« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012/04/29

ゲゲゲの連休なのだ

実家なう。
027

スズメ蜂はぎょ~さん飛び回ってるし蛇はしょっちゅう見かけるし、あ~どこもかしこも春やな~(怒)。

前日は宝塚トンネルのえげつない渋滞をさけるために昼過ぎに大阪を出て、時速80キロという激しく眠気をもよおす速度でアクセルを踏み(ガソリン高いから)、うつくしい大山にさしこむ夕日をおがみ、実家につくなり家族で宴会にとつにゅう。おかんが用意してくれた豪華な第4のビイルに酔いしれるのであった。

さて、朝から
034
さっそくデカイやつの溺死体を見つける。今年も大量の予感。

で、となりのワナをフト見ると
036
ヤモリまで。本来こいつらの仕事は害虫駆除なのに、おまえがおぼれてどーすんねんという感じ。

つづく


| | コメント (0)

2012/04/27

19のまま

今、夜の九時半。小池さんはとーぜん残業、JDは鉄砲玉のような毎日。必然的に自分が一番早く家に戻るという生活。不思議なもんで、当時の自分がそんなわちゃくちゃな暮らしをしていたとはまったく気がつかなかったな。

朝から晩まで腹をすかせて、ガールフレンドとすきあらばチューをしたいとか、どこかに読んでない少年ジャンプが落ちてないだろうかとか、バイトの先輩うっとおし~な~とか、ともだちの下宿に宿題しにいったら朝まで麻雀してきただとか、
雑誌につられて興味もないのにフリスビーを買い漁るとか、
ローカットのコンバースはいてるともだちをバカにしたりとか、
切符買うとき、BOLTの財布をバリバリ音出してあけるとか、

朝から晩まで悩んでる顔してたくせに結局は深刻な悩みなど一粒もなく、

きっと我が家のJDもそのど真ん中におるんかなと。
健康と痴漢と後ろから暴走してくる軽自動車だけには気をつけて楽しい暮らしをしてくれと願うばかり。

自分で言うのも何やが、弁当生活は順調だ。
5:30起きは辛いけど、ダイエットがどーたらこーたら言わんですむし、塩分やら糖分やら自由自在。そんなうっとしいこと朝からよーせんわ~言うアニキもアネキもぜひやるべしよ。

そんな甘い生活に別れがある日突然やってきた。プラスチックの止めが折れて、汁がだだもれ。たいがいの弁当箱は1年ないし2年で終わるので、ここは一発定年までつきあう覚悟で
Dsc06777
ステンレス弁当箱なう。

Dsc06779
この光沢がたまらん。

金属、アイシテル。


| | コメント (9)

2012/04/26

もやしずき

退社後、そうそう蚊取り液があらへんわと思いだしAEONへ。ところが思惑どおりにいかんもんで、蚊取りコーナーが「冬のまま」。AEONの売り場担当としてはまだ蚊の襲来に気がついてないとか。
まったくけしからん、季節を先取りしてこそのビジネスやろと叫びたいのをぐっと我慢して

手ぶらで帰るもの大人げないからもやしを買う。

「もやしがあれば晩飯なんとかなる作戦」

毎晩毎晩献立が頭い痛いですわよね~奥さ~ん、、、ちゅうこって
Dsc06770
思いつくまま、ササミを酒蒸しにしてみる。

立ち上るアルコホルの蒸気の中にもやし投下
Dsc06771

”困ったらネギ!”を家訓にするおっちゃんの晩飯318発目:
Dsc06772
ササミの酒蒸しレモン風味。

レモン風味といいつつ、ポッカレモンをふりかける安易さ。もやし炒めるときに中華スウプを突っ込んでおくと、それなりの味になるから助かる。

風邪が治りきらんのでまったく士気があがらんまま。このまま夢の9連休に突入してずるずる行くと悲しいので、どっかで一発荒治療をせねばと。自転車とはいきんぐとウクレレ(久しぶり)をからめてなにか出来ればと。

運動:自転車通勤+腕立て伏せ5回+家事いろいろ
飲酒:これから飲むとこ

| | コメント (0)

Dsc06769

今シーズン早くも飛来。しかも一番かゆみのつおい足の指と双璧をなす「耳」を刺された。
どこかに書いてあったが、近年の日本は春と秋の存在が薄れて夏と冬しかないような気がする。
四季、危うし。

運動:通勤往復+家事ちょっと
飲酒:立ち飲みちょっと

ワケあって、居酒屋なるものに行った。最後に行ったのはいつやったか思い出せんぐらい居酒屋なるものに行ってない。座って飲むという行為がぎこちない。以前はなんともおもわんかったフードメニューの値段が500えんとか700えんとか書いてあるのを見ると、オーダーするときの声もうわずるし。

”大びんは330円、アテは150円、地酒は表面張力いっぱいいっぱい”
やっぱりそーゆー飲みかたが染みついたな。


| | コメント (2)

2012/04/25

JD通信

そろそろ授業のスケジュールも決まりつつあり、次の野望はバイト探しとか。
某ヤングカジュアル(Uクロではない)の店舗販売の面接に行ったことを興奮ギミに話す。
社販価格で買えるかわりにバイト中は一切の身なりをそのメーカーでそろえること、そして各人の販売成績によってシフト時間を選べること(驚)などなど。
しかし彼女の意思は固く、お金を稼ぎたいのではなく、そのメーカーの服が好きだから苦にはならんとか。

こころざしは良いが、人生やっぱり銭だっせと危うく言いそうになるのをグッと我慢のわし。

あまっちょろい人間が一匹いると、自分の甘さがぼやけるので最高だ。がはははは。

運動:自転車通勤+家事ちょっと+腹筋5回
飲酒:淡麗350ml×ちょっと

やはり喉と鼻のつなぎ目のあたりが炎症中。ことしの風邪はひつこい上に黄砂が追い打ちかけるもんでつらい。

JD弁当:
高校卒業して弁当作りから解放されたと思ったが甘かった。
大学も、最近の子は弁当持参が多いらしい。これも不景気のあおりかあるいはスマホ代が圧迫してるに違いない。しかしJD、弁当以外に大学の喫茶店でケーキせっとなるものに銭を突っ込んでおるようだ。

楽しそうで腹立つ。

| | コメント (4)

2012/04/24

メスティン

なつかしーわー
Dsc06768
三重県・御在所岳のふもとでやいやい言いながらこれで米を炊いてから、もう一年かいや。

こんなたよりない入れもんが、米を炊いたり肉をやいたりスウプを温めたり、ある時はポップコーンまでできるっちゅうに。

運動:通勤往復+家事いろいろ+腹筋3回
飲酒:淡麗350ml×1 飲み方のしょぼさに回復の遅さが垣間見えて悲しい。

そろそろメスティン持ってバンバン外へ出たい季節きたな。

| | コメント (2)

2012/04/21

寝て、寝て、そしてまた寝て

運動:ひたすらに寝た
飲酒:ようやく少し飲める程度に回復

木曜の午後から処方された薬とそして全身を駆け巡るウィルスのせいで、ともかく眠くてたまらんという。全ての家事を放棄し、ひたすら眠った。水分を枯渇させないようにとポカリを飲み、なんとか布団から這い出してしっこ行く以外はもーひたすら寝た。何曜日の何時なのか判らんほどに寝た。

今回メインに据えられた薬がこれ
Dsc06767
調べてみるとただの漢方薬ではない。タミフルやリレンザと同等の威力を発揮すると書いてある。漢方といえば、どっかのおっさんが山奥に分け入ってあるや無いやわからん草木を採ってきて煎じて飲ますという印象しかなかったが、そーゆー素人考えはずいぶん古臭いのかとわかった。
おかげでようやく今朝、平熱の上限まで下がったというありさま。

花粉症を軽視していただけでなく、スポーツ競技のカテゴリー分けで「なんで俺がシニアやねん!?」と悪態ついてきた昨今、ぢつは体は正直にシニアだったということ。これを期に、伸ばすことより現状の健康や体力を維持せねばと思いましたよトホホだよ。

ようやく座って読み書きができるようになったので、てんこもりの宿題をしたり、
Dsc06764
なぞの発泡酒から始めてみたりいろいろ

きがつくと、わがやのちゃぶ台の上は
Dsc06765
惨状日常をとりもどしつつある。

さらに一歩も外へ出れやん横着もんにはもってこいのアマゾンから
Dsc06766
ひみつ書類が届くなど。

今年のGWは職場の命令で9連休だ。しかしサイコーに金が無い季節の9連休は拷問に近い。それなのにひみつ書類は豪快に縦走せよなどと。
前半の休みは実家に帰って草刈りやらスズメ蜂退治の用意やら(早くこの世から絶滅してくれ)でつぶすつもり。残りは極力金をつかわず地味にいくか。


| | コメント (7)

2012/04/20

花粉症から風邪

週明けに口呼吸だけに頼っていたら、尋常でないうらい喉がはれた。処方された抗生剤をのみつつしのいでいたら、とうとう風邪ひいた。さすがに体温38度超えたら座っているものしんどいので昨日は早退してかかりつけの耳鼻科へ。

脱力しながら待合室のソファに沈んでいたら、「ムハンマドさん、診察室へど~ぞ~」と。とうとう幻聴始まったかと思ってあたりを見回したが、石油産出国っぽい人物見当たらず。さらにもういちど「ムハンマドさ~ん!」という声が。
これはぜひともムハンマド氏の正体をあばかねばと体を起したら、

ふつーの日本人顔の小学生だった。ただし、やや眉毛が濃い。それ以上の展開もなく(あたりまえ)自分の番が来て診察しておしまい。

運動:こんな日に限って渾身の自転車通勤+痛飲+家事放棄
飲酒:のめるはずがない

| | コメント (6)

2012/04/19

ひのきの前に、ひとはこんなにも無力なのです

運動:自転車通勤+5,000回ぐらい鼻かむ+ぐったりする+家事いろいろ
飲酒:淡麗350ml×2

月曜から激しい喉の痛みで今シーズンの「ひのき」開幕。全身の穴っちゅう穴の閉塞感あすさまじい。喋れども喋れども、山瀬まみになってしまうのが辛い。

めずらしくJDが早く帰ってきたので晩飯つくるかとかしわを焼いたものの、頭痛がしてきて味付けやめといたろかと思ったほど。
Dsc06756
そーもいかんので、ピザソースをだぼだぼに塗って

Dsc06757
適当に乗せて

”花粉症に苦悩するおっさんのやる気なしの晩飯”100発目
Dsc06758
チキンのホイル包み焼きピザソース味(そのまんま)。香草とか入れるのもやめた。すべてがめんどう臭い。
もうね、花粉症ってやつは人の思考能力をゼロにする恐ろしいもの。夜も二時間おきに目が覚めて暗闇でひとりうめくのだー。

春はつまらん。


| | コメント (3)

2012/04/17

学童保育

ポストに封書が。なにかと思って中をみると

Dsc06755
閉鎖の連絡。
ぼんやりとこの手紙をみてるうちに当時の”特急電車のような毎日”を思い出した。

自分も小池さんも世間で言うところのフルタイムワーカーで、とーぜんのようにローラー娘も保育園では毎日最終退室者の金字塔を打ち立て(それでもこっちは死に物狂いで迎えに行ったもんやが)、小学校にあがると今度は誰が放課後の面倒を見てくれるのか?と途方に暮れたとき、学童保育の存在を知る。

放課後だけでなく、夏休みやら冬休みやらも親が職場にいる間は子供を見ていてくれるというので、入学早々のふにゃふにゃした(チャラさは今でも変わらず)彼女の手を引いて学童保育へ連れていった。
今でこそ「そーゆーもんや」と納得できるが、当時はまさに息を飲むというか、築40年は経ってるやろと思うような文化住宅の狭い一室に、小2と小4の男の子二人と指導員と呼ばれるセンセが出迎えてくれた。

部屋に入ると老朽化で畳みが反り返ってるわ踏み抜けそうな板の廊下は人の油でテカテカ光ってるわカビ臭いわで、正直圧倒されることばかり。

口には出さんが「ほんまかいや、、、」と絶句しつつも、そこを頼らんとニッチもサッチもいかんので、自分も彼女も腹をくくった。
当時は行政からの補助も少なく、保護者の保育料以外にバザーやらなんやらで収支かつかつ。けど、子供の順応力っちゅうのはまったくく脱帽、次の日から子犬の兄弟のような日々が始まって、こっちもやれやれ。しかし、預けっぱなしというワケにもいかず、夏休みは親子キャンプを企画したり運動会やら文化祭のようなものまで。「あ~、こんなんやたら残業してるほうがよっぽど楽やの~~~~」と思ったこと、何べんもある。

けど、親は親で職場環境の激変はあったものの、なんとか切り抜けてこれたのは学童保育が助けてくれたおかげにほかならん。さすがに小学校も高学年になると通う頻度も減り、だんだんと足が遠のいていったが、それでも折にふれて学童へ暇つぶしにいくわといいつつ、低学年の子の面倒みたりして縦のつながりを身につけたり、貴重な体験もあったし。

子供の数も年々減り、大阪市も放課後事業に真剣に身を乗り出すなどして、近隣の学童がどんどん閉鎖していくのを見ると、うちもそのうちかと思っていたが。

センチメンタルになってる場合じゃない、学童保育が無くなっても、大人はみんな子供の事を想ってる。
そうおもわな、やってられん。
学童保育を支えたみんな、どうもありがとう。

通勤途中にある大阪造幣局の「櫻の通り抜け」は今日から。
Dsc06754
一分一秒でも早く学童に迎えに行ってた当時は、桜どころやなかったなー。

| | コメント (5)

2012/04/15

爬虫類のカンテ

職場にはいろいろな心の病をかかえたヒトがおります。もしかしたら自分もそうかもしれんと思うときがある。ともあれ、そーゆーひとをちょっとでも理解すべきだと思ったり自分もそーなる可能性が無きにしもあらずということで、メンタルヘルスの試験を去年から受け続けて、

やっと受かった。

合格して手放しで喜べない資格っちゅーのも珍しい。なんせヒトのココロの闇の部分を検定する試験、、、楽しいはずがなかろうに、、、。

そんなこともあって久しぶりに山へ(岩登りにあらず)入った。

そーして癒されに入った山にもかかわらず
Dsc06735
餌付けするおっさん(以前にも注意して逆切れされたが)に会ってしまった。自己満足以外何もない。自然を、そして野生を愚弄するのもここまでくると言葉が出やん。。。。津波をあざ笑うとか原子力をなめてかかるとかとおんなじ行為やと思うが。宇宙の中で人間が一番偉くないはず。

Dsc06737
Dsc06738
単身赴任で長らく自然に触れていなかった小池さん、藪に突っ込むのまき。
新芽が衣装に突き刺さってさぞつらかろうと聞いたら「やっと山の中で遊んでる気がしてきたのでサイッコーや!」と予想外の感想でこちらも嬉しいですわ。

ここはドカというと、キャッスルウォールからブラックフェイスを経て
Dsc06739
丸4年通っていまだに未踏ルート発見。その先にこれまた絶景岩でラーメン!

次は先週まったく相手にされなかった「爬虫類のカンテ」というずるずるの岩とご対面。
Dsc06740
専用の装備も靴もないので一切手だしができずに終わったが、改めてこの岩と対峙すると、いまの自分の力量ではまったく登れないことが改めてわかった。地味な岩なので付近のクライマーの喧騒とは裏腹に、だーれもトライするヒトがいなかった。

Dsc06742
このあとも、巨大なボルダリングエリアてんこもりはつづく。

あとは阪急・芦屋川駅にたどりついてみれば
Dsc06752
このありさま。どこのお屋敷がクレーム出したかは知らんが、BBQ禁止とな。
焼肉のニホイがえぐいとか後片付けがずさんやとか近所のお屋敷にも言い分あろうが、なにかルールをつくるなり、花見をするほうもそれなりに謙虚な姿勢を見せるなりして、お互い思う存分春を満喫する策があってもええと思うが


それはおっちゃんの勝手な言い分なのだろうか。


| | コメント (5)

2012/04/14

楽天食堂

自転車繋がりのアニキたちが食べに行きました、食べに行ったよ、食べてるなう、食べたでごわす、ふんがふんが~といういろいろな声を聞くと、いてもたってもいられなくなり、そして満を持して小池さんを連れていったのまき。
Dsc06726
以前は気がつかなかった文字通り看板メニューが

へ~っとか眺めてたらその横をアベックが追い抜いていったので焦った。しらんあいだに雑誌かなんかに載ったのか?バンバン人が入っていく。あわててアトに続く。

Dsc06722
看板メニューの坦々麺。そして小池さんは以外にも

Dsc06723
酸辣麺。酸っぱいラーメンが好きとは知らなかった。そしてもっとびっくりしたのは「酸味のあるラーメン=(イコール)酸ラーメン」だと信じていたこと。
ま、それはおいといて、どっちも美味くて優しい味。優しい味って表現しにくいが、ケミカルな感じがまったくなく、スウプを全部飲んだあとも喉がほとんど渇かないと小池さんが驚いてた。

しめの豚まんははずせん。
Dsc06721
しかし先に入ったアベックが青島ビイルを喉を鳴らして飲みつつ豚まんを食っていたので軽く殺意を覚えるなど、、、。

来週から「熱帯麺」なる謎の新メニューがリリースされるという怪情報もあるので、また行かねばな。

その後舞洲へ:
せっかくなんでそのままママチャリきこきこ漕いで舞洲へ行く。道中見知ったサイクリスト数人とすれ違ったが、日曜日の舞洲レースに出る下見だろうか。

これは
Dsc06733
以外に知られていないが、途中にある漁村。漁獲量が激減してる淀川の天然鰻を淀川ブランドにして盛り上げようぜとか活動展開中。鰻は好きなので応援したい。どうか安く市場に出回りますように応援したい。

Dsc06730
いっとき、姿を消したヌートリア一家も健在。

カリカリに走らんでも、こんなぬるいサイクリングもええもんやの~。

| | コメント (4)

2012/04/13

フライ!フライ!フライ!

やっと週末か。今週も宮仕えを実感するような出来事てんこもり。下を向かずに上をむこうぜ(おれ)。

ローラー高娘からJD(女子大生へ):
まさに、さなぎマンから中途半端にイナズマンになったような日々をまのあたりにするの巻き。
テキトーに朝おきて、テキトーに大学に行って、テキトーにサークル勧誘の花見(新入生は無料)で飲み食いして夜の11時ごろにソ~っと帰ってくる人間になってしまった。
娘がまとわりついてかなんわ~~~~~~とヘラヘラしてるアニキへ、

「ほんなもん、今だけせっせ、今!今!」

今日もなんとかサークルの花見やからごはんいらんねんとつけまつげをバッサバッサしながら大見え切ったJDが、雨で中止でシュ~っと帰ってきたもんで、無視するわけにもいかず

二百円のマウロを買うなどして、
Dsc06708
Dsc06709
Dsc06710

”わかもんは揚げもんに弱い”法則を使う。

”もう、ええかげん父ちゃんを家事から解放してくれやと願うおっさんの晩飯”5,000発目:
Dsc06711
ソース・マグロかつどん。
小池さんとも合意したが、朝ごはんだけは世話するけどあとは自分で養分吸収するなり培養するなり任そうぜと言うことになったが、今の大学生の食生活はどないや?と。光合成できる能力もないやろに。
こんなトキでもない限り、胡散臭いジャンクばっかり食ってるんやないかと気になる気になる。

自分らが学生のころは、吉野家もすき屋も松屋もなく、マクドはアメリカのブルジョアの連中しか食えんもんやと思っていたし、ダイソーもないから先輩からぼっろぼろの家具もろたり落ちてる食器拾いにいったり、なんか表現わるいが「乞食」の毎日やったな。

けど、毎日毎日楽しい乞食生活やったな。スマフォどころかケータイどころか下宿に電話さえない時代。今思えば原始人のような日々が懐かしいわい。

もう一発:
Dsc06712
鳥の絵柄の白ワインを980円で買う。その足でタイムセールの手羽先を買う。

Dsc06714
ありきたりにから揚げの末路をたどるをみせかけて


Dsc06715
ガラムマサラをあびせかけるなど。
最後まで黄レンジャーとしてのプライドを忘れるな!


| | コメント (4)

2012/04/12

米つきバッタ

昆虫に詳しくないから実物見たことないけど、今日の仕事はまさに「米つきバッタ」。
エンヂニアとしての旬も過ぎると次はマネジメントやらいうわけのわからん担務を仰せつかり、その正体はというと、”謝り特攻隊長”とか。

けどまぁこんな頭で役に立つならなんぼでも下げまっさ、しかしフィジカルに胸を張るのを忘れずに。

運動:自転車通勤+舞洲周回+腰痛体操+家事そこそこ
飲酒:淡麗350ml×1、櫻正宗×一合
Dsc06703
夜のサイクリングを再開したのはワケがある。酷い腰痛でイメージ通りにもがけないジレンマがたまらんので2年ほど離れてみたが、結果「ぜんぜんよくならん」。乗っても痛い、乗らんでも痛い、それなら乗って風を切ったほうがなんぼかマシやなという結論。

人間いきてたら、割り切らんといかん場面がちょいちょい出てくる。続けていたら、また何かええことあるやろなと。

そんなとこ。


| | コメント (0)

2012/04/10

舞洲のローソンのひみつ

運動:自転車通勤往復+舞洲+腰痛体操+家事いろいろ
飲酒:淡麗350ml×2

舞洲を周回中、きょうも大勢のサイクリストにババ抜かれた。けれど少しづつではあるけれど、以前の感覚よみがえる。

ただし、「尻が痛い」のはたまらん。退化したのは脚だけではなかったと。

そしてお知らせ:
「舞洲に、ローソンがオープンしました」しかも24H営業&ATMあり。
ほいでこのローソンの品ぞろえが

Dsc06693
日焼け止めの密集地帯とか

Dsc06694
大量の汗ふきシートとか

Dsc06695
バーベキュー対策とか

Dsc06696
尋常やない数の紙皿とコップとか

Dsc06697
がっつり氷コーナーも。

この舞洲ならではの品ぞろえの片寄に、ローソンの気迫を感じる!
こらぁ、夏になったらにっぽんじゅうの稲葉浩二やらにっぽんじゅうのボブ・マレーが終結しても大丈夫かと。

ほんで、肝心の自転車のほうは、さっぱり足が回らんが、ま、焦らずというところか。

| | コメント (2)

2012/04/08

キャッスルウォール!

どっかの歌の文句やないが、「こんな~日が~来るとは~思わなかったぁ~ラララ~おうおうおう~イエイエイエ~」

初めてこの岩の存在しった日から丸二年過ぎた。ハイキングで何べんも横を通り過ぎてはオッス!と挨拶するがそれ以上の進展は無い。それがついに

Dsc02235
登った。

いつもこの岩を見上げた場所が
037
足元はるか下にあるっちゅ、なんともいえん不思議な景色。

ハイカーの皆さん、上から目線ですんませんというかんじ。
036
すんませんと言いながら、足は終始震えたままなのが情けない。

前の日、軽く飲むかと夕方から櫻正宗やら淡麗でインターバルとったりしてたら勢いづいてしまいうたた寝まで。気がつくと午後7時を回っていたのであわてて起きて、”Rapha大阪”のオープニングイベントに行って意地汚くワインやらベルギービイルやら、自分のものではないがエレガントな新作サイクルウェアに囲まれ、そして自転車を愛するひとたちのなんとも言えん楽しそうな会話を聞いていたら「飲み倒して」しまった。

ひさしぶりにフラナガナンさんとゆっくり喋れたのも飲酒に加速かかった理由の一つ。そんなカンジで朝起きたときのコンディションはギリギリ岩を登れるかどーか危うい。

六甲山・ロックガーデン入口。この三年近くなんべんここから登ったか数しれず。それがいつになく緊張しながら入ったもんで歩くのもギクシャクした。
現場についてさっそくハーネス着けたりクライミングシューズ履いたりしてたら緊張マックス。落ちませんようにナンマイダブナンマイダブと聞こえんようにぶつぶつ唱える。

Dsc02202
こーして改めて下からみると手掛かり足がかりがわんさかあって簡単そうに見えるが、なんのなんの。現場にいると高さで冷静さを失い、頭が真っ白け。滑り止めのチョークすらわすれるほど。

そのうち団体がやってきたので荒地山のボルダー群へ場所を移す。
Dsc02253
そのスジのひとたちから「爬虫類のカンテ」と呼ばれている岩。一見のっぺりしたザラザラの岩肌を登るのが、ぢつはこんなに難しいとは。「(岩肌の)粒子を利用して登る」と言われたが、けっきょくさいごまで粒子に嫌われっぱなし。希望と絶望がものすごい速さで交互に襲い来るこの楽しさ、巨大なロールプレイングの中でもがく楽しさとでもいうのか。

ともかく全身のありとあらゆる筋肉と間接をくまなく酷使し、岩を握りすぎた手の平はぱんぱんに腫れたが
このなんともいえん満ち足りた気分と空中に浮遊しながら見た神戸の海は今も忘れられん。
まだまだ怖さに慣れるには程遠いが、うまくなりたい気持ちはさらに強まったかも。

| | コメント (6)

2012/04/06

舞洲

Dsc06620

運動:自転車通勤往復+舞洲周回+腰痛体操+家事いろいろ
飲酒:のんでない。

約二年ぶりぐらいに舞洲へ。噂どおり忽然とローソンが出来ていた。オープンは今週末ぐらいか?
軽くもがいたりした程度であとは黙々と走るのみ。

自分のほかに、以前は見かけなかった連中が4,5台。衣装やマシンから「最近乗り初めて、楽しいーて楽しいーてしゃーない」オーラがプンプン。以前は自分もオキナワめざしてああやったな~と見送ったら、数分せんうちに周回遅れにされた。

まぁ、ええか。

最近はネットやら雑誌やらそれこそ大枚はたいたらプロ並みのトレーニングメソッドが手に入る時代やが、やっぱり最後は「エンヂン、男気」。つまり「根性と脚」かと。楽しくないけどこれも練習や、、、と思いながら自転車に乗るより、楽しい楽しいともかく楽しいに勝るもの無し。


帰る頃には本降りでびしょびしょ。
Dsc06623
ナルシストではないので、荒天の中を昔のようにリスク度外視で走るのはもうまっぴら。

楽しくいこう。

| | コメント (4)

2012/04/05

ネットワーク

運動:通勤往復+花見
飲酒:熱燗をあほほど飲んだような気がする

ネットワーク回線が最近すこぶる輻輳して業務に支障が出ているので社外サイトへのアクセスは極力控えていただきたいやらの回覧がきた。
そんなわけで、この日記もタイムリーな更新が難しくなりつつある。ネットワーク構築やらを売り物にしてるカンパニーやから回線もっと太くしてくれや~と言いたいが、いろいろ事情もあるかな。

きのうは花見:
うちの職場には花見というイベントが無い。大昔は派手にやったが、いつごろか手を挙げる者も激減。なので久しぶりに見る夜桜、そして寒い寒いといいながら熱燗をしばくのは大層美味かった。ガスコンロとコッヘルは山道具の中の4番でエースでダルビッシュという存在。街でもむろん大活躍。

変な天気が続くが、せめて家の中だけでも春を感じたい
Dsc06614
長崎から戻ると、初代人参がミイラになっていた。気の毒なことをした。なのでこれは二代目。

しばらく平静をよそおってた腰痛がまたぶりかえしつつある。痛みの度合いはまちまちだが、24時間365日それが消えることがない。自転車に乗れる日はくるのか?

なつかしい写真が出てきた
Dsc06612
15年ぐらい前、わざわざ宇都宮までヨーロッパの偉人が走るのを見に行った。
ノーヘル当たり前の時代が懐かしいわい。


| | コメント (3)

2012/04/03

筋力

岩登りを初めてから、毎日地味なスクワットを少々。

現場で一番困ったシーンを思い出すと「深い位置からの片足スクワット」が登りのひとつのキモだったこと。
小指一本ぐらいの岩のでっぱりに片足で乗ってそっから全開で屈伸状態から伸びあがらないと次のステップに届かない場面が何度かあったので。

自転車のペダリングは体を固定しつつ出力を下方に爆発させる。岩登りとは逆方向やなと気がついた。

腰から上の質量を片足で持ち上げる(岩登り)に比べると、自転車のペダリングは”実態の無いものを踏みつける”動作なのでかなりややこしい。しかも高速で反復。別のスポーツをして見えてくるものがいろいろあって、やっぱりペダリングは動きが速すぎて筋肉や出力を意識するのは難しいというのが今晩の結論。

| | コメント (2)

楽天食堂

運動:断固として自転車通勤+家事いろいろ
飲酒:淡麗350ml×2、芋水割り×2

わがおアニキに山のことで用があり楽天食堂へ。
Dsc06582
豚まんが美味すぎて先行して食べてしまうのでビイルのアテにならず(笑)。

メニューをコンプリートしようと、この日は
Dsc06581
酸辣麺

酸っぱのと辛いのが交互に襲いかかる。うまいぞこれは。個人的には坦々麺より辛みが強い気がするが、美味さはどちらも甲乙つけがたし(これホンマ)。自家製ラー油の製作現場を聞くと、凄惨を極めるらしい。一度体験したいものだ、、、。

で、なにやら新プロダツクの情報キャッチ
Raku1
酒のアテ・リリースなう。

Raku2
ちかぢか、ガブ飲みしたいなと。

オフィスに今日から新人登場。年々、顔が幼く見えるのはこっちが歳とったからだろうか。さっそく業務紹介などに駆り出されて喋ることになったが、あがるあがる。27,8年先輩の話なんか、彼らのハートにはとどかんやろな。かつて自分がそーだったように。ま、前途洋洋の彼ら彼女らにサラリーマン生活の暗黒を話す必要もない、ともかく入社おめでとうなのだ。


| | コメント (2)

2012/04/02

山は、いつも、やさしい

自転車に乗る数時間前の話。

Dsc06592
六甲山”プロペラ岩”の手前からの未踏ルートへ突っ込んでラーメン!

ところがこのラーメンが「とんだいっぱい食わせ物で」
Dsc06596
一見してカレーラーメンのたたずまいなので躊躇なしにカゴに入れたが

どこにもラーメンの表記が無い。それどころか
Dsc06595
電子レンジでどーたらこーたら書いてある。ぼったくりと知らずに新規開店したセクキャバに入った感覚がよみがえった。まさにデジャブ~。
ガールズバーや学園キャバに骨抜きにされるまえに情報。このラーメンは「中身、どんべいです」。

どんべいの麺なのにうっすいカレーだし+そこそこ夏野菜という忍者屋敷のような構成。日清食品やりよる。

そんなこんなで本当にひさしぶりに自由きままに歩きまわった。やっぱり山も自転車もルールに縛られるのはもうまっぴら。
Dsc06586
岩登り初心者講習の景色をみつつ、自分のほうが4センチほど先輩やなと思ったり。
なんかしらんが、やっと以前の「山歩き、とにかく楽しい」の時間が戻ってきた。

JD:
同じころ、我が家のローラー娘がとうとう大学の入学式へ。帰ってくるなりさえん顔してる。全学部7,000人近い人間がおって全然喋れんかったと。ともだちできやんかも知れんとベソまでかく。

「あほか」。

クラスのともだちなんかほんの一握り。ゼミ、バイト、研究室での先輩、クラブ、サークル、もういらんいらんゆうぐらい知り合いできるから。
昼間六甲歩いてる時、偶然やがお父さんお母さんちいさい女の子というトリオを沢山見かけた。もう歩きたくないとぐずる女の子。くだらんギャグを飛ばしながらなだめるお父さん。その2,3歩前を行くお母さん。

自分のフイルムを巻き戻したような光景を眺めつつ今頃緊張しながら入学式に挑むローラー娘のことを、めずらしくぼんやり思い出した。(今も)出張が多くて留守がちな小池さん、寸暇を惜しんで自転車の練習がしたかったわし、(そのあおりをうけて、ずいぶん貧相な晩飯で気の毒やったが)その狭間で適当にゆさぶられたローラー娘。

過ぎてしまえばみんな思い出。

もうあのころには戻れんのかと思うと、なんや不思議なかんじ。

※仕事、家事、育児、趣味で発狂しそうになるアニキ&アネキへ。そんなもん人生の中では屁でもないからくよくよすんな。

Dsc06605
山のトモダチも元気やったぞ~。

| | コメント (10)

2012/04/01

自転車!

日曜日、ハイキングから戻ってもまだ随分陽が高い。折角なので自転車に乗ってみるかと。
しかし長らく乗ってなかったので走り出すまでのルーチンワークをすっかりわすれており、水筒や予備タイヤ他一切がっさい持ってない。まぁ、そんなにシリアスなトコへ行くわけではないからと思ってそのまま走り出す。

Dsc06606
”車道を走るのってこんなに怖かったかな、、、”とひやひや。手信号のタイミングもぎこちなし。ただ、雀百まで踊り忘れずで前傾姿勢の深さを調整しながら出力を変えたりペダルを早く回したりする感覚は久しぶりで楽しかった。

けど、それも小一時間ぐらいまで。
信号で止まるときに片足を地面にトンと置くと数アンペアの電流が(想像で)腰の軟骨にバッ!と流れる。そしてまた恐る恐る走り出すの繰り返し。
ストレッチ、腰痛ベルト、敷き布団の刷新、内臓に負担を強いる食べ方の軽減、鍼灸、マッケンジー体操、ボルタレン、選択肢はどんどん減る一方。山を走り回れる日がいつなのか、ぜんぜん想像つかんのは悲しいわ。

Dsc06608
しょぼい走りでも、それなりに脚は回った。それなりに、、、か。

運動:二時間ほど自転車によろよろ乗った+ストレッチ+家事いろいろ
飲酒:端麗350ml×2 熱燗×二合


| | コメント (7)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »