« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011/09/30

餃子

運動:自転車通勤+鉄棒で懸垂×2億回+家事ちょっと
飲酒:端麗350ml×2、角瓶ハイボウル×2

ひさしぶりに王将で餃子買う。餃子は生を買って家で焼くのがスジ。羽をつけたり焼き加減をチューニングしたり気まぐれに”揚げたり”といろいろカスタマイズしつつ。

味が濃いなとおもいながらも、王将の餃子でうわあごを火傷しながらビイルをしばくのはたまらん。
ラーメン二郎はラーメンではなく二郎という食べ物だし、天一のラーメンはラーメンではなくこってりという食べ物だし、同じく”王将の餃子”はもはや固有名詞かと。

餃子を食べ終わって宿題してたら激しい睡魔襲来。薄れ行く意識の中で風呂を沸かして入り、朦朧としながら米を研ぎ(新米はご存知のとおり、水少なめで)、アイロンがけや弁当の用意は翌日回しにして10時半に布団と一体化。年齢とともにどんどん就寝時間が早くなるのを実感する日々。
こんなカンジだから、山へ行って夕方6時就寝とかむしろ大歓迎であーる。


週末の予定:
月例のゲゲゲの実家手伝いに帰省。先週げっぷ出るまで遊び倒したのでまったくの悔いなし。
日曜夕方から小池さんが九州巡業に出るのでまたローラー受験生との二人暮らしが始まるが、そこそこ手を抜きつつ家事がんばりたい。

ラーメン:
普段全くお互いの仕事のことは干渉しないが、九州出張大変ですなと小池さんをねぎらうつもりで声かけたら、豚骨苦手やから博多ラーメン憂鬱やわとちんぷんかんぷんな返事かえってきた。
そこか、、、。


| | コメント (7)

2011/09/29

先入観とか

運動:自転車通勤+腹筋25万回+家事ちょっと
飲酒:角瓶ハイボール×4杯

ローラー受験生が暗い顔して帰宅。犬のばばでも踏んだのかと聞いたら、自転車パンクしたと。しかも後輪とな。
事の難儀さでいいうと、ばば踏むより後輪のパンク修理するほうが重罪やぞ。
しかし彼女がなにか事起こすたびに、また銭かかる話か?と思い込む親父を許してくれ。

陽がとっぷり暮れた暗いアパートの廊下での修理、難航を極めたわりには修復にいたらず。自分の腕が随分落ちたことにがっかりしたり。

先入観といえば:
この前の北アルプス涸沢ヒュッテで800万円の生中をしばいてたら目の前に

111_2
”マウンテンサイクリング乗鞍”の参加賞サコッシュを肩から下げた女子発見。
おもわず「おたくもですか?」と意味不明な声をかけそうになったではないか。

それを思いとどまりつつ生中あおる。苦労の挙句に飲む生中はさぞたまらんという思い込みが少なからずあったが、ちんちんに冷えたやつはどこで飲んでも美味かったという事実。

| | コメント (2)

2011/09/28

ハスラー80

なんのことやらわかるひとはそーとーおっさんです。

このまえ道歩いてたら、しっぶいハスラー80が信号待ちでマフラーからパンパンいわしてるとこ見た。
ダサかっこええとでも言うのか、仮面ライダーシリーズの戦闘員のマシンといえばハスラー以外にありえん。
そもそも空でも飛ぶ勢いのサイクロン号に2スト、しょぼサスのハスラーでどう戦えと?
ショッカーの組織運営なんてしょせんそんなもんやったんかと思いつつ、

出物のハスラー80は無いかと(あるわけないが)通勤途中にある小汚い中古の単車屋をのぞく。

現物なぞあるはずもなく。

仮にあったとしても家までの10キロの距離に自走が耐えられるかどうか。自走といえば自転車で日本海往復とかいいうトキに使う言葉であるが、中古のハスラー80も例外でない。

名神と東名つこて東京まで4時間かからんでいける単車より、ハスラー80のような心ぼそ~い単車でふらふらしながらどっか行きたいもんやなー。

運動:自転車通勤はじめました+鉄棒で懸垂二回+家事ちょっと
飲酒:角瓶の水割りをごきゅごきゅ飲んだ


| | コメント (13)

2011/09/27

仕事の山は、登ってもツマラン

運動:ギクシャクした動きで通勤+立ち飲み+からだをいたわりつつの家事いろいろ
飲酒:大阪駅前ビル「たよし」で生中+菊水の冷酒をごきゅごきゅと

浮かれるヒマもなく、仕事に引き戻された週明けだぜ悲しいぜ仕方ないぜ。
しかし全身にくまなく乳酸が満たされているが、なにか手っ取り早く解消する方法ないもんか。からだの動きがすこぶる悪い。追い討ちかけるようにこの前の定期健診の結果が発表されて、今回も尿酸値は堂々の二桁だ。

ありがとうなのだ:
シニアのおっちゃんとかおばちゃんは、どちらかというと得意なほうでは無い。いきなりヒトの話にくいついてきて、無理矢理あめちゃん押し付けてきたりとか、なにかこうちょっと厚かましい態度やったりとかで。

それが、今回の登山の最中、自分が一番心細かったり恐ろしい目にあったり孤独に押しつぶされそうになったとき、真っ先に声かけてくれたり手を差し伸べてくれたりしたのは、そーゆーヒトたちやった。

これからは、もうちょっといろんなヒトに自分も優しくしようと思う。

追伸:
もしかりに山アカン!と思ったときは、自転車で乗鞍へでも走りに行こうという逃げ道を用意していた。
157_2
人生、遊ばな孫!正義。


| | コメント (0)

2011/09/26

暮らしのメモ

食事計画のことをちょっと記録。
山の飯も身の丈にあったものにする必要を痛感した。最近の山ブームに乗って山の料理本とか目にする。立ち飲み読みで余分な知識を仕入れたものだから、事前の献立がめちゃくちゃになって最後は無理やり胃袋に突っ込んだカンジ。

23日(昼) 吉野家・飛騨高山店で牛丼並+味噌汁
23日(夜) カレーライス(ご飯を炊くのはムリがあった)
24日(朝) レトルトシチュウとパン(合格)
24日(昼) 小屋のカレー(行程的にギリギリな線)
24日(夜) ちらし寿司(米を炊いて、寿司太郎を混ぜた。米炊き失敗のリスクが大きいので危ないメニュー)
123
24日(夜その2) 寿司ネタが少なすぎて後半は野菜スウプに酢飯をジョイント
125
味は悪く無い。むしろこっちの方が喉の通りがよい
24日(夜その3) たった一合の米にてこずる。残った米を玉ねぎスウプで雑炊に
129
しかし、見事に炭水化物祭り。
25日(朝) ミートスパゲティ。フォークと箸を忘れたことをここで思い知る。
134
知らない虫が2,3匹入ってしまったが、ミートソースからの救助が困難と対策本部で判断し、そのまま混ぜ込んでいただく。
25日(昼) 魚肉ソウセイジを焼いてロールパンに挟んで。お茶類を忘れたのは痛恨のミス。妄想だけで白湯を飲んだ。

今後の対策:
朝飯は絶対水気重視で。米は二度と炊かない。ラーメンが以外と不人気(オレにとって)。山で凝った料理はハナから考えるな。

あとおまけで涸沢からみた朝日。
142
来月は紅葉シーズンなので凄いことになりそう。ちなみにこの週末のテント数は約500で、小屋も布団一枚に2,3人が寝るはめになったらしい。

徳沢園の前にかかる橋を渡れば、魔界から下界へもどる瞬間。
151

獲得標高5,500メートル、MAX標高3、190メートル
使ったお金14,000円ぐらい(ガス代、高速代含めて)


| | コメント (7)

痺れてばかりもおれんので、、、

体重は64キログラムから62キログラムへ、体脂肪は16パーセントから13パーセントへ、靴下片一方、100円ライター、単三乾電池、トレッキングポールの先っぽ両方、ほかこまごましたモノをこちらの意図無しに

「落としてきた」。

・・・・

三角点で写真撮ろうにも人だかりで近寄ることもできず。残りのパンをかじっていたら眩暈がしてきて立ってられんようになるし、酸素が少ないからとーぜん呼吸の回数も犬なみに早いしこれは早く高度下げやんとまずいなと実感。

085
力の有り余ってる若いれんちゅう

名残惜しいので「笠ケ岳」を目にやきつけておく。
088
鎖場とかなければ来シーズンは一発しばきに行きたい山。

西の人間には縁遠い富士山なども。
067_2
けしごむでともだちのもみ上げを力任せに上下にこすりながら「富士山見せたら~!」と凄んだ小学時代が懐かしいわー。

一応地図で確認したらばこっから奥穂高山荘とやらまで30分と書いてあるのでとーぜん鵜呑みにしたら
086
小屋は見えてるのに全然近づく気配ない。その向こうにはうつくしい涸沢岳やらいう山もあるが、そんなもんはもうどーでもえーからはよ小屋にたどり着かせてくれと、そればかり。


これは小屋にたどり着いてから撮った写真やが
093
最後の最後に「梯子二連発+長い鎖一発」という仕掛けがあって、登る人やら降りる人やらで大渋滞中。
上と下に長野県の山岳警察の人がまさに「交通整理」してたので、さっぶい風に吹かれながら山肌にしゃがみこんでフルエながらひたすら順番を待った。

ここで落ちたらアホなのでというより死にたくないので慎重に。けど、もう、集中力が途切れ途切れで鎖を持つ手も限界ゾーン突入。奥穂高頂上で一旦終息したかにみえた”はらいた”が小屋にたどり着くなり勢力盛り返す。梯子をおりてる最中にうんこもらしでもしたら翌朝の長野新聞の社会面を、ええとしのおっさんがにぎわすハメになってもなと思ってトイレにかけこむ。

便器に座りながら半ば放心状態でいろいろ弱気な事を考えた。ここで今日泊まってしまうと翌日の行動はもっとすさまじいものになる。今日がんばっとくか、明日に先延ばしするか。

そーいえば恐怖のあまりまともなものを食べてなかったのを便器の上で思い出したので
090
小屋でカレーを。800円で生き返る。お世辞ぬきでうまい。ヒトは苦しいときつらいとき道に迷ったとき必ずカレーを食べよ。そうだ、こんなとこで死んでたまるか。オレは大阪帰ってまだまだ食べなあかんカレーが山ほどある!

カレーに勇気をもらいつつ下山開始。
098

涸沢のテント場はスグそこに見えているぜ!!!
097
下るぜ、ザイテングラート(道の名前らしい。イミ、しらん)。

しかし足腰もうへにゃへにゃ。
段差の大きい岩のとこなんかは、ほとんど尻の摩擦だけでおりるはめに。
095
ここでも、生易しくない鎖場があったり

ふりかえると、震えながらあるいた吊尾根が見えたり
100

あいかわらず長野県警のマシーンはソラからなにか探していたり
101

もう、なんか、自分はいったいどこへ向かってるのかわからんようになってきたころ、
103
ようやくそれらしき景色が。人間、嬉しさやヨロコビを通りすぎたら目から入る情報に対して無機質になるのかと判った。ともかく本能でそっち方向へ行くだけ。


ゴール。
106
9時間労働が幕をおろした。しかしこのあとまだ残業(テント張り、めしづくり)が待っている、、、

| | コメント (4)

2011/09/25

燃え付きました、、、

080_3
クリックすると背筋が凍るぜ、、、。(ザイルやハーケンを使わないで登れる国内最高難度(らしい)の岩山。前穂高頂上から写真とりました。のぼりに行くなら遺書書くかな。)

060
”吊尾根”というトコロの足元。小銭落としても拾いにいけないぜ、、、。

・・・・

自分で撮っておきながら、一日たった今でもこの写真を見ると、手のひらが汗でしゃびしゃになる。

9月23日(秋分の日):
上高地バス停に11時到着。この日は岳沢(だけざわ)という場所まで二時間ちょい歩くだけでいいから、スタートも遅めで。

Dsc04605
ひとの重みで落ちそうな河童橋

Dsc4608
ちょうど股間のようなとこがこの日の行き先。

木やらコケやらで陰気臭い中を二時間ほど延々登ると
Dsc04618
岳沢ヒユッテとやらについた。数年前に雪崩全開で全壊したという。再建して定員30人の規模。
しかしブーム凄い。二時半ごろついたらテント張る場所あらへん。

Dsc04622
こんなカンジで小屋から100m以上山道登ったとこの茂みの中に点在する。そこも無ければ小屋の前に張らしてくれるといわれたが、そーなると未明には撤収するという条件がつくので。しかし、しっこ行くにもうんこするにも水をもらいにいくにも、登山靴に履き替えてがれがれの道を100mも降りていかねばならんとなると、うっかり下痢にもなれんので注意がいる。

Dsc04623
せまくるしいキッチンで

山一発目の食事は、けーきづけにカレーなど。
Dsc04624
しかも、米から炊いた。計画段階では、アルファ米という登山にうってつけの科学的な米を用いる予定だったが、震災支援やらで大量に流れていってるとかで、大阪中をしらみつぶしに探したが見つからず。

カレー食ったら立ち飲み屋も見当たらんしビイル飲みたい気温でもないしで、わざわざに家から背負っていった角瓶(の中味)を湯で割ってごきゅごきゅやりつつ試しに6時就寝。エアマットから地面のでこぼこが伝わってなかなか寝る体制に入れんやら、隣のテントで夫婦喧嘩始まるやらこんなとこまで家のごたごた持ち込むなやワ~レ~と小声で毒づきつつ知らんまにウトウトしてたら

寒い。

おい、だれや、エアコンのスイッチ切り忘れてるアホはとか思いながら時計をたぐりよせると
028
この温度は一瞬冗談かと思った。

9月24日(運命の土曜日だったと言ってミル):
寝たような寝てないような。結局一晩中寒かった。シュラフの中であれこれ考える。このまますごすご上高地までおりておでん食いもって熱燗をキュ~っとひねってとか、いや一応いけるとこまで行って自慢できる程度の景色だけでも写真に撮ってとか考えてたら、夫婦喧嘩のテントから片付ける音が。

上高地が雲海に沈んで、一番向こうに乗鞍が見えた。
029
誰一人おりる雰囲気おらん。自分で決めた計画に腹をたてつつぺしゃんこになったバターロールとレトルトのシチューをしょぼく食べ、夜露が凍りついて溶けてないテントをバリバリいわしながら強引に畳んで、出る。前日野菜を食ってないからとーぜん快便ならず。

”重太郎新道”というむかしのおっさんの名前のような登山道を地味に。そーいえば大阪にも梅田新道という派手な登山道があって近くには北新地という避難小屋もあるのに、ここはなーんもない。
家出るときに計った背中のザックは20キログラムあったが、ものの30分も歩かんうちに2,3回は捨てて行ったろかなと思ったことか。

ときどき自分撮りして激しさを醸し出す。後ろは「焼岳」。
037
醸し出すというよりあまりにしんんどいから自然に苦しい顔になる。

岳沢からちょうど2時間でついた。
044
ここまで写真になるような荒っぽい場所はいくつもあったが。長くて不安定な梯子だの鎖だの落ちたらものの4,5分で上高地までイケそうなほっそいガケだの、カメラを出す余裕をかます暇もなかった。

この分岐の看板から殆どのひとは”前穂高”に登るが、パスした。この時点で自分に往復60分の岩登りをする余裕は無い。体力的な面やら集中力やら。”ソロ”いうのは自由であると同時に、全部自分ひとりでまかないきる必要がある。普段から一人で立ち飲みに行ってこれ以上飲んだらあかんとかまだ飲めるとかの判断力が、ここで役に立つ。

今から行く道(吊尾根)を見る。
047
クリックしたら赤丸のとこに人間が見える。

背中重たいから足へにゃへにゃなる。やっと渡りきったら

次、これ。
049


しかも一方通行ではないので前からも来る。岩にへばりついてやり過ごしたり。

来た道を振り返ると
053
三角定規なみの斜度だったり。

それにしてもさっきから長野県警のヘリコプターが自分の周りを上がったり下がったりしながらしきりになんか探してる。手を振りたい気持ちをぐっとこらえてパンをかじりつつ先へ。
058_2
(あとで判ったけど、同時刻にスグ近くでロッククライミングしていた女性が200メートル滑落して亡くなったらしい。どうか安らかに。)

段々集中力切れてきた。足もうまく上がらんのが判る。怖いので岩を強く握りすぎて握力も残り少ない。
061
背中の荷物が重くてバランスとりづらい上にこの登りはないやろが!と文句言う相手もいないので黙っておいたが、こころの中は自分の無謀さに叫びまくった。

※実は、落石を起こしてしまった。自分と入れ違いでカップルが上からおりてきた。安全な場所で退避して登り始めてすぐにだれかが「ラク!ラク!ラーーーーーク!!!!」と叫ぶと間髪要れずに女子の声で「痛っ~~~~!」と。血の気が引いた。しでかしたことの恐ろしさがスグに理解できて全身から力が抜けていくのがわかった。
謝ってスム話ではないが必死で謝った。幸い怪我は無かったそうだが、そのあとこっちのメンタルのヘリ具体というたらもー今すぐ家に帰って布団に潜りたい気分。

けど、登るしかないわけで、、、

奥穂高の頂上が見えても、さっきの事件で嬉しさ帳消しなど。
066
悲しい思いをしに山に来たわけではないが、自分を責める必要を感じる。

そんな悪人なのに、山は容赦なく美しさをひけらかすのでタマラン。
071
クリックするとしびれます。

081
うだうだ言いながら岳沢出てから5時間で。嬉しいより死なんですんだとかそればかり思う登頂であった。


つづく


| | コメント (21)

2011/09/21

まくら

物欲に流されるままに、迂闊にモノを買うことを控えよう、、、と思った尻から
Dsc04599
、、、マクラ買う。


日常生活に必要なまくらは、ここ何年も買うや買わんやでいきつもどりつしてるのに、登山用の枕は躊躇せず買ってしまった。この思い切りのよさを実社会に生かす方法無いもんか?

、、、無いわな。


| | コメント (5)

バカにつける薬はいつも手の届かない場所にある

運動:通勤往復+家事ちょっと
飲酒:端麗350ml×2

今更胸を張って堂々と宣言するまでもなく、自分に呆れたので日記にでもと。
TVをつけるとあわただしい気象ニュースばっかり。決壊寸前の土砂ダムの様子とか不安げに祈る住民とか。
それなのに自分の一番の関心事はというと「週末の連休、山登れるんかいや?」だ。

自分には単なる遊び場所でも、現場では沢山のヒトの暮らしとかイトナミがあるというのに、おれはいったい何を考えておるんや、、、。

・・・っとまぁ一応思ってはみたものの、実害がなければ当事者意識が地面スレスレに低いのは人間のサガであるからどーか見逃してくれや(誰に頼んでるんねん)。

生きてる不思議を見直すときかも:

誕生日が来たってもう今更嬉しくも何ともないねと軽口を叩いても許される歳になったというのは、大嘘だと分かった。”黙っていたって明日は来る”というのは大間違い、げんに昨日あった家が今日忽然と姿を消すってことが全国でばんばん起きてるのだから、ほんま、たまらんわ、、、。
ナニに感謝すればいいのか知らんが、これからは誕生日ごとに「生きてる節目」を思い返そうと思う。
濁流に飲まれたひとたちは、もう、この世に節目を作れないのだから。


ローラー受験生がくれたプレゼント
Dsc04601
謎のぬいぐるみとな。

何かよい使いみちを模索中~
ほんまもんのビイルをごきゅごきゅ飲みたいとこを我慢して発泡やら第3やら飲んでるヨコでケータイ代を湯水のようにつかうローラー受験生に我慢ならんときは、こいつをデラックス電気あんまで痛めつけることにしよう。


Dsc04600
へんなかお。

| | コメント (7)

2011/09/20

山もお忘れなく

日曜日に50キロメートルという破格の距離をサイクリングしたので尻の皮がひりひりした。そしてドロップハンドルで体を支えたので上腕が痛い。そんなこともあり、中学のときに不良になるからという理由でドロップハンドルが禁止されいた理由がようやく判った。(なんでやねん)

キャツラの顔でも見にいくかと久しぶりに六甲山のいつもの中腹まで行ったら
Dsc04591
息子さんと保護者の方が出迎えてくれた。

秘密の(でもないけど)展望岩でラーメン。
095

登山口まで戻ったとき、岩陰のむこうから来たリポビタンDの宣伝そっくりな二人組みと鉢合わせした。
頭のてっぺんからつま先まで「オレ、トレランやってんねん!」いうカンジの衣装と顔立ち(?)。フイを突かれてしまって口から出た言葉が「うっわ!トレラン!」という大変しつれいな言葉。
360度スキの無いトレラン人はたいがい歯が白い。クールミントのような笑顔。足取りかろやか。全身コンプレッション。股間は、、、知らん。
立ち飲みいって「銘柄なんでもええから、酒、常温で」というセリフは絶対言わないだろう。

爽やかな人間を見るとなぜか腹たつ。なんとなく敵意むき出しの山男になりたい。
がははは。


| | コメント (5)

思い出めぐり

日曜日の記録~
運動:自転車乗った!
飲酒:余韻に浸りながら端麗350ml×4ぐらい

なにかキッカケを待っていたような気がする。それぐらい今の自分にとってサイクリングに行くってことは一大事。
どんな衣装を着て何を携帯してどーゆーペースでどこを走っていいのか皆目見当つかんぐらい、ロードサイクルから遠のいてしまったので。

寝ているあいだも夢をみるぐらい、当時はジャンキーだったのにな、、、。
京都の山間にあるサイクリストのランドマーク「日吉ダム」まで”車で”。そこへいたるまでに箕面や摂丹街道や一庫ダム沿いやらで大勢のサイクリストを見た。
単独で楽しそうに追い風に乗ってるヒト、集団で目を三角にしてもがいてるヒト、以前の自分を沢山見た。

で、サイクリングが始まる。
美山町の茅葺の集落すごい久しぶり。試走、レース、練習、なんとなくブラリと、、、そーゆーの全部あわせると何十回も来たので懐かしい場所。ところどころ知らないバイパスみたいなのが出来ててびっくりした。
それと、このまま走って”九鬼ヶ坂”を越えるのかと恐れていたら、綺麗な新道ができていて九死に一生を得る(これホンマ)。
このヘンからもう二山ほど足伸ばしたトコにある佐々理峠ヒルクライム大会とかも2,3回自走で行ったりしたが、当時はどーしてそんな馬力があったのかな。恋愛でも自転車でも「情熱」いうのは恐ろしい力を出すもんやとつくづく思う。

そのあともメンバー全員に労わってもらいながら目的の蕎麦屋へ。
サイクルジャージの背中に入れた宇宙食のような物を走りながら食べて、あとはひたすらペダルを回すダケの当時、こんなふうにグルメや甘味処にもうちょっと注力しておけばよかったなぁと思うけど、今からでも遅くない。
遠く速くでなく「近く美味しく」を目指すようなサイクリングで一から出直すぜ!


kiyoshiあにきご夫妻が差し伸べてくれた愛の手、そして同行いただいたブラザー俊パパにも最大の感謝を。

Cona
グルメライド用にポジション修正~(眼下にはコーナンPRO)

| | コメント (6)

2011/09/17

メンテナンス

ロードサイクルの部品の中で、一番革新的に思えたのが「ブレーキレバーと変速レバーの一体化」。
それ以前は、坂道に取り掛かると視線を前方に見据えたままおもむろに、添えていたハンドルから手を離してフレームに取り付けてある小さなレバーの角度調整をして変速するという職人技のような動作がひとつのポイントになってたので、それが一気に開放されたという寸法。

二年越しのワイヤー交換など。
1
スラムの変則レヴァーにシマノのシフトワイヤーは互換性がないという通説を覆す。

機構が複雑になると整備方法もそれにつられる。この部品も例外ではない。プロメカニックなら朝飯前でもここは素人なのでより慎重に。

自転車に気の毒だとは思いつつ、丸々二年間一切の整備をしなかった自転車に目を向ける。
”消耗しきった”消耗品の数々や”回転を渋る”回転部分や 鳥の糞が固着した本体やら、自転車と過ごした蜜月の日々を思い出すように一個一個 魂吹き込んでみた。

あとは、腰痛にまったく不安を抱えていなかったころのポジションを大幅変更して(前傾姿勢よさようなら~)作業おしまい。


| | コメント (0)

2011/09/16

コーナンPRO

運動:自転車通勤+鉄棒で逆上がり4万回転+家事いろいろ
飲酒:端麗350ml×2

事件は必ず朝起きる:
大切な内容のプリントをわたされたり、体操服のゼッケンつけろと言われたり、特別な文房具が要ると言われたり、
育児の一大事はなぜか決まって「朝」だぜ(怒)。

ローラー受験生の起床一発目の発言が「家にペンキある?」

あるわけなかろ(怒)。

この週末に高校最後の文化祭とやらでペンキ担当らしいが、朝の6時にあいてるペンキ屋があったら教えてほしいわとイカリながらベランダで洗濯を干す眼下に見るは「ホームセンター・コーナン」。
しかもただのコーナンではない、”コーナンPRO”。
早速ローラー受験生を引き連れて7:00時開店と同時に突入した。

しかし朝一のコーナンの空気の何とスガスガシイことか。昼間の喧騒がウソのようにシンと静まり返った店内は新鮮な建材の匂いがして触れるとひんやりつめたいコンクリートブロックなど。おもわずコンパネに頬ずりしたり。

無事ペンキを買って事なきを得る。

また行きたい。
風雲急を告げないトキに、、、。


| | コメント (9)

ツール・ド・アオモリ

カレー屋の店先にあったフライヤーを何となく手にとってみた。

Dsc04526

分厚いダンボール紙にただごとではない雰囲気を感じる。
かいつまんで内容をザッと紹介すると(主催者は知り合いでもないし、別に肩入れするつもりもないけど)、参加費12,000円にひとまず驚いた。ただ、この中に含まれているのが
”限定Tシャツ、昼食、サイクルトレイン乗車賃、保険、オリジナルレンタサイクル代、ワークショプ参加費”と盛りだくさん。

脚力自慢や完走した達成感を目指すイベントとは一線を博して、
弘前から弘南鉄道のサイクルトレインに乗って大鰐(読み方わからへん)まで行って、名物のもやし料理食べてアップルロードとかいう道を走りつつ 名物のりんごとかアイス食べて 漆塗り体験でスプウン作って、、、ま、自転車はあくまで移動手段のひとつ・エッセンスであるという捕らえ方。

・・・・

サイクリスは何かというと「ツールド」という単語に敏感に反応してしまう性癖がある。
そもそも山・坂こえて過酷なたびを幾度も幾度も繰り返すようなサイクリングをなぞらえて”ツールド”でひと括りにするほうがおかしいのかもしれない。


どーゆー組織が暗躍しているのかキニなったので早速検索したら
Dsc04524

おいおい、これ、どーゆーこっちゃ、めちゃくちゃCooL!!!なサイトではないか。
ツール・ド・キョウトなんてのもあったのは知らんかった。不覚だ。自転車で遊ぼうとするナカで、汗臭くないというココロミはごきげんだ。


大腿二頭筋:
自転車乗らなくなって体重じゃんじゃん減少中。推進力を発生させる要のひとつの大腿二頭筋のすたれ具合は目を覆うばかりというか目で見てハッキリわかるぐらい細くなった。脂肪を減らすのはむつかしいが筋肉減らすのは簡単。


| | コメント (4)

2011/09/15

カレー屋を目論む

~子供のころは親が小さい食堂を経営していたが、売上げのことでしょっちゅう暗い顔していたのが子供には悲しかった~

なので

カレー屋をするならなにか秘策をと思う。

当時、中学のクラスメイトの家が喫茶店やっててなんで流行ってんの?って聞いたらエッチな漫画多いからやろと言うのでなるほどと思った。しかしエッチな客をあてこんだカレー屋というのも世間の風当たりを考えるとどうかと思うが、いっそのことレモンスカッシュが美味しいと評判のカレー屋とかどうか?冬はおでんがおいしいカレー屋になったり春は竹の子ご飯の美味しいカレー屋になったり、それはカレー屋とは言わんのではないかと聞かれたら、カレーの美味しい電気屋があってもカレーの美味しい風呂屋があってもいいじゃないかと反論したい。

カレーにサチあれ。


| | コメント (6)

スーパー探偵団結成

メンバー:わし


夕飯の用意をするついでに乾物コーナーをパトロールしたら思いがけない出会いがあったので。

一発目
Dsc04519
ちょっとうさんくさい気がせんでもないが、山とかキャンプで食べるご飯に彩りを添えるのではないかと期待して購入。

二発目
Dsc04520
インスタントラーメン用のカスタムパーツ発見。乾燥させた野菜や肉が入ってるもよう。これだけ湯で戻してパスタとかピラフに入れてもイケるかもと期待して購入。

ヒビの暮らしの中での料理は後片付け含めて面倒くさいしつまらんしこれが死ぬまで続くのかと思うとゾっとするトキもあるけれど(食べるのはスキ)、アウトドアという看板がついたら話は別。規定の材料を使ったオーソドックスな食べ物をワザと作らず思いがけない方向性を見出したり、足りないものを別の何かで代用したりとか、料理=イコール、”工作”みたいで楽しくなるのでな。


三発目
Dsc04521
今のところどーゆー展開に持っていくか未知数だが、これだけでも酒のアテになるかもしれんという期待をこめて購入。

運動:自転車通勤+ヒンズースクワット6万回+家事いろいろ
飲酒:端麗350ml×3

夢はプロの黄レンジャーです:
この前食べたカレーをどーしても再検証したくて行ってみた。”辛口料理 森元”という。
ビイフとチキンの二枚看板に隠れてひっそりと不定期に”野菜カレー”というのがあるらしいので、それ目当てで。
辛さ度はビイフやチキンに一歩劣るがスパイス度は格段に上。自分は美味しいなと思ったが、スパイスを真正面から受止める自信の無いヒトは食べないほうがいいと思う。

で、他にお客さんがいなかったのでどーやて作ってるのかいろいろヒアリングした。
欧風カレーのように何時間も煮込むカレーとは方向性や素性が少し違って、印度人が三度三度作って食べるので特に難しいことはぜずに「クミン」と「コリアンダー」が一番キーになるのであとは好みで塩加減だけだと店長談。
どこか静かな海辺かあるいは山奥で、一日一人来るか来ないかのようなカレー屋をやりたい。

ただし売上げを期待できないので店の名前は”年金カレー”とかで。
新政府がんばれ。


| | コメント (6)

2011/09/14

自転車のある暮らし

運動:自転車通勤+ラジヲ体操+家事ちょっと
飲酒:端麗350ml×1、ワイン×ごきゅごきゅ飲んだ

充実のリカーコーナー・ジャスコ野田阪神店ではなく、自宅ごく近所のジャスコ●●店で陳列棚に隠れるように立っていた、
Dsc04516
自転車ワイン購入。

それに合う飯を作ろうと思った矢先にローラー受験生からのリクエストもあったので
”ワインに合うばったもんのイタリアン”19発目
Dsc04517
ミートソースグラタン。
夜ご飯に炭水化物を食べたのはいつ以来か思い出せん。朝炊いた米の使いみちは
1.朝ごはん
2.昼の弁当
3.ローラー受験生の夜ご飯
で、使途不明米は一粒たりともない(はず)。
寝ている間に成長ホルモンを分泌させる必要もないしどちらかといえば、消化に関する内臓全般を休ませてあげるべきではないかと思って牛や豚もあんまり食べない。漬物とか野菜とか、あと魚すこし。
ただし、肝臓は不眠不休で、、、。

二年前にツールドオキナワ走って以来、一度も整備したことのないチェーンやらワイヤー類やらでも交換するかと意気込んだが、カレーに伴う遠視(?)やらその時点での酩酊具合やらで決行に至らず。

つづく


| | コメント (3)

2011/09/13

特になにも無く

5:30に起きてローラー受験生と自分用の弁当作成、朝飯作成、洗濯、食洗器にうつわをぶちこんで出勤

7:30から毎度毎度の早朝会議とやら。暗い話ばっかりでいやになる。

12:00弁当食いながら電話会議続行。発言がまわってくるときに限って口の中がご飯で満載、死にそうになる。

18:00宿題をカバンに詰め込んで退社。途中、自転車のトモダチやら立ち飲みのトモダチやらに遭遇したが、鉄の意志で帰宅。

18:30歯科医へ。美人女医から陵辱プレイを受ける。口の中ってかなり恥ずかしい。

19:30晩飯作ってローラー受験生と黙々と食べる。食洗器にうつわをぶちこんで宿題したり満月見たり。

22:00宿題に飽きて風呂入ってちんちんに冷えた端麗350mlを2本押し当ててじゃなくて飲んで洗濯取り込んで
しばらくぼんやりして翌朝の米研いで

寝た。

サマリーにすると、なんかつまんない。

| | コメント (5)

2011/09/12

キリが無い

月例の実家作業。雑草の生命力に舌をまく。

盆前に地面が見えるほど枯らしたはずなのに、
Dsc04515
なんじゃこれ!?

草刈機を1時間以上振り回したあとは
Dsc04513
劇薬を調合して

枯葉剤を散布する。
20110911134037

波の音で目覚めたり、ドアを開け放した便所からうんこしながら碧く光る海が見えたり、今住んでる大阪市内の狭いアパートでは考えられないような風景もあるが、それ以外はなんも無いなぁ、、、。

帰省するたびに、自転車に乗ろうとか裏山に登ろうとかシーカヤックでも出してとか(持って無いけど)いろいろ妄想するが、現実は田舎なんてどこも過疎化が進んで労働力の担い手である自分ぐらいの人間は、そんな遊ぶ暇と体力があるなら手伝えとうるさく言われるし、
言われなくても荒廃してゆく木々を見ていると、とても自転車乗ってる場合違うなという気持ちになる。

正直、つらい。

普段は便利な都会に住んで、自分の都合のいいときだけ田舎のよいところを享受してとっとと帰って、あ~あの高原の・あの山奥の・あの川沿いの、、、サイクリング最高やったのぉー!ハイキング最高やったのぉー!と気楽に生きてるほうがいいに決まってる。

除草剤で呼吸がおかしくなったり手が荒れたりって苦労、やってみて初めていろいろわかってきた。


バリウム:
金曜日に職場の健康診断があり、今年も男らしく不必要な勢いでバリウム飲んだ。診断後に配給された下剤がなぜか今年に限って効き目バツグンでバリウムだけでなくその他排泄する必要のないものまで排泄されしまった(ような気がした)。夜中にようやく腹痛も治まってやれやれと思っていたら翌、土曜日

実家で草刈をしている最中に再び第二波襲来!
機械を放り投げて玄関めがけて急ぐ途中、服を着た背中の上を”足なが蜂”に刺された。背中痛いわ腹痛いわ久しぶりに味わった二重苦はサイコーだ。

| | コメント (6)

2011/09/09

腰痛の旅なのだ

ここしばらく、仕事カンケーの本ばっかり読まなアカンといううっとしい毎日で、一服の清涼剤というか接着剤というか屁でもこきつつ口を半開きにしてホゲホゲしながら読める本に餓えてたら、これしきアニキが別んとこで紹介されてたので跡を追ってみた。

Dsc04512
治療の方法は一切書いてないしオススメの治療院ガイドブックでもない。40歳ぐらいを境にして腰痛に苦しみ始めて多種多用な治療・祈祷・希望・絶望を渡り歩いた話がいろいろ。

腰痛界をただよう笹舟の一隻として(わしです、わし)随分共感できるトコ多かった。

自分の場合は明らかに30年の歴史と伝統をほこる自転車道楽と、あとデスクワーク。以前は日記にも頻繁に腰痛い腰痛いて書いたけど、あんまりやいやい書くのもみっともないやろなと思って書かないでおいたけど、実は今でも毎日24時間痛い。いたくて夜中に目がさめて、ついでにしっこ行ったりとかも。

健康診断:
体重減った。体脂肪変わらず。けど、目視確認でもわかるぐらい足、細なった。腰が痛くて自転車乗れやんくなって夜の舞洲行かなくなったらサイクルジャージに着替えることさえ億劫になってしまった。へちょいレベルでもそれなりに積み上げた筋力やら心肺機能やらがものの見事に崩れ去っていってる。
最初はそれに焦りも感じたが、遅かれ早かれそーゆー時期は来るもんやと最近は納得。潮時という言葉を実感した。

けど、潮には満ち引きがあるように、ツールドオキナワとか乗鞍とかシマノ鈴鹿とかもいずれまた出たくなる日が来るかもしれない。
それとは別に、金沢方面のアニキが毎年石川県の山々をロングライドするドメステックなイベント(?)やってるから、それ目指して自転車ともういちど恋に落ちてもいいなと思ったり。


| | コメント (4)

からい

運動:自転車通勤+腹筋35万回+家事いろいろ
飲酒:飲んでない


ひさしぶりの黄レンジャー活動
Dsc04510
大阪地方裁判所の裏手に前々からきになる店があったので、なんの予備知識もないまま突入した。
ナゼ予備知識を仕入れなかったかというと、このまえのエントリーに書いた「路線バス旅行のTV番組」、旅のススメかたがあまりにもアナログなとこに(真実はさだかでないが)共鳴受けたので、じゃぁ自分もグルメブログとかをあてにしないでみようかと。

ありがちな、雑居ビルの一室で。
Dsc04508

カウンターだけの静かな店で先客は一人。メニュウはビーフとチキンだけ。トッピングとか書いてない。黄レンジャーは小細工一切無しのカレーがスキなので食べる前から明るい未来を予想する。

で、その味わ看板どおりのカラサ。ただし、大量の玉ねぎからくる甘さとか複雑に調合された(と思う)香辛料、そしてなによりもカレーとのマッチングを考えたかのようなスコシ固めの白ご飯、つけあわせのピクルスの上品なこととか、トータルで「けっこう惚れました」。

辛口料理とか:
この場所からそう遠くないとこに辛さで大阪1,2を争う店がある。数ヶ月前に食べにいったが、多くのグルメブロガーの賛辞とはウラハラに「キミらの舌は大丈夫か!?」いうぐらい酷い目にあったのを思い出した。
それは”辛い”というより”暴力”に近い。しかもスジの通った暴力ならまだしも、道歩いてたら前からきたおっさんが突然地面に放り投げてある木材のきれっぱしを拾い上げて滅多やたらに振り回すようなそんな横暴な辛さとでというか、、、、一方的に辛さを押し付けるのはちょっとどーかと思う。

暴力カレーと同じくここも「ルー、おかわり無料」。暴力カレーのときは舐められたらアカン!、黄レンジャーとしてのプライドにかけて!という敵対心でおかわりしたけど、ここは違う。自ら望んで煮え湯に浸かったというか、

最初のオーダは「チキンカレー」にした。やわらかく煮込んだカシワの骨付きもも肉が2本とキーマっぽいしゃばしゃばのルーで、おかわりお願いしたら「ビーフ?チキン?」とよく判らんこと聞かれた。

つまり、最初はチキンカレーを食べて、おかわりにビーフのルーを楽しめる素晴しい方式。すなわち「スバラシステム」。しかもおかわりしたビーフのルーには牛肉が一杯ちりばめあったし。
昼間はけっこう混むらしいから、またいくなら夕方とかにぶらっと。久しぶりにええ活動ができて

満足だ。

| | コメント (7)

2011/09/08

Bob Marleyで夏を引きずってみる

秋だからといって性懲りもなくジョージ・ウィンストンなんか聞いたら気持ちまで秋になってしまうのでそれを食い止めるために「NO WOMAN, NO CRY!」とかYoutubeにスガッテみたけどレゲエを聴こうがサンバを聴こうが、結論としては「秋は秋」。

秋は恐ろしい。性欲以外の欲望がすべて表立ってくる。やっぱ運動や運動!
自転車乗る?

| | コメント (0)

巻積雲と言うらしい

洗濯干す手が思わず止まって見とれたソラ
Dsc04507

場所は違えど、今朝同じソラをながめて秋本番を実感したヒトは多いはず。

今の空気感だと「autumn」で、晩秋が 「fall」って解釈でええのかな?ま、どっちゃにせよ加速度的に熱燗がうまくなっていくのは大歓迎やし。

運動:自転車通勤+立ち飲み+家事ちょっと
飲酒:だから立ち飲みでサッポロ大瓶×1

大阪駅前ビルの立ち飲み屋の中でも激安頂上決戦を制するいきおいの店での話。隣の紳士の動きがやたらせわしない。ナニをしてんねん?と思ったら次から次へとアテをオーダーして胃の中へ放り込んで行くのでびっくりした。立ち飲みレベルを逸脱、しかも確実に成人病になれるメニューばっかり。普段から”肉肉しい暮らし”ばっかりしているんだろうが、そーゆーのはよくないと思うわ~、と

目くそが鼻くそをあざ笑った水曜の夜だぜがはは。

| | コメント (4)

2011/09/07

ルイ!ルイ!

運動:自転車通勤+立ち飲み+腹筋50万回+家事ちょっと
飲酒:だから立ち飲みで一番絞り500ml×1、熱燗×二合

偶然立ち寄った店で今シーズン”初熱燗”。まだちょっと早いかと思ったが、何の違和感もなくするすると内臓に浸透していった。理由は簡単、「だって秋なんだもん」。

居合わせた知合いとの会話で、路線バスだけ乗り継いで旅をするとかいう趣旨のTV番組の話になった。
日に数本しかない辺境のバス路線に苦労したり、次のバスまで4時間以上もあって店一軒無い街道で暇を持て余したりと、豪華な料理に舌鼓を打って名湯に身を沈めるだけの旅番組とは一線を隔すので、けっこうおもろい。

忙しいスケジュールの芸能人には難しい仕事やなと思ったが、旅人が太川 陽介と蛭子 能収プラス女子一人なのでなんとなく納得。
演出なのか本当なのか知らんが、紙媒体の地図と停留所の時刻表と案内所と偶然の人情だけでバスに乗り継いでいくのは凄い新鮮。もしかりに、スマートフォンとか持ってたら多分この番組見やんと思う。

急がない旅とかしたいな。

スグ喉が渇くように、自分の中で旅が乾いてる。この前行ったばっかりやのに、、、。

| | コメント (6)

2011/09/06

遍路旅

運動:自転車通勤+ラジヲ体操+家事いろいろ
飲酒:端麗350ml×2


先々週の”四国右半分の旅”でも、炎天下を黙々と歩くお遍路さんを沢山見た。傘をかぶっているので顔はよく見えなかったがうら若き女性だったり傘をかぶっていても一目瞭然の汗臭そうなおっさんとか(自分もたぶんそっち側の人間だが)。一周1,200キロメートルにもなる壮大な物語を自分の足で紡いでいくとかありえへんなーと思いながらエアコンの効いた車の中でアクセル踏みながら、けれど確かに彼らを羨望の眼差しで見ていたような気がする。

弘法大師のお導きとしかおもえないような雑誌発見。
110906064509


お遍路さんの中には、何べんも何べんもまわってお接待を受けたりお賽銭(?)をもらったりしながら”旅と暮らし”を一体化させたような日々を送る”職業遍路”というヒトもいるらしい。

イキナリ四国一周はアレなんで小手調べに淡路島一周とかやったらおもろいかな?で、それができたらこんどは琵琶湖一周とか。あれ?あれ?この流れ、なんか自転車とかいう乗り物に乗り始めたころと似てないか?

けど淡路島一周は自転車やったらちょろいけど徒歩やったらサイテーでも5日いるやろな。なんべんも自転車で回るうちに野宿できそうな場所はだいたい想像つくが、立ち飲みというオアシスが無いのは痛い。
けど新鮮な魚に舌鼓をうちつつビイルと地酒で淡路島の人情に触れまくるというのも悪くないが

そーなると、弘法大師の意志からどんどん遠のくような気がせんでもないし、それはまぁ八十八箇所まわりだしてからおいおい考えるとして、、、

登山もトレランもまだかじり始めたばっかりで深入りはおろか地図の読み方さえわからんというのにな。いろいろやりたくて困る。

カラダもココロも自由にな:
八十八箇所のポイントラリーと思って取組んでもばちは当たらんだろう。
オーガナイズされたコースを制限時間に追われて景色もロクに覚えてないとか、先頭から10分のビハインドだから問答無用で回収トラックの荷台に放り込まれたとかそーゆー挑戦は、もういいかな。

リタイアもゴールも、自分で決めたい派。競技野党。


| | コメント (4)

2011/09/05

おしゃれな街でスプウン買う

台風のスピイドが自転車並みという土曜日。

たまには毛色の違った登山用品店に行く。世間の若い連中はどんな視点で山を見ているのかそのあたりをさぐりに。

店構えからいきなり圧倒される。
110903173457
このへん、大阪の”堀江”という住所だが、昔はそれこそ家具屋が軒を連ねるダケの地味な街やったのに、雑貨屋やら、喫茶店(最近はカフェ言うらしい)やら、パーマ屋(ヘアサロン言うらしい)やら、わかもんカルチャーの発信源みたいなトコがうじゃうじゃある。

その中にあるのでとーぜんここも店入った途端にエエ匂いした。そして店長(?)は男前。
山で使うことがためらわれるような陳列の商品のかずかず。こんなおしゃれなスポットでは、停電100万戸の話などとーてー出来るはずもなく、おのずと無口になる。

手ぶらで帰るワケにもいかず、700円そこそこのアルミスプウン買う。
Dsc04505
焼き茄子と長さを比べると長さ一目瞭然。(1メートルも無いけど)。

これ一本で海から山へ行けと書いてある。
Dsc04506
そんな殺生なとつぶやいてみる。

※山で食べるレトルト食品は、袋から食器に移さずにそのまま食べる派。なので長いスプウンがちょうどほしかったのです。

運動:徒歩と小走りで市内うろうろ+家事いろいろ
飲酒:やっぱりそれなりに

| | コメント (7)

2011/09/04

狭い店、見つけた

奈良や和歌山の紀勢や紀南のあたりは自転車でちょいちょい走った思い出もある道で、優しい川が一変して沢山のヒトや財産を流していったのかとTVをぼんやり見ながら暗い気持ちで起床したぜ日曜日。

暗い気持ちの理由はもうひとつあって、持ち帰りの宿題が山積みなこと。

甚大な被害をこうむったヒトタチに申し訳ないなと思いながら、気分転換に散歩した。
Dsc04493
自然食品の店なのに、こんな看板が。意図がわからんがステキだ。

行く先を決めずに無闇に歩き続けたら大阪駅の近くまで来てしまって、引き返すにもちょっと遠いなと困っていたら
Dsc04497
オクトーバーフェスディバルとかいう祭りにばったり出会ってしまった。これは出会いがしらの事故のようなもん。

運命か、もしくわ神のお導きか、そのあたりはよく判らんが、ひとまずその流れに身をゆだねてみるかと思って

Dsc04495
ドイツの名門らしい小麦ビイルを一発。

次の出会いがしらは
Dsc04496
バウラナ・ドンケル500mlをしばく。ドイツ人は日常的にこんなうまいモンを飲んでいるのかと思うと腹が立つ。

腹たってしゃーないので
Dsc04498
エルデンガー・バイスをさらにごきゅごきゅ飲んでみる。
うしろにぼんやり写っているもしゃもしゃしたものはザワークラフト。ドイツの浅漬けみたいやなと思った。

どこへ行っても”立呑み魂”わすれず。
Dsc04500
しかし9月やのにオクートバーフェスって何でやろ?と。しかも台風で肌寒いので合計で三発しかビイルをしばけなかった。これが真夏の炎天下のしたやったらと考えたら20杯ぐらい飲んで、ドイツと便所の往復でさぞかし大変やったに違いないからちょうどええのかと思ったり。

※注意事項:
  ソフトドリンクの類は一切無い and 飲食物の持ち込み禁止 、、、なので行って楽しめるヒトってけっこう限定されるイベントのような気がした。


大雨の中せわしなく飲んでドイツソウセイジに後ろ髪をひかれつつ、宿題の待つ家へ。


すると家の近所までもどったとこにもワナが。
Dsc04501

子供相手のから揚げ屋とか。
Dsc04504
しかし、どーみても酒のアテとしか思えないようなラインナップ。

手羽先とビイルに邪魔されつつ宿題をこなして日曜日が終わった。

TVは相変わらず台風の被害を報道するニュースばかり。

運動:徒歩で2時間強うろうろ+家事ちょっと
飲酒:それなりに

| | コメント (9)

2011/09/02

300万戸が停電だったそうです

運動:通勤往復+腕立て伏せ6万回+家事いろいろ
飲酒:端麗350ml×2.5ぐらい

昨日しくじったので念入りに米を研いで寝た。起きぬけに炊飯器の蓋を開けて立ち上る蒸気に顔を突っ込むのはサイコーだ。それ、わしだけ?ま、いいけど。

7割がた冷凍食品の力を借りて作成
Todb
これは自分用でローラー受験生用は配置を換えて、おっさんくさいといわれないようにカモフラージュ。
あと、さんまの蒲焼の缶詰を持つ。おっさんなので、職場で缶詰開けても全然ヘーキやし恥ずかしくないもんねー。

AMラジヲから今回の台風はあーやこーや言う。DJが「そーいえばこの前のアメリカのハリケーンでは300万戸が停電しましたよね~」と言った途端に卵焼きを作る手が思わず止まる。300まんこが停電する状況を思い浮かべながら焼いた卵焼きはさぞ美味いからにやけながら食べなさい->ローラー受験生へ。

誕生日:
朝からちょっとシゲキの強いラジヲ番組を聴いたからか、、今日は小池さんの3億2万9千回目の誕生日だったことを思い出した。本人不在なので家族宴会はとーぜん無し。いつも書いてるように我が家は記念日興味なし一家で、せいぜいローラー受験生あたりがなにかモノをねだる口実として誕生日をアピールする程度にとどまる。

今回の台風で被害が無いことを祈ろう。一戸でもいちまんこでも停電になったら不便やでな。

今日の日記はぢつに静謐(せいひつ)で知的な内容になってしまって満足だ。

| | コメント (8)

2011/09/01

主夫、発進!

運動:自転車通勤+鉄棒で逆上がり×2回+家事いろいろ
飲酒:端麗350ml×1

小池さんは赴任先へ出張、ローラー受験生は二学期、そして自分の主夫業再開。
けど、脳みそは定常運転に慣れていないのか、弁当作成を考慮した分の米を研ぎ忘れてイキナリつまづく。

自転車の底辺拡大とかいう眠たい話:
朝のNHKでブレーキの付いてない自転車がどーたらこーたら言う話題に触れていた。今のところ自分に実害が無いので他人事のようにぼんやり視聴。ややこしいおっさんのメルセデスとかに突っ込んだら自分の家はおろか、親戚や兄弟まで総ざらえでケツの毛までむしりとられる末路に想像力が及ばん連中にナニを言っても無駄だろうに。

しかし、ブレーキ付いてない自転車、見るからに安モンくさい。安モンなので手軽に買えるから余計流行る。乗ってるにーちゃんだいたいみすぼらしい。漫才コンビ「ロッチ」のロン毛の方が絶食中でフラフラ~みたいな感じのにーちゃん多い。

スポーツ自転車はたこつく。たこつくから、いくらサイクルスポーツ教室やろうがそれに係わる選手が社会貢献活動やろうが、底辺は拡大しないと思う。たこつくから底辺拡大せんのは機材スポーツの宿命か、、、。

変速機のついた自転車と衣装と専用の靴とヘルメット一式を子供にポンと買い与えられる親って、世の中そんなに多くない。


~たまたま同じアパートに住んでる子が、どうもロードサイクル乗りたいらしく、親にこーてくれと頭下げてるらしいが、親としても10万近くするもんをそうそうポンと仕立ててやるワケにもいかんとか言う話を耳にしたので~

乱暴な日記でごめん。


つづく

| | コメント (9)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »