« アルパインクライミング | トップページ | 北風と太陽 »

2012/03/05

試験日

小池さんに誘われてなんとなく受検したら小池さんだけ合格して自分は不合格という前代未聞の理不尽な目にあった資格試験に再チャレンジ。しかしここへ至るまで申し込んだことをどんだけ後悔したことか。
学生のころから勉強嫌いで都度・野生の勘をたよりに生き延びてきたような男が、ここへきてとうとうその勘も枯れた。参考書読んだらアゲそうになるし問題集やったら下痢するしで、ほんまメンタル弱い。

ともあれ終わった。答案を見直す気力も沸かずに退出。これで落ちたらもー受けんのやめ。
緊張やら根気やら続かん。あーあ。

で、件の小池さんは日曜夕方から出張移動で名古屋へ。今週もローラー娘との二人生活開始。
Asm
いつもの朝飯風景戻る。今日は肉じゃが弁当。
自分の弁当以外に余ったおかずでローラー娘の”ブランチ”も。テキトーに食っておけよと指示したら、ほんまにテキトーにしか食わんのですぐガリガリになるから近所のひとから、あのお宅ちゃんとご飯たべさせてはらへんわ~とか噂になってケーサツに通報されでもしたらかなんので。あーあ。

テレビ二つ見た:
HDDに録画してあった「厳冬期谷川岳一ノ倉沢登攀」を見る。いつも思うが「カメラマン凄い」。一番迫力あるシーン・イコール「一番危険なシーン」だと思うんで、見ているこっちも引き込まれる。熱燗を持つ手がおもわず震えた。

もういっこは東北大震災の一こまを切り取ったドラマ。災害で身近なトモダチや家族を失った経験が無いので主人公の気持ちにピッタリよりそうことはできやんが、自分なら果たして立ち直れるのかとかいろいろ考えてしまう。
最近震度4とか5が頻発してるから、寝る前は持って逃げる小物やらケータイをフル充電しておくやら、神経とがらす必要がある。難儀なこっちゃとおもいつつ。

|

« アルパインクライミング | トップページ | 北風と太陽 »

コメント

テレビの話題、山岳映像やその他冒険ものでも写っているヒトよりもカメラマンの方が大変なご苦労されているように感じます。

もうすぐ大震災より1年ですね。
ただただ流れるテレビ放送の映像を見ながら無力感に襲われた当時のことを思い出します。
自分は立ち直れないと思います。

投稿: PEANA2 | 2012/03/05 14:17

●PEANA2あにき、不謹慎ですが関東が壊滅的な打撃を受けるような天災がきたら、もうこの国は立ち直れないような気がしています。自分の未来はそんなに長くないけれど、今の年少者にとっての未来が不安ですわ。

投稿: ローラー男 | 2012/03/05 16:25

意外と藤岡弘がいい仕事してると思います。

投稿: arkibito | 2012/03/05 16:30

関東方面の揺れは、週末の帰宅で家族からも尋ねられたのですが、千葉茨城方面の震源は都内に不気味な揺れをもたらしたものの、相模湾方面では全く体感にも至りませんでした。そこがまた不気味です。もしもその時が来たら、ゴキブのような生命力発揮されたいですジブンも国家レベルでも。

投稿: kiyo_g | 2012/03/05 19:58

もうすぐ1年ですが、永田町界隈のグダグダぶりには呆れます。
でも、下ばっかり見ててもしゃーないので、立ち上がるしかないんですって。
大丈夫、何とかしてますw

投稿: KAZZ | 2012/03/05 22:27

●ブラザーarkibito!ちょっときになってウィキィで調べたら「趣味・サバイバル」と出ました。ええ仕事してはりますわ~w
●kiyo_gあにき、シラフのときなら対応のしようもあるけど、酩酊時にアースシェイカ~されたらもういっかんの終わりでしょうね。きをつけねば。
●KAZZあにき、子供のころは世界終末論をおもしろおかしくともだちと語っていたけど、まさかそれがヒシヒシ近づいているなんて(推測ですが)。ともあれその日まで、前むいていきましょな~。

投稿: ローラー男 | 2012/03/06 14:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アルパインクライミング | トップページ | 北風と太陽 »