« クロス!クロス!クロス! | トップページ | やっぱりスティールの自転車 »

2011/11/28

野辺山を見下ろす場所へ

電波望遠鏡が眼下に見えるぜ
021

期せずして「三沢新道ルート」から登ることになった。
010

中央アルプスの懐深く入り込んでおきながら、自転車だけに情熱を注力するだけでは持ったない、、、。
ってことで”お手軽な名峰”~飯盛山とかいう場所を目指す。しかし土地勘が無いので周りぜんぶが飯盛山に見えてどっちへ向かって歩き出せばええのか皆目見当つかん状態。

うしに尋ねてもクビを振るだけで、よくわからん。
007

日暮れまでもそう遠くない。事実、山の東側斜面なんかは午後三時を回った段階で早くも夕暮れの気配がきてちょっと焦ったが、藪山を迷走するのも苦痛じゃない。むしろ自称「寂しがりやの一人好き」には格好のシチュエイション。
ようやく登山道を見つけた。よく整備されてはいるが、斜度が凄いのであまりメジャールートではないのかな。尾根まで一気に高度上げるような印象->三沢新道。


さかじいアニキが南アルプス(多分)の方を見る
015

目指す飯盛山のピーク。
016

360度展望の利く、ほんまに「エエ山」
017
左を見れば関西人には縁遠い”富士山”があったり左を見れば闘志むき出しの八ヶ岳連峰があったり、
020

体の中から湧き上がるものを押さえ込むのん苦労した。誰もいなかったらウォォォ!!!と叫びたかったわい。

ま、ええおっさんなので冷静を装う。


そろそろ日暮れも近い。あとは一刻も早く宿にもどって嫌味なほどにチンチンに冷えたビイルを喉に流し込むことだけを考えながら下山。

その前に、
023
分水嶺とやらをおさえとく。社会の授業でうる覚えな単語も、現物を目にすると感動もひとしお。

|

« クロス!クロス!クロス! | トップページ | やっぱりスティールの自転車 »

コメント

飯盛山、到達出来てホントうれしかったです。
あのまま下っていたら、出端を挫かれていたでしょうね。
今回初めから終わりまでサイコーでした。
やっぱり天気は一番重要ですね〜。

投稿: uechicchi | 2011/11/28 16:40

●uechicchi あにき、まずは往復ありがとうございました。次回山にノボル事があれば、頂上で鍋とか簡単にやりたいですねー。

投稿: ローラーおとこ | 2011/11/28 17:14

黄昏な飯盛山、綺麗やぁ♪

日は違えど、アニキ達と同じ山に立てるなんて、不思議な気分です。

次は…スクール水着で山歩きですな(汗)

投稿: bfz | 2011/11/29 07:19

●ブラジャーbfz! 件のスクールさんは速さを兼ね備えた仮装なので、まったくスキがありませんでした。世界は広い!

投稿: ローラーおとこ | 2011/11/29 13:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クロス!クロス!クロス! | トップページ | やっぱりスティールの自転車 »