« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011/07/31

雨でも祭りなのだ

ローラー受験生から「今日、(町内で)お祭りあるなー」という怪情報が。
晩飯作る気力が沸かんのでじゃぁ現場の夜店でなにか食うかと、、、。

缶ビイルを売ってる露天探してるスキに、ちゃっかりスーパーボールをすくう受験生。
Dsc04138

ちびっこに混じっても違和感薄め。
Dsc04137

見慣れないビジネス
Dsc04148
おねーちゃん、ちょっと怖い。

ビイルとイカ焼をしばいていると空を叩き割ったような豪雨が始まった。
だんじりも一斉に撤収したので見るものもなく、傘さして地味に記念撮影でも。

Dsc04147
こんなとこでご自慢のカメラの防水性能発揮してもむなしいが。
ローラー受験生がローラー幼児だったころから、お面やら綿菓子やらリンゴ飴やらの露天で売ってるモノにあまり興味を示さず、始めて自分の意思表示したものが「七味唐辛子の詰め合わせ」だったことを思い出した。

あんまり銭のかからんエエ子やなと思っていたら今それを取り返すかのようにモーレツなケータイ代と予備校の授業料で、親父は毎月苦しんでいる。

| | コメント (2)

2011/07/30

草もかりまっせ

月例行事になってしまった実家への帰省。往復700キロ弱の運転もいつのまにか慣れた。

炎天下の中、長袖長ズボン(これ基本)でなるべく肌を露出しないようにして作業。それでも数箇所は妙な虫に刺されて大変なことになるけど。
Dsc04129
雑草相手に文句を言ってもむなしくなるだけ。なので、無心で「刈る」のみ。

ところで、実家の目の前の海が埋め立てられて人口の砂浜公園がOPENした。そーなると、町からヒトがやってきて、キャンプしたり海水浴にきたり花火したりゴミを放置したりうちの庭でペットがシッコしに来たり酷いのになると、人体からの排泄物まで置いていくやつまで出てきた。
そーゆー連中のキャンピングカーには「自然を守ろう」みたいなステッカー貼ってあって、のけぞるわー。

北前船:
近所の町に珍しい船が来るって聞いたのでおかんと近所のおばちゃんつれて見に行く。
Dsc01095
びっくりするほど小さくないけど悲しくなるほど大きくもない。

”風まかせ”のこんなもので、大昔は北海道から命がけで航海したって。凄いなぁ。
Dsc01118
今は流石にそんなことできないので、タグボートに曳航されてた。

サブイベントで祝砲撃つヒトたち。
Dsc01132

小さな漁村は祭り一色。
Dsc01142


このあとも、再び実家の激しい雑用は続く。
自転車に乗って遊んでる諸君!(おれや)
山登って遊んでる諸君!(それもおれや)

盆と正月だけでなく、年4回ぐらいは実家に帰ってうっとしいおとんやおかんの手伝いしましょう。
ぜんぜん楽しくもないし、しんどいばっかりやしで嫌になるけど、自分が思ってる以上に親が歳とるスピイドは早いので、後悔せんようにねー。

| | コメント (5)

2011/07/29

一億三千五百まんえん

運動:自転車通勤+腹筋8回+家事ちょっと
飲酒:端麗350ml×2

通勤途中で見つけた看板
Dsc04126
値段書いてある。

よく知らんが、情報開示ブームなのか?
けど、高いのか安いのか相場なのかぜんぜんわからんので、文句のつけようも納得のしようも、無い。
「激安!!!135,093、000円!」とか書いてあったらもうちょっとこう、判りやすいと思うがな。

110722134031
こっちは年間掛け捨て5,000円で救助ヘリに乗せてくれる。


早くシーズン始まらんかなー
Dsc04127

女子サイクリストとサドルの親和性について:
恐ろしい可能性を秘めた女子サイクリストと先日一緒に走る機会があって、昨日メールがきた。「相談があります」という意味深なタイトルに、こらぁひさびさに男として腹をくくるときが来たのかと思ったたら、「サドルが合わずに苦痛で仕方ない」と。

脱力と安心がないまぜになったまま読み続けると、身近なヒに相談したら”ポジション変えてみたら?”とアドバイスされましたがソレって本末転倒だと思うんでが、、、と綴られているのを見て確信。

「やはり、彼女は只者ではない」と。

ロードサイクル乗り始めてたった数ヶ月で「お尻の痛み軽減のためにポジションを安易に変更すべきではない」と自分の考えをハッキリ持っている。さすが、某ヒルクライムでイキナリ優勝するだけある。どんな道にせよ、自分自身で「気づき」ができるのは凄いと思う。
その点自分なんかは、そよぐ風にも流されやすく、気がついても見てみぬふりして、まぁええかと横着の限りをつくしてきたので、、、。

当然だ、当たり前だ、と言われてるようなことを疑うとこから科学は進歩してきた(恐らく)ので、スポーツでもおんなじように「疑ってかかる」のは初心者でもなんでも、ええことなんじゃないかと。

| | コメント (10)

ツールドおきなわ・2011

ポストに封書が。
Dsc04128
熱帯の花になりかけたり風になりそこなったりいろいろ思い出深いレースやったが、もう出ることもないやろなーと思いながら一応パンフレットに目を通す。
同封のコースプロフィールをぼんやり見る。レース前夜の巨大な不安から始まり、つらい坂道や永遠に続くのかと呪ったアップダウン、落車の山、目が眩むほどのアスファルトの照り返し、体験したことのないようなスコール、沿道の声援、ゴール前の丘、オリオンビイル、、、

そこにいたるまでの一年間は、仕事や家の悩みとか思い通りに進まん練習があったりしたが。
Dscn1095_2
最後は楽しかった思い出ばっかり蘇る。
この先も、ツールドおきなわが長く続いて、楽しい思い出を作るひとが沢山出てきたらいいなと思う。

| | コメント (4)

2011/07/28

光熱費

運動:自転車通勤+腕立て伏せ×3回+家事ちょっと
飲酒:キリン大瓶×1 冷酒×1 焼酎水割り×1

今月のガス代請求来た。払いたないわ~と思いながら金額に目をやると4,000円とか。おや?確か先月は8,000円以上あったはず。節電も節ガスも意識した覚えないけど、やっぱり知らず知らずのうちに、暑いから火を使わない暮らしになっていたということか。

”っと言ったしりから火を使う矛盾だらけのおっちゃんの晩飯”321発目:
Dsc04124
「冷蔵庫一掃カレー煮込み」

ポイントは”冷蔵庫の奥の方で色が変色しかかってる牛肉”を使うとこ。放射能汚染にくらべたら賞味期限なんかちょろいちょろい(自己責任)。
あと、へなへなになってたキャベツやら大根やら(自己責任)。これらをカレールーの殺菌能力頼みで煮込むダケという危険・きしょこわるい・黄色の3K料理。

味は、、、カレーにまんまと丸め込まれたようなそんな味。

運動してまへん:
先週からローラー高娘が吹奏楽部引退前の最後のコンクール出場とやらで、朝錬出る言うんで自分も毎朝五時半起き。夜は夜で自分の宿題もあるから自転車とかランニングとかできやんけど、まぁそんな時期もあるわと軽く受け流して暮らしてまっさ。

受験生の夏なのだ:
毎朝くるくるドライヤーを複数本使って電気代を使い倒すことに余念のないローラー受験生ではあるが、そろそろ尻に火がつきはじめたようで予備校の授業できりきり舞いしているようだが、医療従事者とかCAとか像つかいとかサーカス団員とかそーゆー専門性の高い将来像がどうも見えん様子に親父は苛立ちをかくしえない。
あのときああしといたら今頃立派な呪術師として独り立ちできたのにとかの後悔だけはしてほしくないので、漠然とやらずにカッチリやってほしいと思う。

親父も負けずに立ち飲みやら自転車やら登山やらという非生産的活動を目一杯がんばりたい。


| | コメント (2)

2011/07/27

立ち飲みのような座りのみ

運動:自転車通勤+家事いろいろ
飲酒:市内某区某店で立ち飲み

Z
マスコミ取材完全お断りの立ち飲みなので、あえて店名を伏せる。
下町風景が色濃く残る某区なので、当然町内には酒屋の角打ちがそこら中にあるなかでも異彩を放つといってもよいぐらい凄いお店。

ほかの角打ちが”エクストリーム”なら、ここはその上をいく”アルチメイト”。そんなとこ。
お客さんは、めいめいの名前を書いた紙パックの焼酎をキープしてるし、お店の氷が足らんわーいう段になると、お客さんが自分ちにターっと走って帰って氷をドッサリ持って来るなど。
「立ち飲みやら角打ちやらは、安い酒としぶいアテがないとアカン」という公式にアンチテーゼを投げかける、、、
といって特段敷居が高いワケでなく、通いなれたらむしろ強烈に居心地がいいと思う。また是非行きたいよん。

天神祭りの跡:
Dsc04120
左側の船の上に沢山の燃えカスがあったので、ここが奉納打上げ花火の発射台になったのか?
祭りの喧騒の面影はもうなんにもないけど、露天で売られたたこ焼きとか焼きそばとかの「残り香」が凄くてアゲそうになった。

ゴミの始末含めて膨大な作業量の後片付けとか、祭られている神さんたちはそーゆー光景見てどー思っておるのか聞いてみたい。

週末のご予定:
実家で虫退治。草刈り。

| | コメント (5)

2011/07/26

The 銀座屋

運動:通勤往復+立ち飲み+家事いろいろ
飲酒:だから大阪駅前第一ビル「銀座屋」でいろいろ

別件で用事があったついでに大阪駅前ビルを回遊してたら銀座屋の前まで来てしまった。折角なんで大瓶一本だけしばいて帰ろかと思ったら、カウンターにuechicchiアニキが立っていた。
Dsc04116

チョー偶然!なんたる奇遇!奇跡!ミラクル! 、、、いうのはウソで、この辺で働くおっちゃんにとったら駅前ビルでガソリン入れて家に帰るという流れはゴクゴク普通なので、知り合いにあえても不思議でもなんでもない。
で、支度金千円越えないように微調整しながら飲む。
この、上限決めて飲むいうのがなかなかスリリングで楽しい。飲み放題やら揉み放題やら、もうそーゆー青年期の暴れ馬のような酒との付き合い方ができなくなっているものあるけれど。

謎の特製焼酎:
大瓶を軽くしばいたあと、200円の”特製焼酎”飲む。これが摩訶不思議な焼酎で、芋の味も麦の味も蕎麦の味もしない、一言で表すと「ともかく焼酎」。
この「ともかく焼酎」をuechicchiアニキと懸命に分析したが、明確な答えが出ないまま。最後にはバイオエタノールかもという乱暴な意見まで。けど、このバイオエタノール焼酎が不思議にうまい。

~~~~~~

こーしてエポックな新しい立ち飲み屋が次々開店する傍ら、いつも繁盛しているように見えてた牛タンシチューの店が暖簾を畳んでいたりして、世の中の厳しさを感じる。

ローラー高娘が塾から帰ってきたので晩飯作る。
Dsc04118
セロリとキャベツの夏野菜焼きそば(なんじゃそれ)。

自分用に食べるつもりで数日前に買っておいた生サンマ。
”怪しげな風味を醸し出していたので生食を諦めて軽く火で炙ったおっちゃんの弱腰料理”213発目:
Dsc04117
サンマのタタキ大根おろしあえ。
三枚におろす段階で、すでにサンマの弾力が感じられなかったので、生でイってたら恐らく今頃は救急車の世話になってたかもしれない。
おっさんの料理は常に危険と背中合わせだぜ。


| | コメント (5)

2011/07/25

吉野は自分の原点のコースであ~る

土曜日のコース。おおまかにはこんなカンジ。(Hatoあにき、コーディネイトありがとね!)

”一目千本”で有名な桜の名所をスタート。しばらく走ると「忘れようとしても忘れられない思い出の宿」の前を通過。ああアノ頃は若気の至りでヒトの道をちょいちょい踏み外したなぁ、けど結局今も踏み外したままだなぁ、、、と数奇な人生を振り返りながら走るサイクリングは最高だ。

ただし、最近大雨続きで道は酷いありさま。この辺で救急車呼んでもなかなか来てくれないと思ったので、慎重に走るしかあるまい。
ただ、土砂崩れがあってもなくても、路面の粗さは昔とほとんど変わってない。
地面のおうとつが激しくて、過去にいろいろなものを落とした記憶がある。この道はまさに、自分の自転車人生の血と汗と涙と小銭と携帯ポンプと予備チューブと泥除けがちりばめられている、、、。

スポークで組んだ車輪が穴ぼこに落ちてくしゃくしゃになり、当時はケータイなんか持ってないから途方に暮れたとこに林業のトラックが来て、材木と一緒に運んでくれて九死に一生得たこともあってそれ以来、パンク修理道具忘れてもニップル回しとチェーン切り工具忘れるなと肝に銘じた道でもあ~る。


いろいろ事情があって、もう二度と会うことのない自分の自転車の師匠に、始めて連れて行ってもらった練習コースがたいだいこのあたり。「自転車ロードレース参加を目論むなら、まずこのへんを楽勝で走れるぐらいにならんとアカン」と当時言われてそれを鵜呑みにしたわええが、右も左もわからん、道はドンドン険しく心細く自販機の存在すらおぼつかん、吉野の山奥というのはほんまに恐ろしい修行の道だと思った。

あれから何度、この道走ったか。当時に比べて、酒量は800倍増えて練習量は2000分の1になったが、楽しさは当時のまま。自転車が嫌いになってなくてよかった。同行のみんなに感謝します。

Dsc04115
コラム切らなくてよかった~。

| | コメント (6)

2011/07/24

飲んだり、走ったり、作ったり

金曜日に情熱大陸アニキと立ち飲み
Dsc04109
大阪天満「ミナミカワ酒店」で大瓶とアテは「鱧」を梅肉で。話題は終始自転車。しかも本妻(スティール)に乗るか、愛人(カーボン)に乗るか、どちらの乗り味がもっさいかとかそんなとこ。
でんきあんまをモチーフにした節電Tシャツがえらくお気に入りの様子で、自身でも”人間発電所(ブルーノ・サンマルチノ)”のイラストで節電を訴えようとしているらしい。
近日中に、一緒にサイクリングいこーぜーと約束して解散。


土曜日に吉野の山奥で自転車乗った:


日曜日は:
”くたくたになってどこへも出かけず上半身おこすのもやっとこさのおっさんの昼飯”150発目
Dsc04111
「山芋とおくらのネバネバ蕎麦」の昼飯にして、冷酒を2,3発飲んで天井をぼんやり見ていた。

小池さんも東京へ出張に行き、ローラー高娘はボーイフレンドと天神祭りに出かけたので、残る生き物は自分ひとり。なので、
Dsc04112
かしわをカレー風味で焼いて

Dsc04114
市販のグリーンカレーに混ぜる。こんな晩飯食ったり扇風機にあたってウ~とかア~とかビブラートかけてみたり、貯めまくった本読んだり、

つづく


| | コメント (2)

2011/07/22

ネジを舐めてみた

”酒を飲みながら”磨り減ったクリート交換しようとしたら
Dsc04101
このザマ。

運動:自転車通勤+体操いろいろ+家事ちょっと
飲酒:端麗350ml×2、ふなくち菊水×1個

六角レンチの差込が甘くてネジ穴をなめてしまった。
・小さなドリルで穴をあけてタップを切って逆ネジで回す
・小さな金ノコで溝を掘ってマイナスドライバーで回す
とか打つ手はイロイロあるが、人間、酒を飲んでいるときは普段の何倍もの潜在パワーが出るような気がするので、渾身の力で(想像)クリートをひねったら

「ちぎれた」。

週末に大事なライドがあるということで、他にもいろいろ補修する段取りあったがこれ以上傷を深くしては大変と、自転車をいじくるのはやめた。

腰わるする前は:
1秒でも隙あったら自転車いじくってたもんやが。用も無いのにネジ緩めたり締めたり。新型のパーツが発売されると聞くやいてもたってもいられなくなり、パーツ屋に走るか円高やし言うて海外通販に突っ込んだりとかしたが、今思うと当時自分に必要やったのは機材やなくて、二日酔いで棒に振った練習時間やったかもしれんわな。

電動にするとかカーボンにするとか迷える子羊へ、二日酔いになるまで飲まんかったらええダケの話。
ツールドフランス走るような選手は、大阪環状線を何周も回った挙句に森之宮の車庫で車掌に肩叩かれて線路をトボトボ歩いて京橋のサウナに泊まったりせんやろね。


”横着しやんと適正な工具を使えばこんなハメにならずに済んだのにと後悔したおっさんの晩飯”21発目:
Dsc04099
かつお風味の韓国冷麺。
しらたき茹でて、粉末の鶏がらスープやらポッカレモンやらにんにくやら、あとコチュジャンなんか持ってないけど、まぁ「当たり障りのない」調味料と最後にリンゴジュースちょっと入れたらそれなりのスウプになった。

やっつけ仕事のようなトッピングが切ない。

| | コメント (9)

2011/07/21

おかね

ババ混みとダダ混みはどっちが混んでいるか考えながら混雑する銀行に昼休み行った。世間は順調に金が流通しているというのに、自分トコにはまったく縁が無い。

うちの近所にしけしけのメシ屋がある。そこのおっさんの口癖は、クソ忙しいのにややこしい注文せんといてや!だ。
クソ忙しいとババ忙しいはどっちが忙しいのか判らんが、衛生上あんまり連発してほしくない単語だと。

運動:通勤往復+立ち飲みちょっとだけ+家事ちょっと
飲酒:だから立ち飲みで手加減しながらいろいろ飲んだ。


| | コメント (2)

2011/07/20

ニーモイクイプメント・オビ2P

なんのことやらわからん表題ですけど、テントの話でも。

運動:台風なのに自転車通勤+家事ちょっと
飲酒:台風なのに、端麗350ml×1、ふなくち菊水×1

今回の登山に備えて買った、ご自慢の持ち家のインプレ。
Dsc04028
右側の緑いろの屋根がソレ。詳しい話はココで

写真に写すとそーとー大きく見えるが、当然「ワンルーム」でバス・トイレはついてない。あっても無くてもどーでもいいような説明書が付いてたけど、見なくてもものの5,6分で建った。ただし、一番外側のフライの裏表は間違いやすい(キッチリ間違えた)。

ドアは左右に同じ大きさのものが1個づつ。二人用なので同居人をまたがなくても出入りできる。
ただし、室内は予想を覆すほどの”狭さ”。自分はそんなに横幅あるニンゲンではないけど、60リットルのザック置いて、マット敷いて、寝袋広げたら、「縦2メートル弱、横40センチ強」しかスペース残ってない(見た目)。
横幅40センチの人間って、そーそーおらんな。なので、強烈に愛し合ってるヒト同士でないとつらい夜になると思う。

それと、一番天井高い部分、正座したら頭つかえた。海外製品なので、日本人の座高をなめた設計やと。それ以外は、蝶ケ岳に吹き荒れた「なかなかの強風」にもびくともしなかったので、建て付けは悪く無いと思う。

本体は8割がたメッシュになってるから空気はわりかしスカスカ流れる感じ。けど、朝おきたらフライの内側に
070
見事な結露が。

付属品は、あんまり長くない張り綱が二本と、金属製のペグが四本。ペグを打つべき箇所が8つぐらいあるのに、なんで四本しか付属してないのか、、、わからん。そーゆーもんかね?
朝起きてずぶぬれになってるテントをいちいち畳まなくて、荒々しく詰め込める用の圧縮式防水袋は便利。

高い買い物をしたなと最初は少々気持ちが後ろ向きだったが、山小屋に泊まるとだいたい9,000円。
6泊したらモトとれると思うと明るくなれた。山以外にも、自宅で寝られない事情が発生したときなんか、シェルター(避難小屋)代わりになれば幸いです。

幸いちゃうけど。

| | コメント (8)

2011/07/19

起床時間が早すぎるんだぜの巻き

061
一応、登頂記念に写真撮っとく。スベってもいいからなにかひとつギャグでもと思ったが、酸素濃度が薄いので知恵回らず平凡なポーズで。

さすがに景色を見倒したので夕方4時から晩飯作り始めてみた。

豊富な水道も洗剤も無い場所で昼飯にカレーなぞを作ってしまった煽りを受けて、洗ってない鍋で湯を沸かすと
063
ヘドロスープの出来上がり。

さらにそのヘドロの中に棒ラーメンをフューチャーすると
064
ヘドロラーメンの出来上がり。ヘドロスウプ飲みながらヘドロラーメン食べて幸せな気分にひたる最高に楽しそうな食事風景が

065
これ。

で、寝る。
寝返り打つたびに目が覚めてしまうがその理由のひとつが「ファスナー地獄」だ。
テント生活者は何か用があると、寝袋のファスナーを開け、上着のファスナーを締め、テントのファスナーを開け、フライシートのファスナーをあけてソトへ出る。用が済んで再びモトの体制に戻るには同じ回数だけファスナーを動かす訳で、出入りだけで合計8回。

自分のテントの周りには5軒ぐらい建ってたし、二人住まいも何件があったので、恐らく一晩で80回ぐらいファスナー開け閉めする「ジャーコジャーコ」言う音聞いた。なかにはコイツ絶対ファスナーで遊んどる!いうぐらい激しいファスナー野郎(ファスナー女子?)がいたりなんかして、無音ファスナーの開発が急務である。
頼むぜYKK.

7月18日(月):
ファスナーに疲れて4時起床。気温は10度をちょっと切るぐらい。
盛大にしっこでもするかと思ってテントを出たら

072
「昨日」が終わって「今日」が始まりかけてた。


”悪人”にも、アサヒの素晴らしさはわかるわけで、
076
ビイルは毎日欠かさず飲むが、息を飲んだのは久しぶり。
いつまでも見ていたかったがそーもいかんので、あとは撤収して5時間以上かかって登った道を三時間半で(飛ばした意識も無く)徳沢園まで戻った。
全部で50戸ほどもあったテント、朝の6:30時点で7割りが居なくなっていたので、世間の行動の早さに驚いたのと、かわいらしい女の子がソロでテント担いで山に来てるのを何人も見たのと、予定していたほどカレーを使ったメニューの開発ができなかったので、このままでは黄レンジャーとして地球の平和を守れんなと反省したこととか、いろいろ思い出ができた。


| | コメント (14)

やっと登るの巻き

このまま徳沢園にいてはただのグルメ旅行になってしまうので諦めて蝶ケ岳に向かう。

参考文献には、樹林帯がしばらく続くと書いてあったが
027
こーゆーのは”しばらく”やなくて”延々と” とか ”散々” とか ”果てしなく” とか ”頭おかしなるほど” とか 書くのがスジやと思うほど樹林帯長い!


途中1個目のピークの長塀山(ながかべやま)
028
迫真の演技ではなく、リアルに疲れているとこ。

そっからまた展望の一切無い樹林帯が始まる。もうええもうええいうぐらい歩いたら突然
033
小規模の雪渓あらわる。そしてここがどーも森林限界。私も限界。
ここを軽く登ると、

待望の山小屋あらわる。ここまで途中 一軒の立ち飲み屋にも寄ってないのに5時間かかった。
035
ビイルの値段を心配しながらふりかえると

穂高連峰の”キレット”とかいう場所が見えた。
039

けどキレットよりビイルに用があったので小屋まで走って行って
044
一本900万円のアサヒスーパードライを一発注入。ちなみにキリン一番搾りは売り切れの赤いランプがむなしく点灯中。

あと5,6本飲みたかったけど、そーするとテント建てられなくなく。飲みすぎてスカイラークの植え込みで寝ても無事朝が来るけど(経験済み)、ここはそーゆーワケにも行かんような気がしたので諦めて建設。


Bobo
早い者勝ちで、傾斜の少ない石ころの少ない場所を選ぶ。どのぐらいの広さかというと、ハナテン中古車センターの箕面営業所ぐらい。
事前に、岐阜側から松本側にものすごい風吹くと聞いてたけど、これホンマ。

で、ここもTVないしネットも無いから、空気吸うか物食べるかしか残された余暇が無いので


045
フライ麺の中華丼乗せたべて時間つぶしたり


046
フライ麺の野菜カレー乗せたべて暇を持て余したり

とにかく物を食べることで時計の針を早く動かすセコイ作戦。
食べ過ぎて山岳救助隊呼んだら恥ずかしいので散歩でもしてみる


高山植物の女王といわれる「コマクサ」
048
ちまなこになって探してるおばちゃんおった。


三連休なんで、山小屋泊まるヒトタチで盛り上がる
058

こんなとこまで新聞の勧誘来るのか!?
059


| | コメント (2)

穂高連峰見に行った

朝四時半、「蝶ケ岳」山頂のテント場から西を見る。
Yari_2


つづいて東側を見る。
075_2

次行くトキ用に時系列で。
7月15日(金):
午後半休とって足りない装備を慌てて買いに行ってよくじつからの荒行に備えておとなしくしておこうと思ったけど、やっぱり普段どおりに暮らしたほうがいいなと思い直して、立ち飲みへ行ったらいつもより多めに飲んでしまった。

7月16日(土):
3:30家出(この時点ですでに歯車が狂い始めていた模様)~8:30平湯温泉駐車場到着。広大な駐車場の8割がた埋まっててビビル。”山の朝は早い”いう格言を見事に無視したタイムスケジュール、、、。

”魔界への入り口”
Dsc04017
(写真はローラー興行社関東支店勤務の ”か隊員”)

上高地バスターミナルで提出した登山計画書には
”上高地から徳沢園までさっさと歩き~徳沢園でテント泊するちゃらい連中を鼻で笑って~長堀尾根の地味な登りに苦しみつつ~蝶ケ岳で恐ろしいほどのパノラマを見物して~徳本峠まで縦走して~上高地に下りて「あ~ぜんぜん大したことなかったわ~」と大口叩く予定が”

Dsc04033
なぜかその”徳沢園のちゃらい連中”の一員になってしまった我ら、、、。

河童橋から徳沢園までゼッコーチョーで歩けたので、これは今日中に楽勝で蝶ケ岳登頂ですなーと思って上り始めたら
010
なんや知らんが、いきなり心臓苦しいわ荷物重たいわでか隊員と3秒ぐらい協議を重ねた結果、

ダッシュで徳沢園まで引き返して、
017
翌日のきびしい登攀に備えてカレー味のポップコーン作ってみたり、一本700万円のキリン一番搾りを立て続けに2本飲んでみたり、


016
牛丼とは名ばかりの牛丼にこんなきしょこ悪いもん食えるかぁ!と文句言ってみたり、食ったら食ったで以外に美味いですな~と褒めてみたり、ほなどっちやねん!?と自分で自分に突っ込んでみたり。

けど、そんなこと2,3回やったらあきてきた。TVもネットも立ち飲み屋もエッチな雑誌売ってるコンビニも無いので全然時間が経過せんけどやる事ないからといって寝ようにも太陽が止まったかのようにぜんぜん沈んでいかんので「ゆったりしたトキの流れを感じたい」というワケのわからん希望のあるヒトは、ぜひとも まっ昼間の徳沢園へ行くとよいですよ。

7月17日(日):
おはようございやす。
朝から鳥の声がぴーちくぱーちくうるさい。本気出したら11時ぐらいまで寝てる自信あったけどこんなトコで本気出したらカンジンの山に登れなくなるので渋々起きて

きのうの牛丼とは正反対に見かけがすばらしい ちらし寿司(お湯入れて15分でできる)を朝飯に作って景気付けようとしたら
025
ご飯の上にクエン酸の粉をまいたような味にむせびなく。

| | コメント (0)

2011/07/15

12キログラム

運動:自転車通勤+舞洲サイクリング+家事ちょっと
飲酒:淡麗350ml×4

明日からの衣食住いっさいがっさい
Dsc04015


マウスより重いもの持ったことないのに大丈夫なんかな?

| | コメント (8)

2011/07/14

富士山セット

早朝からご自慢の自転車部屋を掃除。

Dsc04013
サイクリングを再開したものの、パンク修理道具やら携帯型ポンプやらを持たずに走っていたので、それらを探す。

運動:自転車通勤+舞洲サイクリング+体操いろいろ+家事ちょっと
飲酒:端麗350ml×2

週末の山行に備えて食料計画を見直すと何食分か足らんことが判り、退社後に登山洋品店に行ったら相変わらず人間で溢れかえってた。みんなこの週末に完全燃焼したろいう魂胆みえみえ。自分も含めて脳みその大半が”山”に侵食されているヒトタチが長いレジ待ちの行列作ってた。
で、カンジンのフリーズドライ食品コーナー行ったら「全然あらへん、、、」。

寂しげに残っていたピラフとチキンライス買う。
Dsc04011
自然の中にどっぷり首まで漬かろうとしている矢先に化学の力を借りてメシを食うのは屈辱だ。こーなったらこれを大幅にアレンジして標高何メーターの場所であろうが黄レンジャーとしての生きザマを見せねばな。
野生といえばやはりカレーだろう。「あの時カレーがあったら遭難せずにすんだのに」という話も世界中くまなく探せばあるに違いない。

ま、そんなドキドキメニューは生きて帰ってこれたらご紹介予定。

富士山セット:
ひととおり押さえておくかと店内ぐるぐる歩いたら富士山セットいう妙なコーナー見つけた。
水筒やらリュックやらに混ざって「酸素」売ってる。自転車のトモダチたちには常々「速さは金で買え」と口を酸っぱくしていい続けているけど「空気を金で買え」と言われたのは初めて。

負けた。


Dsc04014
水道料金請求メモの片隅に「メーター確認が困難なため、物をなるべく置かないようにご協力お願いします」とボールペンで書いてあった。水道局の面々にまで自分の自転車道楽がバレてしまった。

| | コメント (4)

2011/07/13

ナルホド

メモ:登山家より下山家を目指そうと思う。

テレビのCMで腰抜かす:
ヘンドリクスの曲が流れてきたからしっかりテレビ見たら7-UPの宣伝が。
しかし「パープルヘイズ」使うとか、エエ度胸とる。


| | コメント (0)

ビイルに頼るな

運動:自転車通勤+腕立て伏せ300万回+家事いろいろ
飲酒:端麗350ml×1、菊正宗の冷用酒とやら×三合

夏の主役はビイルだけではない。
Dsc04002
ジャスコ野田阪神店リカーコーナーに定期パトロール行って見つけた。ビンの透け具合がエロい。冷蔵庫に入れてチンチンに冷えるまで足踏みでもして待とうかと思ったがそれはちょっと暑苦しいので、端麗で気を紛らわせながら

かしわの手羽でも揚げてみる。
Dsc04008
くそ暑いさなかに揚げ物なんかしたないわ~いうヒト多いらしいが、横着するなら酒飲むな!と言いたい。
いつものようにパンツいっちょで油ハネに立ち向かうのだ。腹に飛び散る高温の油が俺様の男気を呼び覚ますぜ。「男の料理」はいつも危険と隣り合わせ。何が起こるかわからんので最後まで気を抜くな!


最後まで気を抜かずにレタスを添える。
Dsc04009

ここんとこ立ち飲み行ってないのにはワケがあって、

汗だくで立ち飲み行く->ビイルうまい->店涼しい->ビイルうまい->店涼しい->勘定する->店出る->家までまた汗かく

この理不尽さがたまらん嫌で、ほしたら大汗かきもってマッハで家帰って飲み倒すほうがいいかと思ってな。
去年までは飲み倒す前に自転車乗り倒したが、今年そんなことしたら飲み倒す前に吐き倒したり白目むき倒したりうわごと言い倒したり救急車呼び倒して医者にお客さん熱中症ですねと嫌味言われ倒してしょんぼりし倒したりいろいろややこしいので、家についたらおとなしく飲み倒すことにしました。

つづく

おっさんでも虹見て感動する権利はある。
Rainb
「虹の根元には宝物が埋まってる」という眠たい話を聞いたことがあるので、この写真をモトに、大正区と東淀川区を掘り返してみたいものだ。

Over the Rainbow:
この美しい写真を塾から帰ってきたローラー高娘に見せたら虹のむこうに何があるの?とか乙女ちっくな事聞くから「生駒山に決まっとる」と教えたらため息つかれた。親父はつねに事実だけを伝える義務があ~る。


| | コメント (4)

2011/07/12

海より山かな

運動:自転車通勤+腕立て伏せ2,3回+家事ちょっと
飲酒:端麗350ml×2

実家の目の前がたまたま海なだけで、実は”水”が苦手。小学校のときに一度溺れて救助されて以来。天地さかさまになって真っ暗な海底に(実際は多分1,2メートル)引っ張っていかれる情景は、未だにはっきり覚えてるもんで。
けど、山がスキかというと怪しい。仲の良い友達に感化されてボーイスカウトに身を置いたことがあるが、野外活動が苦痛でしゃーなかったな。雨降る中に重たい重たい仮設住宅のようなテントを担いで行き、まずいまずい飯を炊き、一晩中蚊に悩まされ、そーゆー環境での規律正しい暮らしは性に合わんと思ったので。

しかしなにが転機になるか、人生わからんもんやなー。
Tokugo
等高線だけで飯三杯食えるわ。

つづく


| | コメント (9)

2011/07/11

こまめに水分補給しましょう

運動:自転車乗った。自宅~南千里~彩都~ユニバーサル園芸社~府道110号線~上音羽~R423~池田市から猪名川沿い適当に~十三~自宅(80キロメートル)

土曜の夜も、痛飲に注意しながら恐る恐るのんだので目覚めが非常によろしい。六時半出発。約2年ぶりに淀川を越えてサイクリングに行くので大変緊張した。以前はアホみたいに通った箕面までが果てしなく遠く感じる。すでに疲労困憊なカンジ。以前とおんなじ調子で府道110号を時速20~22キログラムで登っていたら腰が痛くなってびっくりした。それと、「暑さ慣れ」してないからうまく汗腺が開いてないカンジがする。なるべく日陰部分を走るようにはしたが、木々の陰にも限度があるので。途中、見覚えのある赤い自転車のアニキに写真とられた。立ち飲み以外で生きてる自分を見られて恥ずかしいぜ。

家にたどり着いたのは10時半過ぎで、すでに外で運動できる気温ではない。這うようにして水風呂につかって体重計ったら4ポンドも痩せてた。水分補給がぜんぜん追いついてない証拠。炎天下の運動を甘く見ていた、そして以前と同じような体のパフォーマンスを発揮できるという思い上がりが招いた結果。おっさんはもっとおっさんらしくしようと思う。反省。


帰宅してテレビつけたら、アナウンサーがこまめな水分補給を心がけましょうと言っていたので麦茶とビイルを交互に飲む。麦茶3割ビイル7割で。このへんは、おっさんらしくて満足だ。

午前中は北摂の山の中に居て、
Dsc03995
午後から六甲山上へ。休みの日はなにかと忙しい。

六甲ケーブルの駅舎屋上で、アウトドア用品のガレージセールやってるいう話を聞いてたので。
Dsc03996
けれど、暑過ぎてそんなのはもー、どーでもよくなってしまって

おっさんらしくコロナビイルをいただく。キンキンには冷えていなかったが、この際そんなことはどーでもよい。
Dsc03994

よれよれのTシャツに興味をいだく小池さん。
Dsc03997
しかし、普段なら興味を惹かれるような衣類とかテキスタイルがちょいちょい並べてあったりしたが、この炎天下でニットや毛糸に触ったら焼け死ぬような気がして、遠巻きに眺めるしかない。

| | コメント (4)

梅雨明け満喫する

土曜日:
前日夜は、痛飲に注意しながら恐る恐るのんだので目覚めが非常によろしい。

寝床のうえから「夏」を一枚撮る。
Dsc03990

午前中にややこしい家事すませて昼からPatagoniaのアウトレットへ行ったが結局何も買わず。明確な目的と鉄の意志を持ってないと、アウトレットいうのは危ない場所だということがわかっていろいろ勉強になった。

一旦帰宅して冷酒なんぞを飲む。ベランダからまたまた「夏」を一枚撮る。
Dsc03992

けっこう酔っ払ってきたなと思った矢先、自転車の友達から電話があってそのまま大阪駅前ビルへ飲みに出かけた。休みの日にこーしてなしくずし的に飲むのは楽しい。
あとは、ジャスコ野田阪神店の冷凍食品ケースやら生肉棚やら鮮魚コーナーやら、やたら冷気を出している機械の前でうろうろして体をさましてから家に帰った。
子供のころは用もないのに冷蔵庫を愛したあまり「あけたり閉めたりすな!」と親によくしばかれたが、大人になってもやってることが大して変わってない。

シャービック食べたいな。

| | コメント (4)

2011/07/08

お願いごとは、、、別に無い

運動:自転車通勤+家事いろいろ
飲酒:日本盛りの冷酒×1本、端麗350ml×1

昼から雨あがると天気予報が自信満々に言うので洗濯ものをベランダに干してきたら、終日雨。
これに自分自身の段取りの悪さがかぶさって歯車が狂いだし、家事に黙殺されてしまった七夕の夜なのだ。

おまけにお持ち帰りした宿題も難航を極め、立て直すには”早寝”しかないと思って十時半就寝。
なんか知らんが、みっともない一日だった。

心機一転、今朝は日差しがあったので洗濯干すのも気持ちよかった。ベランダに干してある(?)スティールの自転車ぼんやり見たら随分錆びてる。塗り替えたいけど
Dsc03989
こーゆー緻密な色分けって塗装業者に依頼するとたこつく?


アホみたいに乗り倒してた頃のペダル付いてる。
Dsc03988
ひさしぶりに乗ってみよかしら。

つづく


| | コメント (0)

2011/07/07

イサキの日

運動:自転車通勤+近所でブランコ漕ぐ+家事いろいろ
飲酒:日本盛りの冷酒×180ml 端麗350ml×1

退社後、例の魚屋に立ち寄る。
Dsc03984
「今日何あるん?」
「えーと、、、イサキ」
「イサキてどれ?」
「、、、これ」
「なんぼ?」
「一枚350万円」
「ほな二枚」
(間髪要れず包丁で二枚おろしにして塩振ってくれた)

スーパーでラップに包まれて物言わぬ切り身を買うのとは躍動感が全然違う。こーゆーテンポ最高。

Dsc03986
ちょっと身が崩れてしまったけどすさまじい美味さ。
前日の地震を教訓に、ローラー高娘もハイスピードで(ただしよく噛んで)うまいうまいといいながら食べていた。

家事むいてない:
ささやかではあるが、こーゆー小さいことでも楽しみを見出さないと、自分の場合は家事労働がおもろないから続かん。生肉以外出されたモンは黙って食べるをモットーに生きているが、朝昼晩の献立考えるのは本当は苦痛でな。自分ひとりなら白ご飯と酒でおしまいにする日があるやもしれんが、現実はきびしいのー。自転車に男気全力投球しとったらええねんいう時代が懐かしいわ(自分に対する嫌味で)。

サイドメニューは
Dsc03985
シマ鯵の刺身(380万円)。

”きょうの料理”は酷かった:
宿題の手を休めて、国営放送「きょうの料理」見る。献立の参考になったらええなと思って。
けど、きのうの作品は酷い。とうもろこしと米だけのチャーハンとか、せんせ本気か???
二発目に出てきたのは「豚しゃぶ」。湯通ししたレタスにしゃぶしゃぶした豚肉乗せて胡麻だれかけて、、、「はい出来上がり」とおいおいちょっとソレ待ったれや!と我が家ご自慢の42インチ液晶テレビに向かっておばはんチックに一人で文句言ってしまったではないか。
せめて「じゃぁ最後に、この豚肉に呪いをかけますね~」とか言ってほしかったぜ。だれかオカルト料理を確立してくれや。


| | コメント (7)

2011/07/06

早寝早起きツールド仏(ほとけ)

運動:自転車通勤+逆上がり×2回+家事いろいろ
飲酒:端麗350ml×2

ツールドフランスに沸く世間を尻目に、22時半就寝。
エヴァンスかコンタドールか知らんが、総合優勝のゆくえより自分の体調管理のほうが大事なもんでな。

なんかちょっと疲れ気味でとこぼしたら、栄養補助食品やら鹿のフンみたいなサプリメントを薦めてくれたりするが、やっぱり三度三度の食事から摂りたいな。良質な睡眠は脳にもええ。ケミカルなもん食べて疲れた脳をほぐすことはできんしね。
最近ちょっと睡眠力あがってるのが自慢。夜中にいっぺんトイレ休憩で目が覚めるぐらいであとは朝まで一直線。春先に、黒人ダンサーのねーちゃんに道を聞かれた挙句肩車でそこまで連れて行けという恐ろしい夢を見て以来、夢も全く見やんし。

飯の食い方を改める:
ローラー高娘と晩飯食ってたら、アパート、揺れた。主菜は今の季節にややアンマッチな肉じゃが。
すぐさまテーブルの下に避難したのでキャツの好物・肉じゃがの「じゃが」が皿の上に丸々残留。
今まで「好物は最後に食べる派」を頑として貫いてきたローラー高娘よ、やっとわかったか。
この先の人生、好物は真っ先に食べろ。一寸先は闇やぞ。


| | コメント (3)

2011/07/05

木下裕義酒店

運動:ジグザクに歩いて通勤往復+腰痛体操+家事ちょっと
飲酒:だから木下裕義酒店で立ち飲み

長いカウンターがある角打ち。中がけっこう大箱でびっくり。高まる期待をおさえながらもこの店の大瓶がアサヒ・スーパードライの一点張りということを瞬時に確認して、とりあえず一本頼むと30秒以内にコップと一緒に出てきた。「合格!」。

アテどうすっかなーと軽く悩んで、やっぱり角打ちの力量を測るリトマス試験紙「ポテサラ」イクかと思ったけど、食べてる人がいなかったのでここは一旦その考えをサヤに納めて「なんか、魚あります?」って聞いたらアジとかキスのフライあるよと言われた。刺身というイミで「魚は?」と聞いたけど、フライで提案された。
相手のジャブを警戒したらローキック飛んできた、、、感じ。

「ほなそのローキック、、、じゃなくてキスちょうだい」と言ったらお皿の上に揚げたてキスフライ×2、ポテトフライ×2、生キャベツ×少々が出てきた。酒飲みの気持ちを判り倒したプロダクトが一発目に出てきて、警戒心が一気に溶解。揚げたてのフライもんがまずい筈が無い。次に目が釘付けになったのは「鯖カレー」缶詰発見。
(写真撮るの忘れた)

コンロの直火で温めてくれて出てきた。カレー味の鯖でも出てくるんかと思ったが、期待がええ方に裏切られて、つまり、そのー、「おかんカレーで鯖を煮る」という黄レンジャーも鯖好きも両方いっぺんに満足させるシロモノだった。ジャガイモもニンジンもちゃんと存在主張してる驚きの缶詰。白ご飯あったら危なかった。飲酒が中断してしまうではないか、、、(ぐらい美味い)。

あとは、注文してから焼いてくれる「たこ焼き」とかスルメとかどれも手抜かり無し。

8時過ぎてちょっとこっちの足腰弱ってきたなと思うやお店の人が奥から「椅子」をどんどこ運び出すので何が始まるのか?と思ったら「たいだい8時過ぎてお客さんの数が安定してきたらサービスで椅子出しますねん」と。
支払いも、ほんまにそれでええのんか?いうぐらい安かった。嬉しいのでスキップして帰ろうとしたら外は大雨で入り口出てもじもじしてたらお店のヒトがすかさず奥から出てきて「返さんでええしな」と言って傘をくれた

自分の中では中津の橘田酒店と並ぶ暫定一位に決定。どのヒトが木下裕義さんか最後までわからんままやが、ひとりだけゼンマイで動いてたおじいちゃんがおったから、多分あの方がそうかも。

最後はぜんまい切れて、住宅のほうへ引っ込んでいかはった。
また行きたい。駅から遠いけど。


家に到着:
ごきげんさんで帰ったら、エジプトからツタンカーメン届く。
Dsc03982

モンベル社のモデルナンバー#3とやら。ストレッチ素材で縦横無尽に伸びたり縮んだりするとカタログに描いてあったが、思ったほど伸びなかった。寝る以外の作業は無理っぽい。


ツタンカーメン、顔赤い。
Dsc03983


| | コメント (4)

2011/07/04

サイクリングのち、魚屋

日曜日:
二年ぶりにショップチームの自転車練習会に行った。、、、と書いても実は舞洲。夜に走るとなんか後ろめたいが、太陽に照らされて自転車乗るってなんか健康に良いことしてるって感じ。
長らく顔を出さなかったのでその集まったメンバーの変貌(というか増殖)ぶりに腰抜かした。女のヒトも沢山いるし、お名前存じ上げない方も多数やしで。

前日、山から下山して風呂ですね毛剃ってみた。強い意志をもって自転車に乗っていた頃は、剃るにしても毛穴無くなるいうぐらいカミソリの歯を何往復もさせたもんやが、剃ったところでなにがあるわけでもあるまいな~と中途半端な気持ちだったので跡地が非常に”ランダム”。マンダムちゃいまっせランダムでっせ。なぁ君、あごの下になんかついてるでと言って触らした途端「うーんマンダム~」といえる相手が最近おらんで寂しいが、ま、ともかく剃った。

で、問題行動はこっから。
昼飯食って「魚屋」行った。魚屋の、おっさんが、屁をこいた、「ぶり」、の魚屋。
うちの近所に長らく空き家になってた店舗があって、先月そこに「魚屋」がOPENして我が目を疑う。
魚はスーパーの鮮魚コーナーで買うもんというのがホボ常識になってる時代に、あえてフツーの魚屋で勝負している。見た目20代後半ぐらいの夫婦が二人で前掛けしてゴム長履いて、下町ではあるけどヒトの往来が絶えずあるという場所でもないのにWhy?ナゼ?

大きな「よこわ」がサクで売ってた。これちょうだいと言うとすぐさま包丁で切ってくれて、大根のケン入れてくれて、わさび下ろしてくれて、もー鼻血ブーのサービス。こっちも勢いに飲まれて水槽の中でブクブクしてるアサリやらシジミやら買って、さぁ帰ろとしたら、今開いたばっかりのサゴシやら並べだすのでそれも買ってしまった。最後に目に焼きついたのは「鱧、一匹3,500円、いかようにも調理します」の手書き広告。料理の仕方も詳しく教えてくれるし、「オマケ」と言って雑魚を持たせてくれたりもハートに響いた。

金輪際、スーパーで魚買うのやめてこっち応援したい。がんばれ、「フツーの魚屋!」。

| | コメント (7)

御在所岳/中登山道(2回目)

土曜日:
大阪から日帰りで、展望がよくて、そこそこ達成感もあって、できれば標高は1,000メートル以上という条件で絞り込んでいったら、
Dsc03956
やっぱりココになった。

Dsc03958
山肌が六甲そっくり(同じ花崗岩)で「似てる似てる」を連発する小池さん。

途中の奇岩(地蔵石)。
Dsc03960
GWに来たときは黄砂が凄くて下界の様子がさっぱり判らんかったが、この日は”セントレア”の方もチラチラ見えたり。

Dsc03962
”キレット”にもヒトがワンサカ取り付く。「そこそこ怖い思い」をしたほうがあとあと印象に残るので、こーゆー場所も大事かなと。

ちなみに、ロープウェイ(おにゃか減ったので、下山は躊躇なくロープウェイ使った)から見たキレットは
Kile
こんなカンジで、
Dsc03981
こんなカンジ。

明らかに、サイクリストの忘れ物があったり。
Dsc03964

で、1211メートルの頂上ぶらぶらする。
Dsc03974
冬場はスノーシューのコースにもなってるらしいので、それはそれでちょっと楽しみ。

頂上の気温。
Dsc03977
後ろを歩いてたグループのおっちゃんが、ここに住んだらエアコン要らんわー、わし住もかなー、よー寝れるやろなーと言っていたが、こんなとこで寝たら一生目が覚めないと思う、、、。

ETC休日千円が終わってしまったのでちょっと悲しいなと思いながら料金所通過したら、「割引・1850円(名神吹田~東名阪四日市)」と表示されて何の割引か知らんが嬉しかったので、ちょいちょい行きたい山に決定。


| | コメント (6)

2011/07/01

家を買いましてな

運動:自転車通勤+腕立て伏せ20回+家事ちょっと
飲酒:淡麗350ml×2、梅酒のロック×適当に

Dsc03951
金融公庫の審査もなく、35年先を見据えて絶望することもない「家」を買った。

Dsc03946
フライシートを外すとこんなかんじ。昔夏場の食卓には、これによく似たものがテーブルの上にあったが、、、。

畳む。
Dsc03952
固定資産税とも無縁なサイズで。

| | コメント (15)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »