« スティール! | トップページ | 春夏秋冬 »

2011/10/31

雨でも六甲

運動:阪急芦屋川~風吹岩~JR岡本
飲酒:端麗350ml×1、熱燗×二合

雨で足が滑ってセルフタイマーに間に合わず
Dsc04922

午前中は宿題やら資格試験の勉強やらいろいろ。傍らのTVは大阪マラソンの中継。けどマラソンというわりにはシリアス走ってるヒトが殆どいない。みんな楽しそうに中継カメラに手を振って笑ってた。

昼ごはん食べて新婚さんいらっしゃいを見てこのまま堕落しようかと思ったとこへ、モンベルの通販で買ったハイキング用の靴下が届く。一見なんの変哲もないハイキング用靴下。見たら見たで履いてみたくなり、履いたら履いたで使ってみたくなる。外は雨。もってこいの劣悪な(?)環境、、、で山へ。
14:30芦屋川駅に降り立つ。ご自慢のレインウェアを着ると足取りはカルイがすでに多くのハイカーは下山してしまったのか全く人と会わない。山に入ると雨脚がより強くなって鬱蒼とした森の中は真っ暗け。

ただひらすらに登る。
すると雨なのか発汗(結露?)なのかレインウェアの内側びしょびしょ。途中からフードも脱いだ。しかし11月が目の前やというのに雨に打たれてもまったく寒くないって変なかんじ。

東六甲山のランドマーク到着
Dsc04921
普段の休日ならヒトであふてるのに、、、無人。

神戸の街も見えないのであとはもう下山するだけ。雨音聞きながら暗い森の中を歩くと自然との一体感が強まるとかおっさんにはちょっと恥ずかしい話が書いてあったが、なんとなくわかる。自他共に認める「寂しがりやの一人好き」な自分にぴったり。だれとも会わずに終わったなと思ったら

知り合いにばったり。
Dsc04928

衣装のインプレッション:
肝心のモンベルの靴下のこと。ウィックロンとかいう繊維はうたい文句どおり、まったく雨を寄せ付けず。
、、、正確にはびしょぬれになっているにもかかわらず、サラっとした不思議な履き心地。
ニッカホースの代わりになるかと実験した”Rapha”の3/4丈のズボンは大きな段差の足上げが楽で、サドルと擦れるために補強してあるお尻のとこも岩肌でゴリゴリやっても平気。ただし、生地が撥水処理してないので浸水による被害は甚大。

こんなとこ。


|

« スティール! | トップページ | 春夏秋冬 »

コメント

先輩、一日違いでお疲れ様でした。

そろそろビールの後は熱燗!っちゅう感じになってきましたね。

これまた摂取カロリーの増加に・・・凹○コテッ

なかなかストイックにカロリー消費できない今日この頃。
(^_^;)

投稿: 酔いどれチロリ | 2011/10/31 11:17

●チロリにーさん、景色が望めないのでガムシャラに歩いたら、膝を痛めたようです(泣)。呑みも歩きもホドホドが~~~。

投稿: ローラーおとこ | 2011/10/31 13:03

自分も新しいトレッキングシューズ(登山靴じゃない)新調しました。
やっぱり履きたかったので、近所のホームセンターいっときました。(笑)
今度の土曜日に六甲でデビューします

投稿: Shallow | 2011/10/31 13:27

●ブラザーShallow!時間はまったく未定なんですが、関東の自転車トモダチを六甲に案内する予定でおります。どこかで合えたらよろしくお願いしますね!

投稿: ローラーおとこ | 2011/10/31 15:07

この時期に素肌で3/4パンツにしかも雨!
寒そう!
ですが寒くないみたいですねー。
今年の冬はどんな具合なんでしょう?

投稿: PEANA2 | 2011/10/31 23:52

●ブラザーPEANA2!今朝の”NHK天気予報”によりますと、本日の大阪の最高気温は25℃!だそうですよ。雨の六甲山中も20度近くあったような気がします。
心配だなぁ、スノーシューシーズン、、、。

投稿: ローラーおとこ | 2011/11/01 09:22

歩き5時間!
飲食5時間!

ってど~なの~!? (^o^)ノ

六甲山は土曜日に歩きましたが、ゴールデンルートは灼熱でした!!
汗ダラダラ汁沢状態で、カルシウム、マグネシウムが奪われ「こむらがえりに!」(≧∇≦)

やはり、日頃の鍛錬と減量を!!

知り合いさんいは、逢わずでした~♪  (^o^)ノ

投稿: buhi3355 | 2011/11/01 09:29

●buhi3355にーさん、ご苦労様でした。まだまだ生中がうまい季節で嬉しかったり困ったり(熱燗てきにどーなの???)。世界はこのまま終わってしまうのかなぁ、、、。どきどき。

投稿: ローラーおとこ | 2011/11/01 11:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スティール! | トップページ | 春夏秋冬 »