« 一億三千五百まんえん | トップページ | 雨でも祭りなのだ »

2011/07/30

草もかりまっせ

月例行事になってしまった実家への帰省。往復700キロ弱の運転もいつのまにか慣れた。

炎天下の中、長袖長ズボン(これ基本)でなるべく肌を露出しないようにして作業。それでも数箇所は妙な虫に刺されて大変なことになるけど。
Dsc04129
雑草相手に文句を言ってもむなしくなるだけ。なので、無心で「刈る」のみ。

ところで、実家の目の前の海が埋め立てられて人口の砂浜公園がOPENした。そーなると、町からヒトがやってきて、キャンプしたり海水浴にきたり花火したりゴミを放置したりうちの庭でペットがシッコしに来たり酷いのになると、人体からの排泄物まで置いていくやつまで出てきた。
そーゆー連中のキャンピングカーには「自然を守ろう」みたいなステッカー貼ってあって、のけぞるわー。

北前船:
近所の町に珍しい船が来るって聞いたのでおかんと近所のおばちゃんつれて見に行く。
Dsc01095
びっくりするほど小さくないけど悲しくなるほど大きくもない。

”風まかせ”のこんなもので、大昔は北海道から命がけで航海したって。凄いなぁ。
Dsc01118
今は流石にそんなことできないので、タグボートに曳航されてた。

サブイベントで祝砲撃つヒトたち。
Dsc01132

小さな漁村は祭り一色。
Dsc01142


このあとも、再び実家の激しい雑用は続く。
自転車に乗って遊んでる諸君!(おれや)
山登って遊んでる諸君!(それもおれや)

盆と正月だけでなく、年4回ぐらいは実家に帰ってうっとしいおとんやおかんの手伝いしましょう。
ぜんぜん楽しくもないし、しんどいばっかりやしで嫌になるけど、自分が思ってる以上に親が歳とるスピイドは早いので、後悔せんようにねー。

|

« 一億三千五百まんえん | トップページ | 雨でも祭りなのだ »

コメント

アニキも親孝行お疲れ様でした。
帰るたびに両親が老けていってる様に見えますです。

投稿: uechicchi | 2011/08/01 11:11

●ぶらざーuechicchi !「ほおっておけない」ですもんね。やれるうちにやりましょね。

投稿: ロラお | 2011/08/01 11:32

ロラあにさん、こんにちは。
内は母がひとり暮らししています。家近所なんで、その点楽させてもらってます。 親父は孝行するまえにポックリ逝っちゃいました。 おっしゃる通り、出来るときにしておけばよかったと今では後悔しています。そのかわり、母には出来るだけ孝行しているつもりですが、全然足りないようで、最近、母の要求がエスカレートしてきました(笑

投稿: MASI | 2011/08/01 16:56

真夏の草刈男、お疲れ様です。
くれぐれも熱中症には気をつけてください。

うちの以前の実家は、路地裏にありまして、
古いながらも築40年級の住宅密集地…
それでも「んこ」していく輩が年に数人いたらしいです。
母親も、排泄現場に出くわしたこともあるようで、
さすがに距離を置いたとこから怒ったようですが…
「すいません、すいません」と平謝り…
排泄物残して逃走されたとのこと報告を受けてます。

投稿: bfz | 2011/08/01 22:31

●ブラザーMASI !順番とはいえ、おかんの気合が目減りして、子に従う比率が大きくなるのをみるのはちょっと切ないですよね。がんばろーねー。
●ブラジャー bfz !たて看板ってまわりくどいのが多いので「うんこすな!」ってのがいるかもですね笑。

投稿: ローラーおとこ | 2011/08/03 10:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一億三千五百まんえん | トップページ | 雨でも祭りなのだ »