« ツールドおきなわ・2011 | トップページ | 草もかりまっせ »

2011/07/29

一億三千五百まんえん

運動:自転車通勤+腹筋8回+家事ちょっと
飲酒:端麗350ml×2

通勤途中で見つけた看板
Dsc04126
値段書いてある。

よく知らんが、情報開示ブームなのか?
けど、高いのか安いのか相場なのかぜんぜんわからんので、文句のつけようも納得のしようも、無い。
「激安!!!135,093、000円!」とか書いてあったらもうちょっとこう、判りやすいと思うがな。

110722134031
こっちは年間掛け捨て5,000円で救助ヘリに乗せてくれる。


早くシーズン始まらんかなー
Dsc04127

女子サイクリストとサドルの親和性について:
恐ろしい可能性を秘めた女子サイクリストと先日一緒に走る機会があって、昨日メールがきた。「相談があります」という意味深なタイトルに、こらぁひさびさに男として腹をくくるときが来たのかと思ったたら、「サドルが合わずに苦痛で仕方ない」と。

脱力と安心がないまぜになったまま読み続けると、身近なヒに相談したら”ポジション変えてみたら?”とアドバイスされましたがソレって本末転倒だと思うんでが、、、と綴られているのを見て確信。

「やはり、彼女は只者ではない」と。

ロードサイクル乗り始めてたった数ヶ月で「お尻の痛み軽減のためにポジションを安易に変更すべきではない」と自分の考えをハッキリ持っている。さすが、某ヒルクライムでイキナリ優勝するだけある。どんな道にせよ、自分自身で「気づき」ができるのは凄いと思う。
その点自分なんかは、そよぐ風にも流されやすく、気がついても見てみぬふりして、まぁええかと横着の限りをつくしてきたので、、、。

当然だ、当たり前だ、と言われてるようなことを疑うとこから科学は進歩してきた(恐らく)ので、スポーツでもおんなじように「疑ってかかる」のは初心者でもなんでも、ええことなんじゃないかと。

|

« ツールドおきなわ・2011 | トップページ | 草もかりまっせ »

コメント

お尻の痛みはサドルを換えるしかないですよね。
自分は、サドルの角度を変えて良くなりました。
友人に角度換えは邪道と言われましたが。

投稿: DANGER | 2011/07/29 14:22

サドルの形状や軟らかさなど、いろいろありますからね~ 納得いくまでやってみるのもアリですよね。

自分が初心者の頃は、サドルを買い替えることも出来ずに、ロールスに‘慣れる’しかなかったですが…

投稿: お退院 | 2011/07/29 14:52

あにき、やっぱり潜在能力の高い方はセンスがちゃうんですねぇ。
普通に可愛い顔したお嬢やのになぁ。。。(笑)

投稿: さかじい | 2011/07/29 14:56

●DANGERさま、しばらく乗らずにいたら、元の木阿弥になりました。また一からです私(泣
●お退院 どの、同じくターボマチックにしがみつきましたよ。
●さかじいにーさん、肝臓の強さに惚れた????

投稿: ロラお | 2011/07/29 15:38

千円の単位まで書いてあるとは親切ですね。
ウチの工事看板には万円単位までしか書きません。

最近の公共工事はコンプラかテンプラか知りませんけど,いわゆる「談合」がなくなりましたので,適正価格だと思いますよ。
昔と違ってそないに儲かりまへん・・・(泣)

投稿: たいらん | 2011/07/29 16:44

どうでもイイ話ですが、カンチはDeoreのLXですか?

投稿: kiyoshi | 2011/07/29 21:33

おっ、先輩!レスキュー保険一緒♪

ヘリコプターのお世話にはなりませんように・・・。
(^_^;)

投稿: 酔いどれチロリ | 2011/07/29 23:29

●本職たいらんアニキ、いつもお仕事ご苦労さまです!現場で働くひとのやりくりが一番大変なんでしょうねー。炎天下の作業、ご自愛くださいな。
●kiyoshi にーさん、正解!ヤフオクで法外な値段でなくなく買いました。復刻してほしいなぁ。
●チロリあにき、生きて戻りましょうね!汗

投稿: ロラお | 2011/08/01 08:26

女史自転車飲み会のテーマはいつも「ぴったりのおと…(もとい)サドルさがし」。

ダメだったサドルの貸し借りは頻繁です。
でも結局金がモノいうこと多いです。

投稿: らりってません。 | 2011/08/01 10:57

●らりえっち~!子女はサドルの悩みが多いと聞くがやはりそーなのかー。親身になって相談に乗りたいものだが、世間の目がソレを許さんのが残念だ。ああ、残念だ。

投稿: ロラお | 2011/08/01 11:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツールドおきなわ・2011 | トップページ | 草もかりまっせ »