたこともあるらしく、この場所この小屋は絶大な人気を誇り、トップシーズンは「布団一枚で3人」という信じらんぐらい混在するらしいと聞いていたので緊張しつつ手続きしたが、

時期をうまく外せばよいとわかった。


1731
人生観がかわるような景色の中につかった二日間で、まだまだ日記に書きたいことはそれこそ山のようにあるのでまた小出しに。

腰痛がひどくて思い通りに自転車に乗れずいろいろ迷っていたときに、山があるよとこの世界に導いてくれた関東の自転車アニキたちに、初めて連れていってもらった槍ヶ岳(いまだ登頂果たせず)。自転車しかない、自転車が人生のすべてだと思っていた自分にはまさに雷に打たれたような衝撃を受けた。それがはたしてすべてのひとに、同じように素晴らしいのかはたまたこんな徒労の繰り返しでつまらんことばかりだと思われるのかな?といろいろ考えた。

けれど、”奇蹟のような風景”はそうそう見られるモンでもないやろと思って、自分をこの世界に導いてくれたあにきたちに自分がしてもらったこと、スバラシイ想いをさせてくれたことを、今度は別のアニキたちにも伝えていきたいと思って今回の行動に出た。

楽しい想いはみんなでわかちあってこそ。

39×18のギアの持つコンセプトはそこやったなと、忘れかけてたことを


思い出した。

|

« 筑前煮 | トップページ | ハンバーグ »

コメント

アニキ!かっこ良すぎ!

投稿: りゅう吉 | 2012/05/13 23:01

つづき楽しみ!

投稿: PEANA2 | 2012/05/14 07:53

ああ...(色んな意味を込めてw)

投稿: これしき | 2012/05/14 08:42

立って半畳、寝て一畳の常識が通らない世界ですか!
あえて、人肌で暖をとるためなのでしょうか?
ヒュッテ恐るべし!

投稿: | 2012/05/14 11:21

↑ななしですんません。

投稿: みーこ | 2012/05/14 11:22

4シーズンのテントと、#1のシュラフに投資すべしべし(´・_・`)

投稿: か退院 | 2012/05/14 12:30

<(T◇T)>うぉぉぉぉぉ!!!

壮大な景色~♪  息鯛!!

投稿: buhi3355 | 2012/05/14 14:21

つづきが待てませんー、待ってまーす。

投稿: クルクル | 2012/05/14 17:03

師匠!ありがとうございました。
一晩経っても自分の中で色んなモンがぐるぐるしております。

投稿: Shallow | 2012/05/14 17:06

あにき、個室豪華でしたね(笑)
今度は各一人部屋を外に設えて楽しみましょね。

投稿: さかじい | 2012/05/14 19:29

監督、うれしそうに見てたもんね~。
現場はシステムがわからずで結構難儀してましたよ(笑

投稿: uechicchi | 2012/05/14 22:37

●りゅう吉あにき、山の衣装がかっこいいのですよ(笑。
●PEANA2にーさん、いよいよシーズン到来ですね。天気がよいと全てがむくわれる気がしました。雨天はやっぱり辛いなぁ。
●これしきアニキ、大山はぜひ楽しみましょうね!
●ブラザーみーこ!トイレに立って戻ると、寝場所が消失しているらしいです。一晩中我慢との戦いらしいです。膀胱の限界!!!

投稿: ローラーおとこ | 2012/05/15 07:07

●か退院どの、ぺらぺらのツエルトで雪中泊している人も少なくなくて驚きました。みんな凄いなぁ。今年こそ槍のてっぺん行きましょね。よろしくお願いします。
●buhi3355あにき、絶景でしたが思った以上に体調が悪くなって「飲めませんでした」。がっくしがくがく。
●クルクルにーさん。こんなかんじ↑。山は逃げないけれど山に行ける時間や体力の終わりがジリジリ近付いているので焦ります。
●おじき!こちらこそありがとうございました。しばらく夢をみましょうね~。

投稿: ローラーおとこ | 2012/05/15 07:22

●さかじいにーさん、ありがとうございました。戸建だね!
●uechicchiあにき、次は手伝います(笑。

投稿: ローラーおとこ | 2012/05/15 07:23

雪も山もアニキも眩しすぎるゼ!

投稿: arkibito | 2012/05/15 10:36

ビバ、雪山です☆
感動的な絶景ですな♪
徳本峠でなく、こちらで正解でしたな!

アニキの温もり感じながら小屋泊したいぜ~っ♪

投稿: bfz | 2012/05/15 18:34

●arkibitoあにき、大きな山へいくと、改めて六甲を見直すきっかけになりました。里山はいろいろなことを教えてくれますわー。
●ブラジャーbfz!真夏で満員の山小屋は熱気むんむんムラムラ~。

投稿: ローラーおとこ | 2012/05/15 20:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 筑前煮 | トップページ | ハンバーグ »