« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011/05/30

ウエムラパーツのパラドックス

買わないと帰れないけど、帰らないと財布が無いから買えない。

| | コメント (2)

宮沢りえなら、俺でもイクわ

レンンタルDVDで「ホノカアボーイ」見た:

去年行ったホノカアの街がいっぱい映画に出てきて懐かしいやら切ないやら。

「江」見た:

豊臣秀吉のみならず、宮沢りえなら僕も、私も、俺も、おいどんも、側室にしたいと思わんやつはおらんと思う。
大竹しのぶが正室なら、、、なおさら。それとは別に衣装やセット、出てる俳優たちが重厚やのに、内容が見るたびにチャラい方へ行ってる。脚本の迷走っぷりがいらいらするけど来週も見るぜ、宮沢りえが出てるから。

「JIN」見た:

大河ドラマ(江)より明らかに時代考証が薄めであるにもかかわらず、現代人の目線で見た幕末に激しく同意できる。「江」完全に負けてると思う。上野 樹里はのだめか寝だめか知らんが、髪の毛もじゃもじゃでピアノ弾いてるほうがええと思う。JINは展開速いしテンポええしで、なぜかCMまでしっこ我慢して見てしまうが来週も見るぜ。綾瀬はるか出てるから。

| | コメント (2)

「雨が降っても 濡れるだけ」

昔誰かが自転車雑誌に掲載した記事にそーゆーふーな言葉があったけど、実際はもっといろいろあるが今は内緒。

雨脚が一向に目減りする気配なし。昼間は見るべきTVプログラムも無いので(ただし、新婚さんいらっしゃいは別)
Dsc03793
ご自慢のカッパ着てランニングで舞洲行ってみた。自転車レース控えてないし、マラソン大会出る予定も無い、ただただカッパ着て表に出たいという自然に湧き上がる気持ちだけ。「楽しいからそーする」いうのは一番大事にしたいな。

本土から舞洲に渡る「常吉橋」の上、吹き抜ける風凄い!
Dsc03794
欄干に押し付けられるぐらいの風圧。凧揚げしたい。

さすがに誰も走って(自転車、ランニング)なかった。そらぁ、あえて危険冒して荒天の中、飛び回る必要も無いしな、、、と思ったら飛び回ってるやつ発見。


飼い主のヒトの話やと、
006
こっちが先輩で、

Dsc03795
こっちが後輩。両方ともモト警察関係の仕事してて特に先輩(黄色のほう)は、”匂い部門”で過去に5度日本チャンピョンになったらしい。最近退職してぶらぶらしてるらしい。

よく見たら、先輩も後輩も裸足や。ぺらぺらのカッパ一枚。雨脚は一向に弱まる気配なし。なのに嬉しそう。雨が憂鬱に思うのは人間だけかもしれんな。「雨や、やることないわ、退屈や、屁も出やん」いうのは本人気がつかんだけで一番贅沢なトキかもしれんな。

| | コメント (6)

2011/05/28

雨なら雨で

やみくもに近所を散歩するのは楽しい。

いつものたこ焼き屋
Dsc03788

いつも目をこすってしまう価格。
Dsc03789

自転車屋の軒先にあった箱
Dsc03787
Airの発音は「エヤー」です。空気と一緒に気合いも入りそう。10円で。

今夜のアテは
Dsc03791
あさりの酒蒸し+大葉ちらし。

明日も雨か、美山のロードレースとか王滝のマウンテンバイクとか自転車の人たち、危険のないように楽しまれますように。

| | コメント (4)

2011/05/27

がくがくしながら岳を見た

運動:自宅で仕事+改装した大阪駅で迷う+家事ちょっと
飲酒:丹後半島・宮津の酒「香田」なう

”有給つかって”自宅で仕事。

昼から待望の「岳」見てきた。定価1,800円が妥当かというとちょっと微妙なストーリやが、つくりものでない山の映像が全てを帳消しにしてくれた。
せっかくなんで新装開店したJR大阪駅上空の映画館で。けど、客層の大半が還暦前後いうのは正直ビックリした。こういう映画のニュースソースはどっから???

上映前のCMや近日上映作品の予告放映のトキに少しざわついてたけど、まあ、本編始まったら落ち着くやろなという思いは見事に裏切られ、映画のシーンごとに「うわ~」とか「いゃ~」とかならまだしも「あの人死んだんちゃう?な、死んだやろ?な、な、な」と仲間内で死んだか死んでないか議論し始める始末。

おばはんらにしたら、映画館で観てるいう意識はまったくなく、近所の友達呼んでおかき食べながらDVD見てる気分に違いない。

ともあれ、山に行きたい気持ちをますます増長させる映像であることは間違いなかった。梅雨に入ってなければ、間違いないく借金してでもこの週末に我を忘れて山行ってたかもしれんが。梅雨明け楽しみ。

映画のあとは
Dsc03782
百貨店で「エエ酒」買って、

Dsc03783
「エエあて」買って”これぞ週末”いう過ごし方した。もうそろそろビアガーデンとやらが懐かしい時期に来たが、まただまだ日本酒健在。うしししし。


| | コメント (5)

2011/05/26

ハムストリング

運動:自転車通勤+舞洲ランニング10マイル+家事いろいろ
飲酒:飲んでない

どーしてもカレーが食べたいと体が言うので久しぶりに外食した。帰ってすぐにランニングに出かけたが、運動前に一番食べてはいけないものを食べてしまったせいで、何度もあげそうになって苦しかった。
それでもやっぱりカレーが好き。

悪い女->理屈じゃないんだ好きなんだ。
カレー->   同じく。

ランニングすると必ず”ハムストリング”が痛くなる。走り方が変なのか?
まぁ自転車にしろランニングにしろ、ヒトより少し変わったことをしようとすると体のどこかに弊害が出るのは決まりごとみたいなもんで。速く走りたいとか大会に出るを目論んでいるわけではないから、今はただ、「やぶからぼう」に走ろうと思う。

つづく

断シャリ以降初めてのお買い物:
Ashi
フレキシブルな三脚。以前箕面にトレラン行ったとき某アニキが使っておられて楽しそうだったので。地面に置くのは無論、木の枝にぶら下げたりできそう。オーガニックな生き物のなかに、こんな足のやついたような気がする。

| | コメント (6)

2011/05/25

角打ちいろいろ

運動:通勤往復+角打ち三連発+家事いろいろ
飲酒:こんなカンジ

自転車で舞洲行くか悩んだ。けど悩む段階で負け。この夜巡った酒屋周辺は、高校時代のホームタウン。まさかこーゆー形で再びこの地に足を踏み入れるとは思わなんだ。

一軒あたり、ごひゃくえん前後の代金でけっこう酔えた。帰って風呂を沸かし、弁当の用意をして、ローラー高娘と一緒に貞子の練習した。課題は白目の剥き加減とかいろいろ。

| | コメント (3)

2011/05/24

歯医者へGO

運動:通勤往復+歯医者でもだえ苦しむ+家事いろいろ
飲酒:端麗350ml×1

2,3年周期で歯の調子が悪くなる。贔屓の歯科医院が店をたたんだので新規開拓。手荒な真似だけはせんといてくれと願いながら電話で予約すると、相手の声のトーンが自分好み。ボインでちょっとかわいい八重歯のある歯科助手のヒトを予感させるので、こらぁなんかこー、診察楽しみやなーと妄想しながら入店したら

「先生、、、マサ斉藤にそっくり」。

いきなり監獄固めからラリアットの2,3発でもかまして患者が白目むいてるあいだに治療するようなストロングスタイルの容姿にたじろぐ。

次回ゴング予約は金曜六時から。

| | コメント (6)

2011/05/23

受験生

俺やない。

ローラー高娘もそろそろ尻に火がついてもらわねば困る時期に突入。
予備校とやらから、受験対策指南の案内きたので行ってきた。どこの親も大変や、予備校の説明は聞きにいかなあかんし湯水のように銭は出て行くしで。

共通一次やらセンター試験やらの話を寝たり起きたりしながら聞いた。実は自分は表から大学入ってない。あたりまえだが裏口でもない。しいて言うなら勝手口。編入試験受けて横から入学。
なので、世間一般のそーゆーシステムに大変暗い。
予備校のヒトが強調するのはともかく受験は根性と体力とか。いまのローラー高娘に一番足りん部分で、こりゃ今後は大手をふって生活指導できるというもの。

「ただでさえ火の車やのに 自転車こーたり、テントこーたり、寝袋こーたり、立ち飲み行ったり あんた、ほんま、えーかげんにしーやー!!!!」
と小池さんに罵倒されるかされないかはローラー高娘の受験の結果次第。

親父のしあわせのために、失敗は許されんからな。
受験がんばれ。

お知らせ:
011
近く、御在所岳にのぼろうと目論むヒトは、注意してください。


| | コメント (4)

2011/05/21

生駒山、トレランコース調査(メモ的にいろいろ)

こっからスタート
013


近鉄・信貴山口~法蔵寺~高安山~以降は縦走路で~十三峠~鳴川峠~暗峠~生駒山上遊園地~
興法寺~辻子谷~石切神社~中央線・新石切駅(全部でだいたい4.5hぐらい)

ケーブルで一気に高安山まであがる方法もあるが、
009

手持ちのICカードが使えやんので徒歩で。
010

登山道はこんなカンジ。あんまり陽が当たらないのと藪蚊が多い。あと、景観は見えない。
017
写真の鋼鉄製の橋がまでいくと、一応の尾根部分になった。駅の改札出てから手加減せずに苦し紛れに登ったけど40分強かかった。一番つらかった部分です。

016
そーいえば、今回歩いた(ときどき走った)トレイルは、いたるところにイノシシが掘り返した跡があった。場所の数でいうと六甲より多いかもしれんので、相当な個体数居ると思う。

登り口に清潔なトイレもあったが、駅で絞り出しておけば使うことなさそう。
015


どころどころ、”信貴生駒スカイライン”の下をくぐる。縦走路はほとんどこのスカイラインに沿うかたちで。
020

サイクリストに毎度おなじみの
025
”十三峠”なう。自転車では大阪側からも奈良側からも嫌になる程何回も昇り降りした峠に、今は徒歩で来てそこに立ってるいうのは、人生わからん。

十三峠の前後にある従走路も
023
おおむねこんな感じで、ドライブウェイのキワキワを走る。妙なことに車が全然こやんので気分的に嫌な思いをせんで済むけど、ガードレール沿いにしつらえてあるダートはあんまり楽しくない。

森の中に忽然と現れる人工物
029
中に入ってみたけど楽しみ方が不明のまま。

”鳴川峠”なう
031
032
標識だらけ。
スタートからここまであんまり楽しいルートが無い気がした。近鉄・瓢箪山駅を発着にしてこのあたりを周回するのがいいかも。

”ぼくらの広場”とやらに着いた。
036
わしらの広場でもなく、うちらの広場でもなく、あたいの広場でもない。こことさっきの鳴川峠を繋ぐルートがいいな。

秘密の”花園ラグビー場”が見えた。
040

ぼくらの広場は火気禁止の看板。レストハウス前だとコンロ使ってもいいって書いてあるので
035

立派なレストハウス行って見る。
042

立派なレストハウスは一万円札を何枚持っていても、ジュースを飲めない恐ろしいところ。
041
ちなみにレストハウスはレスト専門なので お食事処とか日帰り入浴とか そーゆーのは一切無い。トイレはある。

レストハウスの近くにあった標識
038
らくらく登山道がキニナル。だれの目線で”らくらく”なのか?

ぼくらの森からものの4,5分で”暗峠”なう。
046
斜度のきつい坂道どこや?いう話するサイクリスト仲間で必ず出てくる人気者の峠。


049
石畳に趣(おもむき)あり。

こっからいよいよ道が細く長くなって激しさを増すのだ。
激しさの先は

051
またまたドライブウェイの展望台。
一旦道路を横切ってもういっかい激しい山道に突入すると、さっきよりも激しい激しさの先には


こんなモンがあったり。
058
生駒山上遊園地ってやつ。さっきまで孤独や空腹と戦いながら山の頂を目指していた孤高のアルピニストの目の前に突然

黄色いやつががいたり。
057

ここまでで家から持ってきたお握り×2個食べてしまった。売店でラーメンとビイルをチャージして行くという案もあったが、下山してから飲み倒す楽しみを増長させるべく先を急ぐのだ。

”石切駅へ”という見知った標識を見つけたので一気に下り始める。
059
が、実際には階段率がめったやたらと高くて往生した。登りには絶対使いたくないルートに認定。

下山途中に忽然と山寺あらわる。
061
興法寺。下界からこの山門まで車の通れるような道なんか全然無いのに、よくまぁ立派に建てたもんやと感動した。

お庭にあった、ヒトの興味を惹く石ころ。紐で縛ってある。
062
石、どけたかったが、下から何か発射してきたら怖いからやめた。

みっちゃんみちみち、、、みちみちにお地蔵さんあり。
064

お地蔵さんだらけ。
065

やっと人里に下りたら巨大な水車発見。ま、別になにか特別な施設というワケもなく、普通に水車が一個。
074

石切神社でゴール。
079

駅まで参道歩く
081
特筆すべきは、「占い屋」だらけ。ざっと見たけど100件ぐらいあった。これホンマ。手当たり次第に自分の気がすむ結果が出るまで占ってもらいたいとか、そーゆーひとには朗報。


082
石切モード扱うお店が沢山ある。

山行はざっとこんなカンジ。
楽しいハイキングになったが、近鉄・石切駅について愕然となった。立ち飲み屋はおろか一件の酒屋も無い。この街は飲酒しないとか!?仕方ないから地下鉄中央線・新石切駅まで足を伸ばしたが、ここも同様。唯一の救いは、改札入ってすぐのとこにある売店、ビイルのラインナップがそこそこ揃っていてアテもなかなかのレベル。
ビイルを全種フルコンプリートしようか迷ったが、地下鉄車内にトイレが無いのでやめといた。

おしまい。


| | コメント (9)

2011/05/20

金子 みすゞ で銭儲けすな

どーにも納得いかん。

地震以降しばらくのあいだ、TV見るたんびに金子 みすゞという昔のねーちゃんの誌を朗読するCM流れてて、一躍そのねーちゃんの作品が脚光浴びるのは別にかまんが、いきなり詩集や朗読CDを、バンバカバンバカ、ジャンスカジャンスカ リリースする出版社、気は確かか? 便乗してないか? そんなんでええのか?

ええか~ええか~ええのんか~ by 鶴光

| | コメント (2)

大阪駅

運動:通勤往復+立ち飲み×2軒+家事いろいろ
飲酒:新梅田食堂街「金杯」でハートランドビイルと日本酒、「大阪屋」で麒麟の大瓶

東京から出張に来られていた自転車友達が連絡くださった(年上なのでシッカリ敬語で)ので、伊丹発羽田行き最終便までのわずかな時間に駆け足で恐縮ですが立ち飲みを堪能していただいた。

不思議なもんで、自転車の仲間にこう立て続けに出会うってのはなんかこう、運命感じる。

で、”金杯”で「焼き味噌」と「エッグ」の二枚看板のアテをつつきながら関東の自転車事情を聞いたり、サキソフォンの吹き方や皮細工にいたるまで多種多様な話題てんこ盛り。器用なヒトって羨ましいなぁ。
あとちょっと、ツールド沖縄で一緒に逃げを打って優勝しましょうと約束したり。

去り行くバスの中から手を振るので、こちらも少女のように手を振り返した。永遠の別れでない別れは、再会の期待で胸の中が透明の炭酸水で一杯になってシュワシュワする。

帰り道、歩道橋の上から改装後の大阪駅を見上げる。
Sta
街はどんどん垢抜けていくが、人の繋がりは垢抜けやんでそのままでおってほしいな。ほんまにな。

そうそう、友達との会話の中で、これからも美味しい東北を応援しよやと言う話になったので、自宅に戻ってこれで早速味噌汁作った。風評被害に負けず、今後も飲み倒して食べ倒すぜ。

| | コメント (0)

2011/05/19

RUN!

定時でオフィスでたら随分陽が高い。何かしないと勿体無いなと思って淀川に出てみた。
Dsc03698
あまり深く考えずに舞洲に向かってトコトコいく。ハイキングの最中に気まぐれで駆け出すことはあっても、長らくランニングということをしてないのでどーにかなったら困るなと思ったが、どーにもならずに普通に走れてヨカッタ。ただし”ズック”は失敗。

運動:通勤往復+ランニング16km+家事いろいろ
飲酒:櫻正宗×三合

つづく


きのうの晩飯。
Dsc03700
ダイエット? 違うね。うまい酒があると、貧相なアテを相手にちまちま飲むのがサイコーなダケ。

道中、自転車のトモダチに会った、しかも4人も。自分の股の下にサドルがなくて二本足でそこに立ってるのがよほど珍しかったんだろう、キョトンとしていて可笑しかったよ。皆口をそろえて「こっち側(自転車)にもときどき顔だせや」と言ってくれて嬉しかった。
Dsc03696

気が向いたら乗るわ、心配いらんて。

流れる雲の~、形みたいに~、激しさに身を任す~、時は、終わった~って拓郎の歌が沁みる沁みる、沁みるわい。


| | コメント (7)

2011/05/18

歯を磨くように、顔を洗うように

以前はそんな感じで何も考えなくても体が勝手にサイクルジャージを着てレーサーパンツを履いてくる日もくる日も自転車に跨って舞洲へ遊びに行ってたのにな。

運動:自転車通勤+腹筋60回+家事いろいろ


上空八千メートルから一升瓶を撮影。べんちゃらでなく、桜正宗うまい。
Dsc03690
圧倒的な存在感と威圧感。星一徹も丹下段平も、男はやっぱり(女でも)一升瓶だぜ。「もう五合しかない」「まだ五合ある」という気持ちの分水嶺は、一升瓶でしか味わえんもんやでな。

「日本酒、どーも苦手で、、、」いう人は藤沢周平読みなさい。読んだ尻から日本酒と蕎麦が食いたくなるから。

ゴミ出しの日に、一升瓶をごろごろ提げて現場にひよっこり現れるこっちを見て眉間にシワを寄せるマダムたちの視線が気持ちええわい。

つづく

うまい具合に酔っ払ったのでYoutube見た:
ミゲール・インドライン(自転車)
ジャン・フランソワ・ベルナール(自転車)
フレディ・スペンサー(GP)
ジェフ・ワード(MX)
ジェレミー・マクグラス(MX)
ナイジェル・マンセル(F1)
カルロス・サインツ(WRC)
、、、乗り物ばっかりになった。何でかわからん。

途中から佐野元春を見て一人「アンジェリーナ」を熱唱する。一升瓶はマイク代わりにもなる。
そんなわけで、今日は喉が痛くて軽度二日酔い。

| | コメント (13)

2011/05/17

ハートカクテル

http://youtu.be/3s3Rrmk8MPk

新人のとき、4畳半の独身寮の部屋で見たわ~。

ま、そんな漫画みたいな話があるわけもなく。

| | コメント (2)

2011/05/16

売りたし

実家の敷地を持て余してます(点線部分。100坪ぐらい。)
Niwa

徒歩、5秒でこの景色です。
028

こんな海です。
006
最寄り駅はJR境港です。

ここでの推奨アクティビィティ:
釣りできます。
サザエ、アワビが採れます。
夏は泳げます。
シーカヤックの発着に最適です。
マーシャルアンプ・フル10でギター弾いても大丈夫です。
ちかくに地元では有名なボルダリングエリアあります。
サイクリングコースは沢山あります。

ご興味のある方おられたらどうぞよろしく。

| | コメント (9)

2011/05/15

まだちょっと、泳げない

ゲゲゲの実家なう。
Dsc03669

鯵が沢山釣れます。日本海の水はまだまだとても冷たくて、足をつけたら直ぐに痺れた。

毎月一回、300kmの距離を車を飛ばして実家のアシストへ。

自然退治:
スズメハチのワナを仕掛けた。モグラの穴に農薬を散布した。草刈がんばった。ワナにかかったタヌキを殺害した。
感情移入は邪魔なだけや、淡々とこなす。

地デジ化:
地上波が打ち切られたらTVを見なければ済む話だとオカンはカタクナに言い続けていたが、年寄りが能動的にパソコンを使って日々の情報を得るとはとても思えん。ボケ防止と安否確認という目的で、根気強く操作を教えて日々のブログを投稿できるようにはなってくれたが、”あいまい検索”をつかって知らないことを探すという行為は死ぬまで(多分あの世に行っても)出来そうにない。

で、いろいろ手続きをしてケーブルTVを開通させてきた。それに伴い電話もIP化。半世紀以上に渡ってNTTの電話番号体型に慣れ親しんできたオカンにとって、IP電話の番号体系は謎の数字の羅列でしかないが、諦めてもらうしかない。

014

盗難騒ぎ:
”田舎暮らしの原動力は、まず健康”ってことを実戦すべく果敢にいろいろチャレンジ(してはケツ割っての繰り返し)中のオカンが、ジムに通いだした。で、先週末のこと。ジムに持って行ってたバッグの中から通帳と現金が忽然と消えたと。年寄りのすることなんで思い違いの可能性はめちゃめちゃ高い。想定された行動範囲をしらみつぶしに追跡し(ケーブルTVの件と同時進行)、最終的には最寄の警察で盗難届けをしてきた。対応してくれた刑事さんが人相悪いけど温かみのある人柄の方で助かった。

019
近所をウォーキングする。


毎月一回の帰省でできることなんか限られてるが、親がなんとか元気でいるからこそ子供も遊び倒せるし飲み倒せるしってこと、忘れんようにしたい。
いろいろありすぎてとても疲れた。何の根拠もなくて単に古い因習の呪いのような一番嫌いな言葉なんだが「長男は、大変や」をシミジミ感じた。

事故渋滞:
米子道~中国自動車道と法定速度プラスアルファで大阪の自宅に向かってたら、毎度おなじみ宝塚トンネルで渋滞発生。10km程度なら諦めて突っ込んだほうが結局は早く家にたどり着くという経験から、この日もそうした。
ほしたらみるみる渋滞が伸びて24km!までになった。勘とナビと思いつきをたよりに北神戸から一旦山陽道に逃げ、阪神高速北神戸線~新神戸トンネル~阪神高速湾岸線と乗り継いでフラフラになって家にたどり着いた。

せっかく改善に向かっていた腰痛がまた後退。車の長時間運転が一番堪える。

| | コメント (8)

2011/05/13

大阪西天満・松浦酒店

運動:通勤往復+立ち飲み+家事いろいろ
飲酒:だから立ち飲みで大瓶とか日本酒とか飲んだ

日本酒が「金杯」なことと、サッポロビイルの大瓶が飲めること。この二つの厳しい条件を満たす貴重な角打ち。
110513074939

五つ玉そろばんで勘定する大将とおかみさんの二人で、常に20人ぐらい飲んでる客のオーダーを漏らさずオペレーションするのは見ていて神業か?と思った。
一発目のアテにきずしちょうだいと言ったらゴメン今日はきずし無いねん鯖やったらあるねんと言われた。きずしが無いのに鯖があるというアンサーに「え???」と思った自分はまだまだ未熟だ。

出された”鯖の刺身”。まずいはずが無い。100点満点ちゅう106点。


食べたアテのお皿とか飲んだ瓶の数で最後に勘定するから、ちょうしにのって飲み倒したら目の前、瓶の城壁できる。飲みすぎた現実を絶えずつきつけられてるシステム。これはこれでいいかも。

| | コメント (4)

2011/05/12

こめお 食べた

焦げてはがれない部分を除いて、
110512122238
ほぼ完食。ぼぼブラジル。

生産者の方たちが大切に育てたこめお、美味しく炊いて美味しくいただくのが我々の使命だ。感謝の気持ちを忘れずに。

| | コメント (6)

こめお 炊く

紛らわしいタイトルが好きだ。

ローラー高娘がクラブの朝練行く言うので五時半起床。つられてこっちも起床。

連休中にメスティン(西洋の飯ごう)で炊いた米の味が忘れられんで、この朝の時間を使って再びトライ

炊飯中
110512061458

how to:
1.こめお一合洗う
2.こめお水に15分浸す
3.メスティンに蓋をして、その上に重し置いて、火力は中火で
4.蓋のスキマから蒸気が噴出してきたら、蓋を開けてスプウンで中身をかき混ぜる
5.蓋を閉めて重しおいて、火力は弱火で
6.蓋のスキマから蒸気が出なくなるまでほかの用事をする
7.蒸気が出なくなったら時々鼻を近づけて焦げる匂いに注意する
8.焦げる匂いがした瞬間に火を止める

3.から8.までタイム計ったら35分だった。

蒸らし中
110512063931

朝から無駄に手間かけたのと何十年かぶりでガスで炊いたのとでのシナジー効果で絶対うまいに違いない。これを風呂敷につつんで弁当に持ってきたけど、早弁したい気持ちを抑えるのに苦労した。高校は早弁見つかったら先生にでっかい分度器でしばかれたが、会社で早弁したら部長にパソコンでしばかれるだろうか?

自転車熱:
ゴールデンウィークが終わってから、徐々に自転車が気になりだしてきた。さすがゴールデンなウィーク、何かが起きる。
それと、自転車関係には物欲と性欲が無くなったといろいろな友達に吹いてまわったが、スティール製のスバラシイデザインの自転車があることを知ってしまった。鉄の自転車は触ると冷たいけど乗ると暖かい。そして懐が深い。大関魁皇も懐が深いが魁皇に乗ってツーリングには行きたくない。


運動:通勤往復+腕立て伏せ8回+家事いろいろ
飲酒:菊正宗ぴん×三合

| | コメント (6)

2011/05/11

マッコーネル緩和曲線

運動:通勤往復+腕立て伏せ6回+家事ちょっと
飲酒:菊正宗ピン×二合


連休後半に自転車の師匠から「夕方までに入ったらビイル一杯190円の店あるから来なさい」と指令があった。
Kadokado
(写真は師匠承諾済)

ひさしぶりに変態について語り合いたくなったのかなと思って焼き鳥つついてたら伊豆のサイクルスポーツセンターに一周250メートルのバンクができるというマジメな話になった。世界の流れが250メートルバンクらしい。

「ほしたらそのぶん、ものごっつい急斜面ですね」と言うと
「ほや。こがな落ちる」と言われた。

次の瞬間師匠が「マッコーネル緩和曲線や」と言う。
師匠の口から変態関係以外のむつかしい言葉が出てきて大変感動した。

びっくりしながら、マッコーネルいうのは理論の名称ですか?と聞いたら、
「、、、多分どっかのおっさんの苗字やろな」と答えてくださった。

おかげでかしこなりました。またちょっとバンク走りたくもなりましたよ。ちょっとだけですけどね。

| | コメント (2)

2011/05/10

断捨離、やりすぎた

運動:自転車通勤+体操いろいろ+家事ちょっと
飲酒:端麗350ml×3

・デジカメの充電器
・ケータイ電話のUSBケーブル
・新品のウクレレ弦×2セット
・ダウンベストの取り外し式フード
・ぜっぜん読んでない新品の文庫×4冊

なにごともやりすぎはイカン。泣きたい。

そもそも「不要なモノを断ち、捨てることで、モノへの執着から離れ、身軽で快適な生活を手に入れよう」というものらしいが、自分の場合は「必要なものまで捨ててしまうことで、余計に執着心が強くなり、次の物欲へと昇華してしまう」という恐ろしい道筋。


| | コメント (4)

2011/05/09

最後まで、歩いてゆくのだ!

とうとう10連休の最後になってしまった日曜日。長いようで長かった今年のGWだ。最後の一滴まで遊び倒すぜと思って阪急電車の始発(神戸行き特急電車としての始発)に乗って、やっぱり六甲。

日曜6時半の芦屋川駅前
Dsc03643
だれもおらん。

途中、神戸港を見下ろす
Dsc03645
なんも見えん。

風吹岩に着いても
Dsc03648
無人。

しかしすがすがしいわ。見たことないような鳥はぴーちくぱーちく鳴いてるしイノシシは草むらからこっち見てるし、自然の中にどっぷり首まで漬かってる感じがしやんでもない。
Dsc03650
イノシシのモーニング会場跡。

下山するころにやっと陽がさしてきた。
Dsc03652
早朝登山記念のシェーやってきた。

以前は自転車でもおんなじような事を随分朝っぱらからやってたなと思い出した。けど、もう、ギア比なんぼやと気にやんだり、タイム計って落ち込んだり、速い他人を妬んだりすることも無い。走りたくなれば駆け出す、綺麗な藤の花が咲いていれば立ち止まる、腹が減れば風通しのよい場所にしゃがんで家から持ってきたお握りを食べる。
山に登るような調子で自転車に乗れたら、またサドルの上の人になりたい。

午後から:
一旦帰宅後超特急で家事すませて、大阪・御堂筋のGW特設イベント行った。
Dsc03656
自転車のショーやってた。

Dsc03655
昔凄い選手だった人がいろいろ説明してた。

ビルを見上げてみんな口をあけてたので一緒になってうえみて口あけたら
006

登ってる人がいた。
007
何人かが入れ替わり立ち代り登っていたが、失敗して落ちるたびにどよめきが起きていた。成功を見守るというより固唾を呑んで落下を見るって感じ。
こーゆースポーツ(自転車にしろクライミングにしろ)は、見せ方って難しいな。
ここら辺からコンビニの缶ビイルを3本飲んで怒涛の追い込み。歩いて飲んで歩いて飲んで、家に帰っても端麗350ml飲んで「江」見て飲んで「仁」見て飲んで「ほんわかテレビ」見て飲んで、飯くって風呂入って屁を少々こいて10連休が終わった。

大満足だ。

| | コメント (6)

2011/05/08

GW終わってしまうが、悲しくは無いぜ!

毎日いろいろあった。全力を尽くして遊び倒したといっても過言ではないほど。ちょっと振り返り。

4月29日:
トレランで六甲山に入った。展望岩でカレーを食べて楽しかった。
Dsc03438

4月30日:
ひさしぶりに小池さん同行で六甲山に入った。前日ソロでカレーを食べた展望岩でラーメン作って食べて楽しかった。ほとんど一目に触れない場所なので、絶景のわりに静かでいい場所。
Dsc03450

5月1日:
去年自分のきまぐれで突然「登山がしたい。槍ヶ岳に登りたい。」とうわごとのように言ったら”パソコン通信”の時代に自転車フォーラムを介在にして知り合った仲間が力を貸してくれた。その流れも定例化しつつあり、今年は三重県と滋賀県のさかいめにある「御在所岳」に行った。行ったわええが、初日は雨なので山頂アタックから”カレージャンボリー(飯盒で米を炊いてカレーをたべつつお互いにあーやこーや言う活動)”に方針変えた。
Dsc03468

食ったらあとはすること無いんで近所の国民宿舎へ行って一本250万円の発泡酒をゴクゴクっと2,3発しばいて
Dsc03480
ベテランメンバーによる”遭難対策ショー”でわらわしてもろた。こんなぺらっぺらの生地が以外に暑い、むしろ暑苦しいというか、この暑苦しさが生死をわけるらしい。次の日は御在所岳にアタックしようぜと満場一致で決まったで8畳間に布団を4枚パズルのように隙間なく敷いてお互い触れ合いながら就寝。

5月2日:
快晴でしかも二日酔いしてないという奇跡だらけの朝。で、登るわけやがこの山が花崗岩でできてるので六甲とそっくりなたたずまい。ときどき、こんな奇岩があったり
Dsc03498


こんな恐ろしい場所があったり
Dsc03503

垂直に切れ落ちてる場所とか、
Dsc03499

岩場でてこずって渋滞するとか、けっこう本格派な山。
Dsc03512

その割には山頂がスキーゲレンデだったりして、凄い山なのか凄くないのかわからんアンバランスさが最高だ。
Dsc03518
冬場はスノーシューもお盛んな場所らしいのでぜひもう一回来たい。

下山は15分。
Dsc03532

5月3日:
「そんなに六甲山がおもろいのか?」と聞かれたら「おもろい」としか言いようがないおっちゃんの六甲通いは続くのだ
Dsc03544
真冬に凍爆を見せた「七曲滝」、この連休でどんだけたるんどるか見ておかんとマズイやろと無理やり理由つけて行ってきた。ざーざー元気に流れてた。

あとはさっさと有馬側に下山して有馬温泉で日帰り浴場につかってフラッフラになって意識朦朧としながら
Dsc03547
バス停の前で一杯500万円のビイルを3発ほどしばいて大名気分で帰ってきた。バスの中にトイレが装備してあったら後2発ほどしばきたかったが、残念だ。

5月4日:
さすがに山行きが続いたので小池さんが不吉なオーラを出し始めたのでおとなしくしておいた。酔ったときに約束させられたらしいが全く記憶にないので納得いかんがローラー高娘をフランス料理につれていくハメになってしまった。仕方ないので苦し紛れにバッタモンのフランス料理屋へ連れていってその帰りに
Dsc03558
夜店のクレープまでおごらされた。美味い美味いとクレープを食べるのであと4,5年はバッタもんの飯屋でもばれやんと確信した。

5月5日は大人の節句:
こんなかんじ。

5月6日:
近畿地方には「バッタもんのアルプス」が何個かある。アルプスかもしれん微妙なアルプスとかそれはアルプスにしつれいやろ!言うアルプスとかどっかのおっさんの寝言のようなアルプスまでいろいろ。
その中でも比較的うさんくさいアルプスに前々から行きたかったので、わがおアニキに同行お願いして「播磨アルプス」に行ってみた。

現場は、JR姫路とJR加古川の間の駅からスタート。
Dsc01215
(わがおアニキ撮影)
村落のど真ん中から行くので、登り始めの景色がいきなりうさんくさい。

それが小一時間もすると
Dsc01230
とてつもなくでかい岩登り開始になる。

一番高いとこで標高400メートルも無いが、景色凄い。
061
バッタもんアルプスの中でも相当行く価値ありのアルプスだと思う。ここの凄いとこは、登ってる最中も立ち止まってるときも右向いても左向いても年がら年中絶景なとこ。尾根マニアにはたまらん山だと思う。
縦走コースは「もうええ、もうええ」いうぐらい尾根続く。

で、さらに凄いのはこの山、
053
全部焼け跡なとこ。

楽しかった。焦げ臭かった。

5月7日:
大阪市内を勉強した。

5月8日:

| | コメント (8)

2011/05/07

さんぽに出たら

たまには街の空気吸っておくかと思って歩き倒した。倒れるほど歩いてないけど楽しかったので日記に。

自宅~淀川堤防で~長柄橋~天神橋筋商店街8丁目~天神橋筋商店街1丁目~中之島~大阪駅前~国道二号線~自宅。全部で5時間ぐらい。

ねこがうんこしてた。
Dsc03616

歩く大会やってた。
Dsc03618

知り合いにそっくりな名前のヒトがいる。
Dsc03622

日本で一番長い商店街(いや、知らん)。
Dsc03623

大瓶飲みたかったけど我慢した。
Dsc03624

天満宮の裏手にひっそりあった。関西人なのになんで伊豆の踊り子書くかな?
Dsc03626

菅原道真が自動化したもの。
Dsc03625

こじんまりしたおっさんが日陰でぼんやり座ってたのでジーっと顔見たら
Dsc03627
桂 きん枝師匠 なう。


中之島公園なう
Dsc03628

Dsc03629
「笑顔光ってるよ!光ってる!光ってる!」とひたすら光ってると言いながらころげまわって撮影するカメラマン、なう

Dsc03632
穴があくほど探したがどこにも水晶らしき物体が無かった。

Dsc03631
生肉は当面ひかえたほうがいい、、、なう


Dsc03635
グンチルビって何んやろ?、、、どーでもええか。

Dsc03639
唐揚げ専門店。どーやって二階に上がるかキニナルなう?

Dsc03654
うんこまみれなう。

すがすがしい旅だった。


| | コメント (7)

2011/05/05

阪神魚崎・濱田屋酒店

運動:阪急芦屋側駅~高座の滝~地獄谷~A懸~B懸跡~ピラーロック~展望岩~魚屋道~五助ダム~
阪神魚崎で飲み倒す。

※芦屋から六甲最高峰目指す途中にゴルフ場がある。その手前に分岐があって、今回初めて左(五助ダム方面)に曲がってみた。単調でつまらない林道かと思ったら、おびただしい”紅葉だらけの林”だった。秋に行くと凄いことになりそうで楽しみだ。

で、凄い紅葉も大事だがもっと凄い”角打ち”が阪神電車・魚崎駅近くにあると教えてもらって現場へ。

「濱田屋酒店」
110505151617
店に入るとおびただしい量の地酒とワインに腰抜かしそうになった。気を取り直して立ち飲みしようとしたが、システムが全然わからん。角打ち用のカウンターも見当たらんのでモジモジしてると店員さんがレクチャーしてくれた内容は

・レジ横にある一升瓶を選んでレジに持っていく。
・一升瓶に値札が付けてあるので(一杯平均300円)代金を支払う。
「コップに自分で注ぐ」
・レジ横に作りおきのアテがおいてあるのでそれも適当に選んで支払う。
・レジ横の暖簾をくぐると薄暗い(けれど居心地は良い)角打ち部屋があるのでそこで飲み食いする。
・その部屋に電子レンジがあるので自由にチンする。

ざっとこんなカンジ。そーとーイケてる角打ちだった。

濱田屋でアイドリング絶好調になったので、この近所にある酒蔵に寄って試飲する旅開始。
一発目に”桜正宗”
110505153607

二発目に”菊正宗”
110505155035

三発目に”浜福鶴”とやら。
110505162452
日本酒で漬け込んだ梅酒とかレモン酒とか生まれて初めて飲んだがそーとーイケてた。隣で飲んでたアイルランド人もうまいうまいと連発していたので本当はアルイランド人はアイラよりも日本酒がスキなのかもしれない、、、とか。

阪神魚崎、ええ町だ。

| | コメント (7)

2011/05/04

断捨離の日

秘宝館になってた押入れを掃除したら、出るわ出るわ

Dsc03552
シクロクロスはズッコケ転倒の多い(ただし怪我は軽め)自転車競技なので、補修用にそろえた(らしい)ブレーキレバーとか、

Dsc03553
トラックレースで一発花をさかせようとしたのか(わからんが)、ピスト用の”厚歯”ギア板とか、
これ以外にも「なにかあったら」とか「もしものために」とかで備蓄したパーツがざくざく出てきた。出てきたわいいが、すでに賞味期限が切れていたりパーツとしての「旬」が経過していたりとかいろいろ。”勿体ない”という言葉は大切やしモノを大事にする気持ちも大切やし、、、けれど使うアテの無いものを持ち続けるのもどうかなと考えて思い切ってバッサリ捨てた。

つづく


| | コメント (4)

2011/05/02

家でもカレー、外でもカレー

「カレー・ジャンボリー」開催
Dsc03468


メスティン(西洋のはんごう)で米を炊き、カレーをジョイント。
Dsc03469
1.米一合、水は取っ手のリベットの真ん中まで入れる。
2.蓋を閉めてコンロにかける(強火)
3.沸騰して蓋の吹き間から湯気が豪勢に吹きだしたら蓋をあけて、スプウンで全体をかき混ぜる
4.コンロを弱火にしてぼんやり待つ。(15分ぐらい)
5.ふたたび火力をMAXにしてメスティンに鼻を近づけ、焦げる匂いがするまで我慢する。
6.焦げる匂いがした瞬間に火を止めて、コンロからおろす。
7.頼むからうまく炊けてくれやと呪いながら、10分ほど待つ。
8.ドキドキしながら蓋をあける。

つづく

御在所岳(滋賀県と三重県のさかいめ)の中腹に奇妙な石発見。
Dsc03498

| | コメント (3)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »