« Bon Dance | トップページ | 高知県土佐市でもラーメンの旅なのだ »

2011/08/29

桂浜

高知県の右半分を満喫する”旅”なのだ。旅の定義はいろいろあるが、今回はとくに高知に行ったら絶対見ておけシリーズで。

高知といえば、桂浜で坂本龍馬を真下から見る。
069
メタボ藩士。

で、同行のローラー受験生は桂浜で泳ぐつもりで水着と浮き輪で万全の体制でおったが、
071
波浪警報絶賛発令中。
ジョン万次郎になりたくなければやめておけと諭す。


高知といえば
082
明徳義塾は外せない。
しかし明徳義塾、凄いとこにあった。太平洋を望む断崖絶壁から谷底に落ちてゆくような急峻な坂道を延々おりたとこにポツン、、、ではなく「スポーツ虎の穴」って感じ。付近には一軒の民家もなく、運動以外やることない恐ろしいばつぐんの環境。

出張で2回ほど市内に行ったがいずれもホテルと会社の支店の往復だけのつまらんモノだったので、今回は念願かなって”はりまや橋”をなめつくす。
056
”日本三大がっかり名所”とかコケにされているけど、実物はそーでも無いと思う。特別ステキってワケではないけど目に余るような弱点も無い。しいて言うなら「なぁなぁ、●●君の彼女ってどんな子なん?」「あー、あの子なぁ、”シュッ”とした子やわ」という会話に出てくる、まさに

”しゅっ”とした橋。

もういちど、高知城のほうに戻ってみる
043
”日曜市”とやら。観光用に仕立てられたイベントではなさそう。自分ちの畑で収穫したっぽい野菜メインの露天が800メートルぐらいの長さで。見て歩くぶんには楽しいと思うが、なんせこの炎天下ではちょっとキビシイ。

その中心部にフードコートみたいな建物があって当然室内なので冷房ガンガン。
で、そこに避難して
044
土佐の核心に触れてみた。
鰹のタタキは「まぁまぁ好き」な部類だったが、それは地元大阪で売ってる”へちょい鰹のタタキ”を食べていたせいだとわかった。目の前で火炙りにしてすぐに食べるソレは、嫌なにおいもしないし、粗塩をかけると甘いやら複雑やらなんとも形容しがたいうまみが全身を駆け巡るのだ。

しかし!

回りを見渡すと、93パーセント以上の客が酒飲んどるがな。車を乗り付けている我が家はゼツボー的な気持ちでタタキを食べた。酒を飲まずに刺身を食べるのは拷問やわ。

拷問のあとも旅は続くのだ~

室戸岬を目指す。
道中、野生の勘を働かせてわき道にソレると
122
目の前に立ちはだかる壁というか道路というか

”そそり立つ”
119
おもわず口が開いてポカ~んとなる。もうあと2,3回ほど上げ下げ見たかったが、そんなことしてたら一向に先へ進めなくなるので

今度こそ室戸岬を目指す。

128
正真正銘の室戸岬がこれ。
地図で見ると恐ろしくトガッテいるが、現場はいたってフツーの岩場だった。思い描いていた室戸岬はもっとこう年がら年中暴風が吹き荒れてて台風がどんすこどんすこ押し寄せていてもう何かにしがみ付いてやんと和歌山の方まで吹き飛ばされるイメージがあったのに、


恋人の聖地とかいう眠たい場所になっていた。
148
ローラー受験生がこの金属板を見て桂 由美て誰やと聞くので桂 三枝の弟子やといおうとした矢先に桂 小枝とは関係ないよねと釘刺されて困ってしまった。これぞまさに出鼻をくじかれるというやつ。


展望台にまで恋人の聖地を強調する小道具が。
153

けど、恋人の聖地いうわりにはここへくる道中の一軒たりとも おとぼけビーバーとかリバーサイドとかエンペラーとか べんきょう部屋とかいう意味不明の休憩施設を発見できなかった。手をつないで写真だけ撮ってほな帰りましょかいう、”乾燥した付き合い”を恋人と言っていいのかどーか?

室戸岬の恋人に失望したので帰る~
帰るといっても徳島に向けて走るひつようがある。

なんとか鉄道の日和佐駅で休憩
165
鉄子の小池さんは車両に全く興味示さず。


お遍路ライダー発見
157
MTBかと思ったらフツーの紳士用自転車だった。でも、キャリアとか鞄に独自の工夫があって、こーゆーマシンこそ「旅の相棒」とか言うんだろうかな。ロードレーサーで速く走ることはいつでも出来るが、何日も費やして自転車に乗って旅に出ることは、人生の限られたトキにしか出来やんような気がするな。
自分はそーゆーことをしてこなかったので、モーレツに羨ましい。


「高知みぎ半分の旅」の締めくくりは
167
立ち寄った雑貨屋で買った三角パン。あまりの懐かしさに舌が痺れた。パンを噛むと砂糖のジャリジャリが歯に伝わるのが特徴。ローラー受験生にじゃりじゃりするやろと自慢したらじゃりじゃりして美味しいねと返ってきた。

いい旅になった。


|

« Bon Dance | トップページ | 高知県土佐市でもラーメンの旅なのだ »

コメント

えいち~ん・ちけっとで行きゆぅか?

投稿: sumi | 2011/08/29 21:49

●ブラザーsumi!18切符やと往復三日はかかるぜよ泣。
けど、興味あるきに、、、、。

投稿: ロラお | 2011/08/30 14:40

鰹のたたき、写真見ただけでも「お酒」が飲みたくなって困りますね。。。

投稿: しお | 2011/08/30 14:46

「三角パン」って、マーガリン塗って砂糖振り掛けて挟んであるやつですか??

「食べたいなぁ~」と一昨日あたりに話していたところです。

投稿: お退院 | 2011/08/30 15:49

●しおあにき、「しいら」とか「フカ」とかもおいしそうに手招きしてましたよ。高知凄い。
●お退院どの、その通りです。パン生地もどっちか言うとパンじゃなくて安モンのケーキの生地でサイコーでした。

投稿: ロラお | 2011/08/30 16:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Bon Dance | トップページ | 高知県土佐市でもラーメンの旅なのだ »